西部ニューギニア戦没者慰霊碑 徳島縣護國神社参拝

  • 2014/04/09(水) 10:08:46


皆様、帰宅してお昼ごあんを頂き、記事を書いて時間を置いて歯医者さんへ行きました。お買い物も済ませ、晩ごあんも頂きました。有難うございます。
で、眠くて仕方がないので寝ました(笑)

昨日は皆様の手助けを得て、城山西部にある西部ニューギニア戦没者慰霊碑徳島縣護國神社へ参拝して参りました。桜満開、散って桜八分と散りゆく花吹雪の中、非常にゆったりとした始めの気分で祈願することが出来ました。有難うございました。

ここに写真をUPします。まずは西部ニューギニア戦没者慰霊碑から。

tokusima_gokokujinjya 001tokusima_gokokujinjya 013tokusima_gokokujinjya 003tokusima_gokokujinjya 004tokusima_gokokujinjya 005

ここ徳島からも出兵した兵士二千八百余名がニューギニアの地で戦死したと追悼の辞に書いてありました。
tokusima_gokokujinjya 007

そんなにいらっしゃったのか・・・・・

手を合わせ立ち続けること数十分。瞼の裏に過ぎるはジャングルの水辺に倒れかかる枯れた倒木。・・・・風は柔らかく吹き、暖かい陽の輝きでホカホカ暖かかったです。すぐ後ろに子供達が賑やかに遊ぶ公園、かろやかに散歩しながら楽しそうに会話するご婦人達が後ろを通り過ぎる・・・そんな中での祈願でした。

(ニューギニア日本兵の皆様、戦争はもう終わりました。戦後70年、皆様のお陰で日本は平和でのどかな春を楽しんでおります。どうかお願いですからここへ戻って来て下さい。ご家族のおられる場所にどうか帰って来て下さい。
 皆様がおられる場所から北の空北極星は見えますか?北極星を見つけてそれを目指して来て下さい。ニューギニアの真北が祖国日本です。真北、北極星を目指して進んで来て下さい。妙見菩薩様、道を、星を照らしてあげて下さい。お願いします。真北が祖国日本です。九州です。どうか帰って来て下さい。
 帰還なさいましたらご家族、ご遺族のお顔を見て安らいで下さい。そして安堵して靖国へ向かって下さい。お願いします。そこにもお仲間がおられます。きっと両手広げて待って下さっております。皆に囲まれて幸せになって頂きたいのです。もう我慢はしなくても良いのです。我慢は充分なさいました。今こそ明るくなった祖国へ帰って来て下さい。
 私と一緒に帰りましょう。
 私が見えますか?私はここにいます。ここにいます。ここへ来て下さい。一緒に護国神社へ参りましょう。靖国へ参りましょう!)


こんな気持ちで祈り、ホッと一息つきました。肩が重くなることもなく平和に祈願は済みました。・・・気が付けば1時間越えていました。

さあ、次は護国神社へ向かいます。徳島中央公園の景色を眺めながら歩き、兵隊さん達に語りかけ続けました。

(桜綺麗ですね)(徳島城の石垣ですよ)(あれが数寄屋橋かな? あれが鷲の門・・・)
(当時からあったラジオ塔ですよ)(あれが城山 見えますか?)(春ですね、日本の春です・・・)
tokusima_gokokujinjya 015tokusima_gokokujinjya 017tokusima_gokokujinjya 019tokusima_gokokujinjya 021tokusima_gokokujinjya 023tokusima_gokokujinjya 025tokusima_gokokujinjya 026tokusima_gokokujinjya 027



落ち着いた気分で瞑想するように祈願できたとは言えない部分もありますが、何とか気持ちを伝えました。人々のはしゃぐ声に邪魔されながらも何とか少しジャングルのビジョンが見えたのは良かったなと思います。有難う。


ナビに護国神社を示し、さあ次は護国神社です。兵隊さん、聞こえますか?
いざ出発!ですよ!一緒に来て!



徳島縣護國神社

立派な大鳥居ですね。鳥居は三つありました。
tokusima_gokokujinjya 047tokusima_gokokujinjya 046tokusima_gokokujinjya 041

立派な拝殿です。新しい神社ではありますが、爽やかな気配が漂っています。
tokusima_gokokujinjya 036

手水舎で禊ぎをし、拝殿へまっすぐ向かいます。
tokusima_gokokujinjya 039tokusima_gokokujinjya 040



拝殿で祈願していますと、「パッシイイイ!!・・・」「ビシッ!!」「パシーンッ!!」と三度ほど激しいラップ音。ハッとしました。でも無視。
ただただ感謝、未来に向けての願いを伝えます。(こんなもの慣れっこです!)

おや?  ビジョンは・・・桜・・・?

参拝のご挨拶が終わって頭を上げると何やら左側から音。・・・
「コンコンコンコロコロコロコロシャンシャンシャン!」
この音が二三度繰り返され、何の音だろう?祭の練習かな?と。左側を背中を反らせながら覗き込む。でもわからない・・・何の音?

そして直後、今度は右から音。すぐさま右側に振り返る。
「シャンシャンコロコロコンコンコン!」この音も数回聞こえました。
今度は右側を背中を反らせて覗き込む・・・・でもやはりわからない・・・

・・・・・はて?何をしているんだろう?・・・

あれ? やっぱり何もない 何の音? ・・・まあいいや。・・・


賽銭箱の横に小さなまん丸の蝋燭。「赤白青」の三種類があって、白い蝋燭にひとつ火を付け水に浮かべました。拝殿は賽銭箱が室内にあるので手を合わせるのも蝋燭に灯を点けるのも室内になるのですが、蝋燭の灯はすぐ消えてしまいました。やはり外では風がヒュウウウ~!と吹いているので拝殿内にも風は入って来たようです・・・
しかし、蝋燭代を入れる箱がない・・・どうすんべ?社務所でお支払いするかな?・・・・


祈願も終わり、外に出て慰霊塔が10基ほど並んでいる参道を歩きました。
tokusima_gokokujinjya 028tokusima_gokokujinjya 029tokusima_gokokujinjya 030tokusima_gokokujinjya 031tokusima_gokokujinjya 032



一つずつ手を合わせ感謝。

桜の花吹雪の中、とても気持ちよさそうにみえましたが・・・

本当に人の気持ちって・・・涙が出ますね。


拝殿の屋根 ああ、やっぱり桜の紋でした。
tokusima_gokokujinjya 037


左側の鳥居は「大国神社」手水舎が綺麗でした。桜の花びらが水に。
勿論、オオクニヌシ様にも祈願致しました。「國を思って死に行く者を守るのは神様のお仕事ではなくて?・・・どうかお願い致します」深々とお辞儀。
tokusima_gokokujinjya 042tokusima_gokokujinjya 035tokusima_gokokujinjya 033tokusima_gokokujinjya 034

元「大国神社」のあった場所。
tokusima_gokokujinjya 044tokusima_gokokujinjya 045



社務所で蝋燭代を払うために窓をトントンと叩きますと、若い神職の男性がお顔を見せて下さいました。蝋燭代200円を払い、お伺いしました。

「あの~、こちらは城山にもともとあったんですよね」
「はい、そうです」
「中央公園に西部ニューギニアの慰霊碑があるんですが、あそこはどうしてそのままなんですか?」
「ああ、その慰霊碑の御霊は本殿にいらっしゃいますよ。移転するときに連れて参りました。あそこで慰霊祭がある時にだけ当神主が御霊を連れて参ります。」
「じゃあ、もう皆さんはこちらにいらっしゃるんですね?」
「はい、いらっしゃいます。慰霊碑は慰霊碑として残してますが、御霊はこちらにお引き取りしてお奉りさせて頂いております」


良かった・・・・ 御礼を言い、帰宅するために車に乗り込みました。

ホッとしました。当然と言えば当然ですね。でも本当にホッとしました。

問題はまだ帰還できていない御霊だけです。今日の祈りで気づいてくれたでしょうか?まだまだのような気がしますが、拝殿で聞こえたラップ音と祭のような音で心軽くなった気がしました。喜んで歓迎して下さったんだなと勝手に思い込んで喜んでいます。


それはそうと、NMさん!

あるでよ宝島。
護国神社の鳥居前の駐車場(道路挟んで向かい側)にデデンとありましたよ宝島!(笑)
tokusima_gokokujinjya 048


そう言えば、・・・何週間か前におばあちゃんが夢に出てきましたんよ。

「くうみ、モンペ作るけんな、作り方教えるでわ~ 覚えて帰り♪^^」と言ってましたっけ。
何でモンペ?そんなもんいらんがな!と思ってましたが、このことだったんやね、ばあちゃん。ただのくだらない夢(雑夢)やと思っとったわ。個人的な夢やと思うたけん、ここに書かんかったんやけどな。有難うなばあちゃん。気にかけて心配してくれとったんやね。初めからこうなることがわかっとったんやな。ようわかっとんな、ばあちゃん、流石やわ~!いよ!霊界の大先輩!!(今思いだしたわ。すまんな)w


改めまして皆様に感謝申し上げます。有難うございました。
身体が重くなって泣きたくなるかも知れないと思いながら慰霊して参りましたが、思ったより気持ちよく慰霊できましたし、お天気も良かったし、神社では思わぬ歓迎のラップ音と鈴と太鼓の音。・・・皆様のお陰です。本当に有難うございました(ぺこり!ぺこり!ぺこり!!)

  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

くうみさん 皆様 こんにちは(^^)

ブログを拝見し、改めて頭が下がる思いでいっぱいです。

本当にありがとうございます
m(__)m

私事ですが
人混みも乗り物も苦手で…。体に乗っかってくることが多く、辛くなっても誰にもわかってもらえないと言うか…。今では引きこもりに近い状態です(笑)

こんな私ですが、くうみさんのブログを読み『蚕ノ社』へ行きたいと思い、行動することができました。
英霊さんを思い、祈ることができました。

本当にありがとうございました。


  • 投稿者: 月の花
  • 2014/04/09(水) 13:27:38
  • [編集]

宝島までありましたか(笑)

衛星写真の白い帯雲、きと同じ光景を別の方向から見たのですね。白い帯は空にすうーっと伸びていました。一人の方の足元に次の方の頭という隊列でしたから、帯状になるほどですから、かなりたくさん飛んで行かれたはずです。きれいな青空だったから、出発直後の光景だったのかな?

お祖母さんの、もんぺ。
今日、母が88歳になりました。大正15年つまり昭和元年の生まれで、一番おしゃれしたい時代が戦争で、スカート禁止。もんぺ穿かされて、地味な色や柄のブラウスしか着れず、明るい花柄のフレアースカートやワンピースが着たいと思い続けていたそうです。だから戦争大嫌い。

男性は戦地で亡くなりましたが、女性でも国内で、きれいな服を着られる日を待ちながら、空襲で亡くなった方が多かったでしょうね。今度はそういう方々や、幼いままで亡くなられた方々の事も思いながら、神棚仏壇でお祈りしましょう。

踊る宝島徳島 CMで一回しか見てないのに「宝島」が頭に残ってたのは、あんなでかでかと書いてあったからやね(笑)

  • 投稿者: NM
  • 2014/04/09(水) 13:53:17
  • [編集]

上信越道上り線地割れ

佐久あたりで道路の法面が地割れだそうです。崩落の危険性有りだそうで通行止めです。浅間山に近いですよね。
あのあたり動きだすのかな?戌の満水、善光寺地震 気になりますね。

  • 投稿者: NM
  • 2014/04/09(水) 14:09:38
  • [編集]

お疲れ様でした。そしてありがとうございます。
くうみさんは霊能者ですね。
徳島の護国神社は立派だしすがすがしい感じですね。

今日徳島のお遍路にこんな記事が・・・
徳島と聞いてくうみさんを思い出し・・・
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140409/waf14040910290007-n1.htm

それと昨日の投稿は「不正な投稿です」とでてしまったのでNGワードでもあったのかと思い言葉を変えたのだけれども、たぶんシステムエラーかなんかだったのだと思います。

  • 投稿者: さくらんぼ畑
  • 2014/04/09(水) 17:05:30
  • [編集]

皆様有難うございます、採用通知来ました~!(笑)

皆様、おはコンバンワ(ぺこり!)
採用通知の夢見ました。(爆)
なので変な時間にコメントのお返事書いてます。^^;

月の花さん
そうだったんやね。私も悪霊と戦い続けていた頃はヒッキーしていました。
同じく人混みに入れないわ、車で遠出なんてとんでもない!状態でした。
お気持ちわかりますよ。あの雰囲気が駄目なんやね?人の悪意含め、すべてが駄目。全部感じてしまって嫌悪感いっぱい・・・うん、わかります。自分一人が辛い目に遇っている、誰もわかってくれないと感じるんですよね。
でも蚕ノ社にご挨拶に行かれましたこと、英霊に手を合わせることが出来ましたこと、素晴らしいと思います。ご無理なさらず、自然に任せ慣れることが良いかと思います。身を守る術も身につけたほうがいいかも知れませんね。
私は真言マントラで乗り切りましたが・・・月の花さんのお気持ちに合う方法を見つけられてみてはいかがでしょう?^^

NMさん
そうなんです、お隣がド派手な「びっくり宝島」でした(笑)
かなり上空の衛星写真を感じてましたが、NMさんはすぐ側で見ておられたのですね。まっすぐ日本に向かってましたよ。北上です。
もんぺ。・・・日本全国至る所で空襲でお亡くなりになった方々もいらっしゃいますね。彼女等も忘れてはならない戦死者です。老人子供含め幾多の尊い命を失いました。
徳島も空襲で焼け野原になりました。それは酷かったもんです。阿波踊りの歌に出てくる「新町橋まで行かんかコイコイ♪」で知られる新町川には焼け焦げた遺体がぎっしり浮かんでいたそうです。・・・本当に酷い時代でした。
亡くなられたすべての戦死者に合掌・・・
佐久って長野県ですか?・・・あの方が「いいえ、浅間・・・」と仰られた夢がありました。・・・ヤバイかな?(汗)

さくらんぼ畑さん
霊能者ってもんでもないはず・・・多分、霊界と現界を繋ぐ伝書鳩?(爆)
前に立ってる人の肩に何も見えませんもん^^;
どちらかと言うと「夢遊病者」が近いかと(爆)
ニュース見てみました。まあねえ、これだけ嫌悪感がかの国に対して膨れあがっているご時世ですからねえ・・・私としましてはやはり日本人にお寺や神社をお任せしたいのですが、、、、アッ!
徳島は仙石を出したところでした。うっかり忘れそうになってました^^;;
シールを貼るのは頂けませんが、まあ、お気持ちはわかります。
霊場でそんなシールを貼るなというお気持ちもわかります。
どうしたらいいんでしょうね?
エラー、なるほど。納得しますた!( ̄▽ ̄ゞ

  • 投稿者: coomi
  • 2014/04/10(木) 04:37:21
  • [編集]

くうみさんみなさんこんにちは。

>私事ですが
人混みも乗り物も苦手で…。体に乗っかってくることが多く、辛くなっても誰にもわかってもらえないと言うか…。今では引きこもりに近い状態です(笑)

>そうだったんやね。私も悪霊と戦い続けていた頃はヒッキーしていました。
同じく人混みに入れないわ、車で遠出なんてとんでもない!状態でした。
お気持ちわかりますよ。あの雰囲気が駄目なんやね?人の悪意含め、すべてが駄目。全部感じてしまって嫌悪感いっぱい・・・うん、わかります。自分一人が辛い目に遇っている、誰もわかってくれないと感じるんですよね。

くうみさんも月の花さんも同じなんですね。
私の場合は悪霊なのかわからないですけど、
生きてる人の波動?(特に歌うたってる人のとき)が、強烈に感じていた時期があって悪い波動の人は悲鳴あげたくなるほどでその場には居れず・・人が多いところはなんかどっと疲れる・・
ショッピングモールにも長くは居れず・・・私の住んでる近くに大きな森があってそこへ行くとなぜかスッキリするので頻繁に森へ行ってました。次はいつ森へ行けるかを常に考えてました。
このころはいったい自分が何を感じてとってるのかわからず・・
今思えばこのころは日常生活に支障きたしていたなぁと。
私の場合は森で乗り切っていた。
でもソチの真央ちゃんのフリーの演技を境に森のことは考えなくなり、あれからは一度も行ってません。
今も波動が悪いなぁと感じたり人混みもいいものではないと思うけど、それらを感じても前よりは大丈夫になりました。


たぶん人それぞれ乗り切り方とかきっかけとか違うのでしょうね。。。月の花さんも早く自分が乗り切れる方法を見つけられることを願っています。

  • 投稿者: さくらんぼ畑
  • 2014/04/10(木) 11:09:34
  • [編集]

採用された

こんにちは。採用通知の夢?私は採用されてビルの中のオフィスで、「今日から一緒にお仕事するNMさんです。」と紹介されて挨拶している夢を見ました。でも私が若すぎる。30年前の若さでした。娘が昨夜就職の話してたのと、この前テレビの「たかじんの委員会」でかつての上司の江口さんが、みんなの党の代表に辞任要請したのを話していいたのを見たからかな、と思いました

でもくうみさんに採用通知だと、あの「社長さん」に採用?されたのかも。慰霊参拝が採用試験だったのかな?それならこの先は社員としてお仕事増えますよ(笑)

  • 投稿者: NM
  • 2014/04/10(木) 11:20:38
  • [編集]

佐久

佐久、長野です。笹子トンネル事故も天井の構造というよりも地殻変動だと思いました。ちょっと危ないようにおもいます。
ゴールデンウィ-クまでに直せるのか。もし地殻変動なら直しても他の場所が危ないから、よく調べてほしいですね。

  • 投稿者: NM
  • 2014/04/10(木) 18:24:22
  • [編集]

こんばんは。
coomiさん、お役目ご苦労様です。

ニューギニア島といえば思い出す方がいます。2010年に、もうすぐ大きな地震が日本に北上してくるからと、東側のパプアニューギニアを祈りで鎮めるために渡った方がいました。
ラバウルなど日本軍にゆかりのある土地にも立ち寄られていました。主に、ほぼ無償で病気治しをされる方でしたが、神様のお使いで世界中を回っておられた通称Rickyさんというかたです。ブログが残っていますのでご存知かもしれませんね。
ニューギニアに行く1月前にお会いしたのですが、屈強そうな40歳代半ばの男性でした。残念なことにニューギニアの帰りの成田空港の病院に運ばれ、そのまま帰らぬ人となりました。
行く前から体調が悪いとは言っていましたが、お役目を全うされたのでしょう。実年齢よりも若く見える体育会系のかたでしたが、来生は、女神さまとしてお役目が決まっているのだとか。
 
そして、翌年に東北地震がありました。あの時期に、すべての地震が連動していたら日本は終わっていたと思います。
神様のお使いの方々が祈ってくださることに感謝しています。今回も、微力ですが祈り合わせに参加できてよかったです。大難が少しでも小難になりますように。

ニューギニアの少し上の小さな国、パラオでも日本軍が玉砕し、現地の方々がお骨を拾って神社を建立し祀ってくださっているそうですね。
中国で戦死した私の祖父のお墓にも骨が入っていません。
祖父は四国の出身で、元を辿れば徳島だったようですよ。

南方で戦死された多くの方々の御霊が日本に戻って救われますように。そして、二度と戦争がおきませんように。


  • 投稿者: るりん
  • 2014/04/10(木) 22:35:48
  • [編集]

有難うございます。今度は奈良らしいです。

皆様お早うございます^^/

10日から大変忙しくなり、お仕事モギリギリで頑張っております。
今日も職場の人員不足で私は朝から晩まで職場に入り浸り(笑)

お返事はまた後で書きますね。ごめんなさい。

因みに、今度は奈良らしいですよ>社長さんのお仕事?

ではまた後で・・・(ぺこり!)

  • 投稿者: coomi
  • 2014/04/11(金) 08:40:37
  • [編集]

奈良では不思議な出来事ばかり

くうみさん、みなさんこんにちは。

早速、奈良で次のミッションですか?社長さん、どんどん仕事させるおつもり?でも、お手伝いできる仲間が増えたから心強いですね。

奈良は行くたびに不思議な出来事があります。私の誕生日が春日大社の例大祭からかもしれないけど。たぶんアメノコヤネノミコト様が仕掛けておられる(笑)どんなお仕事かな。

るりんさん、徳島にご縁のある方なんですね。
亡くなられた方のブログは「見えない世界の本当の事」でしょうか?次の御役目を果たされる為に召されたのでしょうね。

私の従姉は富士山で登山中に事故死しました。従姉には何の過失もありませんでした。本当によくできた優しく聡明な明るい人でした。

亡くなってしばらくたった時に、彼女の親友と偶然に会いました。お互いに名前も知らずにいて、私との会話中に、彼女は私をじっと見つめていて、ついに涙をこらえきれなくなられました。不思議に思い、ふと彼女の持ち物にある名前を見て、従姉の親友の名前だと気づきました。珍しいお名前でしたので、覚えていました。

彼女にその事を確認するとすごく驚かれました。
「あなたとお話していたら、似ていないのに、なぜか突然あなたが亡くなった親友に見えてきて、話し方もしぐさも生前のままで、懐かしくて泣けてきました。やはり、血縁の方でしたか。ありがとう、会えてよかったです。もう彼女に会えないと辛かったけど、笑顔をみせてもらえてやっと安心できました。」

そう言って笑顔で別れました。初めて、はっきりとわかる霊に乗られたのが尊敬していた従姉でした。

彼女はコノハナサクヤビメ様のお手伝いとしてスカウトされて、今もお仕事しているはずです。ブログを残された方も、御役目に励んでおられる事と思います。ご冥福をお祈りします。

  • 投稿者: NM
  • 2014/04/11(金) 10:25:53
  • [編集]

くうみさん 皆様
こんにちは(^^)

くうみさん、お仕事お疲れさまです。
優しい言葉をたくさんありがとうございます。
くうみさんの優しさに泣けてきます(T_T)
自分を守る術、何か考えてみます。ありがとうございます。

今度は奈良ですか!
去年、奈良の神社へ行く夢を見ました。どこの神社か調べたら春日大社でした。
5メートルぐらいの大きさの日本人力士と、同じ大きさの外国人力士が相撲で闘っている夢でした。
関係ないことをすいません。

さくらんぼ畑さん、ありがとうございます。
森はいいですよね(^^)癒しのパワーを感じますね♪家の近くにあればいいな~って思います。ソチのフリーでの真央ちゃんは、素敵でしたね(*^^*)
大和魂を見せていただいたように思います。
お気持ち感謝します。

ありがとうございます♪


  • 投稿者: 月の花
  • 2014/04/11(金) 12:10:21
  • [編集]

こんばんは。
はい、NMさんもご存知だった「見えない世界の本当の事」の方ですよ。
若くして、別の世界に生まれ変わる必要があったのでしょうね。

袖すりあうも他生の縁というのか?NMさんの経験でも特別な出会いの意味を感じました。
従姉の方に代わっての親友の方との巡り合せに必然性を感じますね。親友を気遣う優しい従姉のご遺志を継げて良かったです。

coomiさんも家庭に仕事に御遣い?に忙殺されながらのブログの更新ありがとうございます。そして、NMさんの絶妙なアシストに今後も期待しています。


  • 投稿者: るりん
  • 2014/04/12(土) 22:35:58
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する