スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都旅行「木嶋坐天照御魂神社」編(三柱鳥居の絵発見!)

  • 2014/03/27(木) 17:46:18

こんにちは。本日からお仕事だったはずですが、1日準備期間として設け明日にずれ込むことになりました。今のうちに京都日記書いておきますか。

26日。京都着。
京都駅から地下鉄で烏丸線に乗り、途中烏丸御池で東西線に乗り換え、太秦天神川駅で下車。ちょっと嵐電沿いに沿って南に歩けば木嶋坐天照御魂神社。

ここが参道起点の大鳥居 鳥居の扁額には蚕養(こかい)神社と書いてます。
kaikonoyasiro_umemiyataisya 030

神明造りの社によくある真っ直ぐな鳥居8 
kaikonoyasiro_umemiyataisya 023kaikonoyasiro_umemiyataisya 024kaikonoyasiro_umemiyataisya 028

少し歩けば舞殿が見えてきます。手水舎は探さないとわからないところにあります。これね。
kaikonoyasiro_umemiyataisya 022kaikonoyasiro_umemiyataisya 020kaikonoyasiro_umemiyataisya 019


舞殿 この写真ではわかりませんが雨ビシャビシャ降ってます。あ~、ここには神様がおられる・・・
kaikonoyasiro_umemiyataisya 016kaikonoyasiro_umemiyataisya 015

この写真なら雨の降りようがおわかり頂けるでしょう。
舞殿の左に蚕ノ社で有名な三柱鳥居のある鳥居入り口、奥に拝殿と本殿 すごい雨で左手に傘、右手の片手で写真撮りました。

kaikonoyasiro_umemiyataisya 009kaikonoyasiro_umemiyataisya 008

拝殿 奥の屋根が本殿
kaikonoyasiro_umemiyataisya 006



ここで目を閉じて手を合わせていると、たくさんのビジョンが見えました。

小さな滝 小さなせせらぎ 石が段差をつくり、その上を滝のように激しく流れる美しい水 深い背の高い木々 水 流れ ・・・・・

鳥達のさえずりも聞こえる・・・・

あ~・・・ 綺麗だ~・・・・


清々しく美しく、静けさの中にビジョンからの水の流れる音が聞こえてくるようでした。何故こんなビジョンが見えたのかはすぐ後でわかりましたが。

とにかくここにも凄い神様があらせられる!(喜)



ここが蚕ノ社の入り口の鳥居 中に入れないよう結界が施されており、前で手を合わせた後何とか写真を撮りました。見えますか?
kaikonoyasiro_umemiyataisya 005kaikonoyasiro_umemiyataisya 004kaikonoyasiro_umemiyataisya 003kaikonoyasiro_umemiyataisya 002


ふむ?積み石とな?・・・・あの上に神が天下るそうです。宇宙を現しているんだそうな・・・ 私・・・夢の中で飛び越えちゃったんだけど・・・
もちろん、「大変申し訳ございませんでした!」と平謝りしました!^^;


そして境内のお稲荷様へ 椿丘大明神様?
kaikonoyasiro_umemiyataisya 013kaikonoyasiro_umemiyataisya 014

中はこんな感じ 石室みたいな社が古墳みたいで・・・kaikonoyasiro_umemiyataisya 010kaikonoyasiro_umemiyataisya 011

三柱鳥居から流れる小さな川が椿丘稲荷の横を流れます。なるほど椿が石橋に落ちて綺麗です。狐さんも椿の前でおすまし? 
kaikonoyasiro_umemiyataisya 012kaikonoyasiro_umemiyataisya 017kaikonoyasiro_umemiyataisya 018

由緒
さっき見えたビジョンの意味が御由緒書き看板を見てわかりました。

kaikonoyasiro_umemiyataisya 025kaikonoyasiro_umemiyataisya 026kaikonoyasiro_umemiyataisya 027


元糺の池・・・ 「嵯峨天皇の御代に下鴨に遷してより”元糺”と云う」
kaikonoyasiro_umemiyataisya 007


木嶋坐天照御魂神社

社殿の西にかつては湧水が豊富であった「元糺の池」(もとただすのいけ)という池の中に三柱鳥居がある。柱が三本で三正面、上からの形は三角形となっている鳥居は珍しい存在であり京都三鳥居の一つとされている。これも起源不明ながら現存するものは天保2年(1831年)に再興されたものである。”

”ここ10年の間に、境内の池の湧き水が枯渇してしまった。近隣の宅地開発が原因とも言われている。”


すっかり気分も良くなって、しばらくココにいたいと思うけれど次がありますので、思いっきり深呼吸して「また参ります!」宣言の後、太秦天神川駅へUターンして70系統「松尾橋」行きの京都市バスに乗り込みました。

あっと、その前に朝から何も食べてなかったので参拝前に通った参道のそば屋さん?へ入ってうどんを頂きました。玄関の構えが入りにくいな~と思っていたのですが、ちょうど参拝後に前を通りかかった時に作業服姿の男性二人連れが爪楊枝くわえながら出てきたので「あれ?そんなにお高くないんやないのん?」とホッとして入店。
kaikonoyasiro_umemiyataisya 029


愛想の良いお店で良かった。お高くなくて良かった(泣喜)

(次回に続く)



追記(2014/3/31 am10:28)

木嶋坐天照御魂神社三柱鳥居を飛び越えた夢。

「追記有り「キッショイ夢ばかり」そりゃそうだ、Gは日本人ではないかも知れないもの 2014/02/01(土) 04:59:19」 (参照)

wikiの「三柱鳥居」でソックリの絵がありました。


三柱鳥居 


なんやけったいな三角形が鳥居の上に付いてる・・・と思ったのは、鳥瞰図で見たからやね。

『北斎漫画』『三柱鳥居』 
Mihashiratorii.jpg (wikiより)


コレです。これにソックリでした。あ~、スッキリした!\^▽^/


  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

神々しいとはこういう場所

凄いですね。変な装飾や目障りな幟旗も無い。神々しい。潔い。友人のAさんが感激してたの納得です。続きも楽しみ♪

でもひとつ気になることが。なんでせっかく茶蕎麦の店に行ってるのに、
うどんを食べてしまうの?(むかっ)濡れて寒かったのかな。
やっぱりうどん、くうみさんは生粋の四国人やなぁ(笑)
ここは店名も招福亭で縁起がいいですね。茶蕎麦食べたいわ。

明日からお仕事、雨で風邪ひいてないか心配してます。

  • 投稿者: NM
  • 2014/03/27(木) 21:40:58
  • [編集]

歓迎されたのですね

ウィキで調べなおしたら、「祈雨の神として信仰を集めている」

なるほど、雨は神様が歓迎してくださってたのですね。
狐さんの細いウエストが羨ましいです。

  • 投稿者: NM
  • 2014/03/27(木) 21:56:00
  • [編集]

Re: 歓迎されたのですね

お早うございます、NMさん^^/
もうお仕事の準備に入ります。お返事はまた後で。。。
いつも有難うね!^^ノシ

  • 投稿者: coomi
  • 2014/03/29(土) 07:31:11
  • [編集]

Re: 歓迎されたのですね

こんちは、NMさん^^/
何の拘りもなくそこに佇む姿は素晴らしいものでした。
ただ静かにそこにあって、威厳を醸し出す・・・
それこそが日本人の理想とする神の姿でもあり、人の姿でもあります。

私も由緒を読んで、何故的を絞ったように雨になったのか理由がわかりました。
京都駅に着いた頃には「雨アガル・・・」 はあ~・・・凄い!@@
歓迎されたんだなと内心秘かに喜んでました。^^;
喜び過ぎたんと雨上がったんとで京都に傘忘れた・・・これで二本目・・・orz

あ、茶ソバ食べたいと思って入ったんやけどな~・・・
メニューがうどんばかりになっていた!何でやねん!!??
まあ、関西系はうどん好きだから美味しく頂きました(笑)

  • 投稿者: coomi
  • 2014/03/30(日) 10:58:04
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。