追記有り「プーチンとブレーメン」てドイツじゃないの

  • 2013/08/29(木) 10:09:31

**********************************************************************

2013/8/29

~夢?~

ロシア?

別荘のような邸宅にプーチンとその娘?息子?がいる

そこへ突っ込んでくる 火がついた車(ジープ?)

燃える


あっ!娘?が火の中で出産した!


何とか急襲から急ぎ車で(ジープ?)逃げ出したプーチン一家

息子?は赤ん坊を抱いた娘を 愛おしそうに強く抱きしめる

プーチンは呟く


「ブレーメン・・・」



      (意識消滅)

**********************************************************************


ああああああ・・・ またも意味不明。

ブレーメンてどこだっけ?(ToT) 後で調べよう・・・・




追記(2013/8/30 pm16:00)

ブレーメン。

ドイツでした。ブレーメンと言えば小さい頃から読んでいた「ブレーメンの音楽隊」しか知らないんだけんども、あと「ウインナーソーセージ」「黒ビール」他に知らないと思いましたから悩みまくりました。
いちばんしっくりきたのはやはりシリア問題。

おそらくここ最近の夢の流れを考えると「シリア問題」だと思います。

ドイツの首相はアンゲラ・ドロテア・メルケル


アンゲラ・ドロテア・メルケル  

所属党派 ドイツキリスト教民主同盟


ドイツキリスト教民主同盟  


もうすぐドイツの総裁選挙らしいですね。
メルケルさんの再選が濃厚らしいですが。



で、何でロシアのプーチン?と考えてみましたら・・・ハンザ同盟。


ハンザ同盟  

”西はイングランド(イギリス)のロンドンから東はルーシ(ロシア)のノヴゴロドまで広がった”

Haupthandelsroute_Hanse.png (wikiより)




今現在も結構仲がおよろしいようで。国をひとつまたいでしまえば隣国敵対心というのは薄れますからね。

しかしですね、メルケルが党首となるドイツキリスト教民主同盟は反対派も根強いみたいなんですよね。その筆記がこれ。

支持率が低い地域はルール地方の諸都市、ブレーメン、ニーダーザクセン州エムデンを中心とするオストフリースラント地方、旧東独のブランデンブルク州 、かつて東ベルリンと呼ばれていたベルリン東部地域である。 最近高支持率地域の溶解現象が勢いを増していることが確認されている。例えば、ドイツ連邦議会1983年選挙では27選挙区でキリスト教民主同盟は第1回投票で60%を越えていた。その時の最高投票を得た選挙区はビーベラッハ郡の75,1%であった。しかし、ドイツ連邦議会2005年選挙で60%を越えたのは64,4%を得たクロッペンブルク-ヴェヒタ郡の1選挙区だけであった。


もしプーチンが今回のシリア攻撃反対メルケルを引っ張り込めば(今思案中?)、ドイツキリスト教民主同盟反対派は黙っていないのかも知れませんね。


その筆頭がブレーメン。・・・



ここまで。今、情勢を見ているだけの状態です。
この解釈は大間違いかも知れませんが、とにかく一歩(半歩?)進んだような気がするので書いておきますね。

流れによって夢解釈は違ってくるかも知れません。・・・・難しいです。


ここで一言。アメさん、また民間人を犠牲にするおつもりですか?


聖パウロも関係してるかも知れませんが・・・





追記の追記(2013/8/30 pm17:11)

あはははは! 
ロシアの印を見ているではないかッ!(\w/;

「追記有り「肉眼で見えるひまわりとは?」イスタンブルであり米軍のシリア攻撃でもあった?(なっげーな!)2013/08/26(月) 18:00:43」


今頃何を・・・ってこと。しーがないなー!>自分


  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する