スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある方へ

  • 2013/07/08(月) 02:21:52


いえいえ、構いませんよ!^^
私の長年の霊的世界との接触であちこち見て検索していた「名残」とでも言いましょうか。いまだにリンクを残してあるだけなんですよ。今眺めても「懐かしいな~」と思っています。
あの当時は藁にでもすがりたい気分でしたし、悪霊苛まれているときは霊能者に会って悪霊除け儀式でも受けたいと思っていた時期でしたしね。
その時に出会った人だったんです。

ええ、今は気にしてさえいません。まったく訪問しておりません。
全ては「自分」ですから。○○さんから質問がった時点で「お!忘れておったわ!」と改めて思い出した次第です。
不思議現象が起こりだしてから「全ては自分次第」これに気付くに数年かかりました。
その間あの方にコメなんかも残したりしましたけどね。^^;

学問と感情とは違います。あの方は学問的でした。
学問寄りでは精神的世界の謎解きは無理かも知れません。これが答えです。
あの方は頭脳で解決を図ろうとしておりました。
私は(能無しですから)感情、インスピで解決を図ろうとしておりました。
これが決定的でした。

学問は自分を覆す学問に出会えば簡単に転がります。良い例ですかね

それでお分かり頂けますか?

しかし神様大好き、仏様大好きでいいのですけれど、そればっかりで没頭してもなりません。生きていくには肉体も精神も頭脳も必要なんです。偏っては駄目です。

「何事も中道!」

私はあの方は嫌いだとかは思っておりません。というか、そんなことも考える暇もなく行かなくなったと言えば良いのでしょうか?
考え方の違いだと感じているだけです。(ここ数年見ていませんが)(いやホント、見てないんだってばよ!)(最近何書いてんの?)

良いところを吸収し、悪いところを排除するのは簡単ですが、グレーゾーンもあることはあります。そこが一番要所を突いていたりする場合もありますね。

侮れませんね、何事も。

嫌だと思うなら離れてみて、数ヶ月経ってからまた読んでみればいかがですか?正直言って私の口から「あの方は駄目だ」とか言えませんのでごめんなさいね。

PS:私はただのおばやんです。

PS:うーん、考えがまとまっていないような気がしますが、一旦ここで〆にしますね。有難う!^^/


  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。