FC2ブログ

追記有り「アシュケナジー」ドイツ・シェーナウとライン地溝帯、そしてホンダ そりからドイツの火山

  • 2013/05/14(火) 09:30:30

何だか女性二人連れの夢をよく見ますね。昨日の夜にも来ましたよ。
まだ海上に黒い海水が騰がった意味、水着姿の二人連れの女性の意味も不明なんやけど、どうしてこうも意味不明なビジョンばかりなんやろう?

**********************************************************************

2013/5/11

~ビジョン?~



※上空から凍った山々を眺める

麓には赤い屋根の民家?がたくさん並んでいる

屋根に雪が積もっているが 赤い屋根だとわかる


あ・・・

雪が溶け出した・・・

山の氷も溶け出した・・・



やっぱり日本じゃない 赤い屋根ばかりの民家・・・


北欧?


(声)「人は自然?(海や山や川?)の間を縫うように住んでいる(生きている)」



白人女性の二人連れ

口元がおかしい

口を閉じているのに歯が見える

口元だけが突風に煽られて 唇がめくれあがってるみたいだ

二人は私をチラと見て 前を通り過ぎた



※(声)「アシュケナジー・・・」




     (意識覚醒)

**********************************************************************


また探すしかないやろな~ orz

一昨日の夢もまだ釈然としとれへんのに・・・ どやさ!(`△´)○☆






追記(2013/5/15 pm23:10)


コメント欄にてごんちさんから情報を頂きました。

> ( ̄(工) ̄)ドイツかも  ←この熊さん顔がお気に入りになりますた♪


てっきり北欧だと思っていたのですが(氷の山が見えたから)ドイツ辺りも調べてみることに。


ありましたよ!( ̄(工) ̄)ごんちさん!!



jam1.jpg
http://www.google.com/imgres?q=sch%C3%B6nau&sa=X&hl=ja&biw=1045&bih=838&tbm=isch&tbnid=yqt_qtPLWOc_LM:&imgrefurl=http://www.schoenau-im-schwarzwald.de/seiten/index_text.php%3FM%3Dd_0_02_00_%26FNr%3D1&docid=MK8Cry_uhJmYdM&imgurl=http://www.schoenau-im-schwarzwald.de/redfotos/170570.jpg&w=570&h=428&ei=iWuUUcT0NoPBkAXzpoD4Aw&zoom=1&ved=1t:3588,r:15,s:0,i:126&iact=rc&dur=912&page=1&tbnh=183&tbnw=233&start=0&ndsp=16&tx=113&ty=92

jam2.jpg
http://www.google.com/imgres?q=sch%C3%B6nau&sa=X&hl=ja&biw=1045&bih=838&tbm=isch&tbnid=YsQOT8iQ62hOcM:&imgrefurl=http://www.badische-zeitung.de/schoenau/eine-erholsame-umrundung-von-schoenau--34479583.html&docid=fcvhHiZ5ZwLcrM&imgurl=http://ais.badische-zeitung.de/piece/02/0e/1d/d1/34479569.jpg&w=1024&h=841&ei=iWuUUcT0NoPBkAXzpoD4Aw&zoom=1&ved=1t:3588,r:36,s:0,i:198&iact=rc&dur=1361&page=3&tbnh=186&tbnw=246&start=36&ndsp=20&tx=122&ty=93

jam3.jpg
http://www.google.com/imgres?q=sch%C3%B6nau&sa=X&hl=ja&biw=1045&bih=838&tbm=isch&tbnid=vY_uKLcX-pYfJM:&imgrefurl=http://www.minibild.de/images/image593.htm&docid=nZOsXohfWEXg1M&imgurl=http://www.minibild.de/images/data/media/3/Schoenau_am_Koenigssee.jpg&w=800&h=533&ei=iWuUUcT0NoPBkAXzpoD4Aw&zoom=1&ved=1t:3588,r:8,s:0,i:105&iact=rc&dur=904&page=1&tbnh=180&tbnw=254&start=0&ndsp=16&tx=112&ty=88


町(村に近いね)の名前はドイツ連邦共和国バーデン=ヴュルテンベルク州ライン=ネッカー郡「シェーナウ (Schonau)」

一番目、二番目の写真がビジョンの町にそっくりなのでびっくりしました。特に三番目の写真、遠くに見える雪山が決定付けてくれました。



シェーナウ(オーデンヴァルト) 



で、何でドイツ?何でシェーナウ?ということですが、気になっていたのが山の氷と赤い屋根に積もった雪が急激に溶け出したことで、ここはやはり地熱?火山帯?と考えてみたら・・・

ありました。ライン川沿いの地溝帯。

ライン=ネッカー郡はクライヒガウの西、オーデンヴァルトの南に接するオーバーライン地溝帯に接する部分を有する。オーデンヴァルトの西端をヴィースロッホから北にハイデルベルク、ヴァインハイムを経由し、ダルムシュタットに至る、いわゆるベルクシュトラーセは、ドイツで最も温暖な地域である。


ライン地溝帯 


ライン地溝帯はライン川に沿っています。

ライン川
”スイスアルプスのトーマ湖(Tomasee)に端を発し、ボーデン湖に入りドイツ・フランスの国境を北に向かう、ストラスブールを越えてカールスルーエの少し南からドイツ国内を流れ、ボン、ケルン、デュッセルドルフ、クレーヴェなどを通過しオランダ国内へと入ったあと2分岐し、ワール川とレク川となりロッテルダム付近で北海に注いでいる。”


ここにライン川の地図を置きます。
Rheinsystem_small_internat.jpg


ここにシェーナウの地図を置きます。
jam4.jpg


目と鼻の先ですね。


Schonau: Gewerbeverein plant Lichterfest: Schonau wird bald hell erleuchtet - badische-zeitung.de


Schonau in the Black Forest


Freiburg-Schwarzwald.de: Tunau, Bischmatt und Michelrutte bei Schonau im Schwarzwald


schoenau.jpg (640×480)


Explore Schonau, Upper Bavaria, tourism, travel guide


Schoenau_am_Koenigssee.jpg (800×533)



(ま~!見るほどにソックリですわ)


で、このビジョンは何を示しているのか?ということなんですが。


「ドイツ西部で連続地震」 
「宏観亭見聞録」 さんより)



つまり、ほとんど地震など経験なかった国々も今後経験するかも知れないということです。あの大きな石が線を描きながら移動しているのは地球が波立っているということなのかも知れません。地球が呼吸すれば人間の肺のように膨らんだり萎んだり。右に傾けば右に、左に傾けば左にと上に乗っかっている石は滑るのですね。何の不思議もありません。ただ、人間時間(極小)と自然時間(極大)とは大きな差があるということだろうと思うのです。

昔に書いた記事、アフリカ大地溝帯が割れるビジョンもそうでした。
最初はインドアフリカかわからなかったのですが(地形が似てますもんね)必死で調べてアフリカだと思いました。一生懸命探してアフリカの大地溝帯が近年割れつつあるという記事を目にしたとき、初めてあのビジョンが本当だったのだと気付きましたから。このブログで検索すれば出てきますよ(多分)(でも古いからな~ どうでっしゃろ?;;)(調べるのが面倒くさいっす)

バンゲア大陸にも触れた記事がありましたね。

地球上は滑っている。・・・これからもずっと滑り続ける。

ムー大陸は裏側だったと書いたこともありましたっけ。・・・


・・・・皆様、地球は生きているのですよ。
私達は地球上で生かされている極小の生物なんですよ。
そこんとこ忘れないようにしたものですね。


と言うことで、この度の氷の山、赤い屋根の村?の夢解析を終わります。



それと、ホンダF1復帰おめでとう。
バイクと車と共に生産しているのはホンダ・スズキでしたっけ?
あの海上に黒い海水が噴出する夢の中で二人連れの女性がいたビジョンは、このホンダ復帰のニュースの先取りだったのかしら~?と思うのですが・・・どうでしょう??

※アシュケンジーはドイツにもいそうだしね!

シェーナウの人々はたぶん幸せなんだろうと思います。何が在ろうとも。






追記の追記(2013/5/17 pm12:20)

ライン地溝帯近くの火山帯見つけました。

アイフェル火山地域

第5章 ドイツ 
「ヨーロッパ火山紀行」 より)

中ほどの地図を見るとライン地溝帯の北西に位置しています。
ここはかなり噴火から噴火の間、休止時間がとても長く、数千年に一度の噴火となっているようです。その間は大地に草木も生え、温暖な気候になっているようですね。

”コーブレンツからボンに至るライン川はやや谷幅を広げ,両側の丘陵地の標高はせいぜい400mである.このうちの南西側の丘陵地には,丸い形をした小山がたくさん分布しており,きれいな円形をした湖もいくつかある.これらの小山や湖はすべて火山起源のものであり,総称してアイフェル火山群という.その分布はおおよそ東と西の2群に分かれており,東にあるものを東アイフェル火山群,西にあるものを西アイフェル火山群と呼んでいる.合計で340もの火山があるが,大きな山体をもたないのでほとんど目立たない.また,数千年に一度くらいしか噴火が起きず,噴火自体は長くても数年程度で終わってしまう.だから,噴火休止期間がとても長く,その間に火口や溶岩流は豊かな緑におおわれる.現在もそのような長い休止期間のひとつにあたり,1万1000年前以降の噴火の証拠は見つかっていない.


それとラーハ湖(ラーハーゼー火山)Laacher See

映画「Volcano」のモデルになった火山大爆発でできたカルデラ湖です。
12922年前に起こった大噴火ですが、今は沈静化中。
ラーハーゼー火山、アイフェル火山群、ダウン近郊のマール郡。
この辺りですか、火山の残骸が見られるのは。

ライン川、モーゼル川近郊は再び火山活動が活発になる危険性があるようです。十分に注意されたし。



十勝岳は噴火するかも知れませんが、北の神々様が一生懸命止めておられるようです。このブログで「十勝岳」を検索してみて下さい。
日本国政府も避難指示をぬかりなくして下さいね。素早くお願いします。

環太平洋火山帯は以前から申し上げておりますように活発に動いております。
火山国である日本の政府はフンドシ締め上げて下さいね。






追記の追記 さらに追記(2013/5/23 am8:38)

「出雲大社よみがえりでも日本海域は油争いでいっぱいだから蛇と亀が現れた(なっげーな!)2013/05/11(土) 10:29:49」  と 「追記有り「アシュケナジー」ドイツ・シェーナウとライン地溝帯、そしてホンダ そりからドイツの火山 2013/05/14(火) 09:30:30」  で書いていた車とバイク、ホンダF1復帰の件。



あの夢見はやはりホンダでしたわ。

「ホンダ 韓国に購買部門 優良・安価な部品を直接選別」 

「ホンダ、スポーツモデルで若者に訴求 125ccバイクなど5車種投入」



あ~あ、ホンダも逝ったか・・・? 法則発動しませんよう祈りますよ。
車、買い換えようっかな~?( ̄_ ̄

  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

( ̄(工) ̄)ドイツかも

  • 投稿者: ごんち
  • 2013/05/15(水) 00:42:28
  • [編集]

Re: タイトルなし

> ( ̄(工) ̄)ドイツかも


お早うございます、ごんちさん^^/

ドイツ? フィンランドとかノルウエーかと思ってました。
なるほど、ドイツか~ 調べてみますね!^^
有難うございました(ぺこり!)

(なんでクマさんのお顔なんだろう?^^;)

コメ、有難うございました。今後とも宜しくお願い致します(ぺこぺこり!)

  • 投稿者: coomi
  • 2013/05/15(水) 07:21:59
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する