FC2ブログ

追記有り「大蛇が我が家にやって来た!」参拝

  • 2013/02/15(金) 15:19:23

「9」の時代とはこんなものかな?と「2」「4」「9」について2回に分けて書いてみました。

そうすると、ほどなくまたまた見た夢?

今度は「大蛇が我が家にやって来た!」の巻です(いや~、驚いた)
今度は大蛇!ですよ・・・うおおおおおお!何てこったい!!


「観音様か阿修羅様 2013/01/29(火) 05:07:29」 で蛇が出現した夢を見たのは確か1月29日? 赤い目をした白蛇が嬉しそうに?慌てたように?チョロチョロしていたが、大きな蛇がガーガーと噛みつきにくるという内容。

そして「勘弁して下さい 2013/01/31(木) 17:57:07」 で、あの白蛇倉敷プチ旅行で行かなかった阿智神社の化身(弁財天様)ではないかと書きました。また倉敷に行こうと主人と決めたと書きました。


ところが何と、2月14日の夢に大きな大蛇が出現。白虎も出現。
「これ!」「駄目!」と大蛇が悪さしようとするのをたしなめる自分。
「あ~あ、表に出しては大変だ、コイツは私が秘かに一生連れていなければならないんやろな~(哀)」と背中に大蛇をおんぶする・・・
大蛇は私を母のように思っている様子・・・ いや、ペットです。凶暴な。


この夢を帰宅した主人に話してみました。

主「ふん?・・・・(・.) ふ~~~ん( ¨)??」
私「すっごい大きい大蛇だったよ~ ソイツを背中におんぶしてんの!」


主人はニカッ!と笑います。

主「ワシなぁ、こ~~~んなデッカイぴかちゃん(愛猫)の夢見たぞ~!」

・・・・・・・まあ、いいです。話にならんわ。



で、蛇の神で探してみましたら出てきたのが奈良県「大神神社」(おおみわじんじゃ)

Oomiwa.jpg (wikiより)



大物主!? 

三輪山!? 


大物主様の本名は 大物主櫛甕玉尊(おおものぬしくしみかたま) とあり、大国主様幸魂(さきみたま)奇魂(くしみたま)であるとご本人が仰せになられておられますね。

大己貴命(おおむなちのみこと)の別名
大穴牟遅神/大名持神/大汝神:おおなむちのかみ
大国主神:おおくにぬしのかみ
大物主命:おおものぬしのみこと
八千矛神/八千戈神:やちほこのかみ
葦原色許男神/葦原醜男神:あしわらしこをのかみ
顕国玉神/宇都志国玉神:うつしくにたまのかみ
国作大己貴命:くにつくりのおおあなむちのみこと
所造天下大神:あめのしたつくらししおおかみ
所造天下大穴持命:あめのしたつくらししおおなもちのみこと

……


”大物主とは、大国主(荒魂)に対する和魂、幸魂、奇魂。 大物のモノは精霊を指す語で、もろもろの精霊の首領。 もともとは三輪山、すなわち御諸の山にいた蛇体の神。
大物主神を祀る大神氏の祖である大田田根子の出自の話は、活玉依毘売のもとに通った苧環(おだまき)系統-蛇など異類が男性となり姫のもとに通い、 ある時不審に思った母娘が、男の袖などに糸を通した針をさして、男が去ったあとを糸に添ってたどって行くと、 婿は蛇等であったという神話で、そのもとになるのが三輪山神話。”


玄松子の記憶より転載させて頂きました)


wikiでは別名はこうなってます。

大国主

Ōkuninushi_Bronze_Statue (wikiより)
 

大国主神(おおくにぬしのかみ) - 大国を治める帝王の意
大穴牟遅神(おおなむぢ)・大穴持命(おおあなもち)・大己貴命(おほなむち) - 大国主の若い頃の名前
大汝命(おほなむち)-『播磨国風土記』での呼称
大名持神(おおなもち)
八千矛神(やちほこ) - 矛は武力の象徴で、武神としての性格を表す
葦原醜男・葦原色許男神(あしはらしこを) - 「しこを」は強い男の意で、武神としての性格を表す
大物主神(おおものぬし)
大國魂大神(おほくにたま)
顕国玉神・宇都志国玉神(うつしくにたま)
国作大己貴命(くにつくりおほなむち)・伊和大神(いわおほかみ)伊和神社主神-『播磨国風土記』での呼称
所造天下大神(あめのしたつくらししおほかみ)- 『出雲国風土記』における尊称
幽冥主宰大神 (かくりごとしろしめすおおかみ)
杵築大神(きづきのおおかみ



”出雲神話の始祖。須佐之男神の御子、あるいは六世の孫、七世の孫などとされている。日本神語の中心となる神で特に出雲神話の主役。” 
玄松子の記憶 大己貴命より転載させて頂きました)


夢の中で大蛇を飼い慣らしていたようですが、内心はビクビクしてました。
すぐに噛みつきそうになる、すぐ蜷局を巻く、すぐ大口を開ける、すぐ人に巻き付く等々・・・その度に「駄目!」「こら!」とたしなめる自分。
大蛇は私が叱るとすぐに止めましたが・・・

なるほど、大物主様は怒ると怖い神様のようです。

”大物主は蛇神であり水神または雷神としての性格を持ち、稲作豊穣、疫病除け、酒造り(醸造)などの神として篤い信仰を集めている。また国の守護神である一方で、祟りなす強力な神ともされている。”(wikiより抜粋)

祟りなす・・・

この一文で納得しました。だからでしょうか、「コイツは表には出せない、私が一生背負っていくしかない」と夢の中で覚悟に似た心境だったのは。



で、やはりココはひとつ大神神社へ参らねばならないのでは?と思いましたが、奈良は交通の便からも徳島から遠いですね。京都へ向かうほうが近いと思うんだけど・・・そこで、大物主様を御祭神としている一番近くて参りやすい神社はどこ?と探しました。

なんと!・・・@@


我が家の川をまたいだ隣町、天石門別八倉比賣神社(ここに行け!と叱られ、おずおずと参拝に向かわせて頂いた最初の神社)のすぐ近くにあるじゃございませんか!


大御和神社(おおみわじんじゃ)  (玄松子の記憶より)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%BE%A1%E5%92%8C%E7%A5%9E%E7%A4%BE


祭神  大己貴命(大国主神・大物主神・大黒様)
例祭 十月十九日


由緒
”延喜式内小社で府中の宮と親しまれている。
王朝時代国司政庁が此の地におかれ阿波国古代 の祭政の中枢となったが、その国府の鎮守として、 国分寺と共に、累代国司の崇敬が厚かった社である。
創立の事情はよくわからないが、おそらくは国司 が大和の大神神社の分霊を祀ったものであろう。
本社はまた国璽の印及び国庫の鑰を守護せられし 神徳により印鑰大明神と称したと伝えられる。”


例祭が私の誕生日と同じだったとは驚いた。w
奈良の大神神社と同じ「おおみわじんじゃ」という読みも驚いた。


明日、この大御和神社へご挨拶にお伺いしたいと思います。

ついでに帰り道に宝くじでも買って帰ろうかな?(なんちて^^;)


あ、白虎・・・!あれはどういう意味だったんだろう?
Asuka_Byako.jpeg (wikiより)

まあいいです。要は蛇神様がメインになっておられましたから、まずはそこからですからね。



追記(2013/2/18 am10:10)

「大御和神社」2月16日午前中、至急参拝させて頂きました。
しかし・・・ここ、前に参拝させて頂いておりました。ぶらりと立ち寄った神社だったのですが(多分)もう何年も前のこと。

この神社名は「おおみわ」と読むんだな~と今回初めて知りました。あの時は何と読むのか首を捻っておりましたが・・・奈良大神神社から勧請されたのだということも分かり、何やらご縁があって立ち寄ったのだろうと思い、尚更胸が熱くなりましたね。

境内に入り拝殿で手を合わせておりますと、頭上や背後や横で「ヒョーイ!ヒョーイ!」と何度も鳥が鳴き、強い風がゴーゴーと吹き付けて来ます。寒い中の参拝となりましたが、大物主様(大国主様)が印を見せて下さったような気がして有り難いと感謝しました。
とても心静かに参拝させて頂きました。有難うございました。^^

130216_1113~01
130216_1115~01
130216_1116~01
130216_1117~01


  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

おこんにちはん

ま~オロシアへ隕石だわなΨ( ̄∇ ̄)Ψ

主「ワシなぁ、こ~~~んなデッカイぴかちゃん(愛猫)の夢見たぞ~!」

これ、合ってると思うよん(・o・)

9452

  • 投稿者: 華
  • 2013/02/16(土) 11:00:22
  • [編集]

Re: おこんにちはん

お早うございます、華しゃん^^/

ロシア、大変なことが起こりましたね。
隕石は落ちるかも?と思っていただけに(夢見てる)ここのところの隕石騒ぎはやはりな~と。
死者が出なかっただけマシですね。
怪我された方々は心配ですけど(赤ちゃんの怪我した姿がなんとも・・・)

主人の言葉はただの冗談だと思うけどね~(笑)
瓢箪から駒が出たのかな~?

  • 投稿者: coomi
  • 2013/02/17(日) 08:15:41
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する