スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お盆ですね(8月12日追記有り)

  • 2012/08/11(土) 11:16:54

お盆の時期は毎年覚悟しています。
ここにもちょくちょく書きましたが、自殺者の念を拾ったり乗り移られたりして霊媒体質の辛さを何度も体験していたから、特にお盆は少し緊張して過ごさなければならないからです。

お盆シーズンに限らず突然理由もなく「死にたい、死にたい」と思い詰めるのは自殺者の念を拾っているせい。乗り移っているんですね。憑依されるんです。心の半分で「何言うとん?何で死ななあかんの!?私には死ぬ理由などない!」と完全否定しているのに、半分では「死にたい、山で死ぬ」とか「手首をね、斬るんだよカミソリで」とか誘うのです。まるで一緒に来て欲しいとでも言うように。いや、明らかに連れて行こうとしているのです。

そんな時は大きな怒りの音を出して自分自身で霊を叩き出します。
「出て行け!」と眉間にシワを寄せ怒りの表情で威嚇します。
「さもなくば不動明王を勧請するぞ!」とマントラを唱えます。
そして私の口からマントラがぶつぶつと聞こえだしたら憑依から抜け出ます。

おそらく私自身の心の隅っこで何か感じているとき、そこをチャンスだと掴み取り入ってくる。魔ですよ、魔。

楽天的で穏やかに幸福を感じている時は入ってきません。
主人とちょっと口喧嘩したとか仕事で嫌な客に出くわしたとか、ほんの少しの嫌な思いを掴み取ってくるのですね。

「自分もできてないな~」と憑依から抜け出して反省するのは自分。



真夜中に寝ながらにして呼吸を止められるのは良くない霊が来て誘っているせい。これはシアワセだろうが平穏無事であろうが関係なく来ます。
良くないと言っても、大地震で瓦礫の下敷きになって亡くなられた方々の苦しさを体感している場合もありますので一言で「良くない」とは言い切れませんが。四川大地震の時もそうでしたね。あの時は救助をせず埋めてしまったらしいのですが、下敷きになって亡くなられた方々はどんなに苦しい思いをして救助を求めていたことでしょう。その苦しさをありありと見せつける。こんなに苦しかったんだよ、辛いんだ、わかって欲しいと救いを求めるんですね。
何故私なんだ!?といささか不満もありますが。


中には見送って欲しいと来る霊もいます。
そんな時は確かに見送って見届けているのでしょう。
東北の大震災の時の上昇する霊達のように。


しかしながら正直、受け取る側として身体的に辛いこともあって、こうなることは半ば諦めかけていたのですが、今年は何とか回避できそうです。


良い霊ならいいのですが、妙な霊にはちょっと小細工させて頂きましたよ。
お陰様で功を奏しているようです。結界ですよ。

入ってこられるのは私が許した方々だけです。それと、それ相当の力(霊力)のある方々だけです。もちろん私に危害を加えない側の方々ね。


今年のお盆は安眠できそうですが・・・ さて?どうなるでしょうね?

明日は迎え火です。
阿波踊り初日です。屋台で -○○○- 食べて来ますね!^^←それかよ!
              ↑これ何だ?(笑)



追記(2012/8/12 am10:45)

実を言いますとね、私はどこから良くない霊が来るのか知っているんですよ。
どこから家に入ってくるのかも知っていたんですね。

奈良のお寺、安倍文殊院へ行ったのは偶然ではなく必然だったのです。
和尚さんの法話を聞きながら目が合ったのは、そういうお話を聞いていた時。

「ここへ来られる方々は、来るようにと誘われているのです」

「どうしても来られないという方はご縁がなかったということ」

「どこから入ってくるかご存知ですか?靴を置いているところ、玄関や勝手口から入ってくるんです。窓からは入ってきませんよ、入れないんです」



やっぱりね。・・・玄関がざわざわしている気配は知ってましたよ。
そう、いつも玄関から入って来ていたのです。

霊的防衛を考えておられる方、安倍文殊院の真っ赤なお札を玄関に貼ってみて下さい。文殊菩薩様と安倍晴明様の五芒星がくっきり描かれてますお札です。

私を誘導して下さったのは背後の方々と安倍晴明様だったんですよ。
長年苦しんでいた霊との格闘を見るに見かねて「行きなさい」と背中を押してチャンスを与えて下さったに違いありません。

「ふげん」と聞こえたのは、もしかしたら普賢菩薩様かも知れませんね。

お陰様であれ以来、呼吸が止まるなどの霊的現象は無くなりました。
有り難いことです。文殊菩薩様と普賢菩薩様、安倍晴明様に感謝を。





  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

(^-^)

ご無沙汰してしまいました。

引っ越しが済んでから、新旧両お盆へ向けての、怒涛の「シバ漬け」の日々でした(^-^;…あ、シバ漬けって言っても、シバで榊作りのほうですよ(笑)
偶然にも去年の震災にあわれた地方への出荷を以前よりしてましたので、今年も出来る限りの心を込めて出荷しました。

coomiさんも、心安くお盆をお過ごしになられそうでよかったですね♪

ps
こちらを手掛かりに、自分たちと忌部氏や讃岐や阿波との繋がりが、少しずつ見えてきました。ありがたいです(^-^ゞ

  • 投稿者: リネン
  • 2012/08/11(土) 18:47:31
  • [編集]

Re: (^-^)

こんにちは、リネンさん、お久しぶりです^^/

怒濤のシバ漬けの日々、お疲れ様でした!
お盆はゆっくり休養を取って下さいね♪

そうでしたか、東北地方へも出荷されてるんですね。きっとリネンさんの想いは東北へも伝わるでしょう。榊に込められた想いは神棚で神々様がお受け取り下さいます。

何かお役に立てたのでしょうか?
それならば嬉しいのですが・・・ルーツを辿ることは自分自身の根を探ることですから、何か見えたらいいですね。きっと心の拠り所となるでしょう。
これからも大切にしてあげて下さいね。^^

  • 投稿者: coomi
  • 2012/08/12(日) 10:06:00
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。