尖閣諸島ボーリング

  • 2012/08/08(水) 19:45:44

「ア○○・・・って何? 2012/08/05(日) 11:08:20」

で書いたタンカーに乗せていた丸い長い棒。
あれはボーリングのためのもの。

タンカーは日本国土を地図で見れば東から西へと海を進んでいました。
つまり日本本土から西へ向かうということで、ここで出した結論は「尖閣諸島」ということでした。


尖閣諸島周辺の油田開発
East_China_sea_digging_map_svg.png


ボーリング図
f2-2-2.jpg


ボーリング機材一覧
t2-2-2.jpg


ボーリング  


あの棒は「ロッド」と呼ばれるものか、あるいは「ケーシングドライブパイプ」と呼ばれるものかのどちらかでしょう。かなり長い棒でしたから、海底調査するための機材だとしたら納得しますし、かなり大量に積み込んでいましたから広範囲に調査するつもりかも知れません。



海洋大国日本を守れ!―1千億バレルの海底油田

日本の陸地、すなわち領土の面積は世界で61番目である。
しかし、領海(陸から12海(カイ)里(リ)=22・2キロ)と
排他的経済水域(沿岸から200海里=370キロ)を足した面積は、なんと世界で6番目になる。
トップの米国の海は762万平方キロ、日本は447万平方キロ。
ちなみに中国は日本の約5分の1しかない。さらに、海水の体積で比較すると、4番目になる。

「尖閣諸島」周辺海域には、海底油田の推定埋蔵量が1千億バレルを超えるという。
1千億バレルとは、世界第2の石油埋蔵国イラクとほぼ同じであり、
7千兆円という目の眩(くら)むような額に相当するとされる。

しかも、漁業管轄権と海底に眠る資源を調査し開発する権利がそれに伴うので、
「現有の権益」のみならず「含み権益」としても膨大なものになる。 ”


”たとえば、先年、日本の〝腰抜け外交〟で世界の失笑を買った「尖閣諸島」周辺海域には、海底油田の推定埋蔵量が1千億バレルを超えるという。1千億バレルとは、世界第2の石油埋蔵国イラクとほぼ同じであり、7千兆円という目の眩(くら)むような額に相当するとされる。めざとく狡猾(こうかつ)な中国がこのような「涎(よだれ)の出そうな」案件を見逃すはずがない。中国の国家をあげての強硬姿勢にはそういう背景があるのである。”
http://www.sanin-chuo.co.jp/column/modules/news/article.php?storyid=531791035


今、尖閣諸島で中国・台湾が吠えてますが、石原都知事にとっては「黙れ!日本の領土で日本が何をしようが勝手だろう!」ということなのでしょう。


「尖閣諸島購入。領土保全に向けて当然のこと(3)」~「高木けいのエキサイトブログ!」さんより~



尖閣諸島においては軍事衝突の可能性もあり得ますね。

さて、このビジョンは警告なのか?それとも上手くいくという宣告なのか?


あ、ついでにこんな記事も。

「尖閣諸島の今後…?」~「通りがかりの弁護士のブログ」さんより~

”領海侵犯を繰り返す相手国の「狙い」は、当然ながら「ボーリング調査」でしょう。ここまではOK、その次もOK…などと、ひとつずつ「実績」を重ねているのです。「我が国固有の領土(=領海)での活動だ」などと、もっともらしい理屈を表明していますが、領海侵犯「コース」は誰が見ても「控え目」です。いつでも逃げられる格好で領海侵犯を繰り返しているわけで、それは到底「固有の領土(領海)での活動」とは感じられません。”


あのビジョンのタンカーが中国側でなければ良いのですが・・・




(実を言うとね、最初はミサイルか?と思っていたんですよ。でもタンカーで運ぶミサイルって何なん?あり得ない!と思い、イメージからして「海」だと思ったのを基本に海底調査のボーリングを探しましたのんw)


(後で文字列訂正・写真入れ)(つづく)さあ!ごあんの用意です!^^




追記(23012/8/10 am9:00)

資源のない国だとされてきた我が国日本。しかし海洋を含めれば相当広大な面積を持つ海洋国家であり、底に眠る資源を探り当て、それを次世代エネルギーに成長させれば世界でトップクラスの資源大国となりますね。

これを奪うために中国・台湾は画策しているという状況ですが、なかなか現政権では対応できないでいますね。そらアカンやろ、日本より中国・韓国サマサマの民主ですから。政権交代して下さい。w


支那、韓国の本音 
~「ねずさんのひとりごと」さんより~ http://nezu621.blog7.fc2.com/

経産省・メタンハイドレートの公的な妨害工作と官僚の保身のために「新潟沖に油田」と発表!?青山繁晴インサイドSHOCK6/20(内容書き出し)
~「みんな楽しくHappy?がいい♪」さんより~ http://kiikochan.blog136.fc2.com/

コラム:相次ぐ海洋資源開発の動き、低成長・日本に救世主到来か
~「ロイター.co.jp | 速報ニュース, ビジネス, 経済 金融ニュース, & More」さんより~ http://jp.reuters.com/

「ホットストック:海洋掘削<1606.T>一時ストップ高、メタンハイドレート掘削報道で人気化」
~「ロイター.co.jp | 速報ニュース, ビジネス, 経済 金融ニュース, & More」さんより~ http://jp.reuters.com/



で、「ア○○・・・」「ア○○・・・」というのは何を指しているのか?と考えていたのですが、今のところは思い出せないし意味不明です。
さしずめ尖閣諸島の「赤尾嶼(セキビショ)」かな?
それとも琉球語あたりが怪しい気がするのですが・・・


海底資源について
~「地球資源論研究室(Earth Resources Research)」さんより~
http://home.hiroshima-u.ac.jp/er/index.html



  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する