ちきゅう

  • 2012/07/31(火) 11:52:18

天と地を結ぶ光の柱の立つ神聖なる場所。
「ソラチ」とはそういう意味です。


Tanakaさんより北海道には「空知」という地名があると教えて頂き、ゆうさんからは阿波・三木家周辺の山は昔「空地」と呼んだと教えて頂きました。

だから「見つかりましたでしょうか?」と書きました。
我々は静かに見守りたいと思ったからです。
口出し出来るものではありません。
神々様自身が探されますでしょう。人も自然もこの世の生きとし生けるものはそれに従う。



以前、天地を結ぶのは「ヒト」であると書きましたが、自然(崇拝)とヒトの行いが穢れを落とし天地の理を成り立たせると思います。
神々様は我々がお迎えしなくてはならない、心のマネジメントピュアさが必要。右巻きの渦、左巻きの渦はイサナギ・イザナミ神様が起こした螺旋。
これが合体したときが始まりだったわけですね。

人は自らに螺旋を持っています。これも天の理です。
宇宙の螺旋も波長というも理です。すべてが波と螺旋なのです(前に書きましたよね?)




「妄想的独り言 2012/07/26(木) 15:21:34」 で最後に書いた北海道と青森の間の海。

震度5。


コメ欄にてペコさんより情報です。

平成24年07月30日07時05分頃 岩手県沖 M5.4 震度4

一見関係ないように思われるこの地震。岩手辺りはよく揺れるものと思っていますが、


~コメントより抜粋~

確か今、青森あたりに例のちきゅうがいるんだよね。地震の実験したんじゃないかしら。。。青色えんぴつさんには、この地震が示されていたのかも?

~抜粋終了~


ちきゅうが青森に!?とちょっとびっくり。
急いで調べてみれば、青森沖にいるではありませんか・・・

JAMSTEC地球深部探査センター|現在のちきゅう

この位置、ビジョンの海に近い。

地図にしてビジョンの震源地に×印を付けてみました。
chikyu_aomori.jpg


今現在のちきゅうの位置より少し北側に×印が見えたんですよね。
場所的に何と呼ぶ海なのかわかりませんでしたので、ただ「北海道と青森の間の海」としか表現出来ませんでしたが・・・
震度5と見えたのは「M5.4」の間違いだったのかも知れません。

ちきゅうの位置をいつも把握しておくべきですね。
深部を掘削している辺りは充分注意すべきかも知れません。



だから言ったでしょう、人間の勝手で乱すなと。
まあ、ちきゅうも未来の人々のために探査しているのでしょうけどね・・・




追記(2012/7/31 pm16:20)

ちきゅうが気になるので調べてみました。
様々な陰謀論がある中で、ちきゅうもその中に数えられているようですね。
正直、自然界にあるものは自然界の好きにさせるしかないと思うのは山々ですが、人間の持てる知力・科学力によって予知できる災害は人命救助、動植物の保護に適用されるだろうし、地球の成り立ちや未来に向けて活動すべき点などが理解できるだろうしね。さりとてやり過ぎて大きく刺激して大災害の起爆剤になるのは勘弁して欲しいと思うのは私だけではないだろうと思うのですが。あまり深く掘らないで!刺激しないで!ってところだろうか。私も注射が大嫌いだもんで地球さんも痛いんじゃないかと。ちきゅうの皆様、ごめんなさいね~!><;


山本弘のSF秘密基地BLOG:「ちきゅう」陰謀説のバカさ加減


う~む・・・偶然そこにいたというのもアリですが、いつもいつも「そこにいた」となれば・・・う~む・・・地球にとっては200㎞など些細な距離かも知れないしね。

あ、そうだ。地球の火山帯や海溝などは「敏感帯」としておけば触れるのも恐る恐るだしいいんじゃマイカ?←我ながらアホかと思う^^;


しかし、あのビジョンの赤い×印・・・気になるなあ。
あそこら辺、ちょいちょい揺れてるけどね。



  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する