橿原神宮と安倍文殊院

  • 2012/06/07(木) 15:51:42

今日はお休みですので、6月5日に参拝させて頂いた奈良の橿原神宮安倍文殊院の写真などUPしときますわね。

安倍文殊院では金閣浮御堂内部に入らせて頂きました。

ご住職?の法話が面白かったですよ。晴明公のお話や鬼門・裏鬼門、最近の事件を重ね合わせて説明して下さったので理解しやすかったですね。

それにしても文殊菩薩様・・・でっかい!ありがたや~!(-人-)


橿原神宮は清楚で爽やかな雰囲気が漂ってましたね。とにかく広い。
整えられた美しい砂砂利を踏んで歩くのがもったいなく、申し訳なく感じました。ごめんなさい。


橿原神宮
kasiharajingu_abemonjyuiin 001kasiharajingu_abemonjyuiin 002kasiharajingu_abemonjyuiin 003kasiharajingu_abemonjyuiin 004kasiharajingu_abemonjyuiin 007kasiharajingu_abemonjyuiin 008kasiharajingu_abemonjyuiin 009kasiharajingu_abemonjyuiin 010kasiharajingu_abemonjyuiin 011kasiharajingu_abemonjyuiin 012kasiharajingu_abemonjyuiin 005kasiharajingu_abemonjyuiin 006kasiharajingu_abemonjyuiin 013kasiharajingu_abemonjyuiin 014kasiharajingu_abemonjyuiin 015kasiharajingu_abemonjyuiin 016kasiharajingu_abemonjyuiin 017kasiharajingu_abemonjyuiin 018kasiharajingu_abemonjyuiin 019kasiharajingu_abemonjyuiin 021kasiharajingu_abemonjyuiin 022kasiharajingu_abemonjyuiin 023


安倍文殊院
kasiharajingu_abemonjyuiin 031kasiharajingu_abemonjyuiin 032kasiharajingu_abemonjyuiin 033kasiharajingu_abemonjyuiin 030


お昼ごあん
kasiharajingu_abemonjyuiin 029



↓女性の方限定記事!男性の方はスルーで頼みます!!(って、みんな見るんだろうな~( ̄_ ̄;)

旅行前日の夜、お月さんが。あいたたた、これはヤバイ、こっそり遠くから手を合わせて参拝させて頂くしかないと思っていたところ・・・朝、お月さんは終わっていました。
あり? ま、いっか、これは幸いである!と意気揚々と橿原神宮に参拝。
(というか、コレは更年期障害か?)

少々お腹が痛かったのですが、参拝中は大丈夫でした。

安心していたら何のことはない、参拝の後、しっかりとお月さんと再会!

あのね、ご不浄だと思ったらお月さんも止めるんですよ、神様って。
そう言えば数え切れないくらい神社参拝させて頂いたのに、思いだしてみればいつもお月さんを切り抜けてきましたね。不自然なくらいお月さんと遭遇しませんでした。かなり早めに来たり数日遅れたり。うまい具合に遭遇しませんでしたね~

いや~、凄いわ。でも今は満月ですよ。あ~お腹痛い・・・




追記

ところで、「まとめwoネタ速neo」って何なん?
なんか知らんがトラバってる・・・
行ってみたけどさっぱりですわ。


  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

文殊さんではないですが。

安部文殊院ではないですが、その近辺に長谷寺があります。
西国33個所を廻っているので、行きました。

あのあたりは良いですよね。

そのときは、いっそ「安部文殊院も」と思いましたが、資金と時間の都合で断念。

原子炉の「文殊」は相変わらず「危険」すれすれの停止状態。動かすと危ないですが「原発教原理主義者」は、動かしたくてタマランようです。

西国28番の成相寺の近くにも文殊菩薩で有名な寺がありましたね・・。

余談ですが、清明の先祖に安倍仲麻呂が居ましたよね。で、中国で秘書長官の「秘書監」にまでなりましたが、日本には帰れなかった。
あちらでは「チョウ衡」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%BF%E5%80%8D%E4%BB%B2%E9%BA%BB%E5%91%82

高仙芝といい、阿倍仲麻呂といい、空海といい、唐は、国際色豊かで、その点は、アメリカやイギリス以上ですが、その子孫は、まあがんばってはいますが「要努力」でしょうね。

M-75ですが、別の新惑星の誕生とか
私のブログですが。
http://plaza.rakuten.co.jp/tanpakumeisi/diary/201206030000/
書き込みで
・・・・・・・・・・・・
新惑星だとするなら、ウルカヌスか?

ウルカヌスという名称は、秘教学ではよく登場する惑星名です。英語ではバルカンです。水星の更に内側を公転している惑星だと中世からいわれていました。

・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
ウルカヌス
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%B3_(%E6%83%91%E6%98%9F)

ニビルとティアマトとついのようですが、良くわかりません。

ではまた。

  • 投稿者: 忠武飛龍
  • 2012/06/08(金) 09:27:48
  • [編集]

Re: 文殊さんではないですが。

こんばんわ、忠武飛龍さん^^/
お返事遅くなりまして申し訳ございません。残業してましたん。少し疲れました。バイトの女の子が一人辞めちゃったんでフォローしてますのん・・・

あの辺りに旅行されたことがあったんですね。
徳島と変わらないくらい田舎ですが、のんびりしてていいですね。あちこちに古墳ではなかろうか?と思われるような小さな森が点在していて、歩いて回りたいと思いました。残念ながらバスの窓から眺めるだけでしたけど(笑)

切戸文殊(京都府宮津市)・亀岡文殊(山形県高畠町)とともに日本三文殊に数えられるとありますように、立派な文殊様でしたよ^^
獅子に跨ってました。快慶作だそうです。
その立派な創造物に見とれてしまいました。文殊様と目が合って仕方がなかったですよ。これで私も文殊様の知恵を少し頂けたのかな?(爆)

そうそう、安倍仲麻呂様と安倍晴明様を祀った金閣浮御堂の中でお話しを伺ったのですが、李白との関係や別れの歌なども面白かったですよ。こんな立派な方が日本にはいらっしゃったんだなあ~と感心しました。
内部には梵天様とか天部の方々の像?がぐるっとあるのですが、扉が閉められていて拝めなかったのが残念です。

M-75は超新星ではないと思うのです。私も天体Mと判断しましたが、よくわからないことだらけです。(汗)
しかし、超新星誕生?のビデオは大変興味深く拝見させて頂きました。
「うわ~!チタマが生まれてる~!@@」(笑)衝撃的瞬間でした!

今年は天体ショーが多いですね!楽しいのですが、何かを呼ぶような気がしてなりません。気のせいでしょうか?
それにしても日本のマスコミは一切報道しませんね。なんともはや・・・

あ、そうそう、東電OL殺人事件の再審が決定したみたいですね。
冤罪である可能性も強いのだとか・・・「道玄坂!」の夢はこのことだったのかしらんね?^^;;

  • 投稿者: coomi
  • 2012/06/10(日) 00:04:24
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する