屋久島からのヘルプコール

  • 2012/02/16(木) 14:55:13


「南の島はどこだ 2012/02/13(月) 09:53:40 」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1100.html

で書いた火山噴火と南の島のビジョン。
調べてみると赤く丸く光っていた島南西諸島屋久島ではありましたが、屋久島は火山島ではありません。
気象庁HPから九州の火山群を見て調べてみると、現在活動中ランクAの火山は阿蘇山・雲仙岳・桜島・薩摩硫黄島・諏訪之瀬島。これらからビジョンの南方向の屋久島近辺の火山を抜き出すと、桜島・薩摩硫黄島・口永良部島となります。
Nansei-Shoto_Map_Chikei_20120216143328.gif
new_vol_kyushu2.png



南九州の地理をwikiから抜粋します。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E4%B9%9D%E5%B7%9E

”南九州はフォッサマグナの西側から続く西南日本弧の地形と台湾付近から続く南西諸島の地形が交錯する部分にあたり、これに加えて多くの火山性地形を持つ複雑な様相を呈している。基盤となる地層は古生代から鮮新世にかけて形成された地層群であり、秩父帯、四万十層群および宮崎層群に分けられる。

南九州北部を構成する九州山地は北東-南西方向に延びる帯状の地質構造を持ち、北東に隣接する四国山地の延長をなしている。この帯構造は南九州中央部付近で屈曲し南北方向へと向きを変え南西諸島へと延長される。屈曲構造は複雑であり出水山地付近の「北薩屈曲」、人吉盆地北東部の「人吉屈曲」、宮崎平野西部の「野尻屈曲」などが複合している。かつてはおおむね一直線上に並んでいた山脈が日本海と沖縄トラフの拡大によって折り曲げられ、屈曲点を境にして南部が東へ向かってずれるように移動しているためにこのような構造となっている。

南九州の西部には多くの火山が分布しており、活動時期は西から東へ進むにつれて新しくなる傾向がある。これら火山群の東端にあたる鹿児島湾を中心として「鹿児島地溝」と呼ばれる地溝が南北に延び、これに沿って「南九州火山群」と呼ばれる火山列が連なっている。この火山列には霧島山や桜島などの活火山や大規模噴火を特徴とするカルデラが並んでおり、溶結凝灰岩やシラスなど火山噴出物を起源とする厚い地層がカルデラから数十キロメートル離れた地域にまで広がっている。火山列は南方海上にまで延びており南西諸島のトカラ列島へと続いている。



ぶっちゃけ、私が見ていたのは南九州火山群だろうと考えます。
屋久島の真っ赤は「危険信号」を知らせる赤ではなかろうか?
つまり助けを求める赤ではないかと。



「支笏カルデラとアイヌ 2012/02/05(日) 09:57:03 」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1097.html

では、支笏湖と恵庭岳・風不死岳・樽前山を指し示していたのは間違いないだろうし、樽前山は1981年から約30年も活動を止めていると事実を知りました。


では、薩摩硫黄島口永良部島はいつから活動静穏化しているのか?


気象庁 | 九州の活火山
http://www.seisvol.kishou.go.jp/fukuoka/volcanofk.html

薩摩硫黄島は2004年から。
口永良部島は1980年から。

Iojima_Kagoshima_Japan.jpg (薩摩硫黄島 wikiより)
Kuchinoerabujima_island_from_Mt_Nagatadake.jpg (屋久島から眺める口永良部島 wikiより)



北海道は支笏湖の樽前山1981年、屋久島の隣の口永良部島1980年に活動沈静化。これは偶然だろうか?と思うのですが。


気象庁 薩摩硫黄島(鹿児島県)
http://www.seisvol.kishou.go.jp/fukuoka/508_Satsuma-Iojima/508_index.html
気象庁 口永良部島(鹿児島県)
http://www.seisvol.kishou.go.jp/fukuoka/509_Kuchierabujima/509_index.html


北海道の樽前山薩摩硫黄島と同じランクAの活火山ですね。



「イリオモテヤマネコは南に生息している 2012/01/15(日) 23:35:52」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1090.html

この日の記事で「南の方!」とわずかに声を聞いたと書いてあります。
南の方とは南西諸島だったのか?と。


やれやれ、私の夢日記は一話完結型ではありませんので、過去からほじくって眺めてみなければなりません。ですから私のブログの「最新記事」カテゴリは、30回分の記事を眺められるように設定してあります。約1ヶ月分ですね。自分にとっても過去1ヶ月の記事の流れが読めるので便利なんです。


過去記事と言えば「オキノエラブジマ」の声を聞いたのが2010年12月13日。


「オキノエラブジマ ハテルジマ 2010/12/13(月) 11:19:00」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-922.html
(もう時効だね、こりゃ)


そして様々な夢やビジョンを見て書いたのがこの下記の記事。
この時はすでに新燃岳(霧島山)が噴火した後だったと思います。

「新燃岳の火口は緑色の湖だった 2011/02/01(火) 00:07:33」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-938.html

~抜粋~

この流れを読むと、火山活動の他ならないワケですが、海底火山だと思い込んでいたのは間違いだったのかも知れませんね。
いや、まだまだ安心出来ないのはヤマヤマですが・・・ ハワイの海の夢もあるし、安心できません。


直近の「諏訪」、そして「熊本」もこれらに関係あるのだろうと判断します。
オキノエラブジマ、ハテルジマも。

そそらく、日本列島の地下活動が活発に動き出そうとしているのだと思います。
そしてソレは「世界の地下」の動きにも通じる・・・


だからハワイの海、アラスカの海、イギリスの地下、ロシア、アメリカ西海岸、マレーシアなどの国々だったのだと思います。

しかし、信じ込まないで下さい。ただの夢です。

はい、ワロスワロスでスルーでお願いね。


~抜粋終了~


ちょうど1年前くらいから何か地下の動きを感じ取っていたのかも知れません。時期的に時効だと思われるかも知れませんが、私にはそろそろ動きますよというサインに思えてならなかったのだと思います。
残念ながらこの1ヶ月と10日ばかり後で311が起こってしまったのですが・・・


気象庁のPDFデータを見ていると、噴煙高度と火山性地震の回数が真逆になっているのがわかりました。噴煙が高く上がっているときは地震が少ないのかな?

薩摩硫黄島は警戒中。口永良部島はレベル1にまで引き下げられ平常レベル継続中。

それと北海道は渡島半島の方々、大丈夫ですか?



  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

藤原氏と忌部氏で検索してたら屋久島から辿り着きました。
なんだかすごく気になったから読んでみたけど
屋久島はいまんところ平和です。でわ

  • 投稿者: 島人
  • 2012/04/11(水) 10:45:46
  • [編集]

Re: タイトルなし


初めまして?島人さん^^/
屋久島にいらっしゃるんですね。遠いところからようお越し下さりました!

屋久島のヘルプコールのビジョンですね?
先日の爆弾低気圧で雨量がダントツだったのが屋久島でしたね。
このことだったのかな?と思いましたが、被害もなく・・・

平和そうで良かったです^^

あ。そうそう、屋久島に長い白髪の紺色の着物を着たおじいちゃんはいます?
縄文杉を眺めていると、そのおじいちゃんにおいでおいでと呼ばれました。
屋久島のかの方にお伺いしてみたのですが、「はて?誰だろう?精霊かな?」という感じでお答え頂きましたが、いまだに気になるおじいちゃんです。

また気が向いたら遊びに来て下さいね!^^/
コメント有難うございました(ぺこり!)

  • 投稿者: coomi
  • 2012/04/11(水) 11:10:39
  • [編集]

ども!さっそくですがコメントどもです。
自分は2009年の日食をきっかけに
十勝から屋久島に越して来たもんで
今日こちらに漂流したのはただの偶然ってな
感じがしない何かを感じます。

白髪の着物の老人ですか。
その類の人は何人か心当たりもあるんですが
それは人で無くやはり精霊だの霊的な何かでは
無いですかね。この島はその類の伝説がやたら多いもんで
気になります。人の枠から離れて生きている人間も
また大勢いてはります。
自分もこの島に来るつもりは全く無かったのですが
強烈な見えない力に呼ばれて今ここにある感じなんで・・・

この出会いに何かを感じるんでちょくちょく覗かせて
いただきますね。よろしくお願いします。

  • 投稿者: 島人
  • 2012/04/11(水) 14:48:31
  • [編集]

Re: タイトルなし


お早うございます、島人さん^^/

そうでしたか、日食をきっかけに屋久島に移住されたのですね。
それも十勝から!いやはや何とも奇妙な韻を感じます@@

私が実際に屋久島に行ったのではなく、夢の中でのこと。ただ縄文杉を突っ立って見ていると、苔むした木々の間からそのおじいさんがニコニコ笑いながらおいでおいでと手招きするのです。「ありがと。後でね^^」とその時はそこで目覚めたのですが、調べてみるとやはり縄文杉に間違いなく・・・
何で屋久島なんだ?と不思議でした。
あのおじいさんは誰だろう?紺色の着物(作務衣)を着ていたボサボサの白髪頭のおじいさん。彼の後ろには洞穴?小さな崖?のようなものも見えました。

キムジナーではなく、人間のように見えましたが、その古風ないでたちは正しく精霊と感じます。木霊かな?

再び屋久島を探ってみますと、精霊の森と呼ばれる神秘的な森があるんですね。たぶんそこだと思います。

人の枠からはずれた生き方かぁ~
憧れますね。

はい、こちらこそ宜しくお願い致します^^

  • 投稿者: coomi
  • 2012/04/12(木) 08:45:18
  • [編集]

こんにちは^^
coomiさんは夢でいろいろキャッチする人の
様ですね。話には聞いたことはあるけど
実際その手の人と絡むのは初めてです。

屋久島とは海底から隆起している巨大な花崗岩の固まりで
そのパワーったら半端ない感じです。
その力に引き寄せられて集まって来てる人間達のありようも
なかなか面白いもんです。奇人変人妖怪変化の類ですね。
あなたも呼ばれてるみたいなんで一度様子を見に来てはいかがでしょうか?coomiさんが好きそうな物事が山ほどあるかと思いますよ。

  • 投稿者: 島人
  • 2012/04/17(火) 19:55:37
  • [編集]

Re: タイトルなし

こんばんわ、島人さん^^/

悪霊は次元が近いだけに現実世界のほぼ近くまで出没しましたですよ。
その頃を乗り越えて今があります。夢だとかビジョンだとか、起きているのか寝ているのかわからない半覚醒状態で見てしまいます。
大体が意味不明の事柄が多いのですけど、突き詰めてみれば理解できることが多いのです。そして、繋がってる。

そうですね、屋久島は非常に惹き付けられる島ですね。
縄文杉の前に立ちん坊で見上げていたビジョンも、その当時は縄文杉なんて存じませんでしたもの。(すみません)
将来の計画は、主人と一緒に阿蘇から高千穂、桜島、そして屋久島へと参りたいと思っております。キャンピングカーでね。おじいちゃん精霊にも「来ましたよ~!」とご挨拶したいですしね。^^(折角お呼び頂いたのですから)

ただ、お仕事の都合上、いつの話になるかわからないのです。何年先??
寂しいな~T-T

  • 投稿者: coomi
  • 2012/04/17(火) 22:42:36
  • [編集]

ども^^

お仕事が忙しいのですね。
その時に自分がここにいるかどうかは
はっきりしませんがいたら是非案内しますよ^^

  • 投稿者: 島人
  • 2012/04/18(水) 20:03:06
  • [編集]

Re: タイトルなし

ありがとうございます、島人さん^^
是非、行くことが出来ましたら縄文杉と精霊の森へ連れてって下さい。
おそらく崖?の下の方です。
多分起きてる時はおじいいちゃん精霊も見えないと思うのですが、夢の中で何かお返事があることでしょう。

「おっそいやんけ!何しとったんや!?何年経ったと思うとん?」てな感じで^^;;;

  • 投稿者: coomi
  • 2012/04/19(木) 00:17:42
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する