FC2ブログ

今夜の超常現象

  • 2007/12/10(月) 04:46:44

12月9日 深夜2:30~?

ゴー、ゴゴゴ・・・といういつもの音が聞こえ、身体が揺れだした。すぐに全身の細胞が震動するかのような総毛立つ感覚に襲われ、てっぺんから吸い上げられるような、身体を持って行かれるような離脱現象に移行。右に左に転がされ、身体は動くも半分浮いてるような感覚。目をパチパチと開けたり瞑ったり。確かに起きているものの、すぐさまビジョンが浮かび上がる。

※何かのロゴマークだろうか?前足を上げて立ち上がる馬の足の下には十字の盾。
※アメリカ?誰かが青い車を紐に吊り下げ、ビルの上から落とそうとしている。ビルは鏡張りのようにキラキラ光が反射している。ツインタワー?「そうはさせるか」と私はビジョンの中に侵入し、車を引き上げる。
※ビルの下には黒人の太いおばさん二人が歩いていて、私に伝える「有難う、助かったわ。私達は大丈夫よ」英語らしいが、日本語に聞こえるので意味は把握できた。

このビジョンを見ている間も離脱現象は続き、ビリビリと細胞という細胞が小刻みに震える感覚は続いている。暗闇の中で目を開けたり閉じたりしていた。
ふと、誰が引っ張っているのか見てやろうと思い、身体を起こして上半身だけ肉体から抜け出した。誰も見えない。パタンと寝ころび、再び上半身を身体に入れる。それでもまだググッ~と身体を上へ引っ張られる。抵抗を繰り返す。
その時、うちのニャンコが私の布団を踏みながら足元に来た。そして私の上に乗った。今まで引っ張っていた強い力は、今度は上からかぶさって来た。ニャンコが重しになって守ってくれたのだろうか。そうなると今度はグググッ!と身体全体を押さえつけてくる。ずっと総毛立つ感覚は続く。隣で寝ている夫のイビキも聞こえるが、耳が痛いくらい大きな音に感じる。耳に圧がかかって目の前が真っ白になるようだ。背中にじんわり汗が出てきた。
突然、ゴロリと夫がこちらへ転がってきた。そして、モソモソ起きて片手で私のおでこを3回ぺちぺちぺち!と軽く叩いた。「おい、大丈夫か?ちゃんといるか?」と心の中に夫の声が響く。離脱した夫だ。本体はイビキをかきながら相変わらず寝ている。何だかホッとして「大丈夫!」と心でお返事してニッコリ笑ったら、再び夫はゴロン!と転がってイビキをかいて寝ている身体の中に入っていった。

言っちゃナンですが、離脱している夫を今回初めて見ました^^;
言っちゃナンですが、ニャンコが助けてくれたのを今回初めて経験しました^^;

今夜は夫とニャンコが二人がかりで助けてくれたようです。まだ細胞の余韻は残っていますが、完全に目が覚めてしまった・・・現在4:30過ぎ。
ロゴマークを探していてこんな時間になってしまいました。

もう一度寝よう。(疲れているのかしら?)

追記

ロゴはフェラーリに似ていますが、紋章のようでした。カナダ・マニトバ州しか馬・十字の盾の紋章が見当たりません。馬が後ろ足で立っていて、十字の模様の盾の上にいる。こんな感じ。

追記の追記

12月8日  1914年 第一次世界大戦でフォークランド沖海戦
       1941年 第二次世界大戦勃発 真珠湾攻撃
       1980年 ジョン・レノン射殺
       「成道会(じょうどうえ)」
       釈迦が悟りを開いた日。多くの国の仏教寺院で「成道会」法要が開かれる。
       「聖母の無原罪の御宿りの祭日 」
       カトリック教会の大祭日。聖母マリアが原罪の汚れなく宿ったことを祝う。
12月9日  1941年 中国が日本、ドイツ、イタリアに対して宣戦布告
12月10日 1941年 マレー沖開戦



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)