阿蘇カルデラ

  • 2012/01/27(金) 10:04:08


この時代にPCがあるのに感謝したいですね。昔なら図書館へ出向いて調べなければならないところだったのですが、今はPCで何なりと調べることが出来ますからね。色々な情報を拾うことも出来るし。


さて、

「阿蘇は静かか? 2012/01/25(水) 11:23:27」 http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1093.html 

で書いた阿蘇山の窪みにある村、わかりましたよ。
googleearthで眺めて押したり引いたりして上空から眺めてみますと、阿蘇山の外輪山を取り囲むように存在している阿蘇市やその周辺、円形に阿蘇山を取り巻く街や村。ここでした。

阿蘇市

”カルデラ盆地は中央火口丘によって南北に二分され、北を阿蘇谷、南を南郷谷という。阿蘇谷は阿蘇市に、南郷谷は阿蘇郡高森町および南阿蘇村に属する。阿蘇谷には、熊本と大分を結ぶJR豊肥本線が通り、その立野駅から分岐する第三セクター・南阿蘇鉄道が南郷谷を走っている。
カルデラ内で村や町が発展し「カルデラの中に住んでいる」というのは阿蘇山を知らない人達にとっては驚きである。 


写真で見てみました。
aso_si.jpg


ここに間違いないという確信が持てました。
私は阿蘇山の窪みを見ていたのではなく、阿蘇カルデラにある阿蘇市などの街を上空から見ていたのだとわかったのです。
その昔から度々九州の阿蘇周辺を見てきましたが、この度のビジョンによりハッキリわかりました。

前に見た「米塚」「熊本城」はそれらのことを指していたのだと思います。


「阿蘇は大切な神々の山 2008/06/03(火) 11:35:28」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-294.html

「今度は熊本 2010/09/13(月) 10:45:58」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-876.html

「松本・・・地下鉄サリン事件ですよ 2010/09/18(土) 11:22:59」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-877.html

「熊本城の意味がわかった・・・かな? 2010/09/23(木) 14:55:44」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-881.html


つまり、中央構造線。


図で見てみます。
Tectonic_map_of_southwest_Japan.png



前にも書きましたが、九州中央構造線阿蘇山手前?辺りから二手に別れていて、一方は熊本市(熊本城)もう一方は八代湾へと向かいます。
中央構造線沿いには大切な社が点在していますね。伊勢神宮しかり諏訪大社しかり鹿島・香取神宮しかり。九州は阿蘇には阿蘇神社

ビジョンの中で「米塚」の向こうに見えた富士山型の山は烏帽子岳?
草千里を眺める向こうにある阿蘇五岳を形成するうちのひとつ烏帽子岳。多分ここに違いないと思います。

阿蘇山

「草千里と烏帽子岳」 http://www.aso-aso.com/003mtaso/kusasenri/
aso_ebosidake.jpg


「阿蘇阿蘇ドットコム!」 http://www.aso-aso.com/ さんより画像拝借。
勝手にすみません(ぺこり!ぺこり!)


つまり、つまり、何が言いたいかというと・・・ですね。

平成24年1月27日6時25分頃 熊本県天草・芦北地方 M2・1 震度1

(おや、早速来ましたか・・・)

最近中央構造線の動きが大きくなっています。
311をきっかけに日本の地下の動きが変化しているようです。
影響は日本中に及び、もしかすると火山活動も激しくなるかも知れませんし、地震も規模が大きくなるかも知れません。
中央構造線が動くと直下型です。一直線に激しい地震が起こります。
おそらくポイントである阿蘇も再び大噴火すると思うのですが・・・


・・・・・あまり怖がらせてはいけませんね。
・・・・・でも書かないといけない気がしますしね。

それともうひとつ気になるのが薩摩富士と呼ばれる開聞岳
ここ、火山でしたよね?



  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

草千里

中学の修学旅行は九州でした。

阿蘇が一番印象に残ってまして、草千里をみて、アガサ・クリスティーの小説の一節を思い出してました。
「なにも無いのが良い」というか、原典は砂漠でしたが。

まあ中学時代はつらかったので、何も無い草千里が癒しでした。
まあ修学旅行の時の中三の時は、少し楽でしたが。

ではまた。

そうそう鸚鵡の麻原某教祖は熊本あたりの出身だったような・・

  • 投稿者: 忠武飛龍
  • 2012/01/27(金) 19:58:58
  • [編集]

Re: 草千里


お早うございます、忠武飛龍さん^^/

私も中学は九州でして、草千里も歩きましたよ。
阿蘇の火口を見て感激したものでした。
自然は雄大で癒し効果バツグンですね。
今度九州旅行をするときは阿蘇、そして高千穂と決めていますが
いつ頃になるやら・・・(泣)

あ、あの教祖は熊本辺り出身だったんですか?
米塚と「松本」の夢を同晩に見てしまったのは意味があるんかな?
うーん、よくわかりません・・・

あ、そうそう。
また貴船神社が呼んでるみたいです。
赤い社殿だったんですが、どこの貴船神社でしょうね?
水の勢いのあるビジョンでしたが・・・?????

  • 投稿者: coomi
  • 2012/01/28(土) 10:25:55
  • [編集]

調べました。

麻原某さんの出身を、ウイキペディアで
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BA%BB%E5%8E%9F%E5%BD%B0%E6%99%83

ずいぶん昔の九州南部は男尊女卑がひどかったと聞きます。
http://kenuchka.paslog.jp/article/2356694.html

私はその影響もあるかな・・・と。

無論それだけでもないようですが。

ではまた。

  • 投稿者: 忠武飛龍
  • 2012/01/29(日) 10:17:21
  • [編集]

Re: 調べました。


お早うございます、忠武飛龍さん^^/

麻原某さんはなかなかユニークな法螺吹きですね。
彼を捜している霊はたくさんいるようですし、彼の死後には何があるかわかったもんじゃありません。
「覚悟はよろしいか?」と書いたのは強烈な霊の思念を感じたからですね。
現世では好き放題していたようですが、あの世ではみっちり絞られるでしょうね。ホントに覚悟はよろしいか?と問うてみたいです。

いつも御世話になります。感謝!(ぺこり、ぺこり!)

と言いつつ、「松本」も気になるんですよね・・・

  • 投稿者: coomi
  • 2012/01/31(火) 04:36:16
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する