月と太陽と第二の太陽

  • 2011/09/08(木) 23:17:01


**********************************************************************

2011/9/8

~お昼寝の最中のビジョン~ pm3時過ぎ?

※眩しい太陽の煌々とした輝き

その横に 太陽より少し小さめの星?

太陽の右横に月のような 月よりはるかに大きい白い星

え?真昼の月? 


いや 月ではない

その証拠に 太陽の左横に小さな星 

まん丸だったか 三日月だったか・・・ あれが月だ

二番目の太陽は じっと見ていると 現れたり消えたりしている


      (意識消滅)

**********************************************************************


またもや意味不明。

ベルゼブブの次は星(二番目の太陽)ですか・・・


ああ、随分前に太陽がふたつあるビジョンも見ていたな・・・
この頃だっけかな? ガンマ線がくるくる回ってこちらにやってくるビジョンを見たのは・・・列挙しておきますか・・・



「彗星で思い出したこと。2007/10/25(木) 23:42:31」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-10.html

「夢の検証 その3 2007/12/23(日) 09:53:39」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-125.html
”不思議だったのは、太陽の光が雲間から差し込んでいる方向、太陽が見えた方向がまったく違っていたこと。光の差し込む角度では太陽は右側になければならず、多分そこにあるのでしょう。では、私が見た左側の太陽は、何?”


「プラズマX 2008/02/09(土) 23:23:28」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-184.html

「褐色矮星と太陽 2008/02/28(木) 20:43:09」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-206.html

「四大エレメント 2008/06/05(木) 12:33:56」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-295.html
”四大エレメント。

これについて誰かと夢の中でお話ししたような形跡があるので、調べていました。

あまりにも常識的で有名な「地・水・火・風」ではありますが、天使階級ではウリエル、ガブリエル、ミカエル、ラファエルが代表であり、仏教においては地天、水天、火天、風天と言われていますね。天部十二天における十二尊のうちの重要な神々様だそうで。古代ギリシャでは万物の根源「アルケー」と呼ばれるそうで。・・・・・中国にもインドにもこの説は基本となって定着しているようで。・・・・・・まあ、当たり前だのクラッカー。

もうひとつ加えると密教で言う「五大」であり、単純にもうひとつ加えて考えるとすれば「気」かな?と私が勝手に考えていた「空(くう)あるいは気」と繋がったわけで、「空」と「気」を繋げて読めば「空気」・・・・・ん?・・・まあいいです。(だから弘法大師空海様だったんだと納得)

昔、何故こうも色々な神界からのメッセンジャーが無知で軽薄な私の所に押し寄せてくるのかと疑問だったわけですが、少ない脳味噌で考えて出した結論が「全ては繋がっている」「神々様はみんなツーカーのお友達」「誰か一人の神様が知れば、みんな同じように知ってる」ということだったのです。両部神道も調べてみまして、だから弘法大師空海様だったんだと納得しましたが、まだどこか足りないような気がしていたのですが、結局突き詰めて考えていくとそこに「宇宙」という答えが転がっていたというわけでしてね。

宇宙に関して見せられたフラッシュやビジョンも、そういうことだったのかと妙に納得したものでした。ガンマ線ですよですよ。闇でもある。再生と破壊。

ポッカリと宇宙空間に浮いて、「嘆き」を聞いたこともありましたね。トプン!と水の音(?)鈴の音(?)がかすかにしました・・・



「ガンマ線 2009/03/10(火) 00:34:16」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-490.html

”WebBotの予言では宇宙からのエネルギーが何らかの多大な影響を与えていると警告しているそうですね。

2007/10/14に肉眼で見た暗闇で浮かぶ金色の靄の中からくるくる回りながら近付いてきたものは「ガンマ(Γ)のマーク」だったことをここに書き記していました。

「彗星で思い出したこと。2007/10/25(木) 23:42:31」

この時、ガンマ線バーストにも触れていましたが、やはり宇宙からの強大なエネルギーの飛来は現実味を帯びてきているのかも知れません。そして海面上昇の画像は何度も繰り返し、嫌になるほど見てきています。地震の夢も何度も繰り返し見ています。私は揺れないのですが、何度も警告を受けていました。今現在はまだ静穏期だと思いますが・・・やがて来るのかも知れません。”



「太陽活動 2009/06/04(木) 08:37:07」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-557.html
”温暖化が叫び始められて随分経ちますが、反対に太陽の活動はここ最近非常に少なく、無黒点日数が増大しているそうな。

「宇宙天気ニュース」 見て下さい。

それと「弱る太陽 活動200年ぶりの低水準」(asahi.com)

このままではミニ氷河期に入る可能性があるんですと。国立天文台は今月下旬に研究者を集めた検討会を開くそうな。
正直、北極南極の氷は溶けてるのか増えてるのかどっちなんですか?って話ですが、私個人的には「The DAY AFTER TOMORROW」の世界よりも「Deep Impact」のほうが怖い気がします。宇宙よりの飛来物質は原爆何千個ぶん・・・勘弁して下さい。(´人`)


※「宇宙から飛来するモノは浸透しています」(女性の声?男性?中性?)


この記事を書いたのが「宇宙からの人類補完計画ですか 2009/04/06(月) 08:30:26」 http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-514.htmlで、つい2ヶ月前だったのを思い出しました。

「宇宙からの人類補完計画ですか 2009/04/06(月) 08:30:26」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-514.html


宇宙からの飛来物質とはなんぞや?やはりガンマ線かな?と思ったのですが、深夜に肉眼でガンマ線マーク(Γ)がくるくる回転しながらこちらへ飛んできているのを見たのが2007/10/14でしたっけ。

「彗星で思い出したこと。2007/10/25(木) 23:42:31」

「褐色矮星と太陽 2008/02/28(木) 20:43:09」

太陽の周期異常は、もしかしてこの「宇宙から飛来するモノ」が原因ではないかい?と思ったりするんですけどね・・・

2007/10/14から2009/6/4までの期間は約1年半。正確には1年と8ヶ月。丁度、私の夢見のスパンと一致するわけで。ただ、太陽については専門家が検討会開いたところで解決できるはずもなく、こればかりはお天道様が知っているとしか言いようがありませんね。”






ついでに、地球異変としてこんな夢も見ておりました。すっかり忘れていたので再掲しておきます。

「ヒビ割れるアメリカ 2008/06/26(木) 11:16:19」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-315.html
**********************************************************************

2008/6/26

アメリカ中部(?)の広大な大地にひび割れ。勢いよくひび割れの筋が南から北へ向かって走っているのが上空から見える。
ポツンと工場が見え、その工場の屋根には大きなファンをいくつも取り付けてある。ファンを上から覗くと、熱しられた熱い空気を排出しているのがわかる。その工場の真下を通ってひび割れは北上する。
工場長らしき人に「ひび割れが迫って来ているから工場をストップさせて全員避難させたほうが良い」と伝えた。

このひび割れが走る様を何度も繰り返し見る。

地下が歪み、地下で仕事をする人々数人が落盤により死亡とのニュース(?)が耳に聞こえた。大きな数字ではない。10名以下の人数のようだ。

アメリカ中部だけではない、その他でも起こっているのだと感じた。 


**********************************************************************

地下? 地下が異常事態になっているのでしょうか?
日本では、戦後復興と共に地下の整備が進み、今その地下のパイプラインに頼っていますね。あれから何十年経ったのでしょうか?

地下陥没。張り巡らされた地下の「穴」は、時間と共に劣化が進んでいるところ。これも心配ですね。





以上、過去の夢からの再掲の羅列でした。抜粋終了!(我ながらよく必死で書いたなと思う今日この頃)w



  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

私も数日前に夢で2つの太陽を見ましたよ。

ビーチでポンポンベッドに寝転んで空を見ていると、太陽の左側に小さめのもう1つの太陽が浮かんでいました。

そばで子供達が指を火傷した、と騒いでいる夢でした…

  • 投稿者: 凪
  • 2011/09/09(金) 09:52:11
  • [編集]

タラスはエグイかも。

台風タラスは、びっくりしました。

兵庫県三田市の熊野神社は、熊野周辺にいた戦国大名の九鬼家の所領の神社です。
そこのご神木で、本宮大社ゆかりの松がありましたが、その松が今回の台風で倒れました。

これは戦慄に近い記事でした。

ではまた。

  • 投稿者: 忠武飛龍
  • 2011/09/09(金) 09:53:55
  • [編集]

Re: タイトルなし


こんばんわ、凪さん^^
お久しぶりです!

そうでしたか、凪さんも二つの太陽をご覧になったのですね?

今、何かの物体が地球に近付いているとか噂ですけど、案外近いかも知れませんね。(意味が近いということですが)

これは集合意識の見せる技なのかも知れませんが、見る人は見るとしか言えません、今のところ。
科学者でもなければ天体学者でもありませんから、私は感性に従ってるだけだとおもうのですけど、同じような夢を沢山見る人が増加すれば、あるいは・・・と思います。

まだまだ様子を見ていましょうか?
また動きがあれば、教えて下さいね(^人^)感謝!

  • 投稿者: coomi
  • 2011/09/09(金) 23:39:21
  • [編集]

Re: タラスはエグイかも。


こんばんわ、忠武飛龍さん!まいどおおきに!^^

九鬼家はよく知らないのですが、古代の天皇祭祀の家系ですか?

私は熊野那智大社、熊野本宮である印、八咫烏がとても気になってます。
神功皇后、神武天皇を導いた神ですよね?

熊野は八咫烏の本拠地。和歌山県。

布都御魂は石上神宮。奈良県。

三種の神器の基本である二つですよ。剣と鏡。勾玉は宮中にあります。

物部は布都御魂、熊野は八咫鏡。

  • 投稿者: coomi
  • 2011/09/09(金) 23:49:25
  • [編集]

熊野水軍直系。

九鬼氏は、古くの家柄は知りませんが、「熊野水軍」の家柄。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E9%AC%BC%E6%B0%8F

信長に仕えて、鉄甲船を作って、毛利水軍を粉砕して、名声を上げました。

朝鮮の役でも李舜臣以外は負けなかった名将です。

関が原では父の嘉隆が西に、息子の守隆が東に組して、関が原終結後に、家康が助命嘆願を受け入れながらも、父が息子のために切腹しました。

元海賊なので、家康は山中の大名に転封しました。

海や故郷が名残惜しいので、熊野本宮大社の松を、領地三田の熊野神社に植えたのでしょう。

そうそう白洲次郎は九鬼家の儒学者の家柄の人とか。
http://tempsera.at.webry.info/200902/article_10.html

ではまた。



  • 投稿者: 忠武飛龍
  • 2011/09/10(土) 09:49:42
  • [編集]

Re: 熊野水軍直系。


こんばんわ、忠武飛龍さん^^

どうしても八咫烏が気になります。
熊野本宮からの派生ですよね、九鬼家。

熊野那智大社も八咫烏ですよね。
石上神宮ですよね。

ここら辺、集中しているように思います。

>関が原では父の嘉隆が西に、息子の守隆が東に組して、関が原終結後に、家康が助命嘆願を受け入れながらも、父が息子のために切腹しました。

あ、その話知ってます。ほぼ忘れてますが、家系の血を残すためだったのではないですか?

>元海賊なので、家康は山中の大名に転封しました。

何だか歴史の闇に隠された人々を想います。

双頭の鷲・・・


何故かふと思い出しました。全然関係ないですけど・・・

たしか、アレも三つ足ではなかたですかね?
覚え間違いかな?

  • 投稿者: coomi
  • 2011/09/10(土) 22:40:54
  • [編集]

ハプスブルグ?

双頭の鷲は、ハプスブルグ家か、プロイセン王家でしたか・・

ではまた。

  • 投稿者: 忠武飛龍
  • 2011/09/11(日) 11:02:07
  • [編集]

Re: ハプスブルグ?

> 双頭の鷲は、ハプスブルグ家か、プロイセン王家でしたか・・

すみません、双頭の鷲は二本足でした。
私の大きな勘違いでした。^^;;
調べてみると、三本目の足に見えたのは尾っぽだったみたいです。
ぺこり。

  • 投稿者: coomi
  • 2011/09/11(日) 11:24:34
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する