タラス通過中

  • 2011/09/03(土) 10:30:28

ただ今台風12号・タラス通過中
今度も徳島直撃だよ、おっかさん・・・

電話下さった方、メール下さった方、ご心配頂き本当に有難うございます。
こちらはまったく異常無しで、風雨もたいしたことはありません。
有難うございます(ぺこり!)


タラス(鋭い)=気鋭

タラスは7070=7聖なる数


ただ今浄化中。浄化中。・・・・


岡山県香川県の県境、瀬戸内海の島々を目指してます。
直島・井島の辺りですね。
その向こうは鳥取県鳥取砂丘
この際、私が行った砂丘も綺麗に洗い流してやって下さいませ。
私の汚れがついてるはずですから(笑)

お洗濯、お洗濯。


平成23年09月03日07時02分  3日06時57分頃 三重県南部 M3.4 震度2


9月2日、ドジョウ内閣発足

浄化して下さっているのですから、野田さん、頑張りなさいよ。
これに答えなくてはなりませんよ。


皆様は充分お気をつけて下さいませね。
水辺には近付かないで下さいませね。


追記

”NHKが、午前9時の時点で各地の放送局を通じてまとめたところ、この台風の影響で、全国で1人が死亡、3人が行方不明となっているほか、27人がけがをしています。”

あいたたた・・・・ 避難中に流された人もおられる。

早く過ぎ去ればいいんやけど・・・・



  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

河のほとりの死闘。

タラスですか。今回の台風は。

私は「タラス河畔の戦い」を思い出しました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%A9%E3%82%B9%E6%B2%B3%E7%95%94%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

唐とイスラム帝国の東西激突。

イスラムが勝利しました。

知らないところで、なにか激突している?

深読みかな?

妙な符丁なのは、双方の現地軍最高司令官が、冤罪で殺されている。

高仙芝は、玄宗皇帝に。
アブー・ムスリムはアッパース朝2代カリフに。

決してぼんくらでない君主たちに冤罪で殺された名将。

なにか人間の業と無明の深さに慄然とします。

ではまた。

  • 投稿者: 忠武飛龍
  • 2011/09/03(土) 14:35:37
  • [編集]

安心しました

お住まいの辺り、大丈夫なようで安心しました。

今年は台風は、やけに四国へ寄りたいようですね(汗)こちらも、テレビ・ラジオで県名が出ていますが、雨風ともになんてことありませんが、被害が大きいところもたくさんあるようで、早く通りすぎることを願うばかりです。

井島・石島も念入り洗浄と言ったところでしょうか。

浄化ですか…。いつもの嵐の時に比べ、ウヨウヨするモノは少なかったから、なんだろうと思っていました。

  • 投稿者: 蜜柑
  • 2011/09/03(土) 19:10:50
  • [編集]

Re: 河のほとりの死闘。


こんにちは、忠武飛龍さん^^
すみません、今さっき起きました。風邪薬ってよく眠れますね。

タラスは四国を分断するかのような進路で過ぎ去りました。少し被害はあったようですが、大規模震災ではなくて良かったと思います。
亡くなられた方の上がられること、現在も行方不明の方の早い救出を願います。


タラス河畔の戦い - Wikipedia
>戦いの最中に唐軍に加わっていた天山北麓に遊牧する遊牧民カルルクがアッバース朝軍に寝返ったために唐軍は壊滅し数千人を残すところとなり、


これって・・・(・_・;;
何かに似ているような気がする・・・

やっぱり韻を踏んでる?

考えすぎかな?

先に立つ(先導する)者達の嘆きが聞こえてきそうです。
私はやはりネガだと思う。破れた人々ばかり見ているのね(滝汗)

  • 投稿者: coomi
  • 2011/09/04(日) 09:56:27
  • [編集]

Re: 安心しました


蜜柑さん、こんにちは^^
ご心配頂き、有難うございました。

そうなんですよ、当たり年ですね、四国は。
まだまだ大きさから言って被害が出るかも知れませんが、この程度なら人間は立て直しすることが出来ますから、何とかなるでしょう。

>浄化ですか…。いつもの嵐の時に比べ、ウヨウヨするモノは少なかったから、なんだろうと思っていました。

はい、私もそう感じてました。浄化と言えばわかると感じました。

気になったのは、高知の物部。・・・・物部は剣山の向こう側です。

ここ、直撃でしたね。被害はあったのでしょうか?
気になるところです。

ちょうどタラスが通過している最中、伊勢が身震いしました。
これも気になったです・・・(・_・;;

  • 投稿者: coomi
  • 2011/09/04(日) 10:11:30
  • [編集]

勉強しなくては

お伊勢さんの方が揺れたのは、私も気になっていました。
陰陽でいくと、お伊勢から入って出雲へ出ると聞いたことがあったのでそれかなぁと思っていましたが、そこではなかったようですね。

物部ですか。なにか引っ掛かりがあるところは、怪しいですね。

私の体験した経緯をここで説明することは難しいのですが、梶原景時から入った(連れ込まれた?苦笑)けれど、色々来るメッセージが、もう鎌倉・平安では収まりきらないから神代の時代まで勉強していかなくてはね…というところで、あの地震が起こりました。
「やはりそうなのね」と、姉と確信したんですが…

何しろ、私、漢字が苦手でして辟易してしまう次第ですw
カタカナ横文字なら得意なのになぁ。

今、忌部の事を調べようとしているところなのです。私の中で、ちょっと引っ掛かりがあるので。


やはり、その時代限定で終わるはずがないですよね。歴史は流れて巡る。
水もまた然り。

この年が伝えている水の意味を、龍神が動きを示す意義を探り学ばなければと感じています。


PS
先日の義経ですが、私共の調べの中でも義経は、敵か味方かわからないままですが何かを伝えたいのか、それまでの調べや予想をひっかきまわしたり、重要なヒントをくれたりと、少し変わった人物です。
私達の接し方は、直接接するのではなく公共の電波や新聞書物によってですが。私も、彼に接したときは、それにとらわれないよう、惑わされないようにしています。

  • 投稿者: 蜜柑
  • 2011/09/04(日) 14:03:15
  • [編集]

Re: 勉強しなくては


こんにちは、蜜柑さん^^

なるほど、引かれる人は引かれて(惹かれて)しまうのですね。
私はいつも夢見や半覚醒時のビジョンや声などで受け取ってしまいますが、色々な教え方があるのは本当だと思います。
どれが本人にとって一番わかりやすいか、考えに考えて案内して下さるのです。
蜜柑さん達が書物や電波によって印を受け取り、考えて下さるということを喜ぶ霊達がきっとおられるはずだと思います。^^

梶原景時を少し調べてみましたが、義経とは敵対していたのですね。
しかし、人としては良い人だと思います。

それはそうと、物部。

これ、まだ調べないとわかりませんが、今回の台風と関係ありそうですよ。
進路が物語っております。

今回の台風は、一夜明けて被害の甚大さに驚いてます。
自分達は別にたいしたこともなく大丈夫だったから、他も大丈夫だろうという誤った考えはいけませんね。反省することしきりです。ごめんなさい。

  • 投稿者: coomi
  • 2011/09/05(月) 09:46:45
  • [編集]

謝らなくては

水害がとてもひどい被害…
もっと視野を広げなければなりません。私も、ごめんなさい。


色んな情報や印をいただけるのは良いのですが、言ったい何のため?このちっさいおばさん二人になぜ?…と、なぞは尽きません。仮に、伝えたい意味がわかったとして、何の役に立つのかなぁと思うときもありますが、素直にいただいておこうかなとw

物部を少しだけ調べたのですが、あの独特な、紙で形代の様なものを使う陰陽道(?)の地区でしょうか。
歴史上のモノノベとの関係があるのでしょうかねぇ。

こちらのブログを知ったきっかけの記事に、貞観地震の年の事が詳しく書かれていますね。
その年も、熊本で大きな水の被害があったのですね。
地球のサイクルなのでしょうか。
でも、鳩山さんが総理になった頃から思っているんですけど、平安の時代を繰り返しているみたいで気になるところなのです。

またおじゃまします。

  • 投稿者: 蜜柑
  • 2011/09/05(月) 13:51:24
  • [編集]

梶原景時・・・

梶原景時
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A2%B6%E5%8E%9F%E6%99%AF%E6%99%82

策士で政治手腕も優れた鎌倉武士。

関西の寺院で中山寺・勝尾寺・神呪寺等の再建・復興に手腕を振るったようです。
須磨寺もかな?

石田三成に近い人ですね。

でも優秀な官僚的な人は、それを束ねる政治家の不足もあって、日本ではあまり十分に活躍もできないし、評価も低いですよね。

やりすぎ・・・て思う面もありますが、あまりに彼のタイプような情におぼれない人が少ないのが、日本の傾向。
少ないから過剰に権力を振るうし、また評価されず切り捨てられる。

もう少し冷静に論理に考えようよ・・・
て言う嘆き?

  • 投稿者: 忠武飛龍
  • 2011/09/05(月) 20:20:05
  • [編集]

追加です。

今回のタラス。

熊野・吉野のラインを激しく攻撃。

陰の側というか。

あるいは修験道という、日本の「土着」への攻撃。

高野山は大過なかったですが、大峯・金峯山は如何かな・・。

熊野那智大社・本宮も元のお宮の場所が水浸し。

大変です。

  • 投稿者: 忠武飛龍
  • 2011/09/05(月) 21:06:18
  • [編集]

Re: 謝らなくては


こんにちは、蜜柑さん^^
先程起きました。11時間ぐっすり寝ました(何時間寝とんの!?)
少し暗示的夢を見ましたが、それは後で書きますね。

はい、イザナギ流の物部村です。陰陽道とは関係なく自然に発生した祈祷らしいですが、今現在も受け継がれているらしいです。
物部氏との関連はよくわかりませんが、物部と名乗っている地区だから何かあるのかも知れませんね。

貞観時代の災害は歴史的にも日本の大変な時期だったらしいですね。
今、それが繰り返されているのだと思いますが・・・
歴史は繰り返し繰り返しナミとなります。
ナミとはイザナミです。

お知らせには素直に従うべきだと思います。
時には自分の手に余る事象もあります。でも、チャレンジ続けてやっとその意味がわかるのですね。私もそうです。
いつも「何故私の所に来るの?もっとお利口さんの所へ知らせればもっと解決の道が開けるのに」と思っていました。

人間の頭で屁理屈こねて、「んな馬鹿な!あり得ない!」と突き放す人の所へはお知らせは来ません。その人自身が壁を作っているからです。
日月神示(ひふみ)でいう阿呆になれというのは、素直な心で物事を受け取れということなのです。

私は生まれつき阿呆やったから、取っつき易かったのでしょう(爆)

  • 投稿者: coomi
  • 2011/09/06(火) 11:30:18
  • [編集]

Re: 梶原景時・・・


出る杭は打たれる

優秀な人でありながら、廻りの環境に恵まれず、沈んでいく人は多いですね。
「こんな阿呆に足引っ張られて、ワシャ哀しいわい!」と声?

梶原景時を陥れたのが実朝の乳母の阿波局・・・

阿波ですって?( ̄▽ ̄;

何だろう、この違和感・・・妾と書かれてる。はて?

  • 投稿者: coomi
  • 2011/09/06(火) 11:44:21
  • [編集]

Re: 追加です。


金峯山寺は本堂の屋根を破損させられたようですね。
ここは高野山と熊野三山を結ぶ重要な巡礼路であり、世界遺産の紀伊山地の霊場と参詣道の要所でもあるようです。
その他、国の重要文化財が紀伊半島のあちこちで破損されています。

熊野那智大社は本殿裏が崩れ、土砂流入。

古き日本の神々を攻撃されたのでしょうね。

やはりマーゴンの攻めはタラスにも引き継がれていますね。

イザナミですね。

  • 投稿者: coomi
  • 2011/09/06(火) 12:12:01
  • [編集]

梶原山のこと

台風の被害がとんでもないことになっていて心が痛みます。

景時の件なのですが、あの震災が起こってから、初めていただいたメッセージ(身を守る術)が、実際に景時のものだったのか、わからなくなっているんです。というのも、あの地震が起こる4日前に、私共の祖母が亡くなったのですが、枕経の帰りに、景時が自害した山に青い光の柱が一瞬建つのが見えたのです(姉談)「青龍だったりして」なんて冗談でいっていたのですが、あの地震が起こり、龍脈と地震の関係を知りました。
何を隠そう、その山は「龍爪山(りゅうそう)」に連なるものであり、中央構造線上にあります。
そして、麓の寺には碑があります。「龍没す」とその碑にあり、景時は龍に例えられたと言われています。
が、…今、私はそれが景時のことなのか、龍のことなのかわからないのです。

ちなみに、3月8日についた祖母の戒名は「久慈」です。そう、東北の地名となぜか同じでした。


実は、昨日、夕方からなんだかゾクゾクしていて、嫌な感じだったのです。
こんなこと言うと、気のふれた家族だと思われてしまうと困るのですが、その胸騒ぎの後、未確認飛行物体を見ました。
うちの実家の家族は、昔からよく見るのですが、久しぶりだったし、あの胸騒ぎの気持ち悪さが気になるところでしたので…。

なにごともなければよいのですが。


阿波局、気になりますね。

  • 投稿者: 蜜柑
  • 2011/09/07(水) 13:55:12
  • [編集]

Re: 梶原山のこと


少し調べてみました。

竜爪山、鳥居ありますね? 穂積神社ですね?
戦前は神明造りの鳥居だったようですね?
かなり謎な神社のようです。

戦前の鳥居は神明造りのとても細い木造の鳥居です。
私、これ、夢で見てます。
その神社へ行くという男性に、銀色のピカピカ光る四角い何かを渡しました。
「これを持って行きなさい」と。
どこの神社なのかさっぱりわからなかったのですが、この戦前の穂積神社の鳥居の写真を見て、ふと思い出しました。

http://ryuso.info/rk/rk291_315.htm

「いくさ神」とか謂われ、鉄砲祭があるそうですね?
御祭神はオオクニヌシ様とかスクナヒコナ様だとか?

確かに中央構造線上近くにあるようですし、何か大切なものがるのかも?
富士との関係もあるかも?


感じること、お印の意味、それらは自分自身でなければ解けません。
何を伝えたいのか不明でも、調べてみる価値はあると思います。
まったく他人では、その時の感情、シチュエーションなどが伝わりませんから、それを解くのは自分自身しかないのです。(というか、私では器量が全然足りません。ごめんなさい)

蜜柑さんの近く、神社仏閣などの由緒なども調べてみてはいかがかと。

きっと関連があるはずですよ。UFOも見る人は見ますしね。ご縁がなければ見ないはずだと思うのです。^^

  • 投稿者: coomi
  • 2011/09/08(木) 00:11:58
  • [編集]

がんばりまする!

お調べ頂きありがとうございます!

穂積神社、山頂にあります。高校の遠足で登りましたが、修験の山らしく厳しい高い山ですので、それから登ったことはなく、記憶もおぼろげです(汗)
調べていてわかった事なんですが、龍爪は熊野とも関係が深かった様です。

coomiさん、昔の鳥居を見ておられたと。驚きと納得の気持ちです。
うまく表現出来ないのですが、やはり、調べていて間違いはなかったという感じ。
私と姉は「二戸一」頭なので、私が直感し姉が夢見というパターンなので、ややこしいのですがねw

きっとライフワークになるのだろうな。
地道にいきますね(^^)d

UFOは調べてみたら、同じものを6月に見た人がいたので、現実的になりました。

北海道でも大きな地震でした。どうか鎮まりますように…

またおじゃまします

  • 投稿者: 蜜柑
  • 2011/09/08(木) 01:15:02
  • [編集]

Re: がんばりまする!


私の書いた記事、コメントは鵜呑みしないほうがいいですよ。
まずはご自分で探す、調べるというところから始めた方がいいです。
私は起きてる時は普通のおばやんで、ただ直感で感じたことを書いてるだけなんですが、まあ、何かのヒントに繋がるのは私としてもお役に立てたのかな?と、嬉しいのですが・・・

神明造りの鳥居も、写真だけで判断して良いものかどうか・・・
ただただ、「あ、コレって・・・?」と、自分の意味不明な夢見に繋がっただけでして(汗)

熊野が出てきたのもひとつの道ですね。^^


UFOは私も何度か見ています。さほど驚くことではないとクールな見方をしてしまう自分ですが、意味あって目撃するのだと思っています。
初めてのUFOとの出会いが強烈でしたね。銀色に強烈な光を放ち、頭上10m?くらいに停止していた・・・
あんなの見たことがないと、口はあんぐり、頭は呆然・・・(笑)
でも、まったく怖くはなかったですよ。しかし、頭の中で「ひ、ひ、火の玉?!!」と思った瞬間、背筋がゾゾゾ~!(爆)
彼等(UFO)は、私が見た瞬間慌てて逃げた・・・っと感じで、あちらのほうがびっくりして逃亡(核爆)
いや、懐かしい思い出です。うら若き20才頃の(まだ10代?)経験です。


北海道は龍体列島日本の裏、アメリカですが(北米)先日のアメリカの震度5強の地震と被りますね。

まだまだ災害は度を増していくかも知れませんが、気を引き締めて神様の道を突き進んで参りましょう。

私、神社の鳥居を見るだけでワクワク嬉しくなるんですよね。^^


  • 投稿者: coomi
  • 2011/09/08(木) 11:10:27
  • [編集]

大丈夫

携帯からなのでコピペが出来なくて残念ですが、

ご安心ください!
大丈夫、全く鵜呑みにはしてませんよ(^-^)v
それぞれのスタンス等があるの承知してますし、私も色々疑問に思いながら寄り道もしつつ、どっぷり日常に浸かりながらも、地味~に地味~に研究を続けている者共ですからf(^_^)

私共の方の最初のきっかけが神社仏閣の屋根に関することを調べなければならなかったところから始まったので、あの古い写真を頭の隅に入れさせていただいたという次第です(^^)d

ところで、香川県が揺れましたね。
やっぱり地震は苦手です。

  • 投稿者: 蜜柑
  • 2011/09/09(金) 00:39:30
  • [編集]

Re: 大丈夫


お早うございます、蜜柑さん^^

屋根ですか。神社などは特に屋根に特徴ありますね。
調べるのも面白いかも知れませんね。^^

地道に頑張って下さいね。何しろ人によって印は違うものですし、感じるツボも違いますから、良い導き手なら良い方向へ向かうことでしょう。
辿り着くところが同じであれば、ご挨拶しますね。
「こんにちは、蜜柑さん!やっほ!」(笑)

香川、モロに構造線沿いでしたね。
こちらは地盤が違いますので全く揺れませんでした。
やはり地下が動いてますね。

  • 投稿者: coomi
  • 2011/09/09(金) 08:57:34
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する