アレサ・フランクリン

  • 2011/08/24(水) 09:43:57


今朝の夢のお供はアレサ・フランクリン

**********************************************************************

2011/8/24

~夢と音~

※どこかのマンションに家族で住んでいる

部屋で女の子(小学生?)が車のイメージCDを見ている

「車、興味あるん?」と聞くと 「うん、面白いから」と答えた

ラジカセが鳴っている

少しうるさいのでボリュームを下げると 窓の外から黒人女性が言う

「聞いてるのにボリューム下げないでよ」


・・・あ、アレサ・フランクリン!?@@


主人がすっ飛んで来て
「アレサ!?アレサ・フランクリン!?@@」と驚きの声を上げる

「そうよ、私の曲よ。ずっと隣に住んでるのに知らなかったの?」

私は何故か 彼女が隣にいたことをずっと前から知っている気がした

ボリューム最高で彼女の曲が流れ続ける


      (意識消滅)

**********************************************************************

今朝、アレサ・フランクリンの曲や出生、経歴などを調べてみました。

ただの夢、古い昔の経験から見る夢かも知れませんが、何となくガーゴイルの悪霊も登場していたのを思い出し、どうも「アーメン」系に変化があるのではないか?と思ったので。


アレサ・フランクリン


”アメリカの女性ソウル歌手。

ソウル・ミュージック歌手の中でも、サム・クックと共に一際ゴスペル・フィーリングの強い歌唱を持ち味としており、“クイーン・オブ・ソウル”あるいは“レディ・ソウル”の異名を持つ。

1960年代後半の作品群が特に有名で、オーティス・レディングと共にサザン・ソウルの隆盛に寄与した。1987年、女性アーティスト初のロックの殿堂入りを果たした。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第1位に選ばれている。”



”メンフィスの生まれ、デトロイト育ち。父親は教会の牧師であり、彼女は幼い頃から父の教会でゴスペルを歌っていた。”


出演映画

ブルースブラザーズ - The Blues Brothers (1980年)
彼女の歌唱シーンで完全にリップシンクしていないのは、同じ歌でも2度と同じように歌えない歌手だからである。
ツイスト - Twist (1994年)
ブルース・ブラザース2000 - Blues Brothers 2000 (1998年)
トム・ダウド/いとしのレイラをミックスした男 - Tom Dowd & The Language Of Music (2003年)



「ブルースブラザーズ」教会の孤児だった二人が主人公でしたね。
名作でしたね。

う~ん、空海様と道真様の話もキリがない上に、今度はアーメンですか。


思い出しました。あの夢の中で聞いていた曲は「ブルースブラザーズ(1980年の上映)」の中の「Think」

どんな歌詞なのかわかりませんが(おそらく「考えなさい自由について」かな?黒人運動?)youtubeにあったのでどうぞ。

Blues Brothers - Think (Aretha Franklin)



それとも、地震のお知らせだったのかな?
アレサが生まれたテネシー州メンフィスは震源地に近い?
23日午後1時51分(日本時間24日午前2時51分)


「米東海岸でM5・8 原発停止、交通も混乱」
http://www.47news.jp/CN/201108/CN2011082401000018.html


  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する