スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西安

  • 2011/07/03(日) 11:42:59

「菅直人?西安? 2011/06/28(火) 09:45:52」で書いた怒濤の夢の攻め。

検証できました。


~抜粋始め~

**********************************************************************

2011/6/28

~夢?~

菅直人 パジャマ姿で笑ってる

飛行機のプラモデルが壊れてる

 5~60㎝くらいの大きさ

 部品をかき集めて修理しなければ・・・と思っていると

 女性が「それをこちらに!見られないように渡して!」と言う

 部品を渡すところを菅直人に見られた?

西安 西安の部落? 古くから住み着く民と部族長

 壁? 城壁?が見える・・・

「四次元でまた戦ってもいいじゃないか」と思う?
 

くのいちのような女性 背中に剣を背負ってる


     (意識消滅)

**********************************************************************

~抜粋終了~


菅直人氏はそのうち退陣に追い込まれるのかも知れませんね。あるいは彼自身が退陣を決定するのかも知れません。パジャマ姿で笑っている彼は、何とも気持ち悪いもの(笑)でしたが・・・・不敵な笑みとでも申し上げたほうがよろしいのではないかと思います。彼は退陣してもあれこれとパイプを使いますよ、きっと。暗示では、そんな気がしました。


飛行機のプラモデルが壊れている夢は、コレかも知れません。

「ボーイング787が日本初飛来 燃費効率高めた注目の次世代機 2011.7.3 07:00」 http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110703/biz11070307020002-n1.htm

壊れているというより、作りかけ?だったのかも。
だから女性は隠すようにと言ったのかも知れません。
願わくば、事故など起こりませんように・・・と思うだけです。
低燃費は願ったりですからね。低燃費による旅費値下げはありがたい事です。



さて、西安

いにしえの都、長安

シルクロードの始発点


私を引っ張って下さるのは弘法大師空海様もそのお一人だと確信持てました。

前に、四国・阿波の道弘法大師様と擦れ違い、その歓びと誇らしさで一杯だった笑顔を夢の中で拝見させて頂きました。
また、伊勢神宮外宮を家族で参拝させて頂いた夢の中でも彼に会ってます。
何故に僧侶が伊勢神宮?と思ったので、弘法大師様の御名前は伏せさせて頂きましたが・・・これは是非とも伊勢神宮にご挨拶に伺わなければならないと心に決め、伊勢神宮両宮参拝ツアーに参加させて頂いたのでした。

ええ、伊勢神宮の外宮でお見かけしたのは弘法大師空海様だったのですよ・・・


西安市には青龍寺というお寺があります。
そこは空海、円行、円仁、恵運、円珍、宗睿密教を学んだところで、の582年に霊感寺として建立され、唐の771年青龍寺と改称されたとあります。その後11世紀には廃寺となったそうですが。

ここには空海祈念碑というものがあり、建設したのは四国四県の真言宗関係団体だそうです。

「西安観光案内 青龍寺」 http://www.xian-net.jp/index.htm
「西安観光案内」 http://www.xian-net.jp/index.htm

西安市そのものは平安京の元であり、平安京はこの時代の長安を元に造られた都だったのですね。日本の平安京と唯一違う点、強固な城壁に囲まれているということだそうですが、夢の中で壁が見えたのはこの城壁だったのでしょう。

長安の都の地図を見てみますと、なるほど平安京ですね。
tou_cyouan.jpg


長安

西安

姉妹都市として日本の京都府、奈良県が名を連ねています。
ああ、だから京都を中心に巡らされているのかと納得しました。弘法大師空海様は、平安京を遷都したミカド・桓武天皇の命によって遣唐使として長安へ最澄様(天台宗)と向かい、密教を学び、日本に持ち帰られました。

日本の神々様との深いご縁もそうですが、平安京・真言宗・空海様など、私自身の足跡は彼等とも一致しました。

ここに深く感謝申し上げたいと存じます・・・有難うございました。


ああ、それと、西安の夢に出てこられた部族の長

城壁の側にいる部族達のほうへ向かって長い分厚い粗末な毛糸を編み込んだローブのようなものを羽織り、静かに歩く・・・髪の毛は茶色い巻き毛。肩くらいの長さ?髭、髭もあった?いや、なかった?
ふと振り返り、しばらく私を眺め、再び部族?の彼等の元へと歩き出した。



誰か?

中国人ではない。イスラム・・・そう、イスラム系。



ここで彼に被った方がおられます。
昔、海の香りがするウエハースを1枚下さった真っ白の衣服の手のお方。
あのウエハースは、口に入れると磯の香りがして口の中でスッと溶けた。
本当に美味しかった。あれが私が夢の中で初めて食べることが出来た食べ物。
あれはマナのようだと感じたものでした。


・・・・・そう、感じたのは・・・ イエス様。なんですよ。


日本神界、仏教仏界、イエス・キリスト様
揃いましたね、シルクロード西安

時代々々はバラバラでありますが、確かに繋がってる。

  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。