追記有り「アンネ・フランク?」はやはりアンネだったみたい。

  • 2017/02/28(火) 09:52:55





**********************************************************************

2017/02/28

~ビジョン?~


煉瓦造りの建物に囲まれた裏路地?

それを背景にして真ん中に二段のひな壇

アジア系?の女性達が 10~12人 並んで写真に写っている


あれ? 真ん中の女の子 足がやたら大きい

じっと見ると カエルのような足を分厚くしたような形


えっ!! 裸足!?
指が6本!? ちぎれた指から骨も見える!



(声)「あちらの方です」


その女の子は 黒髪で 目がパッチリ


アンネ・フランクに似ている・・・・


     (意識覚醒)

**********************************************************************





うーむ。不気味なんですが、あの方々の声「あちらの方です」に癒された。いつもの男か女かわからない御声・・・

あの足じゃあ靴も履けないやろうな~と。
というか、化け物っぽい。足が化け物に浸食されたか?指を食いちぎられたか?

アジア系の女性ばかりでしたから、化け物がいる国は・・・奇形児が増え続けている国は・・・と考える。


しかしアンネ・フランクに似た女の子は・・・???






追記(2017/0303 pm14:39記)


やはりアンネ・フランクでした。


NMさんへのコメントお返事より抜粋。

“アンネ・フランクの命日は3月上旬らしいです。だから見せられたのかと思いました。
あの茶色い煉瓦造りの建物の間にある路地はアウシュビッツやと思います。
アンネの死因はチフスだったのですが、1945年の敗戦濃厚な時期の強制収容所はとても不衛生で病原の虱もわんさかいたでしょうねぇ・・・
ユダヤ人は黒髪や焦げ茶色の髪色が多いみたいなので、それがアジア系に見えたのかもしれませんね。アンネと同じ頃に亡くなった子供たちが集合写真に納まっていたのやろうと思いました。上段の端っこに金髪風の女の子も見えました。“




アンネが座っていた茶色い煉瓦の路地裏?見つけました。
やはりアウシュビッツ・ビルケナウ強制収容所でした。

b0082147_23402613.jpg


ポーランドツアー記 その42 八日目 アウシュビッツ・ビルケナウ強制収容所②
http://tohotoho.exblog.jp/23067262/
「今日もいろいろ」さんより http://tohotoho.exblog.jp/ お写真拝借ごめんなさい!)

b0082147_2341448.jpg


あの茶色い煉瓦造りの家の間をまっすぐ突き当ると、「死の壁」という公開処刑場があるそうです。
アンネたちがひな壇に立たったり座ったりしていたので隠されて見えませんでした。特に太った赤茶色の指6本の足に注目していましたし・・・
囚人服じゃなく、私服を全員着ていましたね。



アンネ・フランク 
“オランダ赤十字は1945年3月31日を死亡日としているが、これは特定されたものではなく、生き残った者の証言などにより、それよりも早い2月の終わりか3月の始めころに亡くなったものと推測される[231][232]。”

ちなみにチフスが死因なので末期症状も調べてみましたが、皮膚の変色・膨張などはなさそうでした。あれ程の悪環境に放り込まれたから、他にも皮膚病とか色々な病変があったのかも知れませんね。

アンネの最後の地、ベルゲン・ベルゼン強制収容所は劣悪な環境だったみたいですね。
「休養収容所」とは名ばかり、他の収容所より酷い場所だったようです。




ベルゲン・ベルゼン強制収容所 



72年経過してから自分の命日に近い日に現れたのは意味があってのことでしょう。



あの方々の声。

(声)「あちらの方ですね。」

幾通りかの意味があると思います。御声を聞いてホッ!としましたよ。


外国の方
戦争被害者の方
グループ?が違う方
日本の元ではない方
今も悲しい想いを抱いていられる方
 etc・・・



そして今、朝鮮半島がきな臭くなり、中華人民共和国も北朝鮮民主主義人民共和国も外貨が底つき、何をするかわからない状況となっています。北の黒TELは元からアレやし。
韓国の米軍も撤退準備完了しているみたいですし、いつ始まるかというのが重要なんでしょう。ずっと見ているのでしょう。


それにしても日本の野党って・・・阿保しかおらんのか?




では次に今朝見た長い長い夢見に参ります。





追伸

今日は3月3日 日本では雛祭り。

アンネ達がひな壇で笑っていたのは、日本の子供達(特に女の子)のように大切に愛されたかったという悲しい願いと・・・、私がここにアンネの名前を出して夢の検証結果を書きつける日が3月3日だということを知っていたということ。
あの方々は「おや、また外国の方が来てますよ」と私に仰ったのでしょう。







  • ジャンル:

下層界がますます暗くなってきた

  • 2017/02/27(月) 10:30:18






皆様こんにちは。

最近は夢見も曖昧になってきました。
上記のように日本にとって世界がタカリ続ける状況は延々と続くと思われます。
最後は昔ながらの炭しかなくなるという暗示ですが、これは日本だけに決まった事ではないと感じています。

何せ近頃はパッ!と感じることが出来る強烈さがなく、延々と薄暗い世界で動きが鈍い人間が蠢いているような夢見が増えて来ました。
何が起って何が動いてどういう結末になるのかハッキリしないのです。予感もどんよりした感じです。言葉にすれば「よくわからない」

おそらく地球上の人間たちが感じている得体の知れない不安感が凝縮しているのだろうと感じています。

世界情勢は混沌として問題の解決の糸口も皆目見当たりません。
グルーバリズムの終焉、AIなどにより奪われる仕事、生活保護者急増、難民問題、保守化していく世界各国、企業の上下関係の変化、繁栄から後退へ、今まで培ってきたコモン・センスが覆される恐怖感、少子高齢化、世界に広がるテロリズム、民族間闘争、追いつかない政治・制度、そういう問題や悩みが複雑に入り乱れてこの世界を悶々とさせている・・・

ハッキリ言えば、こういった状況の中の人々の心の動きを感じ取っているのです。

明るい未来もありますが、今は混沌として救いようがない状態。

あの世の下層も活気がありません。おそらくこの次元を反映・吸収しているのだろうと思います。もしかして上層部と隔絶されているのかも知れない・・・
私が眺めに行った時点ではそう感じました。暗い世界はより暗くなっています。私もよく眼を凝らしていますが、よく見えない状態です。
低い階層はこの次元によく似ていますから、反映されやすいのでしょうか。


昔に書いた「人や動物、物には薄いオブラートのようなものにすっぽり入っている」のがわかる目は健在ですし、相変わらず真っ白の光が横切ったりするのが見えたりしますが・・・



まあ、しばらく様子を見ていましょう。こんな気分です。
実際のところ私自身もこの世界に嘆いていますから・・・

(韓国・北朝鮮は腹を括る時。韓国も夢見の通りに食べることが出来ない状況になりますかね?もうすでにそうなりつつありますかね?)





  • ジャンル:

追記有り「手厳しいあの世」だけど現世も厳しいのだよ。

  • 2017/02/08(水) 10:31:05


皆様こんにちは。





相変わらず人の深部を覗いているみたいです。
安倍総理を時々見ますが、これはお話出来ない内容なので書かないでおきますね。
決して日本には悪くないお話ですのでご安心下さい。

最近は人の深部に関わる夢見が多いと書きましたが、実はあの世に逝ってもこれらと同じことが言えます。



最初にいる場所は元々の場所

誰もがそこから出発する

決して逃れられない

全ては己自身が知っているはずです

魂は清浄か不浄か

上には上がいる 下には下がいる

等々・・・



悪い事をすればしっぺ返しは必ずあります。




モーセの十戒 

これの5~10が特に身近な戒めですね。他にも色々「罪」はありますが・・・




ある方の夢見がそれをハッキリと見せてくれました。すでにこの世におられない方なのですが、今、その元々の場所に帰られて余程ご苦労されているようです。



「辛い・・・でも頑張らないとね・・・」
「いいえ、頑張らないでいいですよ。」
「しかし・・・」
「みんな認めてしまえばいいんです。許しちゃいなさい。」
「・・・やっぱり頑張るよ・・・」





その頑張りが元々の世界から抜け出せない理由になっているとわからないようです。私、亡くなられた方のお顔が“色を失う”くらいの表情をしているのを初めて見ました。

元々の場所とは、生前からの行いや人に投げかけた言葉、それらも含めていわゆる魂の質。精神と言うのは軽々しく、魂と言うほうが重みがあり吸引力のようなものがあるのです。吸い付けられるその糸を断ち切るのがどれほど大変な事なのか想像出来ます。それこそ“色を失う”我慢を重ねて頑張ってもなかなか抜け出せないようです。これは私自身にも言えることです。

幼くして逝った魂は清浄なままに近いからなのか、子供達の世界で守護されています。

大人になって逝った魂は不浄も背負って逝かれる方もしばしば・・・



現世にて清算出来たなら幸いですが、あの世にて清算するには相当な苦痛があるようですね。




とまあ、最近の夢見はこんな内容ばかりになっております(笑)
(ちょっと更新しないと広告入るからUPしとくわ( ̄▽ ̄;)


イタリア関係はこの下に書こうかな?おそらく皆様お気付きやと思いますが、一応検証しとかないとね。(もう手遅れかな?)ベネツィアっすよ。







追記(2017/02/19 am10:42記)

「サンティッシマ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会の女神様って? 2016/11/24(木) 11:21:35」
に書いたベネツィア。イタリアは火山列島の日本とよく似ていてかなり大きな噴火も過去に見られます。温泉も有名ですね。

ベスビオ・ストロンボリ・ボルカノ・エトナ他。現在はあまり心配はないようなのですが、昔は巨大噴火が起こりましたね。多くの住人が死亡したと写真を見た記憶がありますよ。印象に残ってます。


イタリア 



で、何故ベネツィアの教会の女神様?だったのかということですが・・・



ベネツィア 

“大潮、低気圧、そしてアドリア海の東南から吹く風「シロッコ (scirocco)」の3つの要因が重なると、「アックア・アルタ(acqua alta、高水の意)」と呼ばれる高潮がヴェネツィア湾で起こる。このとき、ヴェネツィアの街中まで水が入り込み、特に一番低い「サン・マルコ広場」は水没する(広場や道路には臨時の高床が組まれ、通行を確保する)。過去に北の対岸の本土マルゲーラ地区で工業用の地下水のくみ上げが行われたことにより地盤沈下が起こり、アックア・アルタによる浸水の水位が1m以上になったこともある。建造物の沈下は、地下の帯水層の流出が原因とされるため、地下水使用の制限やアルプスからの水道の導入などで対処している。更に今後の地球温暖化によって海面上昇が加速されることとなれば、将来ヴェネツィアの街全体がアドリア海に水没してしまうことが懸念されている。水没を防ぐために、アドリア海との間の3カ所に可動式の防潮堤を設ける「モーゼ計画 (Progetto Mose)」が提案され、工事も着手されているが、環境やヴェネツィアの潟(ラグーナ)に与える影響が懸念されるため、市長や多くのヴェネツィア市民の反対もある。”

Aqua_alta_venise_07.jpg






近々の最大の問題は水に浸かってしまうこと。海面上昇が大きくなってくると、南太平洋のツバルやキリバスのようになってしまうと懸念されているのですね。

そしてイタリアは火山国であるがゆえに地震にも悩まされます。ベネツィアも揺れます。

イタリア中部で連続地震、最大M5.7 首都でも避難騒ぎ
2017.01.19 Thu posted at 11:01 JST

http://www.cnn.co.jp/world/35095206.html

イタリア中部で「M4~5クラス」の地震が10回近くも発生…例の「超巨大火山」活発化でヤバイのか?  2017/01/19
http://jishin-yogen.com/blog-entry-9668.html



ユーラシアプレートとアフリカプレートに挟まれているイタリアは地震国。
イタリアのどこが揺れやすいのか調べました。


terremoto1.jpg

「美しきトスカーナから!イタリア語も!美味しさも!楽しさも!」さんから http://italianojuku.blog135.fc2.com/ )
http://www.corriere.it/Primo_Piano/Cronache/2012/05/30/pop_placche.shtml(拡大)

これを見るとプレート間の境目がイタリアを縦断していますね。日本列島をフォッサマグナが縦断しているようなもの。




そしてこれが2016年8月に起きた連続地震の発生場所。
この地図にベネツィアの位置を赤丸で印を付けました。


ご覧の通り揺れの大きい東北部とイタリア中央を縦断するプレート境を避けているような場所に位置しているのがベネツィア。


更新!2017年1月 ”リアルタイムで地震の揺れを知る! 一覧で地震確認・イタリア版” ~ イタリア中部地震 ~
http://romaitalia.exblog.jp/26143943
「R O M A  ~ 世界遺産の街・ローマ ふぉと ぶろぐ ~」さんより http://romaitalia.exblog.jp/#top )

b0096600_631479.jpg




これらと同時進行しているのがフレグレイ平野(イタリア・ナポリ)の地下。

【火山学】フレグレイ平野での火山活動活発化の可能性
Nature Communications 2016年12月21日

http://www.natureasia.com/ja-jp/ncomms/pr-highlights/11510

【破局噴火】イタリア・ナポリにある「超巨大火山」が活発化…マグマが脱ガス圧力の臨界点に達している 2016/12/24
http://jishin-yogen.com/blog-entry-9557.html

news_1482485057_2901s.jpg





危機感を持たれたサンティッシマ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会聖カタリナ様が日本に助けを求めに来られたのでしょうねぇ・・・

日本は災害救助のベテランであり、同じ火山・地震国であり、海に囲まれた海洋国家ですからねぇ・・・それにお金持ち国家。いざという時は助けて下さいと仏閣に舞い降りられたのでしょうね。
なぜ教会に降りられないの?というのは愚問でしょうか?(・_・;)






  • ジャンル: