追記有り「北海道気をつけて」収束と「黒人少年」

  • 2012/11/22(木) 10:43:07

北海道、気をつけてね!

http://www.hinet.bosai.go.jp/strace/view.php?orgid=01&netid=01&stcd=N.MRRH&tm=2012112207&comp=&pv=1H&LANG=ja


muroran_hakei.png



それと三井生命、何かありましたか?
ビルはあるんだけど中はからっぽ・・・どうなってるんでしょう?




追記(2012/11/22 am11:40)

北海道は1年前くらいに頻繁に見せられていましたっけ。


「北海道? 2011/10/30(日) 09:15:21」  

上記の記事では室蘭本線の鉄道がえぐられて線路が宙ぶらりんになってる画像を見てましたっけ・・・

muroranhonsen_20121122113856.png



十勝も見てましたね。

流石に1年も経てば時効でしょうと思いますが、やはり気になります。
室蘭の連続波形は何かの事故で波形が狂ったと思いたいのですが・・・注意することは良いことだと思いますので、ここであえて記事にしました。





追記(2012/11/23 am11:02)

室蘭の激しい波形、今現在はピタッ!と収束していますね。

2012年11月22日20時でピタッ!と収束。故障を直したんかな?
何はともあれひとまず安心しました。
北海道は北東が気になるんだけど、まあ火山もあるしね。



で、昨夜の夢、、、、というか「声」


(声) 「頑張ってきたから今があるのだと思いますよ」


これは・・・何だろう??? もしかして私自身のことを示唆してる???




追記の追記(2012/11/24 am10:10)

**********************************************************************

2012/11/24

~ビジョン?~

※イワン? ワラン? ワラ? という名の黒人少年

牛の牧場を後ろにして柵に座って笑ってる

真っ白の歯が見えて とても可愛い


でも 足が片方無い・・・ 足の代わりに棒?


牛・・・ 牛にも片方の足が無いのがいる・・・


アフリカ?


     (意識消滅)

**********************************************************************

何だかよくわからないのでここに置いておきますね。






何だかわからないけどVTR置いておくね。

Last Smile /LOVE PSYCHEDELICO




  • ジャンル:

栄枯盛衰

  • 2012/11/19(月) 09:19:52


橋下「維新の会」が石原「太陽の党」と合併したのは11月16日深夜。

11月17日の夜の夢。

**********************************************************************

2012/11/17

橋下大阪市長が楽しそうに仕事?をしている

ゆったりデスクの椅子に座ってるかと思えば 歩き出して本を漁る

私は彼の言葉を聞き 行動を見ている

彼の顔には笑顔がよく見える

「coomiさん ○○○○??? だよね」

・・・・・・・・・・??

・・・・・



     (意識消滅)

**********************************************************************


栄枯盛衰

こんな言葉が頭の中を静かに走る


・・・・・・見守っていましょうか。


  • ジャンル:

阿波弁

  • 2012/11/15(木) 18:34:58

明日は朝からお仕事なのでまた書いてみる。

徳島県では全国で一番短い会話があります。一言で会話は成立します。
それは何かと言うと・・・・


「か」
「や」


他県からお越しの方々は、この時両者の手の動きを見れば意味がわかります。


「か」手の平を上に相手に突き出す
「や」何かを相手の手の平の上に渡す

お分かり頂けると思います。
「か」は「ちょうだい」「下さい」「くれ」
「や」は「あげる」「あげます」「やる」

この「か」を結構使用するのが我が家にいます。主人です。


「なあ、それかーだ」(甘えている)ねえ、それちょうだいよー
「かーだ」(ちょっと甘えてる)ちょうだいよー
「か」(普通)ちょうだい
「か!!」(命令口調)くれ!!


しかし私は「や」は使いません。最初「か」と主人に言われたとき、へ?と意味がわかりませんでした。キョロキョロ・・・蚊?

家によって違うのかも知れないですね~
我が実家では「か」は使う人がいなかったんです。当然のこと「や」もありませんでした。あったのは「やんそ」「これやんそ」「やんそよー」(あげる)(これあげる)(あげるね)

同じ徳島なのに通じないとはこれいかに?
しかしそこは徳島県人、すぐ理解できます。「あ、(か)(くれ)って言ってるんだな」とすぐに脊髄反射できます。

でもいまだに「や」「やー」と私は言ったことがありません。夫婦失格?
嫌な時は「や!」と言いますけど。


それから、語尾に「ん」がよく付きます。

「どこ行くん?」「何しよん?」「何なん?」「ほなけん」「~やけん」
「どんなん?」「知っとん?」etc


なんつーか、徳島弁は短縮形が多いように思います。メンドクサイから端折ってる。
「か」「や」の会話は世界で一番短い会話のように思います。
「津市」みたいですね。
かと言ってせっかち「いらち」な正確 性格でもありません。本来は気候風土の具合によりぽよ~んとした性格の人が多いんですね。私もそうです。
絶対に都会では生きていけない県人ではないかと思います。


「じょ」は今や希少価値があります。ほとんど聞きません。

「ここにあったんじょ」「ほなってあんたが言うけんしたんじょ」など。
今や「ここにあったんよ」「ほなってあんたが言うけんしたんよ」になってますじょ。


「~だー」「~でー」などの濁音はいまだ健在です。

「ほんなん見たら怖いでー」「これ邪魔やけんのかしてだー」
「ほな行くでー」

大阪弁とは全然イントネーションが違います。


「うち」「おまはん」もほとんど聞こえなくなりました。

「うち、あんたんこと好きやー」「おまはん何しょんで」(あんた何してるんですか)

おまはんは「お前さん」「お前様」の変形だと思いますが、なかなかシブイですね。京阪の匂いがします。
年寄りとお話してれば聞こえるときもあります。


ちょっと思い出したので話題にしてみました。おそまつさまでした~!




追記

我が家系では「あれ」「これ」「それ」だけで会話が成立するようです。
「兄ちゃん、あれ」「うん」
「父ちゃん、それ」「いや、あかん」
「これ」「うん、どうでもええ」

主人が頭抱える会話です。「お前ら家族はどないなっとんじゃ!わかるように会話せえ!」

おそまつさまでしたー!


  • ジャンル:

アメリカの黒人

  • 2012/11/15(木) 15:22:49

**********************************************************************

2012/11/15

~夢?ビジョン?歌声~

黒人の有名な米国の女性歌手

歌ってる すごく楽しそうに激しく踊りながら歌ってる

歌詞と歌詞の間に 日本人女性の人名?

日本人女性(一般人女性)と意思疎通で話す

「歌ってみて!」
「与作は木を切る~ ヘイヘイホ~ ヘイヘイホ~・・・」

「凄い!とても上手よ」


歌手は米国で日本人は日本にいる

テレパシックな会話



今度は黒人の有名な米国の男性歌手

サングラスをしてスイングしながら楽しそうに立って歌ってる

え? もしや スティービー・ワンダー??

目 見えるの? 見えるようになったの?


      (意識消滅)

**********************************************************************


アメリカには違いないと思いますが意味不明。
探すにしてもあの女性シンガーは誰だっけ?

歌声・・・ デカい音だったな~・・・

黒人・・・ そう言えば大統領も黒人だったね。

成り行きに任せますか。w


追記(2012/11/15 pm15:56)

でも何で「与作」だったんだろう?ヘンテコだな~・・・
日本人女性の名前も思い出せない~


  • ジャンル:

京都 花咲萬次郎

  • 2012/11/15(木) 14:22:43


2012年11月13日。
主人と二人で京都祇園、清水寺へ行って参りました。
八坂神社、八坂の塔、清水寺参拝はもう何度か参りましたし、ここのブログでも写真はありますので写真はほとんど撮りませんでした。撮ったのはほとんど料理写真だけやね。

ですので、お昼ごあんで食べた「高台寺 花咲萬次郎」ねね御膳でも・・・
メジャーでベタな観光地ですから色々探したんやけど、どこも季節柄満杯状態でしたので予約が唯一取れた「花咲萬次郎」さんで頂くことに。

花咲萬次郎 

京料理 花咲 萬次郎 
(「食べログ」より http://tabelog.com/ )



お昼の12時30分の予約(京都駅から八坂神社を参拝してからお伺いする時間を計算してこの時間にしました)ですが、少し早めに到着。

ゆったりした2階の和室に通され、席で盆のセッティング。
紫色の着物を着た仲居さんがゆったりと用意して下さいました。
2階から眺める坪庭。小さいながらも手入れしてあるな~
kyoto_manjirou 001kyoto_manjirou 003kyoto_manjirou 005



予想通り時間がかかる様子なので「まずは飲み物でも!」とビールを注文。
kyoto_manjirou 002



ビールを飲みながら「このスローペースは京都らしいね」と思った。
まだかな~ まだかな~ しばし待ちぼうけをくらう・・・


やっと出てきた最初の一品は先付けかぶで巻いた鮭の甘酸っぱいのが美味!
白和え、鯛の和え物、カステラ風の・・・何だっけ?忘れました。
仲居さんが全部説明してくれたんやけど・・・覚えきれへん・・・orz
それぞれ一口サイズで食べやすく、けっこう美味しかった。
kyoto_manjirou 006



次に出てきたのがお造り鮪・鯛・生湯葉のお造りで美味。
生湯葉が好物の私はプリプリの歯ごたえがお気に入りになりました。
もっと食べたい~ けどあっという間に終わった~
大根も紫蘇の葉も全部食べた~
kyoto_manjirou 007



次は焼き物生麩田楽と里芋田楽。もちもちで柚子味噌、田楽味噌も美味しい。
里芋の田楽が一番美味しかったな~
kyoto_manjirou 008



次が一番美味しい!と思った椀もの季節の野菜と海老のしんじょあんかけ
ドロットロで柔らかく品良く煮込んだしんじょがたまらなく美味しい!
おかわりしたいところですが・・・駄目だろうな~
kyoto_manjirou 009



お次は天麩羅三種盛り海老、しいたけ、紫蘇の天麩羅を抹茶塩で頂く。
うん、天つゆより塩がいいね。サクサク!
kyoto_manjirou 010



さて、京都独特の麩麺。麩でできたざるうどんみたい。出汁が決め手だね。
つるつる食べられます。出汁は関西の好みをきちんと把握してる。旨い!
主人は「うどんみたい」と言ってましたが「うどん」とは全然味が違います!
ちゃんと麩の味がします。
kyoto_manjirou 011



〆はご飯もの赤だしとちらし寿司。いくらが乗ってます。酢の加減も丁度良く、はむはむと食べられました。いくらが大好物なんで良かった~ 香の物がないけどまあいいか・・・出し忘れ?
ここまで食べたら私は満腹になりました。男の方には量的に少ないかも知れませんが、料理が出てくるまで時間を取りますから案外満腹感はあるかな?
kyoto_manjirou 012



更にデザート。麩饅頭。中にこしあんが入ってます。
お腹一杯だったのでこれを食べるので精一杯。元から少食の私だけど全部平らげましたよ!麩饅頭も麩の食感がプリプリで面白いです。あんこ嫌いの私でも食べられました。お陰様でけっこう美味しいと感じました。感謝!
kyoto_manjirou 013



ここは京都懐石独特のゆとりをもってお料理が出てきますので、時間があまりない方は少し早めて下さいとその旨申しますと早めて下さると思います。
特に都会から来られる方はせっかちな方も多いのでは?
大阪風に言いますと「いらち」な方はイライラするかも知れません。
徳島でも「いらち」と言いますが、主人もどちらかといえばソレですから、途中イラッ!としてました。先に「京都懐石の店やけん、一品一品ゆっくり時間かけて出てくるかも知れんよ~」とそれとなく言ってあったのでイライラ爆発は回避できましたけど(笑)

お料理は美味しかった~!萬次郎さん、ご馳走様でした!^人^♪
途中イラッ!とした主人も味は良かったと褒めております♪


お店を出ると仲居さんと料理長?がお見送りして下さいました。
ぺこり!深々お辞儀して下さいました。
本番は夜の懐石なんだろうけど、お昼のコースも大事にして下さって感謝!

機会があれば京都お泊まり旅行で夜の懐石コース食べてみたいな~♪

料理長さん達が出て挨拶して下さったので、花咲萬次郎の外観写真を撮り忘れてしまいました。HPか食べログで見て下さいねん♪


八坂の塔、二年坂、清水寺、地主神社を一巡りして京都駅へバスで帰りましたが、そのすし詰め状態に辟易しました。

ぎゅうぎゅう!ぎゅうぎゅうぎゅうぎゅう!! ぐえっ!

「お客さ~ん!もっと詰めて下さい~!」(バス運転手さん)

「これ以上入らへんよ!!><;」
「ぐるじい~!!!」


私はいつか京都へ移住したいと思っていましたが(主人は大阪派)

「京都には住まんぞ、ワシ!!大阪でエエ!!」 父ちゃん怒る。
(いや、大阪もこんな状態ではないかと・・・)

「バスでのうて、電車はなかったんかい!?」 父ちゃん更に怒る。


徳島も阿波踊り期間中はバスはこんな状態だし渋滞も酷くなるけんど、年に四日間だけやもんな~・・・京都は年がら年中だもんな~・・・・

「いつも京都来てるけど今日のバスが一番酷かったな~」
「ええ~!@@;」 父ちゃんガックシ。


さて、違う角度で撮した八坂の塔とかUP。^^
kyoto_manjirou 014kyoto_manjirou 015kyoto_manjirou 016kyoto_manjirou 017kyoto_manjirou 020kyoto_manjirou 022kyoto_manjirou 023



  • ジャンル:

サンディなんて可愛い名前は似合わない

  • 2012/11/12(月) 11:17:17

「「どうもフランスっぽい」「三つの火山」 2012/10/29(月) 07:25:22」 

で書いた凱旋門型モニュメントが洪水で泥で汚れている広場。

ニューヨークのニューヨーク大学前の凱旋門だったみたいですね。
ワシントン・スクエア・パークにあるヤツです。

ニューヨークの凱旋門のページ 


大型ハリケーン「サンディ」がニューヨークを襲ったのは2012年10月31日。
夢に出てきたのが10月29日。時差があるので3日前?に警告を受けたということなんでしょうね。
凱旋門は象徴だったわけで。



「「サンディ」の死者15人に、NYは地下鉄冠水や火災も 米」
(CNN.co.jpより)
sandy-1029.jpg



と言うか、私が警告を受けたってどうにもならんし・・・
巷で噂される人口ハリケーンなら「やめなさい」くらいは言えるかも?
でも「それを言っちゃあ(命が)お終いよ」かな?


それと「三つの火山」

「三色の火口湖を持つ山、インドネシア・クリムトゥ火山」
(カラパイア http://karapaia.livedoor.biz/より)


火山の位置が違うけれども・・・この夢を見る1週間くらい前にはカラパイアでこの記事をチラと見ていたはず。綺麗な色だな~と思ってた。

ただ何で一所懸命に夢日記に火山の絵を描こうとしていたのかは不明。
噴火口の位置はもっと離れている。

綺麗な青っぽい水をたたえた噴火口を持つ火山ふたつ、剥き出しの火口を持つ火山には注意しておこうと思います。何かアクションがあるかも?です。



それはそうと またまた「大阪」!

最近どうです?
何かふんわりふんわりとした夢でしたよ。「ふんわり」という表現は好ましくないので「霞の中」というほうがよろしいようで・・・
(2012/11/12 夢?ビジョン? 声「大阪」)



------------------------------------------------------------------

ここまで2012/11/12の午前中に書きました。

書いてる途中、何か変な感じに陥りました。
現実世界にいてPCの前に座っているのか、境目にいるのか・・・


清水 地主神社 ・・・・ 興福寺 ・・・・・・


はい、地主神社の巫女さんと興福寺のお坊さんがいらっしゃったようです。
初めて夢見以外(起きてる)でふわ~と催眠術にかかったような気分でした。
耳元で声が聞こえるような気がしました。私、寝てるの?
いえいえ、ちゃんと椅子に座って上記の記事を書いていた。
そして聞こえてくる声に答えていた。

「・・・・だからあの時来てもらったのですよ」
「・・・・・・・・なの?」
「・・・・・・じゃないですか」
「でもあれは・・・・・だったでしょ?」
「仏頭を見せたのは・・・・・・・・」
「だからどうすればいいの?・・・・・・・なの?」



こんな会話をしながら現界でPCに向かって記事を書いていたのね。

で、出勤前時間になってシャワーを浴びている時、ふと思い出した。

「あれ?私今誰と話してた?何だった?」


・・・・・・??? いよいよおかしくなってしまったようです。
救急車呼んで下さい。


と言うか、明日実は京都へ行くのですよ。主人と日帰りで行きます。
八坂神社や八坂の塔、清水寺と地主神社などを散策する予定です。

だから来たんやね。わかってますよ、巫女様、お坊様。


  • ジャンル:

興福寺と東大寺と鹿と行列

  • 2012/11/08(木) 12:39:34


2012年11月6日、奈良興福寺へ参拝させて頂きました。

ここのところ一連の奈良攻撃であろう夢見はやはりココだったと確信しました。


曇り空の中、一人テクテク歩いて興福寺へ。
いるわいるわ、鹿・鹿・鹿~!・・・・・・じゃなくて!(笑)

まずは五重塔東金堂を眺めてすぐに国宝館へ。内部写真撮影は禁止ですので何もお見せできませんがごめんなさい。

kouhukuji-nara 014 (国宝館)



入り口ではあ・うん金剛力士像の大きな頭部がお出迎え。ちょっと面白い。
立像作りかけの頭部だそうで、途中中断のままやむなく放置されたという像。
金剛力士らしいギョロ目で睨むお顔が何とも言えないね~
この金剛さんも頭部だけかと思いながら・・・

あれこれ重文を見ながら目指すは「仏頭」 これね、これ。

Buddha_Head_Yamadadera_20121108114718.jpg


デカッ!@@
高さ1mはあるだろうか?こんな大きいとは思わなかったので驚きました。
しばらく前で感動して佇んだまま眺めました。
あの赤ちゃんの頭部を思い出しながらじっくりと語りかけてみる・・・
「私の夢の中に来て下さいましたよね?」
何か伝えたそうな唇が今にも動くんじゃないかと・・・・
薬師如来様の頭・・・か。


そして裏側に回ったら、「手」だけの銀造仏手。・・・・


感慨深いものがありました。なるほど、頭と手か・・・と。


ちょっとここら辺で不思議に思ったことがありました。
館内に立って監視するお坊さん?が私に深々とお辞儀して下さいましたん。
私も慌ててお辞儀しましたけど・・・
お坊さんの横を通り過ぎて名残惜しそうに仏頭や仏像を振り向いてもう一度眺めて見ると、お坊さんは私が時間をかけて眺めていた仏像・仏頭の前に進み出て、手を合わせて何か拝んでおられるではありませんか。

「へ?」・・・・

おかしなものです。他の観光客の方々にはお辞儀してなかったみたいですが。
もしかして私の穢れを祓ってた?ええ~??・・・まあいいや・・・(笑)


阿弥陀様、お釈迦様、地蔵菩薩様、大きな金色の千手観音様、金剛力士様、梵天様、帝釈天様、八部衆、十大弟子、舎利厨子・・・瓦、華原馨、水晶、梵鐘・・・・・
あの有名な阿修羅像・・・・みんな素晴らしいですね。時代を超えてもその素晴らしさは輝き続けます。

ASURA_Kohfukuji.jpg



さて、国宝館を出て南円堂、北円堂、東金堂などを見て回ったのですが、北円堂特別開扉期間らしく、中に入らせて頂けました。

kouhukuji-nara 017kouhukuji-nara 018kouhukuji-nara 019


そこで見たものは・・・

無著・世親立像 運慶作 


あの黄色い僧衣のお坊さんはこの方?この方のお若い頃?
目があって硬直しちゃった。北円堂内部にいるときはずっと見られているような気がしたんだけど?
運慶さんてばなんて凄い像を造ってるんだと思いましたよ。ホンマに素晴らしい仏師だったんですね!

じっと見ておられた方は「無著」様ですよ。
(まあ、右下を見るように像は造られておりますからね。立ち位置によって目が合うのは当然ですが)


無著 


インドの方だったんですね。ガンダーラ生まれだそうです。
なるほど、インドの僧侶は黄色い僧衣を着ておられますね。


・・・・・納得。やはり興福寺だった、来て良かったと思いました。

写真転載禁止なので国宝館などの仏像写真は↓でどうぞ。


法相宗大本山 興福寺 



さてさて、興福寺を一通り参拝させて頂いた後、どこへ向かうかと思案しましたが、「とにかく鹿とたわむれたい!」東大寺の方向へ。

途中、茶屋で食べたきつねうどん。500円也。
kouhukuji-nara 030

あのね、きつねうどんてのはお揚げさんを甘く煮付けてそのままうどんに乗せたものやと思うんやけど・・・お揚げさんを刻んだだけのものを入れてある。
うどんの国ではないんやけど、徳島にも鳴門うどん・たらいうどんというのがあってですね~・・・お揚げさんは甘く煮付けてそのままポン!と乗せてあるんだよね~・・・それを囓りながらうどんと共に頂くんだよね~、出汁が利いたうどん汁がからまってホンマに旨い!んやよ~!お揚げさんを刻んだだけでは関西人は怒るよ~!

きつねうどん感想終わり!(笑)わらびもちにすりゃ良かった・・・


鹿。

kouhukuji-nara 002kouhukuji-nara 029kouhukuji-nara 032



鹿せんべい一個150円也。あっと言う間に食べられた。
やっぱり「せんべちょーだい!」攻撃で囲まれた。
鹿せんべい二個目。手から奪い取られた。くそ~!
ここの鹿はお辞儀しながら奪い取って行く・・・くそ~!くそ~!

気を取り直してアイスクリームの屋台で味噌アイスをゲット。280円也。
「これ、お味はどんなん?」
「キャラメルみたいな味ですよ♪^^」
「んじゃソレちょーらい♪^^」

ペロペロ・・・何これ?チョー旨い!

他にも喫茶の出店など色々あるんだけど、何でかって言うと「正倉院展」開催中で人出が凄いから。行列と鹿を眺めながらアイスを食べる。

鹿と正倉院展行列と味噌アイス。

kouhukuji-nara 038kouhukuji-nara 036



当然、アイスクリームも鹿に半分持って行かれた。
「なめる?でもやんない」と鹿を騙すつもりだったんやけど・・・いきなりバクリッ!とむしり取ってトコトコ走って行った。空しく空を掴む私の手。

味噌アイス返せ~!まだ半分しか食べてないんやぞ~!(泣)

袋に入れてあったサンドイッチの残り物も顔を突っ込んで物色されたのでパンを千切りながら鹿に食べさす。もっとくれと袋に顔を突っ込んでくるのでハムもタマゴもレタスも食べさせた。あいつら何でも食うんやね。まだ顔を突っ込んでくるし、袋ごとくわえて持って行こうとするので「ギャー!」と叫び声。
あいつら腹壊しても知らんぞ~!むき~!!!

袋に入れてあったバスの集合場所の地図もくわえて持ってかれた。
「それだけはあかん~!」「や~め~れ~ 返せ~!」
・・・・・・・・ ムシャムシャ食ってる・・・
悔しいから写真撮っちゃろ。

kouhukuji-nara 035



「さっきから見てっけど、あのお姉さん可哀想だわ・・・」(by関東女性)

同情はいらんよ。(TーT)


でも可愛いな~ いくらでもなでこなでこさせてくれるよ。
(頭蓋骨堅いね、鹿さん)
「オイラもなでれ」と寄ってくるよ。寄ってきたら大変やけどね^^;

ああ~楽しかった~!


では、お決まりのその他写真を。春日大社はまた今度ね。時間が足りなかったんで今度にする・・・てか、まだ呼ばれてないし・・・^^/

kouhukuji-nara 001kouhukuji-nara 003kouhukuji-nara 004kouhukuji-nara 005kouhukuji-nara 007kouhukuji-nara 010kouhukuji-nara 011kouhukuji-nara 012kouhukuji-nara 013kouhukuji-nara 015kouhukuji-nara 016kouhukuji-nara 022kouhukuji-nara 024kouhukuji-nara 025kouhukuji-nara 026kouhukuji-nara 027kouhukuji-nara 028kouhukuji-nara 034kouhukuji-nara 039kouhukuji-nara 041kouhukuji-nara 042kouhukuji-nara 043kouhukuji-nara 045kouhukuji-nara 046kouhukuji-nara 049kouhukuji-nara 051kouhukuji-nara 052kouhukuji-nara 055kouhukuji-nara 056








  • ジャンル: