浪速区

  • 2012/03/29(木) 12:32:26

「新世界ってナンだ 新世界って 2012/03/26(月) 11:34:12」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1113.htm

で「行ってくれ」と言われた「新世界」調べてみました。


大阪 浪速区
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%AA%E9%80%9F%E5%8C%BA

大阪ミナミはブラブラと何度か食べ歩きしたことがあります。


新世界 (大阪)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E4%B8%96%E7%95%8C_(%E5%A4%A7%E9%98%AA)

通天閣にも昇りビリケンさんの足をなでなでしたこともあります。懐かしい。

夢の中で見えたのはストリップ劇場の舞台。まさか、そこで働けと?
嫌だー! (うわあああん!!)

いやまさか、そんな話ではないでしょうと涙を拭いて新世界近辺などを調べたのが下記。


難波八阪神社
今宮戎神社
敷津松之宮


そして四天王寺


難波八坂神社・・・御祭神は素盞嗚尊、奇稲田姫命、八柱御子命

今宮戎神社・・・・御祭神は天照皇大神、事代主神、素盞嗚命、月読尊、稚日
         女尊の5柱

京都市東山区の八坂神社の蛭子社(北向蛭子)から分祀した。八坂神社の氏子が今宮に移り住み、現在の地に祀ったことに始まると言われている。そのため、双方の神社は交流を続けている。1月8日の献茶祭では、八坂神社御神水奉納式が実施される。元来のえびす神は蛭子を祀っていたが、神格の高さを考慮して途中で祭神が事代主に変更されたと推測される。”
”聖徳太子の四天王寺建立の際に西方の守護神として建てられたと伝えられている。”


敷津松之宮・・・・御祭神は素盞嗚尊、大國主命
神功皇后が三韓との戦いから帰朝した際、海岸だった敷津の浜に荒波が打ち寄せる様を見て、潮がこれ以上満ちないよう祈願するため、松を3本植えて素盞嗚尊を祀ったのが由緒とされている。”


四天王寺・・・・御本尊 救世観音菩薩
 ”『日本書紀』によれば推古天皇元年(593年)に造立が開始されたという。当寺周辺の区名、駅名などに使われている「天王寺」は四天王寺の略称。聖徳太子の慈悲心を受け継ぐ名僧らが拠り所としていたこともあり、また元から特に宗派にはこだわらない別格とされていた。第二次世界大戦頃までは長く天台宗に属していた時期もあったが、日本仏教の祖とされる「聖徳太子建立の寺」であり、「日本仏教の最初の寺」として、既存の仏教の諸宗派にはこだわらない全仏教的な立場から、1946年に和宗総本山として独立している。”

四天王素盞嗚尊様。また御出現された素盞嗚尊様。
何故この辺りは素盞嗚尊様の神社が多い?

地図にしてみました。新世界を取り巻く寺社仏閣図。
sinsekai.jpg


素盞嗚尊様は海を守るよう親神様にと指示された神様です。

ここでまた水のイメージ。・・・ストリップも「水商売」ですからね。
最近触れた縄文海進、そして平安海進・・・ またここでハッ!としました。

Flood Maps http://flood.firetree.net/

この図は水没5m大阪
sinsekai_3.jpg


何と! 新世界辺りは水没してない!? 天王寺区、浪速区は残っています。
sinsekai_4_20120329122749.jpg


先程の寺社仏閣の位置を照らし合わせてみました。
sinsekai_2.jpg




ふ~む・・・こういうことだったのか・・・

つまり今度は今宮戎神社など近辺の素盞嗚尊様の元へ参れといういことだったのですね?ですよね?

今度は大阪か・・・ 仕方がないな~



  • ジャンル:

新世界ってナンだ 新世界って

  • 2012/03/26(月) 11:34:12


**********************************************************************

2012/3/26

どこかで働いている

誰かが言う

(声) 「新世界のほうへ(行ってくれ)」

え? 嫌だ だってあっちは・・・


     (意識消滅)

**********************************************************************


・・・・(-。-;;

新世界ってどっちだー!!



  • ジャンル:

日食と天変地異の関係

  • 2012/03/23(金) 08:30:09

忠武飛龍さん、リネンさん、YSさん、いつも御世話になり有難うございます。

今日は義父の手術の日。これから病院へ付き添いに参りますが、その前に少しでも書いておこうとキーを叩いております。

日本は地震大国であり、火山噴火や大地震に枚挙のいとまがありません。
噴火・大地震と日食の関係を年代別に調べていますと、その関係は案外希薄だと感じました。むしろ大地震は関係なくいつでも起こっています。


ただ、時折火山噴火が起こっておりますね。

例えば

1080年12月14日の金環日食は三千年の最強最大の金環日食と言われているようですが、この時代は平安時代白河天皇がすべてを牛耳っていた時代でありました。後の崇徳天皇鳥羽天皇の争いの元となる人物ですね。
天下太平とはならず、宮は乱れ、武士が今後台頭してくる前兆と言いますか。源氏平氏ですね。
時代が変わろうとしていた頃ですね。



1080(承暦 4)年
  6月18日 大雨。19日に洪水。(扶桑略記30)
  7月 5日 地震あり。(帥記)

1083(永保 3)年
  2月28日 富士山噴火。(扶桑略記30)

1085(応徳 2)年
        三宅島噴火。(震災予防調査会報告86)

1088(寛治 2)年
  7月24日 この日以降40日間地震が続く。餓死者多数。(立川寺年代記)



「天変地異年表 目次」 
http://www.nagai-bunko.com/shuushien/tenpen/ihen00.htm

「日食ナビ」
http://eclipse-navi.com/index.html


この時の日食の軌道は2012年とよく似ています。
ただしこの時代の都は京都ですから、記録も関西が中心になっているように思います。そして記録も曖昧。


     (つづく)

追記(2012/3/24 am10:50)

ひとつひとつの日食を調べるには時間がいくらあっても足りません。
wikiにもこう書いてあります。

”歴史始まって以来日本で見られた日食は数多いので、記録に残る最古のものと、中心食が794年以降に京都を通過したもの及び1603年以降に江戸を通過したもののみを記載する。なお、1852年に皆既食が京都を通過して以降、2012年5月まで京都及び東京を通過した(する)中心食はない。”

日食も地震も火山噴火もこの日本には数多く起こっていて、常となっていると読むのが普通なのでしょうね。

この際ですから源平合戦の最中に起こった金環日食について調べてみました。

1183年11月24日(寿永2年閏10月1日):金環食
”平家物語や源平盛衰記に記されている水島の合戦のさなかに起こった日食。水島での食分は0.93とされる。天文寮を擁する朝廷側の平家はこの日、日食が起こることを知っていて、太陽が欠けていくことに恐れ混乱する木曽源氏に対して戦いを有利に進め平家が勝利した。以下は、源平盛衰記の記述。
「寿永二年閏十月一日(1183年11月24日)、水島にて源氏と平家と合戦を企つ。城の中より 勝ち鼓をうってののしりかかるほどに、天俄(にわか)に曇て、日の光もみえず、闇の夜のごとくなりたれば[6]、源氏の軍兵ども日食とは知らず、いとど東西を失いて、舟を退いていずちともなく風にしたがいてのがれゆく。平氏の兵(つわもの)どもはかねて知りにければ、いよいよ時(の声)をつくりて、重ねて攻め戦う。」” 
(wikiより)


日食ナビでは軌道は岡山からはずれています(水島)
しかし「日食・月食・星食情報データベース」http://www.hucc.hokudai.ac.jp/~x10553/ では、岡山もすっぽりと範囲内に収まってます。

1183年11月17日 (日本時)金環食
http://www.hucc.hokudai.ac.jp/~x10553/jp3000/AN1183_11_17.html


平家は金環日食が起こると知っていたがため、源氏との戦に勝ったのが水島の合戦。この時は平家の歓びはいかがだったでしょう?
しかしながら壇ノ浦の戦い1185年4月25日。平家は源氏に追い込まれ、滅亡。
わずか1年と半年の後でした。

1183年に何があったか見てみます。


1183(寿永 2)年
 10月14日 大地震。 (玉葉39)(百錬抄 9)
 12月17日 霧島山噴火。(震災予防調査会報告86)
 12月22日 地震あり。(玉葉39)(百錬抄 9)

1184(元暦 1)年
  1月23日 地震あり。(百錬抄10)
  4月    大地震。(皇年代略記)
 10月15日 鎌倉で地震。(吾妻鏡 3)

1185(文治 1)年
  6月20日 子刻激震あり。数度震動。余震続く。 (玉葉42)(吾妻鏡4
        )(一代要記82)(醍醐寺雑事記)(歴代皇紀 4)
  7月 9日 午刻激震あり。
        宮中の築垣、大内日花門、閑院西辺廊、法勝寺阿弥陀堂が
        倒壊し、九重塔が破損、市中の民家の多くが倒壊する。
        園庭に幄を設けて御所とする。大般若経転読あり。40余日
        余震が続き、皆病となる。
        皇居以下神社仏閣民家倒壊、音苑雷の如し。塵埃黒煙の如く
        日影見えず。
        山崩れ川埋まり、大地は稲妻の如く裂けて水湧き、盤石谷に
        転び人民六蓄死亡多数。?学宴を停止する。
        愛染王に祈祷し護摩を焚く。山稜使を立て、或いは諸社に奉
        弊使を遣わし、神仏の加護を祈る。(
百錬抄10)(帝王編年
        記23)(園太歴15)(本朝地震記)(醍醐寺雑事記)(康富
        記12)
  8月14日 地震により文治に改元。(康富記12)(吾妻鏡 4)(本朝年
        代記 2)



1080年12月14日 (日本時)金環食
http://www.hucc.hokudai.ac.jp/~x10553/jp3000/AN1080_12_14.html

この3年後に富士山噴火、4年前にも富士山噴火

1183年11月17日 (日本時)金環食
http://www.hucc.hokudai.ac.jp/~x10553/jp3000/AN1183_11_17.html

この年に霧島山噴火

これだけ見ても何の記しにもなりませんが、975年8月10日の天下を震わせた金環日食にもその後の様子が見て取れます。

975(天延 3)年
  6月22日 暁、彗星艮方に現る。その形団扇の如し。長さ5、6尺。
        (日本紀略 6)
  7月 1日 日蝕あり。天は黒色の如し。群鳥飛乱し、衆星が見える。
        (日本紀略 6)

976(貞元 1)年
  4月11日 大きめの地震あり。(本朝地震記)
  6月18日 京で大地震。人家の倒壊による圧死者多数。山城、近江の国
        で特にはなはだし。
        翌日より月末まで余震81回。天皇幄舎を建て御在所とする。
        崇徳寺堂谷に転落し、僧千聖転落死する。
        清水寺で圧死する者50人。八省院、豊楽院、東寺、西寺、
        極楽寺、円覚寺等も倒壊。
        近江国分寺大門倒壊。内裏修理中の30余人死亡し、読経請
        僧童子も圧死。
 (本朝地震記)(日本紀略後 7)
  7月13日 地震により改元。大赦行われる。(古事類苑)
        (本朝地震記)
  7月20日 大地震。前後に余震頻発。(日本紀略後 7)
  9月23日 大地震。(本朝地震記)

977(貞元 2)年
  2月 4日 地震あり。9日にも地震あり。(日本紀略後 7)
  2月24日 戌刻、艮巽両方角に彗星見ゆ。(日本紀略 6)
  5月23日 半租を命じる。(本朝地震記)
  6月18日 大地震。古今未曾有の変異にして余震200余日という。
        (本朝地震記)


日食の「時」ではなく、それがトリガーとなったかどうかは定かではありませんが、日食後に世は乱れ波打ち、荒れすさみ、飢饉も起こり改元となりました。

平家もまさか滅亡するとは思いもしなかったでしょう。
壇ノ浦の合戦では阿波水軍の裏切りもありと書かれていますが、阿波は遙か太古の時代から天皇神事を司る忌部氏の地です。壇ノ浦では源氏によって阿波水軍の地元にいる家族やその他兵士もろとも人質に取られ、裏切らざるを得なかったというのが真相のようですが・・・さてどうでしょう?


話は戻って2012年5月21日。
干潮満潮時間を調べてみました。

5月21日は「朔」となっており、日本の北から南へ順に潮位は満潮を迎えます。

気象庁潮位表 http://www.data.kishou.go.jp/db/tide/suisan/index.php

この日、食の始まりから満潮時間が重なるのはちょうど九州~南西諸島など

nissyokumap_1_s_20120324110004.jpg



水のイメージが強かった最近のビジョンは、この満潮時間と食の関係から水が溢れると見ていたのかも知れません。

南は水に注意、そして日本全土は日食後の天災に注意・・・ということですね。

南海トラフと中央構造線が突然動いたら・・・どうしよう?(;-;)死ぬー

ま、いっか。





  • ジャンル:

2012年5月21日

  • 2012/03/18(日) 23:34:35

YSさんからの情報を模索&検索してみました。

金環日食。

「2012年5月21日 金環日食」
http://naojcamp.mtk.nao.ac.jp/phenomena/20120521/


過去、ずっと京都に呼ばれていましたが、・・・
ある時からふとビジョンが拡散していることに気付きました。
あっちウロウロ、こっちウロウロ・・・


スサノオ様とご縁があるのは感じていましたが、こうも拡散してしまっては為す術がありませんでした。現地に行けるワケでもあるまいし。

そしてYSさんからの情報。

2012年5月21日。

日本はほぼ金環日食が見られます。

私が見ていた神社仏閣、地理的場所、すべて当てはまる・・・

図にしてみます。


これは金環日食が見られる日本の予想図。
nissyokumap_1_s.jpg


そして、これが私が見てきたビジョンの位置と金環日食との図。
金環日食・部分日食。
nissyokumap_2_s.jpg


×印は近日の震源域。震度5以上。

京都緑色
オレンジ色は最近見ていたビジョンの地域
赤色はごく最近のビジョンの地域
×印は最近の震度5の震源地。

見事に重なり合ってますね。

311の前には(いつ頃だっけ?)諏訪の大神様からヘルプコールがありました。
最近あったのは屋久島、日光?


「危険信号 2011/12/13(火) 09:10:00」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1084.html
ここでは日本の危険信号をキャッチしていました。
点滅してる。


そして徳川。平家。
彼等が何か言ってる。近い所から「物申す!」でしょうか?

詳しく調べなくてもわかると思います。

願わくば、大難を小難に。小難を無難に。

私から言えるのはそれだけです。(今のところ←強調)(-人-;


2012年5月21日前後。
ご注意下さい!
もう注意していても良い頃ですね。


追記

YSさん、有難う!^^/
なんか知ってる人に似ている気がするのは気のせいかにゃ?



再追記(2012/3/20 am10:30)

中央構造線および東海・東南海・南海トラフ
このライン上を金環日食は進みます。
そして太平洋を渡りアメリカ西海岸方面、カナダ寄りへ。


http://www.hucc.hokudai.ac.jp/~x10553/images/20120520.gif


日本が危険信号を発しているの見せられ書いたのが

「危険信号 2011/12/13(火) 09:10:00 」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1084.html

そして後を繋げるように見せられて書いたのが

「そこにあり、そこには無い 2012/02/06(月) 09:46:48」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1098.html


日本の国土が消えラインだけとなっているを見て、その後視線を横にずらして見ていたのがアメリカ西海岸。そこもラインだけになっていた・・・
これは金環日食の軌道そのもの。


  • ジャンル:

金環日食

  • 2012/03/17(土) 00:55:37

コメント蘭にて忠武飛龍さん、リネンさん、YSさんから貴重な情報を頂きました。目からウロコです。

これは考えに考えて書いてみたいと思います。今のところはさっぱりですが。

金環日食5月にあるんですね。初めて知りました・・・・・


さて、3月も半ばも過ぎました。
思い出されるのは安倍晴明様「私が代わりに行くからそなたは行かなくてもよいぞ」という御言葉。
確か311の数日前のビジョンだったと思います。
思い出してみればなんと切ないビジョンだったことでしょう。
「何故私に言ってくれなかった!?」
「何故私が行ってはいけなかった!?」
晴明様に詰め寄りたい気分で切り抜けた3月。

彼等を見送ったあの夜。

でも、世界中の人々が日本を心配して下さった。
感謝せねばならないと思う・・・愛・ラブ・(to)you!


オランダのチャリティーコンサートが凄い! 東日本大震災 Pray for JAPAN


A Song for Japan...



日本は負けません。必ずや復活し、世界の人々と共に生きる!



  • ジャンル:

日光は那須火山帯

  • 2012/03/11(日) 11:37:30

「豪華絢爛の寺社は徳川 2012/03/10(土) 22:28:51」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1108.htm

では、あの豪華絢爛な神社日光東照宮ではなく静岡浅間神社に似ていると書きましたね。

よく思い出し振り返ってみると、確か仏閣も神社に負けず劣らずの豪華絢爛な姿で隣に見えていたのですよね。
で、静岡浅間神社の辺りにそういう仏閣はあるか?と探してみたけれどありませんでした。地元じゃないから見逃しているのかも知れませんが・・・
で、やはり日光かな?と東照宮近辺を探してみると・・・あった! 


輪王寺。

輪王寺 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BC%AA%E7%8E%8B%E5%AF%BA
輪王寺HP http://www.rinnoji.or.jp/

輪王寺大猷院(たいゆういん)夜叉門・仁王門・二天門。その他、立派な色とりどりの金箔のお堂が数々ありました。
yashamon_20120311113946.jpg
niou.jpg
nitenmon.jpg


あ~、やっぱり日光だったのか!直感の通りに従っておれば良かったんだなと。
nikkoutousyougu_map.gif



徳川が関係している 徳川が何か言ってる?
徳川と関係深い地域は地震活動が活発?


日光は中禅寺湖の北側に男体山がありますね。
Mount_nantai_and_lake_chuzenji.jpg (wikiより)


男体山
”日光市街地からいろは坂を登った、中禅寺湖の北岸に位置する。関東地方有数の高山であり、成層火山らしい円錐形の大きな山体は関東一円からよく望まれる。古くから山岳信仰の対象として知られ、山頂には日光二荒山神社の奥宮がある。また、一等三角点「男体山」(標高2,484.2m)が設置されている。

従来、最後の噴火は約14,000年前だとされていたが、山頂の噴出物の調査により約7,000年前の噴火が正式に確認され、活火山に分類される可能性が出てきている[1]。中禅寺湖、戦場ヶ原、小田代原は、この約7,000年前の男体山噴火により湯川が堰き止められてできたもので、流出口には日本三大瀑布として知られる華厳滝や竜頭滝などがある。” 
(wikiより)

日光東照宮と輪王寺を横目にいろは坂が始まります。
男体山を眺めながら中禅寺湖へ至るのでしょうね(地図を見ると)
nantaisan_birdmap1.jpg (輪王寺HPより拝借)


ここでハッ!としたのが

「火山帯は海に出るものもある 2012/02/28(火) 18:20:10」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1104.html


~抜粋~

スサノオ様を制するよう親様に言い渡されました。
イチキシマヒメ様宗像三女神のお一人です。


大隅諸島、トカラ列島、奄美群島、沖縄諸島、宮古列島、八重山列島

これ、すべて海に囲まれています。
霧島火山帯です。


一方、八丈島富士火山帯の一部です。伊豆諸島、小笠原諸島が海に囲まれています。


「八丈島のキョン!@`´@;」



富士火山帯、白山火山帯、(北海道)鳥海山火山帯、霧島火山帯・・・

あと出てないのは乗鞍火山帯と那須火山帯だけなんです・・・

~抜粋終了~


那須火山帯。
”那須火山帯(なすかざんたい)は、北海道北西海上の利尻島から東北地方中央部を通り那須岳から浅間山へ至る火山群である。日本海溝と平行しており、東北地方部分は奥羽山脈とほぼ一致する。主な火山は北から、利尻山、羊蹄山、有珠山、恐山、八甲田山、八幡平、岩手山、秋田駒ヶ岳、栗駒山、蔵王山、吾妻山、安達太良山、磐梯山、那須岳、燧ケ岳、高原山、男体山、赤城山、浅間山などである。この地域に位置する洞爺湖、支笏湖、十和田湖、田沢湖はカルデラ湖であり、猪苗代湖や中禅寺湖は火山活動によって形成された堰止湖である。” (wikiより抜粋)


何ともはや、那須火山帯の象徴とも言うべきか・・・
あー、支笏湖那須火山帯のカルデラだったんですね。


諏訪の大神様や屋久島が助けを呼んでいたけれど、今度は日光でしょうか。
日光と言えば東照宮ですからね。ビジョンを見せて場所を探らせ、そして何かに繋げてここに書き付ける。こういう作業を望まれておられるのかも知れませんね。


ホンットに出てないのは乗鞍火山帯だけとなりました。
あ!千島火山帯も出てないかな?(苦笑)



  • ジャンル:

豪華絢爛の寺社は徳川

  • 2012/03/10(土) 22:28:51

「沈む大地 浮かぶ砂丘 2012/03/06(火) 07:02:49」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1106.html

で書いた海の島々のように見えた木々の先っぽ、その中に砂丘があったというビジョンを元に、砂丘を中心に探してやっと見つけたのが北海道・石狩平野の紅葉山砂丘(古砂丘)
ここは石狩砂丘(新)を越えた内陸部にあり、現在は開発が進んで砂丘の面影は残すところ少しだけとなっています。

紅葉山砂丘 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%85%E8%91%89%E5%B1%B1%E7%A0%82%E4%B8%98

縄文海進によって紅葉山周辺は海岸というべき陸地の縁になり、やがて砂丘が出来上がりました。およそ海水3m上昇だったとすると、石狩平野は紅葉山あたりが海岸線となりますね。
海水上昇が5mだったとすると、いよいよ紅葉山は島のように孤立して海の中の孤島のようになってしまいます。


縄文海進 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B8%84%E6%96%87%E6%B5%B7%E9%80%B2


列島沈没地図 / SAFETY JAPAN [細野 透氏] / 日経BP社
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/special/267_data/index.html


紅葉山周辺では縄文時代にはすでに集落があり、紅葉山49号遺跡から様々な遺跡が発掘されています。アイヌの人々かな?

面白いのは、前から見ていてここでも散々取り上げた樽前山などの火山支笏湖などの周辺に紅葉山があるということ。石狩川は遙か昔6000年前に川によって埋め立てられた砂丘を貫き、直接日本海に注ぐ形となります。

私は石狩平野含む北海道南西部を中心にみているのだと結論を出しました。

え?何があるのかって? わかりません。地震がチラホラ起こっているのは事実ですが、火山噴火するのかどうかは全くわかりません。
要するに、ここら辺を見ていろということなのでしょうね。内浦湾・渡島半島なども含めて。

もし、ココでなければよく似た場所のどこか。




さて、話しは変わって

「金襴 2012/03/08(木) 18:01:28」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1107.html

で書いた豪華絢爛な色とりどりの彫刻が施された金箔の神社?がドン!と出てきたビジョンですが、直感で日光東照宮(あまりにも有名)だと感じましたが、よく調べてみると東照宮よりビジョンに近い神社を発見しましたよ。

静岡県富士宮市にある富士山本宮浅間大社。


富士山本宮浅間大社 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E5%AE%AE%E6%B5%85%E9%96%93%E5%A4%A7%E7%A4%BE
Fujinomiya_Hongu_Sengen_Taisha_Honden.jpg

wikiの写真ではわかりにくいので、別なところを見て下さい。

静岡市内の豪華絢爛な神社を巡る~静岡浅間神社編~
http://4travel.jp/domestic/area/toukai/shizuoka/shizuoka/shizuokashinai/travelogue/10515461/
sizuoka_asamajinnjya.jpgsizuoka_asamajinnjya2.jpg




(「旅行のクチコミサイト フォートラベル」様より http://4travel.jp/


日光じゃない、多分ココだと感じました。

坂上田村麻呂が造営し、中世では源や足利、武田、豊臣、徳川と崇拝されてきた浅間大神様の社殿です。

この装飾。・・・・徳川なんですよね。


徳川氏 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E6%B0%8F


つまり、徳川家(徳川御三家・徳川御三卿含む)の時代、家系を指しているのだと思います。因縁ね。


尾張名古屋 紀州和歌山 水戸茨城


徳川家関連自治体

太田市 - 徳川家発祥の市。群馬県太田市徳川町
豊田市 - 松平氏発祥の地。豊田市松平町
岡崎市 - 徳川家康の生地
浜松市 - 家康が17年に渡り浜松城に在城
静岡市 - 駿府。家康の隠居地。静岡藩
東京都 - 江戸。江戸幕府
日光市 - 日光東照宮
名古屋市 - 尾張徳川家
和歌山市 - 紀州徳川家
水戸市 - 水戸徳川家
川越市 - 徳川家側近の城下町。仙波東照宮


     (ん?太田市は違うかな?)

     (つづく)じじいの世話と仕事で眠いから寝るわ!




追記(2012/3/10 pm23:17)

平成24年03月10日02時25分頃 茨城県北部 M5.5 震度5弱
平成24年03月10日02時25分頃 茨城県北部 M5.5 震度5弱

ははあ~

来るなら来てみろ!・・・・って感じになったよ。

ごめん。



  • ジャンル:

金襴

  • 2012/03/08(木) 18:01:28

**********************************************************************

2012/3/7

~夢?ビジョン?~

赤青黄緑 金箔

あ、社殿? どこの神社? 仏閣?

神社と仏閣が金箔のド派手な装いで魅了する

ここはどこ?

歩く わからない・・・


     (意識消滅)

**********************************************************************


日光東照宮?
いや、しばらく眺めてみないとわかりませんが。

やれやれ、外国の水に沈んだ大地もどこだったかわからないのに、またまた明確なビジョンが押し寄せてきた。
ここに来いと言ってるのだろうか?

・・・・・・・・・・・・


今日は義父の病気を診て頂くため、県立中央病院へ朝早くから行ってました。
紹介状を頂いて中央病院の玄関へと進むと、男性の方が案内役で立ってる。

「すみません、本日は停電で全システムがダウンしてストップしていますので、回復するまで待って頂くことになりますが・・・宜しいですか?」

「全システムダウンって・・・キャー!\(◎□◎)/で、回復のメドは?」
「わかりません。何時間かかるか・・・」(キャー!\(◎□◎)/)

待つこと回復まで2時間。受付は大混雑、年寄りはうたた寝、子供はぐずってウダウダ泣いて母親を困らせる。比較的若い人々は椅子もなく立ちん坊、立って寝る人までいる・・・

義父「いつまで待たせるんな!もう二度とココは来んぞ!」(キャー!)
義父「いよいよ大変な時に来たもんじゃ・・・死ぬわ!」(キャー!)

そしてシステム回復後、怒濤のような検査・検査・検査・・・

義父「何回検査したら済むんじゃ!ど阿呆!」(キャー、じいちゃん!)
義父「身長・体重?んなもんテケトーに書いとけ阿呆!」(ギャー!)
義父「なに?今測る?足が痛いんじゃわ!どんだけ歩かせるんぞ!」(ぐっ)

検査もイヤイヤながら終了。
医師の判断で入院ケテーイ!

義父「入院なんぞせんぞ!もう来えへんけん!!」(キャ・・・このヤロ)

地元ニュースになるかな?いや疲れたわ(´`)




追記(2012/3/9 am10;20)

**********************************************************************

2012/3/8

~ビジョン?~

※石造りの大きな鳥居 大鳥居?

鳥居に向かって大量の水が飛沫を上げて押し寄せる

水は境内に入っていく 勢いが凄い・・・


     (意識消滅/覚醒)

**********************************************************************

うーん・・・

あの豪華絢爛な神社?の大鳥居だろうか?

忘れかけていたので書き込み。



  • ジャンル:

沈む大地 浮かぶ砂丘

  • 2012/03/06(火) 07:02:49


**********************************************************************

2012/3/5

~ビジョン?~

大地 濃い緑 凹凸

水に沈んでる? 木々の先っぽだけが水面に出ている

遠くから見ると 木々の先っぽが島々のように見える

砂? 真ん中に砂の高地が見える

そこは水に沈んでいない

(声?)(字?) 「○○○○?の地と呼ぶ」

ああ、ここで人々は助かるのだな・・・


     (意識消滅)覚醒

**********************************************************************


同じビジョンを見た覚えがあります。
この日のビジョンは2度目だということですね。
夢日記に書き付けた記憶はありませんが、確かに同じビジョンを前に見ていると思います。

また探すのが面倒なことに。・・・


「○○○○?の地と呼ぶ」


確か漢字ばかりだったと思うのですが、よく覚えていません。
霊的世界から見ればそこは「○○○○?の地と呼ぶ」らしいのです。

あ、日本ではないらしいですよ。
外国の国名が浮かんでましたから。
でも、この国名がどこだったかわかりません。


またgoogleearthで探さなきゃ・・・



  • ジャンル: