耳から粟

  • 2012/02/29(水) 09:59:58

忘れていたので。

**********************************************************************

2012/2/26

~声~

「ニヨドカワ!」

     (意識消滅)

**********************************************************************

高知県らしいですね。

仁淀川? 今、シラスウナギの漁が盛んな時期?


仁淀川 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%81%E6%B7%80%E5%B7%9D


~抜粋~

”仁淀川(によどがわ)は、愛媛県・高知県を流れる一級河川で、愛媛県内では面河川と呼ばれる。[1]流域面積1560km2、流路延長124km。吉野川・四万十川と並ぶ四国第三の河川で、流域人口は約11万人。

中流域には四国で第二の規模を誇る多目的ダム大渡ダムをはじめとして治水・電源開発のための施設も多く、水辺利用率も全国1位(2002年)であり、ほぼ100%に近い。 全国的に著名な四万十川と比べると知名度は低いが、水質は全国4位(1999年)に位置づけられている。”


”四国の最高峰である石鎚山に源を発する面河川と、分水嶺である三坂峠から流れる久万川が、御三戸(愛媛県久万高原町)で合流して形成される。四国山地に深いV字谷を刻みこみながら南下し、やがて高知県高知市/土佐市付近で太平洋へと注ぎ込む。 三坂峠から御三戸を経て高知県越知町までの区間では、松山と高知を結ぶ国道33号が並行する。かつては旧国鉄・JR四国が急行バス「なんごく号」(現在はなんごくエクスプレスに役目を引継いでいる)を走らせていたが、2002年8月に廃止。”




うーん・・・ 何のことやろか?



そして今日の夢?

**********************************************************************

2012/2/29

~夢?~

耳から緑色の粘土?のようなものが出た

もちっとした柔らかい 何かを潰したような塊


     (意識消滅)

**********************************************************************

ああ、コレは何か判りましたよ。

オオゲツヒメ様の印ですね。耳から粟。

念のため調べてみたら・・・

awa-Setaria_italica0.jpg (wikiより)



 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%9F

ふむ。最初は緑色なんだね。お米と一緒だね。
エノコログサの変種で、エノコログサも食べられるらしいです。

スサノオ様に触れてばかりいるから私の所にも来るようにってことかな?
今年の主人の初詣で参拝したばかりだけれど・・・あっそうか、神社前の道路工事が終了しましたん?

合図かな?

オオゲツヒメ様=トヨウケ様=ウケモチ様・・・お稲荷様のところにもいらっさるよね。^^



追記

**********************************************************************

2012/3/1

~夢?ビジョン?~

>※○○○さん

侍の格好で剣を振りかざしている

江戸時代?

あ、○○さん!

なんだか幸せそう・・・

子供?

可愛がっているんだね・・・ ああ、男の子だね?


     (意識消滅)

**********************************************************************

2012/3/2 am0:10 追記

今朝見た夢です。
○○○さん、今後も活躍するのかな?
現在の大河ドラマが終わったら、今度は江戸時代くらいの侍役かな?

でも、見ていてこちらもほのぼのした雰囲気でしたよ。
良い夢だったら書いてもいいよね?^^;;


  • ジャンル:

火山帯は海に出るものもある

  • 2012/02/28(火) 18:20:10

「引く海水 浸潤する海水 2012/02/19(日) 10:10:24」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1102.htm

では、深く入り込んだ湾(入り江)の南国風高床式コテージを探しました。
日本は結構広く、どこだかわかりませんでした。あえて申し上げるなら南西諸島一帯と鹿児島県南部だと思っていました。

「湾ではなくて入り江というほうがいい 2012/02/27(月) 11:30:58」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1103.html

では、その辺り一帯の諸島名を挙げています。


そして凹凸の図は、海水?水?が浸潤した図だと直感でわかったのですが、そこで探り当てたのが別府湾別府湾にあったとされる瓜生島

瓜生島 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%93%9C%E7%94%9F%E5%B3%B6

瓜生島沈没ー日本のアトランティス物語
http://www.ailab7.com/uryuu.html
(「ニューオフィス」 http://www.ailab7.com/newoffice.html さんより)

あの凹凸図では地震が起こればひとたまりもない、大津波が起これば島もろとも流される、それほど地盤が弱いはずだと思っていましたが、まさか本当に一晩で沈んでしまった島が別府湾にあったとは驚きました。

瓜生島は奇しくも大友氏の全盛期にあった豊後の別府湾にあり、「沖浜」「沖の浜」などと呼ばれていたと記述があります。大友氏はここを貿易の拠点において活動していたのかも知れません。

「幻想諸島航海記 瓜生島」
http://homepage3.nifty.com/boumurou/island/10/uryujima.html

詳しくは上記のサイトで調べてみて下さい。



では、あの高床式コテージが見える海水が引いていく湾は別府湾なのか?と考えると謎がまだまだ残るような違和感。
瓜生島が沈んだ様子はまさしく海水の急激な引きと浸潤にあったと思われますが(それが本当の話ならね)

では、山の上にあったスサノオ様の神社は?


加計呂麻島と奄美大島を含む瀬戸内町にただひとつスサノオ様を祀る氷川神社がありました。
加計呂麻島は入り江が多い島です。ただ見当たらないのは高床式の家
諸鈍湾などのロケーションはビジョンによく似ているのに、その他のピースが当てはまらない。うーん・・・困ったものです。
高千穂神社が多いのですよね。イチキシマヒメ様も。
まあ、スサノオ様アマテラス様の誓約のときにお生まれになった宗像三女神の姫神様ですが・・・

鹿児島県神社庁 氷川神社
http://www.kagojinjacho.or.jp/search/ohshima/setouchi/post-848.html
kagosima_hikawajinjya.jpg



そんなこんなでいくら考えても辿り着けないビジョンの検証。
悩みに悩んでいるうちに、あらあら・・・


平成24年02月27日10時11分頃 西表島付近 M5.4 震度2
平成24年02月28日04時32分頃 沖縄本島近海 M5.6 震度3
平成24年02月28日04時57分頃 沖縄本島近海 M4.5 震度1


知らない間に揺れてた・・・orz
まあ、あの近辺はいつも揺れてると言っても過言ではありませんが。



で、何が何やらわからないで悩んでいたら、今朝の目覚め間際のビジョン。

**********************************************************************

2012/2/28

~ビジョン~


※海? 波打ち際の高床式の古い倉庫 

藁葺き屋根の小さな小さな高床式倉庫がいくつか足元を波に洗われている


巨石? 波打ち際の巨石に赤い文字

平仮名で「は ち じ ○ ○・・・」 



     (意識消滅)覚醒

**********************************************************************


八丈島!!??
八丈島にも高床式コテージか何かがあるの!?



飛び起きてPCをON!コーヒーも急いで飲みながら調べる調べる・・・


「高床式倉庫」 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%BA%8A%E5%BC%8F%E5%80%89%E5%BA%AB

~抜粋~

”なお、高床式倉庫は奄美大島八丈島、さらに北海道のアイヌ民族の間で近代まで建造されていた。”

~抜粋終了~


あの入り江の高床式の建物はコテージではなく、倉庫だったんだとわかりました。何せ、奄美の写真を見たら・・・今朝のビジョンに身震いするほどそっくりだったのですから!コテージやバンガロー風の建物ばかり探していた私はまったく阿呆だったんです。


「高床式の倉の残る東シナ海岸の集落」奄美大島 大和今里
http://www.shurakumachinami.natsu.gs/03datebase-page/kagoshima_data/yamato/yamato_file.html

「八丈島 流人が築いた玉石垣の島の中心集落」 八丈坂下
http://www.shurakumachinami.natsu.gs/03datebase-page/tokyo_data/hachijo_sakashita/hachijo_sakashita_file.htm


ココまで来て、夢見の情報が錯綜しているのに気が付きました。


スサノオ様を制するよう親様に言い渡されました。
イチキシマヒメ様宗像三女神のお一人です


大隅諸島、トカラ列島、奄美群島、沖縄諸島、宮古列島、八重山列島

これ、すべて海に囲まれています。
霧島火山帯です。


一方、八丈島は富士火山帯の一部です。伊豆諸島、小笠原諸島が海に囲まれています。
Izu_islands_hachijyoujima.png



「八丈島のキョン!@`´@;」



富士火山帯、白山火山帯、(北海道)鳥海山火山帯、霧島火山帯・・・

あと出てないのは乗鞍火山帯と那須火山帯だけなんです・・・



追記

九州は鹿児島にあって瀬戸内とは奇妙なり。
調べてわかったのが 平氏。
落人。壇ノ浦の戦い。



  • ジャンル:

湾ではなくて入り江というほうがいい

  • 2012/02/27(月) 11:30:58


取り急ぎ書いておきますね。もう仕事の時間です。

「引く海水 浸潤する海水 2012/02/19(日) 10:10:24」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1102.html

で書いた島。

あれこれ行ってみたのですが、あまりにも多くて困りましたが・・・
ひとまずここへ抜き出しておきます。

大隅諸島、トカラ列島、奄美群島、沖縄諸島、宮古列島、八重山列島

そして

別府湾


加計呂島あたり


これ以外ならカリブ(近辺含む)・・・かな?



  • ジャンル:

引く海水 浸潤する海水

  • 2012/02/19(日) 10:10:24

**********************************************************************

2012/2/19

~夢?~

どこかの島 観光で来ている
観光客で賑わう島
うどんやたこ焼きも売っている

山のてっぺんにスサノオ様のお社がある
本殿前にて参拝させて頂こうとするが
女の子?

女の子は私が本殿前に立つたびに こちらを本殿の中から覗いている
ニコニコ笑っているが 何故か手にはジュースのペットボトル


現代的な座敷童だな

落ち着かないので参拝は後にすることにした


ぶらりと島内を散策していると 望遠鏡が沢山設置してある展望台に着いた

上から覗き込むと 小さな湾になっており
湾の手前には南国風の床上式高床式コテージが並んでいるのが見えた


ザザーン・・・ ザザーン・・・

波の音が聞こえる

美しい湾だ


少し歩くと 海岸で遊ぶ人々が見えた

海岸は美しい白い砂だが 切り立った海岸

ザザーン・・・ ザザーン・・・

おや? 波の音が大きくなった

目の前の切り立った海岸が波で削られた 私の足元も危ない
すぐにその場を離れようとした


!!

湾の海水が急激に引いていく
いや 引いていく海水と地下に浸潤していく海水が同時に見えた

海底の砂もあらわになった
海水の浸潤した穴?が見える けっこう大きい


ヤバイ!! 大津波だ!! 





~ビジョン?~

大きな凹凸の重なった図

波形の上に膨らむ部分と 下にへこむ部分が重なっている

その図の上下の波の重なり部分に色々な地層の断面図も見える


凸のでっぱりは 島 山

凹のへこみは 浸潤した海水 水 


      (意識消滅)覚醒

**********************************************************************


つらつらと、なんとも長い夢とビジョンでした。

夢日記にも湾の絵、海水が引いた絵、そして凹凸の重なった図を描きました。

スサノオ様?

うーん・・・ どこやろか? 本当にこんな島あるんかな?

探すべし! か・・・・ ふう~(´`)

※床上式×→高床式に訂正^^;(2012/2/20 am10:38)



  • ジャンル:

屋久島からのヘルプコール

  • 2012/02/16(木) 14:55:13


「南の島はどこだ 2012/02/13(月) 09:53:40 」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1100.html

で書いた火山噴火と南の島のビジョン。
調べてみると赤く丸く光っていた島南西諸島屋久島ではありましたが、屋久島は火山島ではありません。
気象庁HPから九州の火山群を見て調べてみると、現在活動中ランクAの火山は阿蘇山・雲仙岳・桜島・薩摩硫黄島・諏訪之瀬島。これらからビジョンの南方向の屋久島近辺の火山を抜き出すと、桜島・薩摩硫黄島・口永良部島となります。
Nansei-Shoto_Map_Chikei_20120216143328.gif
new_vol_kyushu2.png



南九州の地理をwikiから抜粋します。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E4%B9%9D%E5%B7%9E

”南九州はフォッサマグナの西側から続く西南日本弧の地形と台湾付近から続く南西諸島の地形が交錯する部分にあたり、これに加えて多くの火山性地形を持つ複雑な様相を呈している。基盤となる地層は古生代から鮮新世にかけて形成された地層群であり、秩父帯、四万十層群および宮崎層群に分けられる。

南九州北部を構成する九州山地は北東-南西方向に延びる帯状の地質構造を持ち、北東に隣接する四国山地の延長をなしている。この帯構造は南九州中央部付近で屈曲し南北方向へと向きを変え南西諸島へと延長される。屈曲構造は複雑であり出水山地付近の「北薩屈曲」、人吉盆地北東部の「人吉屈曲」、宮崎平野西部の「野尻屈曲」などが複合している。かつてはおおむね一直線上に並んでいた山脈が日本海と沖縄トラフの拡大によって折り曲げられ、屈曲点を境にして南部が東へ向かってずれるように移動しているためにこのような構造となっている。

南九州の西部には多くの火山が分布しており、活動時期は西から東へ進むにつれて新しくなる傾向がある。これら火山群の東端にあたる鹿児島湾を中心として「鹿児島地溝」と呼ばれる地溝が南北に延び、これに沿って「南九州火山群」と呼ばれる火山列が連なっている。この火山列には霧島山や桜島などの活火山や大規模噴火を特徴とするカルデラが並んでおり、溶結凝灰岩やシラスなど火山噴出物を起源とする厚い地層がカルデラから数十キロメートル離れた地域にまで広がっている。火山列は南方海上にまで延びており南西諸島のトカラ列島へと続いている。



ぶっちゃけ、私が見ていたのは南九州火山群だろうと考えます。
屋久島の真っ赤は「危険信号」を知らせる赤ではなかろうか?
つまり助けを求める赤ではないかと。



「支笏カルデラとアイヌ 2012/02/05(日) 09:57:03 」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1097.html

では、支笏湖と恵庭岳・風不死岳・樽前山を指し示していたのは間違いないだろうし、樽前山は1981年から約30年も活動を止めていると事実を知りました。


では、薩摩硫黄島口永良部島はいつから活動静穏化しているのか?


気象庁 | 九州の活火山
http://www.seisvol.kishou.go.jp/fukuoka/volcanofk.html

薩摩硫黄島は2004年から。
口永良部島は1980年から。

Iojima_Kagoshima_Japan.jpg (薩摩硫黄島 wikiより)
Kuchinoerabujima_island_from_Mt_Nagatadake.jpg (屋久島から眺める口永良部島 wikiより)



北海道は支笏湖の樽前山1981年、屋久島の隣の口永良部島1980年に活動沈静化。これは偶然だろうか?と思うのですが。


気象庁 薩摩硫黄島(鹿児島県)
http://www.seisvol.kishou.go.jp/fukuoka/508_Satsuma-Iojima/508_index.html
気象庁 口永良部島(鹿児島県)
http://www.seisvol.kishou.go.jp/fukuoka/509_Kuchierabujima/509_index.html


北海道の樽前山薩摩硫黄島と同じランクAの活火山ですね。



「イリオモテヤマネコは南に生息している 2012/01/15(日) 23:35:52」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1090.html

この日の記事で「南の方!」とわずかに声を聞いたと書いてあります。
南の方とは南西諸島だったのか?と。


やれやれ、私の夢日記は一話完結型ではありませんので、過去からほじくって眺めてみなければなりません。ですから私のブログの「最新記事」カテゴリは、30回分の記事を眺められるように設定してあります。約1ヶ月分ですね。自分にとっても過去1ヶ月の記事の流れが読めるので便利なんです。


過去記事と言えば「オキノエラブジマ」の声を聞いたのが2010年12月13日。


「オキノエラブジマ ハテルジマ 2010/12/13(月) 11:19:00」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-922.html
(もう時効だね、こりゃ)


そして様々な夢やビジョンを見て書いたのがこの下記の記事。
この時はすでに新燃岳(霧島山)が噴火した後だったと思います。

「新燃岳の火口は緑色の湖だった 2011/02/01(火) 00:07:33」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-938.html

~抜粋~

この流れを読むと、火山活動の他ならないワケですが、海底火山だと思い込んでいたのは間違いだったのかも知れませんね。
いや、まだまだ安心出来ないのはヤマヤマですが・・・ ハワイの海の夢もあるし、安心できません。


直近の「諏訪」、そして「熊本」もこれらに関係あるのだろうと判断します。
オキノエラブジマ、ハテルジマも。

そそらく、日本列島の地下活動が活発に動き出そうとしているのだと思います。
そしてソレは「世界の地下」の動きにも通じる・・・


だからハワイの海、アラスカの海、イギリスの地下、ロシア、アメリカ西海岸、マレーシアなどの国々だったのだと思います。

しかし、信じ込まないで下さい。ただの夢です。

はい、ワロスワロスでスルーでお願いね。


~抜粋終了~


ちょうど1年前くらいから何か地下の動きを感じ取っていたのかも知れません。時期的に時効だと思われるかも知れませんが、私にはそろそろ動きますよというサインに思えてならなかったのだと思います。
残念ながらこの1ヶ月と10日ばかり後で311が起こってしまったのですが・・・


気象庁のPDFデータを見ていると、噴煙高度と火山性地震の回数が真逆になっているのがわかりました。噴煙が高く上がっているときは地震が少ないのかな?

薩摩硫黄島は警戒中。口永良部島はレベル1にまで引き下げられ平常レベル継続中。

それと北海道は渡島半島の方々、大丈夫ですか?



  • ジャンル:

南の島はどこだ

  • 2012/02/13(月) 09:53:40


**********************************************************************

2012/2/13

~夢?~

観光中?

窓の外に黒い塊が流れているのが見える

土石流? いや違う 火山噴火の溶岩?

観光バスで逃げる

右も左も前方も溶岩が迫っている

Uターンする観光バス

いや そこはさっき逃げてきた所ではないか?

運転手が叫ぶ

「突っ切ります!皆さん覚悟して下さい!」 



~ビジョン~

九州 南 桜島?

いや 九州本土ではない

もっと南の島が真っ赤だ



~ビジョンと声~

新聞の一面 TOP記事

あれ?噴火の記事が載ってない

学者「これは地球にとって大変なことなのにマスコミは取り上げない!」 



     (意識消滅)

**********************************************************************

嗚呼嫌だ・・・ 目覚めが悪いね・・・

またビジョンを頼りに調べてみようと思いますが・・・

先に謝っておきます。
九州並びに南方の島々にお住まいの方々、怖がらせてごめんなさい。



  • ジャンル:

厳島神社の内待橋

  • 2012/02/09(木) 14:34:38

「また貴船が呼んでる 2012/01/28(土) 10:56:59」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1095.html


で書いた朱塗りの回廊「キフネ!」の声がわかった様な気がします。

やはり厳島神社でした。

私が見ていた回廊は、海の水が引いた(引き潮)内侍橋 (ないしばし)

itsukushima_naisibasi.jpg


社団法人宮島観光協会 |観光スポット|嚴島神社|より
http://www.miyajima.or.jp/sightseeing/ss_itsukushima.html

7e63 (厳島神社)内侍橋
http://yutaka901.fc2web.com/page7e63.html

宮島びより
http://itsukushima.ti-da.net/e3084378.html



神社の規模は大きいと感じていましたが、回廊と回廊の間にある橋?は小さなものだと思っていました。まさに厳島神社本殿に架かる二基の内侍橋がビジョンで見えた回廊そのもの。
この橋に空中からググッ!と近寄って行ったて見たのです。
水が引いていたので高床式に見えたのでした。

神子、巫女が通る。そんな気がしていました。



内侍 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E4%BE%8D#.E5.8E.B3.E5.B3.B6.E7.A5.9E.E7.A4.BE.E3.81.AE.E5.86.85.E4.BE.8D

厳島神社の内侍
”厳島神社の女性神職(巫女)で、神事のほかに、同神社に参籠する貴人の旅情を慰めるために今様を朗詠したり舞楽などを行った。『厳島道芝記』の社家供僧内侍並諸役人神人之名の条には、一から八までの内侍の名を挙げ、これを「八乙女」と称し、また「本内侍」と称したことが見え、このほかにも「和琴内侍」や「韓神内侍」など、その数は十数人にも及んでいた。なお、平清盛の第7女で後白河院に召された御子姫君は、安芸守時代の清盛と、厳島内侍の間の子であるという。”


さて、このビジョンの中で聞こえた「貴船!」の声。

厳島神社宗像三女神を祀る神社であり平清盛が久安2年(1146)安芸守に任官され、平家の氏神として尊崇し、平家一門の権力が増大するにつれてこの社を尊崇する度合いも増し、社殿を現在の姿に造営した神社であります。
今、NHKでドラマやってますね。見てますよ。

平清盛 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E6%B8%85%E7%9B%9B

しかしながら、平清盛貴船神社の繋がりが見えない。当然、厳島神社との繋がりも見えませんでした。京都では六波羅、三十三間堂、清水寺、八坂の塔、八坂神社などのゆかりの地はありますが、貴船とはどんな繋がりが?
(ああ、そう言えばここのところ東山界隈・祇園界隈にばかり行ってる)

ありました。

源義経 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%90%E7%BE%A9%E7%B5%8C

牛若丸は父である源義朝平治の乱平清盛に殺され、鞍馬山の鞍馬寺へ隠れ住む。やがて奥州平泉に下り奥州藤原氏の庇護のもと平氏打倒の狼煙を上げた。
そして源平合戦として歴史に残り平氏・源氏の戦いは時を経て現代にも繰り返されている。

鞍馬寺貴船神社のすぐお隣。貴船から鞍馬へ歩く方が鞍馬寺へ向かうには早いと言われるらしいので(そうなんですか?)義経貴船にはよく参拝していたのではないだろうか?



「キフネ」「貴船」と脳内で変換した結果、源氏と平氏の源平合戦に繋がったのですが、では「木船」あるいは「木舟」と変換した場合はどうでしょうかね~?ありますかね~?

ありました。


社団法人宮島観光協会 |行事|管絃祭|
http://www.miyajima.or.jp/event/event_kangen.html

”古くから都では、貴族が池や河川に船を浮かべ、優雅な「管絃の遊び」をしておりました。嚴島神社を造営した平清盛はこの風習を嚴島神社に移し、遊びではなく神様をお慰めする神事として執り行うようになりました。従って河川でなく瀬戸の海を舞台に雄大に繰り広げられるダイナミックな平安絵巻を思わせる海に囲まれた宮島ならではの優雅な祭りとなりました。”

”管絃祭の御座船を曳航する名誉ある役目は、現在も広島市の江波にある漕伝馬保存会と呉市の阿賀漁協が引き受けています。
管絃祭の前後約一ヶ月、宮島の桟橋前広場でその雄姿をご披露している管絃祭のもう一方の主役とも言えるこの御座船を曳航する曳き船は、1998年に新造船の完成により現役を退いた江波の曳き船一艘と阿賀の曳き船二艘です。
今は陸地から厳島神の船渡御の無事を祈る役目を担っております。
いずれの船も最近では見ることのできない木造船です。
櫂であり櫓である古式船の繰船技術は、木造の造船技術と共に日本人の貴重な文化的財産です。


”祭典後、管絃船は宮島に向かい、長浜神社、大元神社で順次祭典を行い、大鳥居をくぐって客神社前で祭典と管絃があり、さらに狭い枡形に入り一気に御座船を三回廻りながら管絃を奉奏します。
このダイナミックな儀式が嚴島神社管絃祭のクライマックスであり、参拝客の興奮した声と拍手は、潮の香りのする廻廊にこだまし、夜空には満月が輝きます。
この儀式が終わると神様は本殿に還御され、真夏の瀬戸の海を舞台に繰り広げられた一大平安絵巻は幕を閉じます。”


ああ、船だ。木造船の「木舟」だ。
TVで見たことがあります。厳島神社の大鳥居をくぐって本殿へ向かう船神事ですよね?
確か回廊の枡形(回廊で囲まれた狭いところ)に入ってぐるぐる船を回すのですよね?


厳島神社の内待橋、木舟、貴船。
貴船神社玉依姫様黄船でしたっけ。・・・・

こんなところかな?



厳島神社には15年?くらい前に訪れたことがあります。
当時、会社の研修で広島に2週間、2週間で合計1ヶ月滞在したのですが、休日はヒマなので広島在住のチャット仲間の友達に連絡をして広島を案内して頂いたのです。

広島のお好み焼きを食べたり原爆ドームを呆然と見つめたり、呉で海上自衛隊の船を眺めたり・・・そして宮島の厳島神社へ向かったのでした。

友人は大鳥居を不思議な顔をして眺めます。キョロキョロしてます。
自分の腕時計を見つめ、ぶつぶつ言いながらまた大鳥居を眺めます。

「どしたん?」
「うん、ちょっと・・・あれ~?」


何故不思議な顔をしていたのか疑問は解けました。

「満ち潮の神社を見せてあげたかったのに・・・時間もちゃんと新聞で調べたのに・・・満ち潮の神社は綺麗なんじゃが・・・(水が引いとる)・・・」

どうやら、満ち潮であるはずの時間に引き潮になっていたのが不思議だったようです。こんなことってあるのか?と。

何も考えてない私は「へえ~?」と阿呆ヅラで友人を眺めてました。

「ま、こんなこと二度と無いからちゃんとお祈りしなさいね。一生に一度あるかないかの機会だからヽ(^^;」
「は~い!(´▽`)/」


大鳥居まで歩いて行き、大鳥居にタッチ!抱きつき~!で楽しく過ごしました。


時間の読み違いではないかと聞いたのですが「いや違うけえ!ちゃんと時間は調べたんじゃけえ!」と言い張る友人。

初めての厳島神社にこんなミステリーが仕組まれていたとは知らぬ存ぜぬの当時のアテクシ。・・・良い思い出でした。今も友人とは年賀状のやり取りは続いてますのんよ。(´▽`)


追記

へ? では、貴船神社ではなく厳島神社へ来なさいと?
ああ、そうでしたか。



  • ジャンル:

そこにあり、そこには無い

  • 2012/02/06(月) 09:46:48

**********************************************************************

2012/2/6

~ビジョン?~

日本 日本の形状がわかるラインだけが見える

陸地が見えない

「光? 光はどこ?」「○○は?○○はどこ?」

誰かが答える

「・・・・・・・・・」 聞こえない

太平洋を東に見る 視線は米国の西海岸へ向かう

米国 カリフォルニア 

ここも一部がラインだけになってる

沈んだ?

いや違う
何かが違う 
日本はある しかし日本は無い ・・・・


     (意識消滅)

**********************************************************************


何だろう?
不快感や不安感もなく、ただ日本の存在があって、そして無い。

スッポリと覆うこの気分はどうだろう?
細かい粒子?


変化。


何かが始まってるのかな?


2月4日は立春新しい暦の始まり。



  • ジャンル:

支笏カルデラとアイヌ

  • 2012/02/05(日) 09:57:03


「支笏湖 日本海 2012/02/01(水) 10:26:46」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1096.html

で書いた支笏湖、日本海、北海道を調べてみました。


支笏湖 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%AF%E7%AC%8F%E6%B9%96


”4万年ほど前に形成された支笏カルデラに水が溜まったカルデラ湖である。形成当初は円形をしていたが、その後、カルデラの縁に恵庭岳・風不死岳が噴出したことにより、現在のようなくびれた形となった。南に位置する樽前山は、同湖に付随する活火山である。”

”湖の北側には恵庭岳、南側には風不死岳樽前山支笏三山がそびえる。”



ビジョンの中で噴火したのは恵庭岳風不死岳、あるいは樽前山でしょう。
地図で確認しました。
sikotuko.jpg 支笏湖と支笏三山の位置

hokkaido_map.gif 北海道活火山の位置(気象庁)



度々噴火を繰り返していた樽前山は気象庁データから見れば1981年の小噴火から約30年、群発地震を繰り返すだけで噴火は見られませんね。活火山ではあるけれど、その活動は今現在押さえられています。

恵庭岳風不死岳は今のところ過去データは得られません。



そして気になるのが石で出来た?仮面、古代遺跡の片鱗


アイヌ。

北海道アイヌ文化の遺跡群、ママチ遺跡ウサクマイ遺跡群
ママチ遺跡には土でできた仮面が残されているのね。
多分見ていたのはこの仮面でしょう。
mamachi_kamen.jpg


「土製仮面 - 北海道千歳市」より写真拝借
http://www.city.chitose.hokkaido.jp/index.cfm/83,3246,124,129,html

「北海道千歳市」HPより 
http://www.city.chitose.hokkaido.jp/index.cfm/1,html



もしや水が亀裂から噴出して日本海になだれ込むというビジョンは、古代日本の火山カルデラ、そして日本海の誕生の様子を見せられたのかも知れません。

亀裂が起こってなだれ込んだ水は支笏湖の始まりそのものかも知れません。
古代遺跡の仮面は元々の先住民、アイヌの遺跡なのかも知れません。
支笏湖あたりの山の麓には古代アイヌが築いた村もあったのでしょうね。



「阿蘇は静かか? 2012/01/25(水) 11:23:27」 
http://aoiroenpitu.log98.fc2.com/blog-entry-1093.html
「阿蘇カルデラ 2012/01/27(金) 10:04:08」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1094.html

で見えていたのも火山カルデラに関するビジョン。

日本全土に及ぶ311からの地下地盤の歪みから、今まで静かだった火山群がその歪みを原因にして噴火の徴候を見せるのかも知れません。

貞観時代に戻っているみたいですね。




  • ジャンル:

支笏湖 日本海

  • 2012/02/01(水) 10:26:46

**********************************************************************

2012/1/31

~ビジョン?夢?~

支笏湖・・・

日本海は陸地だった 

支笏湖のある北海道の陸地に亀裂

亀裂のヒビから水が溢れ出す


どこか? 津軽海峡? 内浦湾?

水のない海底に石でできた仮面


どこか? 火山噴火?

粉塵 噴火による岩石や細かい石?がなだれこむ



日本海

支笏湖方面から出ている水でになる


女性? 女神?

女神が微笑んでいる・・・


     (意識消滅)

**********************************************************************

日本海は太古の昔は陸地だったと定説があるけれど。
何を見ているのかわからない。

支笏湖は前に内浦湾を調べているときによく眺めたなあ。

まだ水のない頃の津軽海峡の陸地(海底)に古代遺跡?
沈んだのだろうか?

まあ調べてみましょう。



  • ジャンル: