また貴船が呼んでる

  • 2012/01/28(土) 10:56:59


**********************************************************************

2012/1/28

~ビジョンと声~

水の音が聞こえる・・・ 勢いよく水が流れている・・・

赤い社殿? 渡り廊下のようなものも見える朱い神社


「貴船!」 (声)


ああ、貴船か・・・

え? 貴船?


     (意識消滅)

**********************************************************************

ふう~・・・

今度はまた貴船神社ですか?
しかし京都の貴船山の貴船神社はもうご挨拶済ませましたが、また来なさいとのことでしょうか?
それともどこか勧請された貴船神社でしょうか?
ビジョンで見えた社殿は京都の貴船ではなかったですよ?

ヒントは朱い社殿? かなり規模がありますね。
探してみましょう。勢いよく流れる水のある貴船ですね?

平安神宮隼神社もまだご挨拶出来てないんですけど・・・

広島・・・ 厳島神社がこんな感じでしたね。
あそこ、貴船の社ありましたっけ?



  • ジャンル:

阿蘇カルデラ

  • 2012/01/27(金) 10:04:08


この時代にPCがあるのに感謝したいですね。昔なら図書館へ出向いて調べなければならないところだったのですが、今はPCで何なりと調べることが出来ますからね。色々な情報を拾うことも出来るし。


さて、

「阿蘇は静かか? 2012/01/25(水) 11:23:27」 http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1093.html 

で書いた阿蘇山の窪みにある村、わかりましたよ。
googleearthで眺めて押したり引いたりして上空から眺めてみますと、阿蘇山の外輪山を取り囲むように存在している阿蘇市やその周辺、円形に阿蘇山を取り巻く街や村。ここでした。

阿蘇市

”カルデラ盆地は中央火口丘によって南北に二分され、北を阿蘇谷、南を南郷谷という。阿蘇谷は阿蘇市に、南郷谷は阿蘇郡高森町および南阿蘇村に属する。阿蘇谷には、熊本と大分を結ぶJR豊肥本線が通り、その立野駅から分岐する第三セクター・南阿蘇鉄道が南郷谷を走っている。
カルデラ内で村や町が発展し「カルデラの中に住んでいる」というのは阿蘇山を知らない人達にとっては驚きである。 


写真で見てみました。
aso_si.jpg


ここに間違いないという確信が持てました。
私は阿蘇山の窪みを見ていたのではなく、阿蘇カルデラにある阿蘇市などの街を上空から見ていたのだとわかったのです。
その昔から度々九州の阿蘇周辺を見てきましたが、この度のビジョンによりハッキリわかりました。

前に見た「米塚」「熊本城」はそれらのことを指していたのだと思います。


「阿蘇は大切な神々の山 2008/06/03(火) 11:35:28」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-294.html

「今度は熊本 2010/09/13(月) 10:45:58」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-876.html

「松本・・・地下鉄サリン事件ですよ 2010/09/18(土) 11:22:59」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-877.html

「熊本城の意味がわかった・・・かな? 2010/09/23(木) 14:55:44」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-881.html


つまり、中央構造線。


図で見てみます。
Tectonic_map_of_southwest_Japan.png



前にも書きましたが、九州中央構造線阿蘇山手前?辺りから二手に別れていて、一方は熊本市(熊本城)もう一方は八代湾へと向かいます。
中央構造線沿いには大切な社が点在していますね。伊勢神宮しかり諏訪大社しかり鹿島・香取神宮しかり。九州は阿蘇には阿蘇神社

ビジョンの中で「米塚」の向こうに見えた富士山型の山は烏帽子岳?
草千里を眺める向こうにある阿蘇五岳を形成するうちのひとつ烏帽子岳。多分ここに違いないと思います。

阿蘇山

「草千里と烏帽子岳」 http://www.aso-aso.com/003mtaso/kusasenri/
aso_ebosidake.jpg


「阿蘇阿蘇ドットコム!」 http://www.aso-aso.com/ さんより画像拝借。
勝手にすみません(ぺこり!ぺこり!)


つまり、つまり、何が言いたいかというと・・・ですね。

平成24年1月27日6時25分頃 熊本県天草・芦北地方 M2・1 震度1

(おや、早速来ましたか・・・)

最近中央構造線の動きが大きくなっています。
311をきっかけに日本の地下の動きが変化しているようです。
影響は日本中に及び、もしかすると火山活動も激しくなるかも知れませんし、地震も規模が大きくなるかも知れません。
中央構造線が動くと直下型です。一直線に激しい地震が起こります。
おそらくポイントである阿蘇も再び大噴火すると思うのですが・・・


・・・・・あまり怖がらせてはいけませんね。
・・・・・でも書かないといけない気がしますしね。

それともうひとつ気になるのが薩摩富士と呼ばれる開聞岳
ここ、火山でしたよね?



  • ジャンル:

阿蘇は静かか?

  • 2012/01/25(水) 11:23:27


なかなか忙しくしておりました。
親戚の葬儀もあり義父が風邪でダウンしたこともあり、お仕事も2日ほど休んでしまいました。

京都圓徳院・高台寺の写真もUPしたいのですが、まだPCにデータを取り込んでおりません。雨に降られ、平安神宮まで足を伸ばしたかったのですが、近くの八坂神社へ行き先変更。またまた八坂神社へ再度参拝となりました。

へっくしょん!

寒かったですよ~京都。今日は雪模様でしょうか?



ちょうど高台寺南天をカメラで撮していた時、どこかの観光客(関東)がそれを見て言っておりました。

「今年はね~ 南天がすごくいっぱい実を付けたのよ!それがすごく多くてね、あちこち大きな粒でなって花も咲いてたわ。もう真っ赤でね。今年は南天の当たり年かしらね?それがもう、あちこちいっぱいだったのよ!」

南天か・・・夢で見たなあ~ と思い出します。
この話しを主人にすると、「もしかして吉兆とちゃう?^^」と。

日本の吉兆であれば嬉しいんだけどね。



さてさて、夢は少ないのですが(実は最近料理を教えていたり指示したりする夢が多くなりまして、少し成長したんかな?と思えるのですが)今朝方見たビジョンでも書いておきましょうかね。


**********************************************************************

2012/1/25

~ビジョン?~

※空を飛んで山を見る

大きな山の頂上あたり 大きく窪んでいる

その中は小さな畑や田圃のある村が出来ており 平和な牧歌的風景



「阿蘇」 (声)


え? 阿蘇? 阿蘇山? これが??


あまりに美しいのでカメラに撮そうとシャッターを切った。

ぐるりと辺りを見回すと あった! 米塚!

米塚の方へ飛んでいく

米塚の少し向こうに富士山型の山も見える さほど大きくない

緑色の絨毯を敷き詰めたような原野に米塚と富士山型の山

山々は深い緑に被われて緑色・・・


     (意識消滅)

**********************************************************************


米塚はずっと前に見た夢(ビジョン)にも出現しています。
必死で探してやっと米塚を見つけたものでした

komezuka01.jpg

「米塚(熊本県阿蘇市)・写真満載九州観光」米塚より
http://www.yado.co.jp/kankou/kumamoto/aso/komezuka/komezuka.htm

また阿蘇を見ている。・・・・気持が良いビジョンだけど


何だろう? 何を指しているのかな・・・ ???
あの辺りをまた検索してみましょう。



  • ジャンル:

ツシマヤマネコだったのか・・・ごめんよ

  • 2012/01/17(火) 15:19:17

コメント欄にてたなかさんが教えてくれたツシマヤマネコの溺死のニュース。

「ツシマヤマネコおぼれ死ぬ?漁港に死骸」
http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20120112-OYT1T00167.htm


あ、この子だと

Tsushima_Cat_001.jpg(wikiより)


不思議なことに、私には死者の霊が寄ってくるケースが結構あります。
四川省の大地震では呼吸が止まりかけて苦しかった。今まだ埋もれている人々が霊として早く出して欲しいと助けを呼んでいるのだと思った。
中国は助けずにそのまま埋めてしまいましたけど(あの新幹線事故のすぐ埋め事件と同じですよ)・・・
東北関東大震災では「彼等」が昇るのを見送った。彼等は笑顔だった。


「イリオモテヤマネコは南に生息している 2012/01/15(日) 23:35:52」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1090.html


コメント欄にも書きましたが、このツシマヤマネコがどこぞで私を見つけ甘えに来たと考えられます。
霊達はわかってくれる人をすぐに見つけますからね。波長が合うのだと思いますが、災害で亡くなられた方々や動物達、彼等はいつも優しいです。
撫でて抱っこしてやると満足したのか、消えました。

港に漂着したのが10日で、私が夢見たのは15日>前後はありますが、おそらくツシマヤマネコにとって人間の仏教で教えるところの初七日ではないか?と。

人間も動物達も植物達も可愛いものですね。現世の人間は中には酷い人もいますが(こういう人は素敵な場所には行けないはず)可愛い人は可愛いのです。


人が笑うと皆が笑います。
笑いの和・輪・環。


もしアセンションがあるとして、2012/12/22に何かあるとして・・・

こんな大笑いで皆で行きたいものですね。^^

youtubeからプレゼント。2万人は見ていますが、もっと皆で笑いましょう。

心の底から笑いたい人への動画


【続】 心の底から笑いたい人への動画.mpg



あ~・・・何度見ても大笑いしてしまう。涙が出るくらい笑ったですよ!



追記(2012/1/17 pm15:40)

ツシマヤマネコはネコ目(食肉目)ネコ科に属する哺乳動物の一種。近年になって南アジアから東南アジアに分布するベンガルヤマネコPrionailurus bengalensis(シノニム Felis bengalensis)の亜種であるアムールヤマネコP. b. euptilurusの変種として位置づけられた。本亜種は日本では長崎県の対馬にのみ分布する。(wikiより)

ベンガルヤマネコはネコ科ベンガルヤマネコ属として複雑な形態を持っているのでよくわかりませんが、どうやら中国・朝鮮からインドネシア方面へ広がったのかな?

「南の方!」と言った声はこのベンガルヤマネコ属を指していたのかな?

また大地震でもあるのかなと思っちゃったですよ、ふ~、危ない危ない。



  • ジャンル:

ぼそりと アメリカ警察

  • 2012/01/16(月) 23:48:34


アメリカの刑事さん達。
何を追っているのか事件の内情はわかりませんけど、二度失敗しました?

追っているのは有色人種ですかね?

男女で逃げているけど本ホシは男性ですかね?

彼の住所は山の中かな?
あり得ない住所ですかね?
気が付いたらもうそこは破壊されて燃やされた後ですかね?
トンネルの中?


彼はもう別の居場所を見つけて逃走したはずですね?

一緒にいた女性はただ一緒にいただけだと思うのですが・・・
一緒に逃げたけど、男性は自分可愛さに彼女をどうしたかわかりません。

こうなれば意地でも犯人を捕まえなければなりませんね。

不思議なことに

私は犯人の逃走も当たり前だと考えるのですが?


どっちが正しいのかわかりませんが、ホシは凶暴でもある・・・
そんな気がしますが?

ただ、凶暴だからとて世界の爪弾きになる理由に強烈に結びつかない・・・
そんな印象ですのんよ。

自転車。
なぜみんな自転車だったんだろうね?
追う方も逃げる方も。
滑稽ですわ。


二度も立て続けに見た夢のあまりのリアルさにびっくらこいてますのんよ。

なんつー夢だ・・・スカパーもここんところみてないんだぞ?==;



  • ジャンル:

イリオモテヤマネコは南に生息している

  • 2012/01/15(日) 23:35:52

夢日記にも書かなかったけど、気になることをひとつふたつ。


「南の方!」

「ヤマネコ」



かすかに聞いた声が南方を指していました。
どこなのかわかりません。
徳島の南? 日本の南? 南半球?

ヤマネコは私が可愛がっている様子でした。ゴロゴロ言って喜んでました。
撫でてやると頭をこすりつけてきました。剛毛でしたが可愛いヤツでした。


Iriomote_cat.jpg
(wikiより)
そうそう、こんな可愛い山猫でした。
もっと縞模様がハッキリしていたかな?

西表山猫かな?


追記

ベンガルヤマネコ・・・
こっちのほうがよく似てる気がするね。対馬?朝鮮半島?

Leopard_Cat.jpg(wikiより)


  • ジャンル:

大宜都比売様と素戔嗚尊様

  • 2012/01/12(木) 11:10:58

最近よく眠ります。もう眠くて眠くて・・・何でかな?
よく眠ってる割には夢も大したことがありません。
何か私の環境が変わるのでは?という感覚を覚える夢ばかりです。
チラとどこかのビジョンは見ましたが、すぐに忘れてしまいました(笑)

それはそうと1月10日、主人と連れ立って上一宮大粟神社へ参拝して参りました。私は初詣は5日に済ませていたのですが、主人が「ワシはまだ初詣行ってない!(\w/;」と言いますので「んじゃ神山行く?」と聞いてみましたところ「行く!(\w/」と返事しましたんで、車に乗って神山上一宮大粟神社目指してトコトコ行って参りました。


私がご縁を感じ急ぎ参拝させて頂いた大宜都比売様のお社です。
大麻比古神社で見たビジョンの一つ、柿の木はここ上一宮大粟神社にありました。たった一つ実を残して正月過ぎても落ちずに待っていてくれた柿の実。
縄文柿と言います。そしてここから神社(神々様)巡礼が始まったのでした。


神山への道は細く、振り向いたら崖といった塩梅でとても走りにくい道だったのですが、途中新しい道やトンネルが出来ていて、とても走りやすくなっていて驚きました。そしてあの橋を渡って左折したら大鳥居というところまで来ましたら・・・何と!神社前の道路が工事中で入れなくなっていました。


(何て事だろう・・・拒否されたんかな?)(まさかな・・・)


頭をかすめる嫌な予感。


「国道に出て迂回して下さい」と警備員の方に言われ、一旦国道に降りました。


道の駅温泉の里神山・・・あれ?新しく出来た観光者用の道の駅?


主人が「ここに車を止めて歩いて行こう。鳥居はすぐそこに見えるんやし」と言うので賛成しました。ついでにトイレも拝借して・・・っと。


本当は車で境内まで入れるはずなんですよ。
しかしいきなり通せんぼをくらい、参道の坂道・急な階段を登るはめとなりました。私、嫌いなんですよ階段。


「体力無いやっちゃな~(笑)」
「ぜえぜえ・・・しばらく来なかったから罰が当たったんよ。 もう一辺最初から始めて階段登れってことかなぁ?」


主人は階段の途中でニコニコ笑いながら待っていてくれるのですが、どうにもこうにも息が上がって苦しいのです。階段が。ぜえぜえ・・・


体力の無さを笑われながらやっと境内に到着。
主人には初めての上一宮大粟神社です。拝殿で手を合わせてご挨拶を済ませると、しばらく境内をウロウロして神仏習合時代の名残の神宮寺を眺め、坂道を下って温泉の里駐車場まで帰りました。小さな神社ですので時間はあっけなく過ぎます。参拝もあっという間に終わります。


しかし木々の香りが立ち込める神域に主人は気分が良くなったようです。


「(ここは)平安時代くらい?(の創建)」
「ううん、もっと古いはず」
「んじゃ、ビッグバンくらい?」
「阿呆かいな!」



冗談を言いながら初詣は終了です。
鼻から豆が出た夢ので大宜都比売様に行き当たり、すぐさまここの神社にご挨拶に訪れたことや記紀大宜都比売様のことを話しながら帰途に。



あははは!



その夜、晩ご飯を作りながら心の中で笑ってしまいました。


大宜都比売様は素戔嗚尊様に斬り殺された。その屍体から蚕・小豆・稲・粟・大豆・麦が生まれた。・・・五穀豊穣の神様だ。


ハイヌウェレ型神話。

私はここのところ素戔嗚尊様がとても気に掛かると書きました。
そして祇園へ再び行こうとしています。


変なもので、いつもなら何かのしかかるような圧迫感があった神社なのに(神気酔いでフラフラになったこともある)今回は何故か遠巻きに見られているような気がしましたが、原因はこれだったのかと気付き笑ってしまいましたよ。
主人が一緒だったからかな?と最初は思ったのですが、それではなかったね。嫌われてしまったのかと心配しましたが・・・



素戔嗚尊様と大宜都比売様


関係は豊受様月読様の関係に変換することが出来る・・・
大宜都比売様稲荷神様と同化しているが、本来は水をもたらす神様だ・・・
その証拠にこの神山の山々にも水は溢れている・・・

稲荷社はどこにでも存在しておられるが、五穀豊穣を担う水の神様だ・・・



葦原の 瑞穂の国は 神ながら 言挙げせぬ国


神々様はみだりにお話しにはならない
その影のようなお姿でこの国を支えておられる
それは古来からの日本のあるべき姿だ
葦原の瑞穂の国五穀豊穣の日本の姿だ

日本人ならそれを身体に刻み込まれている



こんなことをつらつらと考えながら素戔嗚尊様を追ってみたいなと思うのです。



  • ジャンル:

やっと初詣

  • 2012/01/07(土) 00:15:44


皆様、明けましておめでとうございます(ぺこり!)
皆様にはこの妄想劇を見ているような曖昧なブログに来て下さり、心から感謝申し上げますとともに、自分的にはただの夢見ではありますが、その中には何かキラリと光るものが見え、ピン!とくるものがあり、そのために書き続けてきた私的な日記のようなものですが、しかし、沢山の方々に読んで頂いているということに我ながら驚くとともに、ますます頑張らねば・・・とか思うのですが、如何せん夢は夢でありビジョンはビジョンであり、どちらかと申しますならば「放っておけば勝手に向こうから何やかやと連絡が来るでっしゃろ」と、縁側でお茶を飲みながら一服しつつ扇子を広げてパタパタと襟元を仰ぎ、「あ~、なかなかやって来ませんな~」とか呟きつつも暫くすれば「あ~また見ちゃったよ」と涼しい顔でつらつらと書き殴るのが常でありまして(なんや長い文章やな!)

ということで、こんないい加減なペースですが本年もどうぞ宜しくお願い致します(ぺこりぺこり!)


カレンダー上では新年明けたと申しましても私的にはやはりココは初詣を済ませてからが新年ということで、1月5日大安吉日に天石門別八倉比賣神社大麻比古神社へとご挨拶に伺いました。
前日には初雪で積雪があり「う~む!浄化やな!^^」と喜んでいたのですが、天石門別八倉比賣神社には5日になってもまだ雪が残る寒い参拝となりました。

ぶえっくしょい!!(≧□≦)・。、
ずびっ・・・(´ω、`)


大麻比古神社は私の霊的なビジョンが初めて見えた場所であり、深いご縁を感じる大切な場所でもありますが・・・

「野ザル出没注意 この猿 凶暴につきご注意を!」てな文言を書いた看板が立てかけてありましたん。

んん?いつの間に野生の猿のたむろする場所になっちゃったん??

祓川橋の西側の林を見ると、いるわいるわ猿・猿・猿。・・・

山々を人に奪われエサも行き場も失った猿達の昨今。
ならば人間様に食わせて頂くわい!とか猿が言ったとか何とか。w



と言うわけで、ココらしく私の元旦の初夢ですが「一富士二鷹三なすび」でも「七福神」でも「宝船」でもなかったですよ。

ただ普通に暮らしている夢でした。

ただ違うのは、そうですね~・・・あの世と合体した現実と言えばいいのかな。
ふんわかふんわか柔らかい気分であの世の人々と現実世界の人々とごく普通に暮らしている夢でした。・・・・これが幸せなのかも知れませんね。



それともう一つ。

ウイルス。瞼の中でウイルスがびっしり見えるんですけど?(苦笑)


そんなこんなで新年の祝いとさせて頂きます(どこが祝いだ!?)


追記

「塚原ト伝」「新撰組血風録」 なかなかハマり中(笑)
塚原ト伝は鹿島神宮ですね。