富士に十字 紫摩黄金

  • 2011/12/30(金) 11:11:30


皆様お久しぶりでございます。
この記事が2011年の最後の記事になると思います。

色々と夢を見ているのですが、私事であったり雑夢だったりで書くこともないと過ごしておりました。年末は店も総動員で乗り切るため、新年に向かって準備万端よろしく頑張っておりますところ。日々忙しくしております。



2011/12/30

富士に十字。

紫色に輝く雲、渦巻く雲。紫摩黄金。


この子、幼子だけはなんとか助けなければならないと富士の頂上に立つ。

幼子を抱き上げ、富士の上空を見つめる。

富士上空には真っ白の十字。



真っ白のカプセルのような柱が人々を包み込む。

吸い上げられて消え去る人

吸い上げられずに残る人

○―
  |
○――――――

残された人にこんな図式を書いて説明するいつもの男性。

「あの出来事はここ、分岐点で起こったのだ」

別次元に入っていく。






皆様、良いお年をお迎え下さい。




  • ジャンル:

三面大黒から牛頭天皇へと南天は告げる

  • 2011/12/20(火) 12:09:00


1月19日、京都行きバスの予約が取れました(寒いよ~!TT)
今回は三面大黒様圓徳院(高台寺横)に参りたいと思います。
何が何でも行かなければならないと判断した経緯はこうです。

「三面大黒天様ですかね? 2011/10/11(火) 14:15:09 」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1063.html
で見たねずみ三匹をヒントに三面大黒天様に行き当たったワケですが、その後どうしたことか橈骨神経麻痺で片手がまったく動かなくなり、闘病生活を続けていたため、しばらくは京都行きを断念していました。

その後、火山帯大分県大友宗麟などの夢を見たり、ギリシャ聖教の夢などもあったのですが

「神様の御帳面? 2011/12/02(金) 17:45:45」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1079.html
破棄される人物や企業の名前をズラズラ書き並べたノートを見てしまい

「島根? 2011/12/07(水) 08:02:30 」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1082.html
の夢解析が終わった辺りから素盞嗚尊様がとても気になりだし

「南天 2011/12/12(月) 09:36:43」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1083.html
では見事に真っ赤な実をつけた南天厄除けだと感じ、鞍馬の南天が気になり調べたら鞍馬は毘沙門天様であったことを知り、七福神の最後・毘沙門天様の印がとうとう来たかと歓び

「素戔嗚尊は三四五(みよいず)をぶっ壊す? 2011/12/18(日) 11:02:47」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1085.html
「スサノオ」という声を聞き三四五から五六七へと移行する と感じ・・・


これでやっと三面大黒天様からスサノオ様への流れが自分的には読めました。


三面大黒天様は大黒天・毘沙門天・弁財天様の合体系ですね。
今まで大黒天様・弁財天様のお印は何度も頂きましたが、毘沙門天様のお印はこの度が初めてだと思います。

毘沙門天様は欲界の六欲天の中の初天、四天王のお一人であり、須弥山のてっぺんに住む帝釈天様の守護をすると言われる多聞天様であらせられます。
主に北方を担当されるお方であらせられます。

tamonten_20111220120607.jpg wikiより


鞍馬寺の毘沙門天様
圓徳院への道から一本はずれた通りは「毘沙門通り」
鞍馬の火祭で厄除けである南天はかかせないもの
圓徳院は東山近辺 祇園八坂神社のすぐ近く
八坂神社の御祭神はスサノオ様
スサノオ様は牛頭天皇
八坂神社は祇園の牛頭天皇を祀る神社であった
祇園祇園精舎から由来
祇園精舎は釈迦の生誕地に因むものであり牛頭天皇が守護神
高台寺・圓徳院は祇園界隈にある
日本で最初に毘沙門天が現れたとされる信貴山朝護孫子寺や鞍馬寺の縁起には、「毘沙門天に援(助)けられたのが、寅年、寅日、寅刻だった」とある




多聞天=毘沙門天=鞍馬=寅

スサノオ=祇園=牛頭天皇=牛(丑)


丑:寅=艮


ウシトラノコンジン。


三四五(みよいず)から五六七(みろく)へ移行させるのはウシトラノコンジン。艮の金神


こういった経緯でまずは圓徳院へ足を運び参拝させて頂くことになりました。



疫病を祓う神であり、反面疫病をもたらす神でもあります。
「疫病」とは病気のことだけを指すのではありません。
人間にして「疫病神」と呼ばれる者をも指すのです。

だから神様の御帳面だったのです。




  • ジャンル:

素戔嗚尊は三四五(みよいず)をぶっ壊す?

  • 2011/12/18(日) 11:02:47


**********************************************************************

2011/12/18

~夢?~

※どこかわからない大地と人間達の営み

遠くに何があるのか 

建物は遠くにあるものを囲むように建っている

遠くは夕陽? 朝日?

若い子はその中で演劇したりスポーツに熱中したり 格闘技に興じる人もいる


私は 演劇?

小さな草原や不思議な木々を配した3Dのようなセット


「やあやあ!出でませ出でませ!!」 (私は戦闘員?)


突然大音響が響く


カーン カーン カーン! (3回)
カーン カーン カーン カーン! (4回)
カーン カーン カーン カーン カーン! (5回)


「スサノオ・・・」 (声)


え? 今何と?


突然大地は震えだし 大きく揺すぶられた


ドーン!! ゴゴゴゴ・・・!!!! 



     (意識消滅)

**********************************************************************


三 四 五 (みよいず)

三四五(みよいず)から五 六 七(みろく)の世へ?

素戔嗚尊様 が気になって仕方がなかった。


蘇民将来 民は将来蘇る・・・?

新暦 2011/12/18 辛卯/辛丑/丁未 仏滅
旧暦 2011/11/24 辛卯/庚子/丁未 仏滅

下弦の月。



  • ジャンル:

危険信号

  • 2011/12/13(火) 09:10:00

**********************************************************************

日本列島

本州・九州・四国・沖縄  真っ赤なラインで囲まれ点滅している

津波? 津波警報?

あ・・・ 点滅が消えたと思ったら

今度は北海道が点滅を始めた

・・・・・


**********************************************************************


今朝、目覚めの直前に見ていたビジョン。

津波? いや、何だろう?

目前に迫ってる?

緊急サインの点滅。





追記(2011/12/18 pm9:20)

フィリピン。

台風21号によって大きな被害が出ているようです。

まさかこの事かと思いましたが、ごめん・・・わからなかった。
まさかこの時期に台風だとは・・・3ヶ月もズレて起こるとは・・・

「何でだか大阪 2011/09/17(土) 00:19:43」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1054.html

不穏な空気は感じていましたが・・・


500名ほどの方々が亡くなられ、100名ほどの方々が行方不明となっておられる模様。・・・

フィリピン、フィリピン・・・ ごめんなさい。許して下さい。


  • ジャンル:

南天

  • 2011/12/12(月) 09:36:43

**********************************************************************

2011/12/12

~夢?~

南天 白南天 ○○○○? 

広い果樹園のような敷地で 大きく育った南天の木

真っ赤に色付く南天の実

真っ赤 真っ赤 真っ赤・・・

誰かが言った

「○○○○は食べられるよ」

「じゃあ摘んで天ぷらにでもしようかな?」

葉っぱに隠れるように小さく下向きに咲く白い花

小さな小さな紫陽花みたい・・・


 小型犬 元気よく走ってる 
     

     (意識消滅)

**********************************************************************

あれ? 南天?
何だっけ? 何かあったような・・・


火??






追記(2011/12/15 am9:20)

「南天 2011/12/12(月) 09:36:43」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1083.html
で書いた南天

他にも色々考える事はあるけれど、まず調べていたのは美濃部、山梨県南巨摩郡身延町下山の杉山地区
ココは南天の里と言われています。


平成23年12月14日14日13時01分頃 岐阜県美濃東部 M5.2 震度4 (気象庁発表)


仕事中だったため、ニュースは見えなかったけれど、、、、、身延町震度3~4でしたっけ?

ごめんね。これのことだったの?
幸いに死者も負傷者も出なかったから良かった。

後考えたのは「天帝」「毘沙門天」「スサノオ」

そして「ククノチ」・・・

火 雪兎 裏鬼門 トヨクモノノ大神様 厄払い 魔除け

しかしとても大事な日本の隠れた神。

そろそろ目覚めて下さっても良い頃です。

東北・鬼門に対する南西・裏鬼門。


岐阜、山梨県辺りは日本のヘソの辺り。
過去何度も揺れてはいますが(日本で揺れない所はない)広島といい岐阜・山梨といい何か感じます。ど真ん中が揺れましたよ。


「南天のど飴」は喉頭・気管に効果があります。
山梨県身延町でしたっけ?名産地>南天
今、喉頭炎・気管支炎などを患っておられる方、南天を処方して頂くといいかも知れませんね。放射能で気管をヤラれたら昔ながらの薬草で。



鞍馬寺。毘沙門天様。鞍馬の火祭の南天。
七福神の毘沙門天様がやっとお目通り願いましたか?
嬉しいですね。


鳥達が好んで食べる南天の実。
赤、鳥、南。


朱雀。


天帝・北極星に対するは南天・南極星。

ぐでんとな。


いや~、すみません。ほんの呟きですた。w



  • ジャンル:

島根?

  • 2011/12/07(水) 08:02:30

宍道湖の右側・・・・

島根県松江市・・・・ですかね?

これは昨夜見えたビジョン(地図)・・・・スサノオ様?




追記(2011/12/9 am9:40)

どうもアッサリとハッキリと見えた島根県の松江市付近
辺りの神社を探ってみましたところ、美保神社・神魂神社・熊野大社・佐太神社・八重垣神社などそうそうたる神々様が松江市付近に鎮座されておられますようで・・・

素盞嗚尊様が気になりつつ・・・
伊弉冊大神様を主祭神とされる神魂神社佐太御子大神様を主祭神とされる佐太神社素盞嗚尊様を主祭神とされる八重垣神社事代主神様を主祭神とされる美保神社、さすがに出雲ですね。神無月には神在神事がそれぞれに執り行われるそうで。

隠岐諸島後醍醐天皇繋がりでこのビジョンを見たのかと思いましたし、大友宗麟毛利元就繋がりで見たのかも知れないと思いましたが・・・

何だかピンと来ない。私が見ていた場所とそれぞれの神社の所在地、ゆかりの地とは大分ズレが生じていると感じました。


改めて地図を見てみますと、



http://www.mapion.co.jp/m/route/35.49509254137678_133.09319073743433_6/?env=0000&dist=d4y003zpw508

国道431号線松江市内から本庄までの区間を北に上がったところ。

この辺りに何がある?


地上には無いけれど地下にありました。


宍道断層。


哀しいかな、島根原発のすぐ近く。

「原発の間近に活断層 立地県も見直す動き」
http://nitiban.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/06/post_1742.html
katudanso.jpgsimane_genpatu.jpg


~抜粋~

”島根原発(1号機)の運転開始は1974年。当初、中国電力は近くに活断層はないとしていました。しかし3号機計画中の98年に中電は突如、長さ8㌔の活断層(宍道断層)を発見したと公表。その長さは04年には10㌔、08年には22㌔と訂正を重ねました。

福島原発事故で避難指示が出た警戒区域は、原発から半経20㌔。島根原発の20㌔圏には松江市のほぼ全域が含まれ、20万人が住んでいます。島根県原子力安全対策室の細田晃室長は「今後、国の防災指針が改定されれば、今は想定していない災害時の県庁の機能移転も検討課題になる」と話します。

日本共産党の尾村利成県議は「活断層見落としについて中電と国は県民に謝罪すべきです。宍道断層と鳥取沖断層がつながっている可能性もある。陸と海で徹底した調査をすべきです」と強調します。

尾村氏の「地震想定が科学的・現実的でない」という再三の指摘を受け、県は現在、地震被害想定調査を実施中です。

また尾村氏は県議会で繰り返し島根原発での危険なプルサーマル計画の中止を要求。福島の事故後、溝口善兵衛島根県知事は国に原発の安全基準の見直しを求めるとともに、一度容認したプルサーマル計画についても再検討を示唆しました。

5月22日、松江市で「原発問題を考える集い」(共産党島根県委員会主催)が開かれました。 「今年1月時点の政府の地震調査委員会のまとめでは、30年以内に震度6強以上の地震が起きる確率は、浜岡原発が84%。一方、福島第1原発は0.0%だったのです」。吉井英勝衆院議員の話に会場は一瞬どよめきました。”


~抜粋終了~

ちらっと「しんぶん赤旗日曜版」http://nitiban.blog.ocn.ne.jp/blog/より拝借させて頂きました)



出雲の神々様が怒ってらっしゃいますよ。
諏訪の大神様も大変危惧されていた折りに東北関東大震災が起こりました。


早くなんとかせねば・・・ならないんとちゃいます?(汗)

ですよね、素盞嗚尊様?

それと、出雲大社の元神様は素盞嗚尊様だった?

毛利氏と鰐淵寺の関係を探っていたら
”16世紀後半から17世紀初頭に掛けて、出雲大社では御頭神事が衰え、また祭神が須佐之男命から大国主命に変更されたことから、神仏習合を通じて深い関係を持つ鰐淵寺は出雲大社との関係を見直すこととなりその勢力は衰えを見せた。
鰐淵寺の勢力は戦国期以降退潮となり、現在では、根本堂、蔵王堂が往時の賑わいを偲ばせるのみである。弁慶との繋がりから催されるイベントと境内の紅葉が美しく色付くことから、毎秋一時賑わいを取り戻すが、それ以外の多くの時間境内は静寂に支配されている。”
と書いてありました。へえ~!!@@


鰐淵寺 (島根県出雲市別所町)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B0%90%E6%B7%B5%E5%AF%BA




追記の追記(2011/12/10 am11:00)

ふと気付いたこと。国道431号線は出雲の出雲大社前から鳥取県米子市まで延々と続く道。


米子市
”山陰両県の中央に位置する立地から、両県を統括する企業や機関が米子市や同じくほぼ中央に当たる松江市に置かれるケースが多い。そのため、県庁所在地ではないが鳥取大学医学部や山陰放送(テレビ・ラジオ併設局)などがある拠点都市となっている。

本市を中心に山陰最大の人口を擁する米子都市圏が形成されている。また、隣接する松江都市圏・出雲都市圏とともに、雲伯地方に中海・宍道湖経済圏が形成されていると見なされる。”




宍道断層を含む山々は、白山火山帯ここも指している気がする・・・

白山火山帯
白山火山帯(はくさんかざんたい)もしくは大山火山帯(だいせんかざんたい)は、岐阜県と石川県の県境である白山から中国山地を通って九州北部まで延びる火山群である。中部地方部分を狭義の白山火山帯、中国地方以西を狭義の大山火山帯として区分する場合もある。主な火山は東から、白山、大山、三瓶山、由布岳、九重連山、雲仙岳などである。”


う~~ん・・・前から九重連山が気になってた・・・何故だろう?



  • ジャンル:

神話ではなくそこにあるもの その2

  • 2011/12/05(月) 11:21:19


(続き)

色々な島々の山や有名どころを写真で確認してはこれは違う、あれも違うとさんざん探してやっと見つけました。

ギリシャのメテオラ。

メテオラ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%86%E3%82%AA%E3%83%A9

そう、こんな断崖絶壁の山でした。もし日本の「あのお山」でなければここだという気がします。世界遺産だったんですね。驚いた。
MeteoraMetaVarRosNiko.jpg wikiより


youtubeより「ギリシャ旅行 メテオラ修道院 観光」


このビデオの中に、私が見た山によく似た山(?)がありました。

メテオラの断崖絶壁の上にはいくつもの修道院が建てられています。

・大メテオロン修道院/「救世主の変容」を意味するメタモルフォシスの名前でも呼ばれ、1387年に建立された同名の主聖堂がある。
・ヴァルラアム修道院
・ルサヌ修道院
・聖ニコラオス・アナパフサス修道院
・聖ステファノス修道院
・アギア・トリアダ修道院



メテオラの険しい地形は、俗世との関わりを断ち祈りと瞑想に生きるキリスト教の修道士にとっては理想の環境と見なされ、9世紀には既にこの奇岩群に穿たれた洞穴や岩の裂け目に修道士が住み着いていた。この時代の修道士は現在のような修道院共同体を形成する事はなく、単独で修行する隠修士が主流であった。
メテオラに修道院共同体が成立したのは、14世紀、セルビア王国がセサリア地方に勢力を拡大してくる時代であるといわれる。それまで東ローマ帝国で修道院活動の中心を担っていたアトス山は1346年にはセルビア領の中に組み込まれた。セルビア王ステファン・ウロシュ4世ドゥシャンはアソスの修道院に多大な保護を与えその活動を奨励したが、当時の戦乱を避けて多くの修道士がアソスを出て南下し、メテオラに住み着いた。その一人が修道士アサナシオスで、彼はメテオラに主の変容(メタモルフォシス)修道院を創立した。アサナシオスはアトスに於ける修道院共同体の様式、いわゆるキノヴィオン(共住)を導入して修道院共同体の確立に努めた。これらに前後して聖ニコラオス、聖ステファノスなどの修道院も創立されている。”



夢の中では修道院の姿は見せてもらえなかったのですが、それも当然ですね。
(私の指導者?はお話したり「これ!」とすぐに判る画像は見せませんから。
このように「己で探せ。わかるはずだ。そして自らが近づけ」ということなのです。)


ギリシャと言えばキリスト教コンスタンディヌーポリ総主教庁(コンスタンティノープル総主教庁)から独立したギリシャ正教

ギリシャ正教 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%A3%E6%AD%A3%E6%95%99%E4%BC%9A

”19世紀初頭にギリシャ人の民族意識が高まると、1821年にオスマン帝国の意を受けたコンスタンディヌーポリ総主教の慰撫を振り切る形で現在のギリシャの地で民族蜂起が起こり、ギリシャは王国として1830年にオスマン帝国から独立を果たした。これにともない、新生ギリシャ王国内の正教会は、アテネ大主教を首座として、旧宗主国オスマン帝国の影響下にあるコンスタンディヌーポリ総主教からの教会独立を宣言、1850年に至って総主教の側から承認を受け、相互に独立を承認した教会の関係になった。ただし、ギリシャ正教会の首座主教は「総主教」ではなく「アテネ大主教」のままである。”


教義は同じであっても国家間の優劣によるジレンマで民族蜂起が起こり独立。
独立教会としての地位確立。・・・・


ここでハタと思い出したのが、突然現れた壁に車が激突し、目の前が真っ暗になってしまったこと。つまり拒否されたということ

おかしい・・・キリスト系の僕からのコンタクトも受け取っていたはずなのに何故拒否された?

メテオラの修道士の歴史・流れを読んで判りました。


”メテオラの険しい地形は、俗世との関わりを断ち祈りと瞑想に生きるキリスト教の修道士にとっては理想の環境と見なされ、9世紀には既にこの奇岩群に穿たれた洞穴や岩の裂け目に修道士が住み着いていた。この時代の修道士は現在のような修道院共同体を形成する事はなく、単独で修行する隠修士が主流であった。

(中略)

近代国家の中でも修道院活動は続いたが、近年は新たな問題が持ち上がってきた。メテオラの風光明媚な景色と修道院文化への関心からこの地域も観光地化が進み、世俗を避ける修道士にとっては活動に適さなくなりつつある。その為、メテオラを捨てより閉鎖的なアトス山に移住する修道士が増加している。争乱の時代にアソスを捨てた修道士によって建設されたメテオラ修道院共同体であるが、今度は近代化の波の中で逆の現象が生じたのである。なお、20世紀に入り、二つの修道院が女子修道院に改組されて現在に至っている。”


そら静かに瞑想したいのに観光客がギャーギャーと五月蠅かったら逃げ出したくもなりますわな。・・・


アトス山。・・・

アトス山 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%88%E3%82%B9%E5%B1%B1
Athos_13.jpg wikiより



「聖山の修道院による自治国家」として知られ、ギリシア共和国領内において正教会の修道院によって大幅な自治が行われており、いわば「宗教共和国」ともいえる存在となっている。”

アトス山はギリシャ人が「聖なる山」と呼ぶ聖域である。ハルキディキ半島の最も東の「足」にあたるこの半島は、標高2033mに達するアトス山と、そこから連なる峻険な稜線によって形成され、海岸はほとんどが崖か岩場から成り立っている。
かなり早くからキリスト教の修道僧が住み着いていたらしいが、文献にアトス山の記述が現れるのは9世紀以降のことである。伝承によれば、生神女マリアが旅の途中で嵐に遭ってアトスの海岸に避難したとき、その美しさに心惹かれ、自らの土地としたとされている。現在では20もの修道院を擁する東方正教の一大中心地であり、バチカンと同じく宗教中心地として自治を行っているが、アトス山はより厳格な瞑想と祈りの場であるため、バチカンのような経済的活動は行っていない。”


”1204年、第4回十字軍によってラテン帝国が成立したことにより、テッサロニキ王国に組み込まれたアトス半島は、ほとんどの修道院が荘園を没収されてしまった。東ローマ帝国が再興されるとこれらの荘園は返還されたが、ミカエル8世パレオロゴスが画策した1274年の東西教会の統一に反対したため迫害を受け、さらに1305年には、オスマン軍に対抗するためにアンドロニコス2世パレオロゴスが雇ったカタルーニャ、アラゴンの混成傭兵がトラキアからマケドニアを略奪し、修道院もこの標的となって荒廃した。また、14世紀中期には、オスマン軍の略奪行為もしばしば行われることがあったため、一部の修道士はアトスを離れ、他の地域に修道院を設立している。1356年に設立されたメテオラもそのひとつである。”

”(アトス山は)1406年以降、女人禁制となっているので、女性は入国できない。アトス山の居住は、18歳を過ぎた男性の正教徒のみが許可される。”

ここも世界遺産だったのか・・・

女人禁制の聖なる山だった・・・そりゃ拒否されるはずだ・・・



以上で

「書けない神域 2011/11/27(日) 08:53:23」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1078.html

の夢解釈は終わりました。
もしあの日本のお山だったらどうしよう?(滝汗)



  • ジャンル:

神話ではなくそこにあるもの

  • 2011/12/04(日) 09:10:42

**********************************************************************

2011/12/4

~声とビジョン?~

(声) 「シッチン!」

(弱い声) 「ゼカリア・シッチン・・・」

(ビジョン?) う~ん ここどこ? 砂漠のような・・・

     (風の音で急激に目覚める)

**********************************************************************

・・・ゼカリア・シッチン・・・て誰だっけ?(・.)?

今調べ中ですが、 え? ニビル!?( ̄▽ ̄;


もう少し調べてみなければわからないな~・・・だからそれがどないしたん?



「書けない神域 2011/11/27(日) 08:53:23」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1078.html

で書いた夢の山。

ギリシャの山かも知れません。オリュンポス山ではない山。

夢の符号と一致しましたけど、ギリシャ神話とかではない模様。

(続く)



  • ジャンル:

神様の御帳面?

  • 2011/12/02(金) 17:45:45

最近の夢は何とも複雑な・・・働く、働く、働く・・・働いてばかりだし。
おまけに遠縁の今は亡き親類がしょっちゅう引っ張りに来るので拒否するのも大変な思いをしています。こっち来るな!と言いたいのを堪えています。


数日前、主人が言いました。

「お前、ゆんべ何しとったん?大きい音でドスンドスンやっとたぞ。お陰でワシ、眠れん、眠れん・・・また変な夢見とんかと思た(´Д`;)」

「・・・??・・・へ?(゜д゜)・・・まあ夢は見るっちゃ見とったんやけど暴れた記憶は無いよ。悪霊でも来とって戦っとったんかいな~?( ̄ー+ ̄)ニヤリ」 



かなり何かやっていたようで・・・全然覚えてないんですが。
本人は訳がわからない夢を見ていただけで暴れた記憶なんぞとんと覚えが無いわけで。しかし主人は目が覚めるほど大きな音を真夜中に私の側で何度か聞いたと言うし。変ですね。


ところで神様の御帳面のことですが。
個人名とか企業名がたくさん書かれておりましたよ。


いつもの上司からあれこれ(帳簿とか本とかの背表紙などが)傷んできたので修理するよう命ぜられ、修理していたところにバサッと無造作に置かれていた帳面を発見。
手にとって見ると表紙に「破棄すべき一覧」の文字。
パラパラとページを繰ってみると・・・名前?名前がたくさん書かれている。
すぐに上司に質問。


私「あの~、これって私が見ても良いものなんでしょうか?」
上「あ、まあそれは私が直すとしよう」



上司が帳面を持ってスタスタと向こうへ歩いて行きました。



・・・・う~~~む。自分の名前が入っていたら困りますね。
しかし私は穏やかです。恐れも危惧も何もありません。
まいっか。もし名前が入っていたら消して頂けるよう綺麗になる努力をするだけです。



お山。 お山が気になります。ちょっとエーゲの辺りでも見てみようかな?
視野を広げてみると何かヒントがあるのかも知れませんね。
あのお山だと思うのですが、何せハッキリ見えた割にはヒントが少なすぎます。

もしかして温暖な気候のお山かも知れません。
雪山なら雪が溶けた夏の風景

日本ならあのお山。
アララト、オリーブ、ゴルゴダ、シナイ・・・これら全部様子が違う。
エーゲ・・・?




追記(2011/12/4 am8:50)

忠武飛龍さんのコメントに返信した内容をここにコピーしておきます。

”瀬織津比売(セオリツヒメ)速開都比売(ハヤアキツヒメ)
気吹戸主(イブキドヌシ)速佐須良比売(ハヤサスラヒメ)

大祓祝詞の神々様ですね。穢れを振り払い洗い流す神々様ですね。
この神々様が動かれますと、あらゆる自然が呼応して反応します。

素盞嗚神様はご存知の通り気性の激しい神様です。
もうすでに動かれておられるのではありませんか?
ナギナミ様のご子息であらせられますならば、この世をお造りになった親神様の失敗作を両親の名代で祓い打つくらいは出来るのではないのかな?
素盞嗚神様の背後におられますのはナミ様・・・かな?
ナミ様の背後には締め括りのククリヒメ様・・・かな?
あの世を取り仕切る女神様であられる。
あの世とは上から下までありますからね。

祓戸大神様が動かれるなら、地球も呼応して動かれますね。

つまりは人間にとって激しい苦難の道ということ。
素盞嗚神様の太刀筋はあっさりスッパリですよ。
相当の覚悟が必要ですね。打ち首?斬首?いえいえ、そんなものではありません。全身バラバラで霧散しますわな。

破棄というのは抹消ということであり、あの世の最下層にも行けないということです。つまりそういうことなんだと思います。
それを暗に匂わせて下さったと。そんな人間や企業がゴマンとあると。”




  • ジャンル: