「口蹄疫!」の声

  • 2010/04/30(金) 19:47:14


口蹄疫に注意して下さい。

「爪」 家畜動物の爪、ペットの爪、爪がやられます。

2010/4/30  夢の声より。



(時間がないので、ごあんの用意します)


  • ジャンル:

嘆きのイエス

  • 2010/04/29(木) 14:22:33

やはり・・・と言いますか、、、、必ずこういう結果になるんですよね。

最近、日本の氏族やその関係、歴史ばかりに気を取られていたところ、昨夜はエルサレム関連の夢を見ていました。


**********************************************************************

2010/4/29 夢

エジプト? いや、イスラエルだ エルサレム!

大きな遺跡群を旅行で回っている 白っぽい石、土でできた遺跡が沢山ある

世界中の人々がその遺跡を回って見学しているようだ

金髪の白人もアラブ系と見られる人々もいる 日本人もいる

デジカメで遺跡を撮そうと思ったら、デジカメを忘れていることに気付いた

仕方がないので旧式のアナログカメラで撮してまわる


嘆きのイエス・・・」・・・(声)


え、何?

「嘆きのイエスにキスを・・・」・・・(声)


ふと横を見ると、白人女性達が、壁に掛かったタイル絵のようなものに、自分の唇に触れた手でそのタイル絵の人物絵にそっと触れていた

私も言われた通りに手でイエスにキスを送る


     (以下、省略 意識消滅)

**********************************************************************


日本の歴史、影に隠され続けた人々の歴史は、今となっては学者でも判断つきかねる問題であり、言わんやエルサレム・パレスチナ問題ともなると匙投げる状態だと思うのですが、ただ、「嘆きのイエス」という言葉のニュアンスは感じ取れると思うのです。なんと悲しい響きなんでしょうね・・・

もちろん探しましたとも。「嘆きの壁」は有名ですが、「嘆きのイエス」という文言はどうなのか?その状態は?

「イスラエル写真館」より抜粋させて頂きました。
http://www.ijournal.org/IsraelTimes/photo.htm



「主の泣かれた教会」
http://www.ijournal.org/IsraelTimes/holyplace/cry.htm

オリーブ山の斜面、旧市街が見渡せる場所に「主の泣かれた教会」があります。この教会はイエス キリストがオリーブ山の山頂に立ち、当時のユダヤ教指導者の無理解を嘆き、エルサレムの将来を案じて、エルサレムのために泣いたという新約聖書の記述に基づいて1955年に建てられました。

「ああ、エルサレム、エルサレム、預言者たちを殺し、お前に遣わされた人たちを石で打ち殺す者よ。ちょうど雌鳥が翼の下にその雛を集めるように、私はお前の子らを幾度集めようとしたであろう。それだのにお前たちは応じようとしなかった。見よ、お前たちの家は見捨てられてしまう。」
(マタイ23/37-38)


180px-Israel-Western_Wall.jpg wikiより拝借「嘆きの壁」


私のPCの深いところで眠っている「マタイの福音書」から書き写してみます。

マタイ福音書 23章 36~38

23:36> よく言っておく。これらのことの報いは、みな今の時代に及ぶであろう。
23:37> ああ、エルサレム、エルサレム、預言者たちを殺し、おまえにつかわされた人たちを石で打ち殺す者よ。ちょうど、めんどりが翼の下にそのひなを集めるように、わたしはおまえの子らを幾たび集めようとしたことであろう。それだのに、おまえたちは応じようとしなかった。
23:38> 見よ、おまえたちの家は見捨てられてしまう。
23:39> わたしは言っておく、『主の御名によってきたる者に、祝福あれ』とおまえたちが言う時までは、今後ふたたび、わたしに会うことはないであろう」。




つまり、そういうことなんでしょう!(どういうことや!)

23章の次、24章を読むとわかります。読む気分であれば、読んでみればいいですよ。この不思議世界の方々には常識かも知れませんけど。


日本の神々様を大切に想うのはいいが、こちらも忘れるなよと、どなたかが釘を刺しに来たと考えています。なにせご縁のあるイエス様、大天使様ですから。こちらの方々は本当に単刀直入ですね(笑)
今度は仏界あたりがプッシュして来そうです(笑)


因みに、4月は復活祭の季節でしたね。 復活祭、聖金曜日、謝肉祭、昇天祭、どれももう済んだのかな?
日本では4月29日は昭和天皇の誕生日、そして「昭和の日」なんです。

追記

そう言えば、ここ1ヶ月でしょうか?プロテスタント系の教会に消化器が投げ込まれる事件が多発しています。これも意味深で、何かの暗示だと思うのは私だけでしょうか? 夢の「嘆きのイエス」は、こんなことも指しているのかも知れませんね。



  • ジャンル:

アルマゲドンはイスラエル?

  • 2010/04/28(水) 10:06:49


「藤原氏、卜部氏の繋がりは? 2010/04/28(水) 09:12:36」で、たった今UPした記事の内容、昨夜のフラッシュ現象「56」についてですが・・・


ゲロゲロゲロ!!!


久し振りにヤスさんの「ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ」に行ったら、「この夏に何かあるのか?5」での記事。

ウェッブボット最新データによる警告でクリフ・ハイ氏が5月6日から戦争の季節が始まると予言したと書いてありました。


え?え?え?ええええぇぇぇぇ!?


何でシンクロっちゃってんの?(滝汗) 驚いたというか・・・ホンマですか??


  • ジャンル:

藤原氏、卜部氏の繋がりは?

  • 2010/04/28(水) 09:12:36

北は北海道、南は沖縄まで、皆様いつもご来訪頂き有難うございます・・・

一曲。「お久しぶ~り~ね♪貴方に会うなんて~♪♪あ~れから~何日~たったのかしら~♪♪♪」(~^^)~

ここ数日、身体の不調が続いていたのですが、ジワジワと「なんかヘンだな」と感じ、病院へ行きました。結果、風邪から来る急性胃腸炎ということで、しばらくお仕事と家事だけに限定して活動しておりました。まだ本調子ではないのですが、ジワジワと動きつつあります。まだしんどいですが・・・

ブログも絵もストップかけていたのですが、豪族の関係などは調べていました。
さっぱりワケわからん状態ですが(爆)

身体の調子が悪いときは、夢見のほうも遠慮がちなんですね。
労って下さっているのでしょうか?と言うか拒否してる?(笑)

そろそろ身体も復活してきたので、そろそろ夢見再開かな?と思っておりましたところ、昨夜、お知らせがありました。

**********************************************************************

2010/4/28 フラッシュ現象 肉眼で浮游物体確認

※「56」

※白いカッターシャツと白い短パン ゼッケンに「川内」


**********************************************************************


はて、56とは何ぞや?・・・・5月6日かな?

と、過去の歴史を見てみても、ピン!とくるものが無く、では56かな?と56を指す意味を調べてもピン!とくるものはありませんでした。
ふと「天皇」と言葉が頭の中を過ぎったので、天皇の一覧で56番目を調べましたところ・・・

出てきた、出てきた。またまた椅子から転げ落ちそうになりましたよ、驚きで。


56代天皇 清和天皇 嘉祥3年3月25日(850年5月10日) - 元慶4年12月4日(881年1月7日)

この時代に平安京、 「応天門の変」 が起こり、大内裏が大騒ぎになったのですね。藤原氏の政治的陰謀、他氏排斥事件だったのですね。これにより古代からの名族伴氏(大伴氏)は没落した と書いてあります。


藤原氏。やはり出てきた藤原氏。影に潜む卜部氏とともに。


何故って清和天皇の奥方様は藤原高子。皇太后。


「巨大なダウンバースト(空からの怒り)2009/08/26(水) 09:22:52」で書いた夢の中の新聞紙の大きな文字が 「ト 高 子」

同日、 「謎がひとつ解けた。2009/08/26(水) 22:56:54」の追記に卜部氏の本業であるト占に触れて書いていましたね。「ト 高 子」の「ト」は卜部氏のト占だったのでしょう。


卜部氏ですね。藤原氏(中臣氏)とつるんでいたのは間違いないのでしょう。


フトマニ。

天児屋命を祖とする中臣氏(藤原氏)と天太玉命を祖とする忌部氏との繋がりも見逃せないですね。地元の大麻比古神社天太玉命様でもあります。
この時代の神祇官達の熾烈な争いは、忌部氏を没落させ、中臣氏の圧勝で終わり、後に藤原氏となって天皇をも操る巨大な勢力になっていったのでしょうね。皇室に精力的に女御を送り込み、摂関政治を行ってきた。・・・・

本系である中臣は神祇官を代々務め、伊勢神官など神事・祭祀職を世襲してきた・・・


忌部から出雲へ、出雲から賀茂へ、賀茂から橋渡しで中臣・藤原氏へと移ってきたわけですが、何故いきなり伊勢神宮になったのか、やっとわかりました。藤原氏が関係するからでしょうね。

随分前から私はこんな暗号を受け取っていたのでしょう。
今になって繋がってくるなんてね・・・


前にも書いたように、伊勢神宮と上下鴨神社は「対」となっているような気がしますから、ここは是非とも伊勢神宮へ参らなければならないのかも知れませんね。所詮、私が行っても何も変わらないとは思いますが・・・


それはそうと、あのゼッケンの文字 「川内」
今のところ鹿児島の原子力発電所しか「ん?」と感じるものが無いです。


こんなことだらだら書いて、もし5月6日の意味だとしたら、どうしよう?



  • ジャンル:

地震による被害

  • 2010/04/23(金) 00:54:55


新聞に載っていた今日の記事。

南海・東南海・東海地震が連動すれば、21府県2万5千人が犠牲となるらしい。家屋全倒壊は55万棟

我が徳島県死者1300名家屋全壊は1万5千家棟だそうな。
予想ではダントツは静岡で、高知、和歌山と続き、徳島県は6番目の被害。
まず私の家は古いからペシャンコになる可能性が大だね。
ま、いいわ。死ぬだけだから心配ない。


・・・・・しかし、いつものことながらそれだけで済むと思うん?


念のため、過去に貼っていた画像を再度Upしとくわね。


日本震源地図
JAPAN_MAP_20100423004930.jpg

日本国の原発所在位置
gennsiryoku_20100423004930.jpg


東海アマの管理人さんも仰っている通り、そんな半端な死者数ではないと思うよ。パネェ数になるから、きっと。・・・・・・浜岡を止めなさい。


  • ジャンル:

卜部氏

  • 2010/04/22(木) 15:59:24


何だかまた平安時代の公家の人物が出てきましたよ。

**********************************************************************

2010/4/23 夢

※白い玉砂利(?)を敷き詰めた平安時代頃の屋敷で、蹴鞠の練習?をしている烏帽子姿の男性 後ろ姿なので顔は見えない


※自分の漫画原稿の入った封筒を許可なく勝手に開けられて怒る

    (意識消滅)


**********************************************************************


全く信じられないお話なのですが、蹴鞠は下鴨神社で、ヤタガラスで、「賀茂建角身命」様に繋がるんですね。白峯神宮や談山神社などでも祭が行われていますが、私には経験上、下鴨が繋がっています。日本サッカー協会のシンボルマークでもありますが・・・

う~ん・・・

あの男性は何を見せたかったのだろう? だから何?


ところで、賀茂氏秦氏忌部氏などを調べていたら卜部氏も出てきた。

実は、この「卜部」は面白いところに繋がるんですね。

「巨大なダウンバースト(空からの怒り)2009/08/26(水) 09:22:52」で、それらしい示しはすでに夢の中で見せられていたのに、すっかり忘れていました。
当時はこんなところに繋がるとは夢にも思っていませんでしたが・・・

過去何年も前にPC画面の文字列の一部がハングルのように見え、文字化けしたと思い込んでいたのですが、しばらく眺めていると、通常の日本語に段々と変化していって、やっと読めるようになったのですね・・・この不思議現象も卜部に繋がったんで、今、腰抜かしてるトコロです(笑)


目下調べ中なんで、繋がりがハッキリ判ればまた書きますわね。


んで、私は何したらええのん?という素朴な疑問は相変わらずそのままです。


まあ、なすがママきゅうりがパパで宜しかろう?



  • ジャンル:

アイスランドと青海省

  • 2010/04/20(火) 15:47:43

今朝、またもや六角形の画像が瞼の裏に・・・何でやねーん!?


出雲大神宮への旅行記はここに書きましたね。

「丹波旅行 その1 2010/02/12(金) 10:38:06」

「丹波旅行 その2 2010/02/12(金) 11:26:47」

「丹波旅行 その3 京都・亀岡 2010/02/12(金) 13:31:21」


夢日記を探してみれば、出雲の亀甲紋を暗示する夢、「カメ」の夢も見ていたのですよね。自分自身でも「出雲大神宮」と書いておりました。

「カメ 2009/10/27(火) 01:20:53」 (参照)


まさかまさかで「出雲大神宮」「出雲大社」と思い込み、てっきり島根へ向かうのだと思っていたところ、京都は亀岡へ行ってしまったというそら恐ろしいほどのこの現実。


やはり、何と言いますか、自分の知らない所でちゃんとレールは敷かれ、そのレールに乗って動かされていたという結果が見えてきましたが、、、、

自分的にはこれも良しとします。はい。
今朝も六角形が見えたのは気になるところですが・・・(眼科逝こっかな?)



で、最近の気になる夢見はやはり火山噴火地震かな。

アイスランド・エイヤフィヤトラヨークトル氷河の火山噴火が起こったのは2010年3月21日未明。アイスランド当局は、噴火の熱で氷河が溶け出し洪水の恐れがあるとして、近隣地域の住民に避難命令を出し、600人あまりが避難を余儀なくされたと記事には書いてありますね。

「桜島小噴火とミカエル様 2010/04/09(金) 10:05:07」で見たのは桜島噴火だったのですが、ここでもうひとつ気になる天災関係の夢、近々に見た夢を思い出したので、自分なりに考えてみます。

「伊豫の二名島(いよのふたなしま)? 2010/04/07(水) 11:22:46」で書いた火山噴火による津波、おそらく海底火山だろうと思ったのですが、よく考えてみるとアイスランドは海に囲まれた島国。
このアイスランドのエイヤフィヤットラヨークトル火山は氷河の中にあり、火山の地熱で氷河も溶け出していますね。
もし、この火山が噴火の際に巨大地震が噴火を伴って起こっていれば、当然津波も発生するワケで、近隣諸国(イギリスやフランスなど)は影響は免れない状態だったと推測します。あの泥水のような津波の映像は、噴煙が海水に混じり、泥状のように重い水に変化したものに近いものがあったと覚えているんですよね。

後出しジャンケンのようですが、ひょっとするとこの夢が現在の欧州の苦境を現していたのかも知れないと考えます。

iceland-volcano-lightning-1_19113_big.jpg



欧州は空の足、現在の空港閉鎖に似た飛行機の夢は2009年10月9日に見てました。飛ばない飛行機ではなく、世界中の飛行機がどこかに行ってしまう夢だったのですが・・・

「人類の創りし世界 2009/10/09(金) 11:09:57」 (参照)

まあ、JAL問題もあったことだし、一概には言えませんが・・・「始まったんだなあ・・・」と、夢の中の私自身は感じていたのは間違いないです。


それと、

中国西部、青海省玉樹チベット族自治州玉樹県で2010年4月14日午前7時49分に起こったM7.1の地震。
速報で「おや?」と思ったのは、 「青」「玉」 の二文字が入っていたこと。

石ころのフラッシュ画像は下鴨神社参拝以来見えていませんが、、、
何となく気になってしまいます。

まさかね・・・ でも、耳が一瞬ピクッ!と反応してしまったのですよ・・・

こんなこと考えている人がここにいると思うと、現地の被災者に申し訳ないと思います。ごめんなさいね・・・


追記

アイスランド、グリーンランドあたり、あるいは北極あたりの氷(氷河・氷棚)が下から溶けているという夢は何年も前から見ています。
地球は、・・・何かに感化され、変化しようとしているのは判ってます、何となく。
我々人間が正しい心を持ち、地球の変化を支えることが出来たなら、地球は人類に最も優しい星になるでしょうね。そんなことも考えます・・・


  • ジャンル:

対の関係

  • 2010/04/19(月) 11:25:36


先日、京都は下鴨神社へ参りましたおりに、後日2度ほど夢の中(?)にて下鴨神社に再び立つ夢を見ましたね。

ここのブログにも書きましたが、神社から私を追いかけてきたのは、私にとって初めての経験だったのは皆様ご存知だと思います。

そして出雲大社から下鴨神社へ一直線に旅行先が並んだことを発見し、驚いたと共に、出雲が何か言ってると感じていました。
故に、次回は素戔嗚尊様の八坂神社へ参ろうと計画しようとしましたが、何故かルートが全くなく、いきなり偶然(必然?)にも伊勢神宮外宮・内宮両参りのプランを見つけてしまい、脊髄反射的に予約してしまった・・・というワケです。


何故いきなり伊勢神宮へ飛んだ?

出雲はどうなった?出雲の道を歩んでいると思っていたのに?

出雲系から伊勢系へ突然切り替わったのは何故?



賀茂は「賀茂別雷神社」と「賀茂御祖神社」と分かれているね。
伊勢神宮は「外宮」と「内宮」に分かれているね。

これは対ではないか?

表神道と裏神道?

これに深く関わっているのが賀茂氏・忌部氏・秦氏・中臣氏?か?


導いて下さったのは出雲、忌部氏、そして衣冠束帯姿の賀茂氏の陰陽師。
繋げて下さっているのだと感じます。

伊勢の外宮・内宮へと向かったなら、「賀茂別雷神社」へも参らなければならないのだろうね。対の完成とはならないから。
お伊勢参りが済んだら、次回は「賀茂別雷神社」に決めましたよ。



こう書き綴って、5月に伊勢へ行きますわね。
正しいか間違いか、また知らせがあると思うので・・・


  • ジャンル:

出雲よ出雲・・・

  • 2010/04/13(火) 00:27:43

ずっと続いていた蜂の巣状の六角形石ころのフラッシュ画像

最近見えなくなりました。

昨夜、ふと気になったことがあったので、キョリ測で私が思い立って旅行先に選んだ場所を繋げてみました。

出雲大社から始まり、柏原八幡宮春日神社出雲大神宮下鴨神社へ。


最初の出雲大社から最近の下鴨神社を線で繋ぎます。

izumo_simogamo.jpg


あら不思議! 繋いだ線は出雲大社を出発点とし、柏原八幡宮と春日神社をかすめ、出雲大神宮の上空を通り、下鴨神社で終わります。つまり、一直線上に綺麗に並んでしまったのですね。

面白いんで、次回の旅行先、伊勢神宮を出発点に同じ角度で線を引いてみましたところ・・・三輪山の上空真上を通り、箸墓古墳(倭迹迹日百襲媛命(やまとととひももそひめのみこと)に繋がるんですね。元伊勢ですね。

ise_miwa.jpg



出雲大社と元出雲、伊勢神宮と元伊勢。同じ角度で位置するって面白いね。


出雲よ出雲。・・・出雲が何か言ってるような気がしてならない・・・


  • ジャンル:

二度目の死

  • 2010/04/12(月) 23:46:02


ここ数日の間にも、書きたいことが色々あったのですが、何か考えていて書けずにおりました。

ひとつ言いたいことは、「死」とは何度もあるということで、一つの魂が向かえる死は、あの世に逝っても繰り返されるということ。
何も思念がこの世に現れて、同じ現象が繰り返し現れると言うことではなく、納得して立派に死を迎えた霊達にさえも再び死は霊界において訪れるということです。そしてそれは、とても苦しい苦痛を伴うようです。

私が見た霊界における霊人達の死は2度あります。最初の経験は1年あるいは1年半も前に起こり、二度目の経験は、つい先日の4月の10日に起こりました。静かに手をとって看取りました。血縁者です。

静かに部屋に入っていくと、布団に寝かされた血縁者が苦しそうに唸っておりました。皆が道を空けて下さるので、黙って彼女の布団の側にまっすぐ歩いて行きます。側から「coomiちゃんだ」「coomiちゃんが来た」と囁くような声が何度も聞こえます。私はわかっていたのだと思います。この世界は現実世界ではなく、幽界あるいは霊界だということを。そして、その世界における彼女の二度目の死だということを。

私は彼女の顔の横、すぐ側に座り込み、上体をかがませました。

「私です、coomiです・・・」(意識だけの返答)

私の姿を見たその血縁者は、カッ!と目を見開け、私を凝視し、涙をボロボロこぼしながら必死になって何か言います。手をそっと握ると、声にならない声で私に言います。

「私は貴女にね、、、」「・・・・したかった」

ただ祈るしかありません。そして意識下で伝えます。天へ向かって下さい、もっと上へ、もう何も心配いらない・・・って。

ただ静かに見守るしかありませんでした。・・・・何故なら、夢を見始めた瞬間、ここは現実世界ではなく幽界、あるいは霊界、彼女はすでに何年も前に亡くなっているという事実をちゃんと心得ていましたから・・・

感謝します。


  • ジャンル:

桜島小噴火とミカエル様

  • 2010/04/09(金) 10:05:07

**********************************************************************

2010/4/9 夢? ビジョン?

※どこかの家に引っ越しする そこには風景を眺められる広いテラスがある

テラスの長椅子に座って風景を眺めていた 素晴らしく美しい風景

ゆっくりと動き、回転する風景・・・

花々が咲き乱れる大きな美しい島、長崎?の孤島で住む日本想いの男性、

「ドン!ドン!ドン!・・・」と鈍い音がしたと思ったら、桜島が小噴火

火柱を上げて噴煙が立ち上る すぐに鎮火した・・・

    (意識消滅)


**********************************************************************


九州が主体だったような夢。桜島は小噴火を繰り返しているから、特別なことはないのでしょうが、それにしてもあまりに美しいのでカメラで撮したいと思った。特に花々が咲き乱れる島や桜島・・・


久し振りに日本の美しい風景を眺めた気がします。




それはそうと、昨夜4月8日の晩、主人が仕事から帰ってきて私とお喋りしているときに、ふと冗談で言った言葉。

「だってワシ、ミカエルだもん!熾天使だぜい!(笑)」


背中に電流が走りましたよ、父さん!

ルシフェルファ。 もしかしてミカエル様?@@; って、気付いたんですよ。



超美男子、赤い甲冑、剣、双龍を連れている、落雷、赤・南・火が属性、、、

ルシフェルファさん、貴方はもしかして  大天使ミカエル様だったん?

だから私、あんなに怖かったん? とうとう出て来たーって・・・


なんだか主人はいつもキッカケを私にくれる、、、、、よね?、、、、、



  • ジャンル:

ルシ様 仕上がった^^;;

  • 2010/04/08(木) 17:25:22


昨夜は先に逝った家族達に囲まれ、説教されてしまいました。

「お前がちゃんとしないからこうなるんだよ」

私を大事にしてくれた祖母が、膝を突き合わせて「めっ!」って。w

「ごめんね、ごめんね」と素直に謝りましたが・・・


こりゃ大変だ。早く何とかしないと・・・・って、 

 何を?( ̄▽ ̄;



さっぱりわからないケド、一応、白い胴着と白袴をはいてたみたい。

おばあちゃん!何をしたらいいのか言って~ 阿呆やからわかりませんわ~!



今日は一人で絵を描いてました。面倒臭くなっちゃって、もうUPしました。

ルシフェルファ。 http://coomi.web.fc2.com/cg/rusi.htm

背景は、ものすごい手抜きです。と言うか、上手く描けないから仕方がない。
つまり、「アンタやっぱりへたれだね~」ってことです。はい。


赤い甲冑姿にお供が二人?空はオレンジなのか青なのか覚えてません。
彼が現れたとたん、手前に描いてある草むらに隠れたのは私です。恐怖で。
上手く描けないのですが、もっとこう、ニヤリと嗤うんだよね。
後ろのお供はブーツ履かせてますが、ルシ様は素足にサンダルだったな。
寝そべって隠れている真ん前、目の前に足がありましたから覚えてるんです。
顔は優しいんだけど、本当はとてもとても怖い人なんだよね。・・・・・・・

彼が双龍とともに白馬に乗って雲の中から現れたシーンは、まだ描きかけ。
ああ、そうそう、出現したときは稲妻が光ってたっけ。

凄すぎて、いつ仕上がるのかさっぱりわかりません。
と言うか、ヘタレで描けないのが本音です。すみません。


  • ジャンル:

伊豫の二名島(いよのふたなしま)?

  • 2010/04/07(水) 11:22:46


**********************************************************************

2010/4/3 夢

※京都・大阪・奈良方面へ仕事で向かう。ホテルに一泊して、朝外に出るとそこは香川県。そこから再び京都へ向かう。

タクシーに乗って幹線道路へ行き、運転手に聞く。

「京都行きの路線バスはこの方向でいいんですよね?」

タクシーの運転手は「香川に来たらあそこは行ったほうがいいのに…」と。

「ファッションビルだとか興味ないから」と答える

      (意識消滅)
 
 
**********************************************************************

**********************************************************************

2010/4/7 夢?とビジョン

※海岸の砂浜 遠くの海から膨れあがった泥水が津波のように押し寄せてくる

人々は「ワー!」「キャー!」「ギャー!」と叫び声を上げながら逃げる

高台へ逃げなければ助からない 深い砂に足を取られながら高台へ向かう

途中、小さな子供を拾い、手を掴み、一緒に連れて逃げる

真後ろに泥水 この子だけでもと、子供を高台のほうへ放り投げようとすると

何故か泥水の壁が止まった ・・・

上から見ないと様子が掴めない と、考えている

     (意識消滅)


四国 伊豫の二名島(いよのふたなしま) 飯依比古(いいよりひこ)

大宜都比売(おほげつひめ)・・・・・
 

 ―――――――――――――――――
|          |           |
|   愛比売   |  飯依比古   |
|          |           |
 ―――(ヨ)―――――――(イ)―――
|          |           |
|   建依別   |  大宜都比売  |
|          |           |
 ―――――――――――――――――

     (意識消滅)


**********************************************************************


4月3日に見た夢の運転手の言った言葉は、多分、金比羅神宮?

4月7日に見た海水の泥水の津波・・・火山噴火だと思った。海底火山?
ナショジオだったか、TVの影響かも知れないね。


4月7日に見たビジョンは・・・


・・・・何だろう?(・.)??

これ、どこかで見たような気がする・・・



これ、伊勢神宮、スサノオ様、ツクヨミ様、トヨウケ様に繋がるような気がする・・・

(続く?)


  • ジャンル:

ケムトレイルは晴天に撒かれる

  • 2010/04/07(水) 10:05:30


4月6日の火曜日は、久し振りに主人と休日が重なったので、映画を観てきました。「シャーロック・ホームズ」

映画『シャーロック・ホームズ』オフィシャルサイト http://wwws.warnerbros.co.jp/sherlock/


テレビシリーズは英国グラナダTV製作のテレビドラマ「シャーロック・ホームズの冒険」を見慣れている方には、この映画は凄すぎ!
ホームズ役のジェレミー・ブレットワトスン役のデビット・バークがイメージ的に逆さまになってしまってる。まあ、観てのお楽しみということで。早い話が、かの有名な「アバター」より遙かに面白いということです(笑)

ましてや原作のコナン・ドイル作ホームズシリーズを読んだ方々、世界が崩れてしまうこと受け合いです。w ←実は私ども夫婦もそのうちの二人!
最後はやっぱりあの人か・・・と、次回作を匂わせる終わり方。

ジュード・ロウ。お気に入りに入れておこっと・・・(爆)


さてさて、映画館から帰って主人が散髪に行ってる間、私はワンコのウンチ掃除を済ませ、散歩に連れて行きました。

空を見上げると・・・ああ、やっぱりだ。
ここのところ雨降り、強風が続いたので、やっと晴天になったと思ったらこれだ。・・・・何すんねん!!(怒)

見事なケムトレイル。

P1000476.jpg
P1000475.jpg
P1000474.jpg


鮮やかな真っ白の堅い雲。やがて沈んで灰色になり、低い上空で筋雲のようになり拡散される。

P1000478.jpg


「母ちゃん早く行こう!」とせっつくワンコの引き綱を足で無理矢理押さえ込み、写真をパチパチ撮しておきましたよ。

こんな世界で小さな子供達を育てている人々が可哀想だと感じてしまう・・・


  • ジャンル:

小文字でつぶやき

  • 2010/04/04(日) 00:44:28


私はここのところ、ある感情に動かされていました。

皆様ご存知の引き寄せの法則というのがあるらしいのですが(私は読んだこともないのでまったく知らない・・・)現実世界では、待っていてはコトは動かない、自ら進むべきだという観念がどうしても頭から離れなかったのは事実です。だって誰も何もしてくれませんから。

不思議なことに、「ヤスの備忘録」のヤス氏が、よく似たコトを4月2日の記事で書いていました。たった今読み終えたばかりです。

もし、この世に本当に「アセンション」なるものがあるのなら、5次元以上の世界を引き寄せた者、つまりは肉体を持って5次元以上の世界と3次元世界の狭間を共に悠々と生きられる者が真のアセンショナーだという考えに行き着いたのです。

前からわかっていたのだと思う。

そうなりたいがためにイロイロとやっていたのだと。



どちらも拒否してはならぬ 拒否は消えるのみ 無と有だ

すべては己だと思え 勾玉(玉)は己自身なのだ 腹の中の幼児だ

神も仏もない それは結果的に自分だ 鏡なのだ

世界宇宙の法則をわきまえよ これに逆らうな 逆らえば剣になるからだ

三種の神器は自分、すべて己自身が持っている

己自身を過大評価するな 皆同じ 己の小ささがいつかは隠せなくなる

己自身を過小評価するな 皆同じ 己の大きさにいつかは気付く

リンゴは赤いか青いか黄色いか どうでもいい 頓着するな

生きてもいい 死んでもいい 頓着するな



とまあ、イロイロと。ありきたりですが、そんなもんでしょ?

ただひとつ、自分一人では行けない。それだけ。精神的にも無理。


あああ、今夜のつまらぬ呟きでした~!(へこへこへこへこ・・・)



  • ジャンル:

古代に生きた女性かな?

  • 2010/04/03(土) 10:25:11


「案の定」と言いますか、4月1日に5~6人の女性達が出てきました。
私が考えていたことの答えを持ってきて下さったような気がします・・・

**********************************************************************

2010/4/1 夢?

※可愛い5~6人の女性達が私に一生懸命話す。

目の前には神殿で奉る何か、レプリカのようなものが5~6つ並んでいる。

「昔はこうしてたのよ」と聞こえる。

「○○○の儀、○○○○の○、○○○の○・・・」5つ6つ説明してくれた。

      (意識消滅)

**********************************************************************


声がかすかで、どんな女性達だったか判りませんが、確かにレプリカは神殿でした。それと供物?や儀式に使う様々なもの?

ひとつ覚えているのは神殿のレプリカ。

kodai_izumo.jpg←ではなくて

kodai_izumo2.jpg ←こっちのほう


目覚めて頭に浮かび上がったことは出雲大社や伊勢神宮などが建設(?)される前の時代のお話しだったということ。彼女達は誰だったのか??


はてさて、こんな夢を見たその日は休日で、お掃除する前に腹ごしらえで支那そば「名東軒」へラーメンを食べに行きました(だって好きなんだもん!)

myoudouken.jpg うひょー!!

美味しく頂いたあと、背景の眉山の裾、山に自生する美しい山桜にふわりと誘われて真言宗大覚寺派「地蔵院」へ桜見物で何故か寄り道・・・

「寺サイト 寺リスト広尾晃の私的寺日記」http://terasite.iza.ne.jp/blog/entry/299457/

ここのご本尊は延命地蔵様で、安産の守り神。
御真言は「おん かかかび さんまえい そわか」

ここの境内には古墳もあります。石を組み立てて作られた「穴不動古墳」です。穴の中には不動様が祀られていらっしゃるそうな。

実は、私が住む周辺は古墳や遺跡だらけなんですよ。鏡や銅鑼、その他出土品がかなりな数で残されてます。古代は古墳時代、いや、もっと昔から人が住む地域だったんですね。私の現在の住居の辺り、鏃を持った古代人が駆けめぐっていたのでしょうね、きっと。

では、地蔵院の写真でもどうぞ^^

jizouin_mon.jpg
jizouin.jpg
jizouin_taisidou.jpg
anahudoukohun.jpg
jizouin_ike.jpg
jizouin_ike_2.jpg
jizouin_ike_3.jpg
jizouin_ike_4.jpg
jizouin_ike_kamo.jpg
jizouin_ike_5.jpg
jizouin_ike_6.jpg

携帯で曇り空の中で撮ったので、画像が悪いですね。メンゴ。

  • ジャンル: