テポドンテポドン、ノドンノドン!

  • 2009/02/27(金) 04:23:31


北朝鮮がまた行動しようとしていますね。
初めて北朝鮮関係の夢(声)を見たのが平成18年10月27日だったと思います。私が夢日記を付けだしたのは18年からで、それ以前は忘れてしまいました。UFOだとか神様だとか悪霊とか沢山見てきたと思うのですが、記録に残しているのは18年の夏頃から?

ちょっと探ってみました。

**********************************************************************

投稿日:2006/11/02(Thu) 09:15

※10/26 「やっとここまで来た。あとは○○のみ。もう少しだ」
    (○○は地名です。日本全土では無いので書けませんが、どうやら神様は結界を張っておいでのようです。)

※10/27 「北朝鮮!テポドン、テポドン!!ノドン、ノドン!!」 
    阿蘇 国見岳 桜島 浅間山 富士山

※10/28 画面に文字が並んでいる。
    「そうです。「7」は聖数です。「7」「3」「5」「9」私は必ず起こします。見ていなさい。しかし心配はありません。貴女は大丈夫です。なぜならそれは私の意志だからです。」
    (以前は神代文字のような記号が多く読めなかったのですが、今回は読めました。もっと多く書いてあったのですが、読み取れたのはこんな内容でした。「359年」「皇紀1019年」は奇しくも私の誕生日と同じ月日でした。「7」「3」「5」「9」は神聖な数なのでしょう。調べたらわかりました。どうやら女性の神様?のような言葉のようです。聖母マリア?アマテラス?)

※10/31 この日は眠れなかった夜で、おそらく12:00をまわってから白い丹光がサーチライトのようにぐるぐる回り、おでこと頭頂部が熱く、頭痛がひどかった。
 夢の中では相変わらず白い袴姿で御用をしていたようです。真っ暗な部屋の中、手探りで何かを探していた。「必ずいるはずだ。部屋の中も見えるはずだ」と、きつく瞬きすると、うっすらと明るくなった。どこかのマンションの乱雑な部屋の中、小さな男の子がいた。この肌寒い季節に半袖シャツ1枚で一人うろついている。下はパンツ一丁です。可哀想に、たった一人で暗闇の中でいるようです。「居た!見つけたよ、神様!!」と私は上を向いて報告し、男の子を抱こうとした。

※11/1 天空に白い長い服を着た男性(天界人?天使?)がすう~と降りてきた。約10人くらいの老若男女(アジア人、白人など)が下で集まって「来た!」と喜んでいる。天界人はあちこちキョロキョロ見回し、「おーい!」と呼んでいる。誰も返事をしない。天界人は一度天空へ消え去り、すぐ戻ってきた。再び「おーーーーい!!」と呼んでいる。またしても誰も返事をしない。私は後方でその様子を見ていたようだ。(誰かを捜している?仲間?声を出して返事をすれば良かったのか?人数が少なすぎる?)

追記
10/23(?) 書き忘れ  「ロシア」「プーチン」

**********************************************************************

**********************************************************************

投稿日:2006/11/29(Wed) 13:46

11/28
北朝鮮に潜入。女学生に化けて平壌(?)あたりを散策。
軍隊が見えた。赤い戦闘機、赤い新型兵器(人一人で操縦するもの、ロボットみたい?)砂漠のような荒野で赤い戦闘機や新型兵器が訓練している。隠れていたが、兵士に見つかった。朝鮮語がわからない。どうしようと考えていたら、兵士は大声を上げている他の兵士の後を急いで追っていった。おそらく食料が来たぞという知らせだろうと思った。

11/29
誰かの家にいる。皆で遊んでいる。ふと窓の外を見ると真っ赤なヘリ。男が身体を乗り出して機関銃で後方にぶっ放す。危ない!と身をかがめ、隠れた。赤いヘリを日本のヘリが追う。轟音。屋根が崩れた。

ここ二日、赤い兵器をよく見る。赤・赤・赤・・・共産圏とのいざこざが深刻化するのかな?

**********************************************************************

テポドン、ノドンの発射は以前にも何度かやってくれましたが、今回もかな?

でも、これ、2年半前ですよ・・・


  • ジャンル:

はにゃ~ん(´`)

  • 2009/02/26(木) 11:06:51

コメント欄できたかな?

またエロ書き込みに悩まされたらブチ斬りますが・・・

取り合えず再び作ってみますた。(´`)



山 噴火 崩落

  • 2009/02/25(水) 09:16:54

**********************************************************************

2009/2/25 夢

山 え?浅間山?どこ? 噴火 大崩落 落ちてくる岩石に呑み込まれる人々 
 
 ただ空中から淡々と見ている自分

※崩落後、陥没した巨大な東京ドームほどの大きさの穴を覗き込む人々

 その穴の横にも巨大な溶岩で出来た黒こげの巨大な円形

**********************************************************************

ふう~・・・こういう夢を見ると、寝起きが悪いですね^^;


昨日は友人達と久し振りにランチ。写真を撮ろうと思ったけど、お話に夢中ですっかり忘れてしまいました。800円ランチは昔から値段が変わっていないようですね。安心しました。でも食べたのは1200円の定食。美味しかったですよ。^^
今度はバイキングにしようと計画中!1000円でどれだけ食べられるかな?多分、値段分は食べられないと思いますが、目で楽しんでこようと思います(苦笑)

まだまだ日本は普段通りのようです。ランチを楽しむのも今の内なのかな?



追伸

個人的なことですが、Yちゃん、Tシャツ買ってくれて有難うね。今頃ですが、私も注文しますた(爆)(今頃かよ!という自己ツッコミ)
本当にありがとう。桜、背負って下さい。ヘタレな桜は私流なのでご免なさいね。まあ、他には無い柄ですから、それだけが取り柄なのかも~(⌒∇⌒;


  • ジャンル:

ポッペン

  • 2009/02/23(月) 10:00:50


昨夜、久し振りに亡くなった家族が部屋へ来ました。
とは言っても、夢うつつの状態でしたから本当に来たのか定かではありませんが・・・半覚醒状態で会話したのですが、生前の日常のような会話方式で、たぶん私の夢見を助けるために来てくれたような気がします。

「それは○○すればいいよ」

こんな助言だったと思います。

そして、以前ならザザッ!と空間に文字が広がるようなビジョンだったのが、今回は自分の夢日記のノートのビジョンへと移り、自分自身で内容を確認する作業をしていました。

一昨日の夜だったか、地球を見ていたような気がします。自然の営みを見ながら平穏な心であり、どことなく嬉しくて微笑んでいたように思います。
宇宙の必然、環境の歴史、人間や動物達の歴史、こんなビジョンだったように思います。宇宙空間に浮かんで眺めていて、やがて地球の大地に立ち見渡していた感じ。

何故、再び地球を見ていたか?

それは、私が神様に問うたからです。うっすらとした夢見ではありますが、その答えを見せて下さったのでしょう。

皆様は死者が訪ねて来ると言えば鳥肌が立つくらい怖いと思われるかも知れませんが、私は嬉しいのですよ。縁の深かった血縁の霊はほとんど来ましたから、特に不思議でも何でもありませんし、まったく怖くもありません。彼等が来れば普通に思うことをお話します。そしてみんな微笑んでいます。彼等はずっと愛する縁者を見ているのでしょう。その人に何かあれば度々訪れては助言するといった行動を起こし、神様はそれも許しているのでしょうね。

自分の中に神様はいらっしゃいます。しかし、それを包括する神様もいらさります。感謝を(^人^)


そう言えば、ここ一週間程前、夜PCに一人で向かっていると、背後で音がしました。「ポコン!」「ポココン!」という音がコタツの辺りで何度か繰り返されました。とても可愛い音です。例えて言えば、ピンポンが跳ねたような音。
不思議に思って音のする原因を目で探ったのですが、ニャンコはすぐ近くでぐっすり眠っているし、ピンポンのような音の出る物体はありませんでした。
それが3日間続きました。

昨日、ふと「ビードロ」という言葉が浮かんで来て、夫に聞いてみました。

「ねえねえ、ビードロ細工で音がする子供の玩具って何だっけ?(・_・)」
ポッペン!(`_´)」(即答)

あ、そうかと納得しました。ポッペンと言われて、ピン!と来ました。夢によく登場してくるたくさんの子供達。誰か来たのかも知れませんね~・・・(をいをい、本当ですか?マジですか?(`ー´;)


  • ジャンル:

未来形バイク

  • 2009/02/21(土) 08:52:02

**********************************************************************

2009/2/20

※「○○○ハザード」の声 ○の部分はあまり聞こえない バイクの名称?

※バイク 750~1.000ccくらいの電気バイク 黒地にオレンジ、赤、黄色の炎のような模様がカウルにある
とてもカッコイイとは思えないデザインだが、皆が注目している 日本車

**********************************************************************

2月の17日頃、バイクに乗って走る夢をみていたのですが、昔、単車に乗っていたのでその影響かな?と思っていました。華麗にスルーしちゃいました。

そして20日に見た夢は、未来のバイクは電気式(ハイブリッド?)が普通になるよというお知らせのような・・・・・・・ヤマハ、ホンダ、カワサキ、スズキのどれか不明ですが、日本のバイクメーカーが何か新しい技術を開発するのでは?というワクワク感が夢見後にありましたね。

あのフロントの箱形のメーター周りは、弁当箱のようでとてもダサいものでしたが、あのくらいの大きさでなければ高速でかっ飛ばす馬力は出ないのかも知れませんね。まあ、期待して待ちたいところ。

「○○○ハザード」の声は、どうしても「バイオハザード」と感じて仕方がないのですが、それってゲームの影響。多分違うのでしょう。


んで、気になるので検索してみました。

speed.jpg




「Gigazine」から拝借しました。

米国のA123社が開発したドラッグレース用の電気バイクらしいのですが、黒地にオレンジは似ていますね。夢ではこんなカッコイイ姿ではなかったのですが。無害なバイクとしての実用化を実現して欲しいところです。

バイクと言えば思い出すのがアニメの「アキラ」



本当にこんな塩梅の未来系バイクになるのは近いのかも知れません。
大友氏の作品は「童夢」も最高だすな。^^

追記

「バイオハザード」だとしたら、バイオエタノールを使用したバイクなのかも知れませんね。
でも、「危険」って・・・どういうことでしょう?


  • ジャンル:

ちょっと注意・・・

  • 2009/02/19(木) 15:50:36

私とソックリな夢を見た人がいる。

人々が斧で首をはねられ、血飛沫飛ぶ赤黒い世界を逃げ惑っていたようだ。

ううむ・・・ 戦うしかないと伝えてあげたいが・・・

そのうち慣れてくるよと言えば殴られそうだしね・・・^^;;

  • ジャンル:

ここに書くということ

  • 2009/02/19(木) 15:04:43


私がなぜここに夢見を書くか。

本心はネガティブな事柄は書きたくないのが本当のところですし、また反対にある意味厄よけのため書き込んでいるのも本当です。

本当はね、数年前ある掲示板で「もういいじゃないか、こんなこと書いたって仕方があるまい、どうしようもないではないか」「気にしないで生きるしか手はないじゃないか、ただ生きるだけだ」と書き続けることを放り出してしまった頃、インド系の色の浅黒い目鼻立ちのハッキリしたお坊さんが私の意識の中に突然いらっしゃって、ただ黙って怖いお顔で睨み付けるのですよ。何で私を睨むのか?私が何をした?と聞いても何も言わない。ちょっと怖かったですね。
「あ、そうか。何もしなくなったから怒ってるんですね?」と聞きました。そう思った途端、目が覚めたのです。正解だったようですね。
それ以降、私の夢日記は始まりました。だから最初のページにはあのお坊さんのお顔を書いています。貴方が書けと言ったんだからねと、念を押すように(笑)

神々様とその当時約束したのです。

「わかりました。正直に嘘偽りなく夢見た通りに書き、伝えます。現象も書きます。その代わり、その夢や現象がまったくの出鱈目であれば、貴方達が叱られるべきです。私の責任ではありませんよ。」

なんと高慢ちきな態度であろうかと思いますが、これが私の精一杯の反抗だったワケです。さすが剣を持ち、振り回し、悪霊を切り裂いてきただけのことはあります(笑)何という態度のデカいヤツでしょう(爆)



でも今はね、感謝しているのです。色々な次元の存在達に。
薄っぺらい言葉に聞こえますでしょうが、愛を感じるのです。
私はお陰様で少しずつ成長することが出来ました。私自身の悪も知り、善も知り、その両者を納得することが出来ましたから。これが私の「道」だったのだと思いますし、その道を見出すまで色々な戦いを仕掛け、早く気付けよとお節介だと感じるほど干渉して来られた存在達は、今、私の中でいます。

今暫くはここも続けるでしょうが、先はどうなるかわかりません。


私達がこの世界、あらゆる世界を創りだすのだろうと思っています。そのためには陰陽、陰日向を知り、中道を行かなければならないのです。悪を抱き参らせるということは、そういうことではないかと思っているのですが。

宇宙の運行はすべてのものに逆らうことを許しません。生命そのものであり、それに逆らえば生きていけないからです。
目に見える世界、それは貴方自身だけの世界であり、ヨコの線。
元の元の元からの光、それはタテの線。

ある世界がタテの線を遮断してしまったこの世であり、その遮断壁を突破しなければならないのが一人一人のお役目。

天、日、月、地。行くべきトコロはひとつ。
タテタテ ヨコヨコ ○カイテ チョン。

う~ん、上手く言えないな・・・掃除しよっと。w

  • ジャンル:

2008年3月頃の夢の抜粋

  • 2009/02/19(木) 10:00:41

気になっていた2008年初春頃の夢を振り返って夢日記を調べていました。
雑多な日常の夢は書いていないようですが、よくまあこれだけ夢見ているなと我ながら驚きます。早い話が、自分のルーツ「血」関連の夢に混じって、何か大切な動きを読み取っていたのかな?と思われるのですが・・・

大切だと感じる夢を2008年2月末辺りから少し拾ってみましょう。

**********************************************************************

2008/2/23~24

※巨大地震で崩れ去る大都市 それを救う金髪の女神 邪魔する男神

 ベルゼブブ スキマスイッチ 隙間を狙って来る悪魔(邪気)

2008/2/26

※料理が出来ない 材料が無い 食べ物が無い みんな知っている

2008/3/1

※埼玉 山中 奥秩父?

2008/3/2

※お前達はグル 背広姿の男性達 車で轢き殺される

2008/3/7

※TV 司会者 暑い夏 冷房が無い中で熱いお茶をすする 汗だらけ
 「暑い夏には熱いお茶をすすって涼を求めるのが良い」

2008/3/8

※日本 西日本 次元は違うがある場所に巨大なピラミッド そこに登る
 数十枚の紙に名前 若者達 彼等に目印を付ける 彼等を回収

2008/3/13?

※虐げられる着物姿の日本人女性 せせら笑う中国人

2008/3/18

※アセンションについて守護神様から講義? いつもの声の主

2008/3/20 春分の日

※怖い男性 「借りを返してもらうぞ、全部返してもらう」 女性の死

2008/3/27

※氷床 溶ける

2008/3/30

※富士山に登る 「998」という数字 自分が自分を見ている

**********************************************************************

取り合えず3月まで書いてみました。2008年1月~2月初旬は前に書きましたので、もういいかな?と。
ざっと見渡して、良い夢を見ていませんね。常日頃から「私はネガティブ担当だから」と申し上げていましたが、過去を振り返ってみて本当にそうだなと(笑)
時々は素晴らしい夢を見せて頂いて、小躍りして喜んではいますけど、その内容は私個人のものだけに限るので、、、申し訳ないです。

追記

ここのブログには書いてない夢もあるようです。書いてはいけないような気がしたから書かなかったのと、大したことではないと思ったから見逃したのだと思います。自分のことに関する夢は当然書いていません。2008/3/8の夢は「選別」だと思ったから書きたくなかったのです。感想しか書いてないようです。


  • ジャンル:

日と月と

  • 2009/02/18(水) 00:03:59

「日」と「月」

私ははっきりと自分は「月」だと思っています。長年の霊的体験をあわせて考えてみると、背景に月・月の輝く舞台・「つ」「き」「わたしなのよ」という声・水のイメージ・夜などなど・・・どうしてもイメージは白銀の「月」「水」へと重なります。

そう言えば、夢でやっと見つけ出した「双龍」は真っ白の二体の龍でしたっけ。出会えたことに感激し、嬉しくてお互いに頬ずりしましたね。水々しい肌の龍でした。今も元気かな?・・・

大きな満月の輝く夜の舞台で踊ったのは京都の能舞台でしたっけ。どこか懐かしく、自分が着ている真っ白の衣装が清々しかったですね。あの踊りは「剣の舞」でしたね。

水が溢れ、地上が埋もれていくイメージも数々見ましたっけ。水の底に真実はあると感じた頃でした。「水」の「青」で塗りつぶされていく地上。

海。度々見る海の中、目だけで追う深海は神の道に通じる「道」があると感じましたっけ。深い青。動かない深海の地。深い地の楽園。一枚隔てた向こうの水の楽園だと感じました。入り口は見つけた・・・

死にかけたのも水の中。
助けて頂いたのも水の中。

山へ登れば分厚い真っ白の雲の中、大粒の雨の滴に濡れながらの祈りの時間。
度々夢に現れる水を放出し続ける剣山。

呼べば答える雲。月を見せて下さって有難う。雨を降らせて下さって有難う。

蛇。白蛇。水と蛇・・・・・ミズチ、ミズチ、ミズチ・・・



ようやくわかったこの頃です。

私は「日」と「月」で言えば、「月」です。
だからでしょう。「天岩戸別八倉比売神社」へ行けと怒鳴られたのは「対」の存在である「日」の神にご挨拶を欠かしてはならんと教えを頂いたからこそなのでしょう。

私は常に「深く静かに潜行せよ」と、まるで潜水艦のように深く沈んで行動しています。身を隠すように。
これが「月」なのです。「水」なのです。
浮かび上がってはならぬと、自然にブレーキがかかります。水は水の中に隠れるのが一番ですもの。

たぶん、これからの人生もそんなものでしょう。
でも、満足しています。阿波の歴史も私のように隠れ、誰にも見出されることはないのです。影は陰。陰にも立派な仕事がありますものね。

そんなことをフッと思う。・・・

ひとりごと。ひとりごと。・・・



本当はね、この赤い長袴、私が夢の中で着ていたのは足首までの長さだったのですよ。
そして逆に薄い透けるような巫女の上着、これが随分と長かったのです。
本当ですよ。^^


  • ジャンル:

上一宮大粟神社調査報告会 その2

  • 2009/02/15(日) 11:43:25


たった一つの古来よりの神社を調べ、発表するには時間が短すぎますね。

ひとつ大学側も疑問を感じている点があります。阿波史、つまり古代からの歴史書がいくら探しても見つからないこと。こんな県は徳島だけだと言い、何故何も無いのか訝っているようです。あったとしても江戸、近代あたりからの資料だけで、確かに上一宮大粟神社の資料もその時代あたりからのものしか見つからないそうです。伝承、言い伝えを記した資料はチラホラ残っているようですが、肝心の史実に基づいた資料が消えてしまっている。伝承を繋ぎ合わせ、何とか形作るしか方法が無いらしいのです。
阿波の歴史を調べた先人達もこのことに触れていますね。何故無いのか?と。

これは、「宇宙と霊界と科学の接点」というHPにある「四国の剣山上に「モーセの契約の箱」あるのではないのか?」のページにも書かれていますが、明治以降「阿波風土記」は消失してしまって手掛かりがまったく無い状態だと言われていますね。まあ、モーセとか契約の箱「アーク」だとか、ノアの方舟までもが阿波に隠されているというお話は、眉唾で信じられないですが・・・(笑)
とにかく何か隠されてしまったのではないかと察するのはあながち間違いでもないだろうと思います。

「日本史のブラックホール・四国」

夫「徳島県人はアホやけん、みんな捨てちゃったんとちゃう?(゚∀゚ )」
私「んなアホな!隠されたんだよ。
  何か朝廷に具合の悪い物、事実があったんだ。そうに違いない!ヽ(゚△゚ )ノ」
夫「いや、アホやけん、あらエッサッサ~って捨てたの( ゚∀゚)」
私「故郷の歴史書を捨てるなんてそんなアホな県民、どこに居ますか!?
  絶対に隠されたんだってば!何もないのがおかしい!ヽ(`⌒´#)ノ」
夫「ここおるやん。お前。ぽけ~としとる徳島県人m9(^Д^)プギャー 」


・・・・( ` ω´)┌┛)`д) ;∴ていっ!


つまり、何らかの意図が働いて「死国」の中の「死国」阿波にされてしまったと考えるほうが素直に感じるのです。詳細に書かれた史書、阿波風土記なども闇に葬り去られてしまったのでしょう。
そして編纂された古事記を信じるよう強制されたのかも知れません。


こう考えないと、私が経験してきた色々な霊的現象の辻褄が合わないと感じるのです。言えばお話が長くなりすぎるので簡単に説明します。

阿波徳島を出るチャンスを何度も潰され、諦めて地元に住み着いた。ここ数年で剣山に登らされ、上一宮大粟神社に呼ばれ、これで用が済んだと思ったら今度は天岩戸別八倉比売神社へ行けと怒鳴られ、青くなって急いで行けば、その他の神社の印まで見せられ、また慌てて探って現場へ行く。(実は)今度は伊勢神宮へ参れと指示されているのです。お休みも取れず、お金もあまりないので実現できませんが・・・古代からの神々が神社を依代として、何かを伝えたいのだと感じていましたが・・・ただのおばやんですから、どうすればいいのか不明ですし、ただ呼ばれたなと感じたら行くだけです。実際は神気あたりになるくらいで何も起こりませんが・・・徳島県人である私に何かを知らせていると言えばそうなのでしょう。
阿波の古代の神々が私を阿波に縛り付け、依代である神社へ足を向けさせ、この歴史を知れとでも仰っていらしゃるのでしょうか。

ひとこと「そんあ難ひいこと、あたしゃふぁかりまへん・・・(涙)」

実際、上一宮大粟神社は近代神祇制度においても郷社のままです。第二次大戦中、県社に昇格できるよう努力したのですが、敗戦によりGHQの政策から廃案とされ強調文ました。大宜都比売命様をこの神社の御祭神とし、神山の神社が伴神八社として取り囲んでいる事実を見ても、上位に位置する神社であってもおかしくないと考えられますが、時代はそれを受け付けなかったのでしょうね。過去は過去として立派に存在しても、伝承だけで物的証拠が無いのは辛いところでしょう。

ただ、遠い遠い古代において、大切な何かがあったのだとしか今は言えませんね。


  • ジャンル:

上一宮大粟神社調査報告会 その1

  • 2009/02/15(日) 09:31:02


2009年2月14日。神山町神領の神山温泉ホテル四季の里での「上一宮大粟神社調査報告会」へ行って参りました。

ここで皆様に謝らなければならない事があります。

ひとつは徳島大学ではなく、鳴門教育大学の発表会だったこと、もうひとつは12:30開始ではなく13:30開始だったこと。
え~、コレはですね、神社の神主さんにTELにて確認したおり、確かにそうおっしゃったからブログにもそう書いたのですが・・・つまり、神主さんのおとそ気分がまだ抜けていないゆえの間違いだったのです。

神主さん!いつまで御神酒を飲んでるんですかッ!鳴教大の院生が笑ってましたよッ!さっき来た人も時間間違って聞いていたって!んもう、ホンットにユニークなんだからッ!・・・(\w/;;

さて、取り合えずヘタクソな写真でご紹介。

神山温泉ホテル 四季の里 外観
sikinosato1.jpg

受付の様子(この写真を撮るまで1時間も待ってしまった orz)
sikinosato2.jpg

会場は満員、後ろに予備席を追加。地元のおじいちゃんがかなり多かったですね。
sikinosato3.jpg

スライドを使っての説明。
sikinosato4.jpg

古文書が見つかった木箱の中にぎっしり墨で書かれていた「上一宮大粟神社考証」
明治期に神社名を改めさせられ、元々の「上一宮大粟神社」へ復称を願い出た「社号復称願指令写記」の写し。並々ならぬ氏子達の熱意が感じられます。
sikinosato5.jpg

写しのアップ写真。蜂須賀家の御名前も見られます。蜂須賀家も代々大切にしていた神社だったということが伺われますね。
sikinosato6.jpg


第一部は神馬、棟札などの考証もあり、なかなか楽しめました。第二部は「上一宮大粟神社」「天岩戸別八倉比売神社」「一宮神社」の繋がりをはじめ、それぞれの伝承、由緒、時代の変遷、古代の社格、古事記、神仏習合、などのお話もあり、これも楽しめました。

発表会の最後は地元のお年寄りを加えてディスカッション。流石は長い人生を一生懸命生きてこられた方々だけあって昔からの情報も持っていて、大学では探り得なかった事実などのお話も出ていました。

詳しいお話は大学側も時間制限のためお話できないようですが、まだまだ研究は続けるようです。新しい発見を待ち望んでいらっしゃるようですので、何か伝え聞いていること、知っている遺跡などがあれば教えてあげればいいと思いますね。^^

オカルトの観点から拝聴していたのは私だけだったようです(爆)

地元ではありますが、神山産のお土産を買いました。見かけないものだったので。
青唐みそのきゅうりの漬け物、すだちマーマレード。そして神山の堅豆腐。
堅豆腐は晩ごあんの食卓に上がりかしたので、写真はありません。きゅうりの漬け物もピリリと辛くて、とてもごあんに合います。人気№2らしく、美味しかったですよ。今度は人気№1の味噌を買ってみようかな?^^
sikinosato7.jpg



  • ジャンル:

1年前に見ていたではないか!(検証)

  • 2009/02/11(水) 19:45:28


見ていたではないか・・・

2008年の秋頃からアメリカ経済はガタガタと崩れ始め、今や惨憺たる状態。

「今夜の超常現象 2007/12/10(月) 04:46:44」

「自らの「今夜の超常現象」の検証 2007/12/10(月) 22:56:05」

~抜粋~

**********************************************************************

これは、私も仕事中に考えていたのですが、もし違うなら後はイギリス関係かな?と思うのですが・・・そして、ビジョンの中にブルーの車がビルから落とされようとしているシーンを見ていましたね。あれはポルシェではなく、アメ車、1960年代頃のリンカーン、キャデラックあたりです。間違いありません。

どうでしょうか?「車」あるいは「車社会」に関係している夢だと思いますが。
あるいは繁栄を極めた「アメリカ」の没落の象徴。下にいた黒人の女性達はブルーカラーの象徴。
あやうく潰される所だったのです。白状すれば、同時進行で彼女達が車の下敷きになる場面も見ています。口から血を吐き、泡も出ていました。だから車を落とそうとしている悪者のところへ飛んでいき、「そうはさせるか!」と車を引き上げたのです・・・・・

**********************************************************************

つまり、1年前にアメリカの惨状を目にしていた、予感していたのだと思います。当時はまさか大国アメリカにこんなコトが起ころうとは考えもしなかったのですが・・・・

GMなどの車会社は、どすん!と叩き落とされました。あの悪魔は、「ひひひ!」と笑いながらアメ車の綱を切ったのですね。

次に見たのは日本車。「同じと思っているだろうが、同じではないんだよ」との声と共に、日本車とアメリカ人子役俳優との4分割ショットを見せられましたね。ケツ番のナンバーはすべて「○○-98」だったと思います。

この夢の模様は、ここのブログを探せばあります。

実際、今現在、日本車の窮状は知られていますがね。

さて、この次に見ていたのは何か?・・・ちょっと調べてみようと思います。


  • ジャンル:

腰と背中に猫

  • 2009/02/10(火) 09:50:31

夢日記には書いていませんが、自分のこと、心の整理に関することで気付いたコトがあります。

「この年に何かあって、逝くのかも知れないな」

「随分疲れているんだな、忙し過ぎるんだ」


ここ最近では、相変わらず食事を運んで霊に食べさせる夢、つまり仕事をしているようですが、あの禿頭の上司が指令を出してからというもの、他の仕事も同時進行しているようです。堅苦しいスーツを着込み、ネクタイまで絞めて働いているようです。

官公庁の一室のような部屋を覗きながら様子を見ていると
「へえ、あんなトコロでも仕事してるんですね、凄いですね」と言われる。
ウエイトレス姿で手に水差しを持ったまま「そうですよ」とその声の主にニッコリと笑いかける。これくらいしなければならないのは当たり前だと言うように。ああ、忙しい。

「ねえ、早く手伝ってよ!」と急かせる声。彼女の両手は食器で塞がっている。
「ちょっと待って、先に温泉に入って英気を養ってからだ!」
ネクタイを緩め、上着を脱ぎながら温泉へ向かう。私、男になってる??
ああ、忙しい。

・・・ここ最近の夢での会話と私の様子です(笑)

空色のワンピースに白いエプロン、カチューシャ、おにゃのこ(爆)
薄紫色のスーツ(何という趣味)ネクタイ、アタッシュケース、おのこのこ(爆)


現実世界で疲れているのではなく、夢の中で疲れているようです。


あ、照さん、毎晩レイキあんがとね。何か邪魔が入って中止になったけんど、腰痛の原因がわかったよ。
ホラ、レジでお客様の買い物カゴをレジカウンター越しに「よいしょ!」と引き上げてあげるから背中や腰が痛いんです。お年寄りは助けてあげないと重くて一人じゃ無理な時があるけんね。職業病っす。1日に何度もコレやってる。
それと、我が家のにゃんこが私の布団のど真ん中で寝てますのん。私はにゃんこをよけながら寝てますのん。布団の主が取って換わられて、今やにゃんこが我が布団の主となっておりやす。おまけに私の腰あたりにベッタリとひっつき、ホクホク顔で寝とる。「寝ても寝ても痛みが取れない原因は・・・貴様かー!(\w/;」「なん?(=・ェ・=)みゃ~」

hikaru1.jpg 「くわっ!」



  • ジャンル:

結論は医療

  • 2009/02/08(日) 14:20:30

IRB。

目に見えない世界からの通信、「IRB」の意味がわかりました。

医療分野。たとえばワクチン。

陰謀だと感じたのは、そこまで世界の罹患者が押さえきれないところまで来ているということ、そしてパンデミック発生と繋がる。

そういえば、1年ほど(1年半?2年?)前から何度もフラッシュでウイルスのような写真を何度も繰り返し見ていましたね。ご存知の方はご存知ですよね?覚えていらっしゃいますか?

必死で調べて「ブドウ球菌」とそっくりだと書きました。

新たな何か 新しい菌、つまりパンデミックの始まりとしてのお知らせが「IRB」なのだと思いましたが、、、、、さあ、どうでしょう?その筋の方、何かありますか?

  • ジャンル:

米国・中国 そして海

  • 2009/02/08(日) 14:07:50


また長い夢を見ていました。長すぎるので、ピックアップして掲載。

**********************************************************************

2009/2/8

※東京在住の兄一家が帰郷すると言う。最後の兄の仕事は、スーツケース片手に訪米すること。大黒柱の兄が米国へ行き、一仕事終えたら帰国、その後家族で帰県するという。

「今回のアメリカの仕事が最後になる」と言った。

※兄一家が娘と共に海辺で遊んでいる。私の目は海の中にフォーカス。
 川魚?オタマジャクシ? 巨大な淡水生物が深い海底を泳いでいる。何故こんな深い海底を泳いでいるのか?

※「空にカニさんがいるよ!」と娘(姪っ子)が言う。空にはカニやエビの形の雲がぎっしり。自分には見えないと言う姉に「ほら、あんなにいっぱい見えるよ。あれは車エビ、あっちは伊勢エビかな?あれは毛蟹かな?」と私が教える。

※東京の街を兄一家と一緒に車で走る。道端に何か黄色い敷地があって、銀色の端子のようなものがたくさん埋め込まれ地面に並んでいるのが見える。電気自動車?充電式

「○○○○~カートリッジ」と説明する声が聞こえた。

「あんなものに国のお金を無駄遣いするなんて・・・実用化は遠いのに」と兄が不服そうに口をとんがらせている。

※街の映画館に兄と入る。ところが上映しているのは中国映画。それもエロ系映画だったので二人で笑ってしまった。

コートのポケットをまさぐりながら「中国の鏡。これ、常識だよ」

と、兄が言う。兄がポケットから取り出して手渡されたピンク色の派手な装飾の小さな手鏡を見ていると、鏡の部分だけ簡単にポロリと取れてしまった。さすが中国製だと思った。すごい安物。出来が悪い。使い物にならない。

**********************************************************************

何なんだコレは!?

最初の「最後のアメリカの仕事」とは、クリントン国務長官の来日かな。恫喝?さあ、麻生さん、どうする?お金の要求をはねつけらる事が出来るか?
「最後の」という言葉がひっかかる。アメリカが最後なのか、日本が最後なのか?

海底の淡水生物、空にカニとエビ。この位置は異常を物語っていますね。循環異常だと思った。海底を走るカニにもエビにもそれは伝わっているのかも知れません。彼等は敏感ですから。とても重い気分の映像でした。

世界の海には、すでに驚くような異常がもたらされているようです。

自動車産業の昨今の現況は厳しいですが、新しい活路が見出されそうですね。
既存の車社会は衰退するだけなのかも知れません。
ただ、時間はとてもかかりそうです。

中国の鏡とは?
壊れてしまう。そういうことなのかも知れませんね~

兄一家は東京です。


  • ジャンル:

祈るということ

  • 2009/02/07(土) 10:47:25


心から祈りたいと思います。

右を向いても左を見ても、この日本はいいようにされているようです。
そして狙われている。

昔、まだまだ霊と戦い続けていた頃、ある方のサイトで富士山に祈ろうという企画があって、時間きっかりに参加した事があります。もう何年も前のお話ですが、その企画に参加すると決めた段階で、祈りを届ける間に更に悪霊に付け込まれる時間を作ってしまうのではないか?目立ってしまうのではないか?と不安を少し覚えましたが、大丈夫だと心に言い聞かせ時間が来ること正午(だったかな?15分だったかな?時間は忘れました)きっかりに手を合わせ、富士山に日本の幸福、世界の人々の幸福を願い、真剣に祈りを捧げました。ちょうど地球の写真を見るだけで感傷的になり、涙が溢れてくる頃でもありましたっけ。

ふと・・・

居間で手を合わせて立ち、祈り始めて1分ほど経った時でしょうか。耳に聞こえてきたのはザワザワとしたかすかなざわめき声。おや?と耳を澄まして聞いていると、不思議とだんだんざわめきが大きくなり、声という声が聞こえるようになりました。「どうか・・・」「世界が・・・」「・・・ように」「私は・・・」
ざわざわと男女の声という声、呟くような祈りの声が聞こえて来たのです。
とても不思議でした。不思議現象には慣れっこだったのですが、その時には、今生きている人々の祈りの声を聞いている、霊の世界ではなく、今祈りを捧げている人々の生の声を聞いているからだと思いました。

自分が祈ることも忘れ、その声々に聞き入り、感動と感謝の念が沸き起こり、知らない間に涙が溢れてきたのでした。地球の写真を見て涙が溢れるように。
彼等は素晴らしかった。


祈りとは、その人の無償の愛であり、心そのものです。
一人、二人、十人、百人、千人、万人と膨れあがれば、何かが動き出します。
その祈りが正しく等しく慈愛に溢れ、純粋で高貴で無我であり、どんな美麗字句、形容詞を使っても言い表せない美しい心で世界に祈りを捧げるのであれば、神は動きます。

だからあえて言います。自分は何も出来ないと思っていても、神様は動きます。
そう、人間としての意識の奥深いトコロ、自分の中の無意識の神様が動き出し、周りの神々様と一体となり、大いなる意志である大神様へと繋がり、そしてゆくゆくは元の元の元の神様へと繋がるのです。

だから祈りは強いのです。結果的に貴方は強いのです。私も。


人間には段階というものがあって、まず最初に突破しなければならない世界があります。耳に聞こえる世界、目に見える世界。そう、現実世界と、一枚隔てた幽界です。そして上段に行くほど軽々とした世界になり、愛した家族達や友人達へ繋がり、やがて極微であり極美の世界へ到達するのです。そこに私の大好きな神々様がいらっしゃいます。天使様も天子様もいらっしゃいます。そしてゆくゆくは親である元神様に繋がるのです。


なぜあの時皆様の声が聞こえたか?

ひとつは、私自身がまだ目に見える幽界に近い世界にいたから。
ひとつは、心同じくして共に手を合わせ、無我の境地に似た心境で祈り続けたから。
ひとつは、成長過程のひとつの現象として捉えるように指導していた霊がいたから。

それから暫く経ったあの日、有名な7月15日(でしたっけ?これも忘れました)の世界の祈りの時点では、様々な経験を元に祈りに参加していましたが、実は本当は参加していなかったのです。
祈りの強さを知っているのと同時に、反撃の怖さも少なからず知っていたからに他なりません。祈りを届ける人々の霊的な身の安全を強く祈っていただけです。私自身としてはサポートする側に回っていたつもりだったのです。
祈りたいだけ祈って下さい、貴方の意志を神様に届けて下さい、だから彼等の守護霊様・守護神様、彼等を力強く守ってあげて下さいと。私がこんな事をするのはまったく烏滸がましいのですが・・・そんな気でいました。
富士山の祈りからさらに経験と時を経て、確かな霊的手応えを持っていたからでしょう。当時は「私はサポートに回る」と、強く思っていました。この時には声は聞こえませんでしたね。

要するに、心から祈りは強く美しいと思う。皆様が一心同体で(無我で)この世界の平安を祈ると、神様に届きやすく具現化しやすくなると思います。が、その純粋さを守る手助けも必要。特に霊的戦いを経験したことが無い方々には安易に参加するのは危険でもあります。霊的素質がある人には特に危険が増します。目を付けられてしまうのです。
ただ単に「愛よ光よ」と舞い上がる気分だけでは守護神様がストップをかけるでしょう。その前に経験せねばならないこと、考えねばならない世界があるんではないかい?と。守護神様は本当に厳しいのです。
光があれば闇もあり、表裏一体。
闇があるから光を認識できる。光に手をかざせば、手の影が出来る。
闇を知らずに「光とはなんぞや?」と問われても答えられないでしょう?
現世界はこれが現実であり、そういう風に物事は動きます。

守護神様は優しく厳しいのです。どちらかと言えば、厳しさだけが目に付く霊でもあります。ただ、助けるために一生懸命になって下さっているのは事実。なかなか手を貸しては下さいませんが・・今も己で立ち上がれと仰います。
何があっても貴方の守護霊様・守護神様をどうか信じてあげて下さい。

私は祈ります。今、祈るしか手立てがないからです。
どんな夢をいくら見たとて、私に何が出来ますか?と問うと同時に、ただ祈らせて下さいと頭を下げて祈ります。

日本中で1日に一回、全国で祈りの時間を持ってみるのもいいかも知れませんね。時間を決めて、強く優しく美しい日本をイメージしながら現実となりますようにと。宗教を越え、壁を無くし、ただ人間としてこの祈りがあらゆる神々様、元のたったひとつの神に届きますようにと。
まるでイスラム国家のようですが、神様を讃えるのではなく、「我々がこの星を変えるのです、人と神様と一緒になってハタラクのです。どうかお力をお貸し下さい」と。
祈る人が千人、万人と増えるごと、動くこと間違いないと思いますが?


  • ジャンル:

ケムトレイル再び

  • 2009/02/06(金) 01:34:11

2009年1月27日撮影。

kem2.jpgkem3.jpg
kem1.jpg

何をまき散らせているのか? 
白い機体はいつも西の空から出現する。
基地はどこだろう?

  • ジャンル:

お知らせ

  • 2009/02/05(木) 10:08:57

お知らせ。

ここにも大宜都比賣命様の上一宮大粟神社を検索されて辿り着かれる方々がいらっしゃいます。ので、もし気が向いたら足を運んでみて下さい。


徳島大学の研究発表会~テーマ・上一宮大粟神社の歴史、新発見などについて~

2月14日(土)午後1:30~(大学発表会)

2月15日(日)午前9:00~(近隣の方々を交えての質疑応答、過去データなど)

場所 神山温泉四季の里(上一宮大粟神社のすぐ横)

入場無料


私も1日だけ参加しようと思ってます。お仕事で忙しいからフルは無理。

マイナーな話題なので、知らない人が多いと思われますが、一応ここに記しておきますね。ご興味のある方、どうぞ。尚、山道険しい場所もありますので、車の運転にはご注意下さいね。^^

**********************************************************************

2009/2/4

「49」「55」 年齢?

2009/2/5 目覚めた瞬間、瞼の中に広がる画像

茶色い石? 刻まれた神代文字? ヒエログリフ?

**********************************************************************



  • ジャンル:

環太平洋

  • 2009/02/03(火) 23:15:07


環太平洋  太平洋プレート!

だから何年も前から環太平洋が危ないと申し上げているのです。

ここが動いているのです!ヽ(`・ω・´ヽ)・゚・。(大汗)


間違ってたらごめんなさい!!m(_ _)mペコリ!

(後で削除するかも・・・)


  • ジャンル:

朝宮神社

  • 2009/02/03(火) 19:10:23

今日は雨。結構降りましたが、ここ最近気になっていた佐那河内村の朝宮神社へ参拝して参りました。そして、大宮八幡宮へも参拝させて頂きました。朝宮神社は瀬織津比売様をお奉りしている神社らしいのですが・・・

瀬織津比売様ですか? 2009/01/08(木) 01:31:57 」参照

何度かトライしようとしたのですが、その日に限って雨だったり用があったりと、なかなか実現しなかったのですが・・・ほらね、やっぱり雨が降ったよとため息つきながらも、ここはやはり行かねばなるまい!と、山道をスタコラサッサと車を走らせたのでした。

朝宮神社は大宜都比賣命様の上一宮大粟神社からの帰り道、突然迷い込んだ道のすぐ近くです。これも何かのお知らせだろうと思い(よくこんなことがあるので)取り合えずご挨拶にお伺いして参りました。

「諸諸の禍事罪穢有らむをば祓へ給ひ清め給へ」と・・・

今日は節分。「鬼は内、福は内」と思いを込めて・・・

ポケットにはデジカメを忍ばせておいたのですが、初めてのご参拝ですから、いきなり撮影するのも憚られますゆえ、写真はありません。

とても小さな急階段の神社でしたが、その清々しい雰囲気は、雨のせいでもなさそうです。階段のはじにある灯籠は、やはり「日と月」でした。
ホントに小さな神社で、ただ清々しい空気の漂う神社でしたとしか言いようがありません。境内の案内板もなく、由緒、御祭神なども不明です。

でも、お気に入りの場所(神域)になったので、度々訪れてみようと思います。


さて、何やら外国の夢をよく見ているようですが、ここまで書いていて的はずれもいいとこな結果になれば・・・ここに訪れて下さる方々に申し訳が無く・・・いや、ホントにそう思うんですよ。多分、皆様がこう言われるでしょう。

coominoaho.jpg


・・・・面目ない ^^;

  • ジャンル:

リンカーン

  • 2009/02/03(火) 10:35:55

昨夜の夢(目覚めの一歩手前かな?)

**********************************************************************

2009/2/3 雑夢の最後で見たもの

※空を眺める。千切れる薄い雲。湧いては千切れ、沢山の薄い雲が浮かんでは流れ、流れては浮かんでいる。

彩雲? いや、あれは地上のどこかの虹が流れる雲に映し出されている。

ふと右手の空を見ると、シャボン玉のような、半透明のフリスビーのような円形の物体がふたつ飛んできている。真っ直ぐこちらへ来ている。

そのうちの一つが私の手の中にすっぽり入る。

黒い縁取りで、円形で、平べったい。薄いレースか絹のような白い布が貼ってあって、その白い布には文字が並んでいる。英語、日本語、化学記号?何の専門記号?

「Linkhorn's gift」あるいは「Lincoln's gift」と読めた。

大学からの何かの知らせだと思った。

**********************************************************************

この夢は、ネブラスカ、IRB、新しい仕事を仰せつかった大学?研究所?の夢に繋がるのだと気付きました。

おそらく「Lincoln's gift」と書いてあったのでしょう。

ネブラスカ州には、米国で多々あるリンカーンという地名の中で、最初に名付けられた「リンカーン」がある。ネブラスカ大学はリンカーン校と呼ばれ、140の専攻、275の教育プログラムを持つと書いてある。日本人学生も300~400人くらい在籍中らしいね。自然科学全般、農学・生命科学および医学が強いらしい・・・米国の大学評価トップ25に入ってるらしい・・・

ほらね、IRBも気配があるでしょう?

でもね、何の事なんだかさっぱりわからないのです・・・(TT)

「陰謀 2009/01/26(月) 09:52:56」で書いた「魔の三角地帯」はリンカーンじゃない。もっと中央寄り、サウスダコタ州の下辺りだと思ったんだけどなあ・・・??



  • ジャンル:

エステアはフランス

  • 2009/02/02(月) 10:03:24

フランスはサルコジ大統領が苦境に立たされている。とは言っても、国民がもっと大変なことになっている。再びフランスの記事をある掲示板で見て、思い出した。

「エステア、エステル 2008/11/20(木) 10:13:02」で書いてある。

エステアレトルテ!の声は、簡単に意味を考えると「フランスを切り取る(切り分ける)!」と私は考えていたのですが・・・こういう事だったのか?と・・・この国も目が離せませんね。

サルコジさん、下層の国民を大事にして下さいよ、貴方と同じ人間なのですから。 他国に手を出して太鼓持ち演じているヒマはないはずですよね。

追記

1月29日、パリで始まった大規模デモはバスティーユ広場から始まっている。

「今度は「7」2008/08/22(金) 11:50:52」でチラと書いたフランス革命。

八卦で「7」は東北。東北はそしてウシトラノコンジン様、クニトコタチ様です。

奇しくも今年は丑年。2月が節目。節分が節目となります。気の流れなのでしょうか?

私はこの流れを夢で見て、心の声を聞いていたのかも知れません。


  • ジャンル:

二月に始まる?

  • 2009/02/02(月) 09:34:28

気付けばもう2月ですね。もうすぐ節分です。

「福は内!鬼も内!」


ここで気になるのが2008/11/12に聞いた声。

「Old Indigo children 2008/11/15(土) 10:13:12 」でサラリと書いてある。

-----------------------------------------------------------

2008/11/12 夢

※九州・沖縄? 港 「春○○○○号?」「原○○○○号?」 強風

※2009年2月1日? 2日? 3日? 何か起こる?戦争だとか天災ではない

※選挙 鉢巻き お昼12時半頃

※誰かのご名字を聞いたのだが、忘れてしまった 漢字二文字 ○○○○さん

      暗闇に浮かんだ物体

※子供用(2歳~4歳)の青いサンダルの片方 シルバーと黄色の三日月マークがある
 左側の視界へ流れて消えて行ったので、「流された」感じ

-----------------------------------------------------------

さあ、何が起こるでしょうか?

「始まる」と言えばいいのかな?

ワクワクとして待っているのではありません。ただ眺めている気分なのです。

浅間山噴火。

初めて日本の神々様を拝見させていただいたのが木花之佐久夜毘売様と石長比売様。

この女神様は、そう、浅間山の割れ目から出て来られ、木花之佐久夜毘売様が仰ったのは「あら、まだ早かったわね・・・」

だから今なの?とお伺いしたい気分です。

だとしたら桜島、もう近いのかな?^^;;


  • ジャンル: