身近な食料事情

  • 2008/06/30(月) 10:58:17


やはりスーパーでのレジ係に志願して正解だったと思います。
レジのお仕事は好きです。結構気に入ってます。

昨日、レジに来た年配の男性のカゴの中の商品をひとつひとつレジ打ちしていますと、「大豆と牛乳の飲料」(商品名忘れました)が高騰しているのに気付きました。つい最近まで208円だったのが、予告もなく289円(税込み)に値上がりしていたのです。81円もの値上がりです。結構ビビります。

男性も気付いたのか、その商品をつまみ上げ、しげしげと値札を確認しました。
多分、私がレジ打ちを間違ったのだと勘違いしたのでしょう。値札を確認して驚いたお顔で聞きます。

「どうしてこんな値段に?・・・」
「世界の穀物庫は水害や干魃や異常気象でヤラれていますから仕方がありませんね」
「・・・・それにしたって、・・・」
「まだ値上がりするかも知れませんね。先はわかりませんけど^^;;」
「・・・・・・・・ワシ、これは健康のためと思って飲んでいるんやけど・・・(TT)」

他にも欧米の罠だとか世界の人口と食料のバランスだとか色々お話したかったのですが、男性の悲しそうなお顔を見て口をつぐんでしまいました。当然お仕事中ですから、そんなにお話も長々とは出来ません。
他にも値上がり商品は沢山あります。小麦、大豆、乳製品は当然のこと、コストがかかる商品は少しずつ値上がりに向かって進んで行く気配です。まだまだ進むはずです。どんなに商社が頑張ったところで、国単位で頑張ったところで歯止めは効かないだろうと予測します。

バターも相変わらず品薄状態で、アイスクリームは値上がりし、おまけにカップも一回り小さくなった商品もあります。昔よく食べたアイスが小さくなっちゃったんで、私も驚きました。100円だったアイスが126円になっています。お小遣いでアイスを買った高校生が、2割引で101円のアイスにびっくりしていました。「い、いつの間に!?」100円だけ出していた財布から、追加で1円プラス。気の毒で仕方がありません。食パンについてはどこまで値上がりするか・・・食パン関連はお客様もよくご存知で、「高くなったね」の声もあまり聞かなくなりました。

カップ麺もあまり売れなくなり、お客様の購入意欲は袋ラーメンに切り替わっています。若い男性が88円の袋ラーメンを2~3個買っていく姿が結構見られます。128円のカップ麺より、面倒でも袋ラーメンを買って食べたほうが安いからでしょう。
部活帰りの高校生、中学生が袋ラーメンをおやつに買って帰る姿には涙腺がゆるみそうです。


今後、どうなるんでしょうね?

子供達のお菓子だけは、しばらく待って欲しいと願います。100円握りしめて95円のチョコを買って帰る子供達が、100円では足りないと知ったら・・・もう涙腺がダダ漏れになりそうです。


  • ジャンル:

受け入れられる信心 閉め出される信心

  • 2008/06/29(日) 10:53:12


あれこれと夢を見ているせいか、いつかは御出現されるその方々の御名前を聞こう聞こうと思っては居たのですが、何故か未だにお伺いしたことがありません。その方々も自ら名乗られたことが一切無く、いつもこちらで一生懸命探すばかりです。空海様だけはすぐにわかりました。坊主笠、坊主袈裟姿でしたから。

「世見」照さん もそう仰っておられますね。

「どなたなのやら一度お伺いしたいと思いますが、いざ夢の中に入るとすっかり忘れているのです」と。


圧倒的にインパクトが強く、呑まれはしませんが、その方の指し示すあらゆる事柄のほうに夢の中では心が瞬時に飛んでしまっています。
有無を言わさず某かの暗示を見せつけて下さいます。

どの国の方々でも共通しているのは、ただただ真っ白の着物(ドレス、布)を着ていること。時にはウエハースを頂いた夢のように「手」だけだったり、真っ白の神殿で立っている方の白い着物の下から少し見える「足」だけだったり、見えたと思った瞬間忽然と消えたり・・・様々でした。面白いものです。

お話は変わりますが、夢の中で自由に使えたのは、身につけた真言マントラと般若心経。そしていつの間にか腰に差してあった真っ白の剣。何故か呪文のように唱えるキリスト式お祈りの言葉は、自然と口に出てきました。「天に在す我らの父よ、なんたらかんたら・・・アーメン!」目覚めたら、自分が何を唱えていたのか忘れていましたけどね。自分自身も真っ白の着物と袴姿、足袋と草履の日本式衣装なのに、何故アーメン?と、首を傾げた時もあります。面白いですね。


実は、当然の事ながらあの世界では嘘は通じませんのよ
真っ裸の心で接します。そのまま真っ裸の心のままで色々な世界に行きます。行かされる場合もあります。


あの世界では、自分が本当に身につけている事、これが生かされるのですね。

逆に言うと、身に付いていないものは想念の世界では出て来ない、具現化しないということです。


宗教にどっぷり浸かっていようとも、心が真剣になっていないとあの世界ではその神様に認めて頂けないということです。容易い信心では通じないということです。

自分のため、自分のため、全ては自分のためという心が見え隠れする祈りでは通じないってことでもあります。エゴを起因とする信心は却下されます。誰かのために、国のために、世界のために毎日毎日座して真剣に祈りを捧げる。自分のことなどどうでも良いから、あの人を助けて下さい、世界を助けて下さい、自分の命など神様に捧げますから、どうかお願い致します、こんな心で接すれば光が見えるのでしょうね。


偉そうに書いてしまいましたが、ごめんなさい。これが身を以て覚えたあの世の仕組みの一部です。


  • ジャンル:

もみじ

  • 2008/06/28(土) 11:34:15


心の中の手鏡。時々覗いてみるといいかもね。

ほっと柔和なお顔、イライラと突っ慳貪なお顔、寂しいお顔、幸福感に浸るお顔、何かを発見した驚きのお顔、負けたと思い悔しがるお顔・・・

だって「人間」だもの(笑)


前にも書いたことがると思いますが、宇宙の摂理、天の采配、森羅万象、「真」とはとてもシンプルなものだと思っているのです。簡単に言えばどんな小さな子供にお話しても理解できるのが「真理」だと思うのですが、とかくこの世は難しい言葉を並べ立てて評論する方々もたくさんいらっしゃいますね。

この字、何て書いてあるの?
どういう意味?
何だか漢字(英語)ばかりだな~

阿呆な私には理解不能。もっと易しい優しい言葉で語って欲しいな。


「うらをみせ おもてをみせて 散るもみじ」
おもてとうらがるんだよ ほら、もみじのはっぱにもあるでしょう?
おもてとうらがあって 一枚のはっぱなんだね

同行二人 あなたはひとりではないよ 見守って下さる方がいるんだよ みんなそうなんだ



簡単だよね。ほら、これなら子供だって理解できると思うの。

そして何かを乗り越えた求道者(あえて求道者と呼ばせて頂きます)は、地道にコツコツと歩いて欲しいと思うのん。
真の求道者は仲間や名誉を求めたりしないと思うのん。

お釈迦様も空海様もコツコツと歩いておられました。擦り切れた草鞋や衣服などものともせず。地味に地道に歩いておられたと思います。これが本当の真理を求める者の姿なのかも知れません。

今の人類は違いますね。お金を持ってる、権力がある、顔が綺麗、優しい、カリスマようなパワーがある、云々を崇めがちです。この中で曲者が「優しい人」ですね。

優しい人はたくさんいる。
でも、「本当に」優しい人はまずめったにいない。
いい人はたくさんいる。
でも、「本当に」いい人はまずめったにいない。

もみじのはっぱなんですよ。似たり寄ったりのもみじのはっぱばかりだと思うのです。

私も含めて(笑)



  • ジャンル:

指し示される言葉は

  • 2008/06/27(金) 23:57:51


今日 2008/6/26

朝早くに一旦目覚め、しばらくしてまた眠りに入ったのですが・・・

半覚醒状態で真っ白の丸い紙に何か文字が書いてあるのが見えました。

何でしょう? 漢字ばかり? 神名? そして行き先?

その画像を見て目を開けたのですが、目を開けるととたんに書いていた文字は忘却の彼方・・・

「あれ?何だっけ?」 ま、こんなこともあるのですね。

多分、頭の中では納得していたように思うし、これからの指針だったように思うので気にしないようにします。そこへいつかは行ける気がしたから。・・・・・


「今を精一杯生きるがいい。

 貴方が願う世界は、貴方と寄り添って存在している。

 貴方が感じる世界は貴方が行くべき世界。

 素直に生きるが良い。そのまま行きなさい。

 我々はいつもここにいる。

 いつまでも待っている。ずっと待っている。

 貴方が願う世界はいつもそこにある。

 忘れないで欲しい。貴方は貴方であることを。

 待っていますよ、かけがえのない子供達・・・」


こんな声が聞こえたような気がします。・・・



お陰様で今日はいつもと変わりなく一生懸命働き、食事の用意をし、お洗濯や片づけもし、ワンニャンの世話もし、息子と夫婦で仲良くご飯を食べ、ありきたりですが幸せでした。

この沸々と沸き起こる幸福感はどこから来るのでしょう。・・・・・感謝を。


今まで手助けしてくれた異次元のみんな、待っていて下さい。必ず帰るから。心配かけてごめんね。泣かせてごめんね。なでこなでこして下さって有難う。寄り添って下さって有難う。一緒に泣いて下さって有難う。みんな大好きです。^^



と、こんな気分でいるのです。

さあ、明日も元気にお仕事だ! 寝よう。・・・


  • ジャンル:

ヒビ割れるアメリカ

  • 2008/06/26(木) 11:16:19


ここ数日、雑夢を時たま見るくらいでぐっすり眠る夜が多いのですが、昨夜は何か暗示的な夢を久し振りに見ましたよ。

**********************************************************************

2008/6/26

※アメリカ中部(?)の広大な大地にひび割れ。勢いよくひび割れの筋が南から北へ向かって走っているのが上空から見える。
ポツンと工場が見え、その工場の屋根には大きなファンをいくつも取り付けてある。ファンを上から覗くと、熱しられた熱い空気を排出しているのがわかる。その工場の真下を通ってひび割れは北上する。
工場長らしき人に「ひび割れが迫って来ているから工場をストップさせて全員避難させたほうが良い」と伝えた。

このひび割れが走る様を何度も繰り返し見る。

地下が歪み、地下で仕事をする人々数人が落盤により死亡とのニュース(?)が耳に聞こえた。大きな数字ではない。10名以下の人数のようだ。

アメリカ中部だけではない、その他でも起こっているのだと感じた。

**********************************************************************

またしてもアメリカ。

今、大変な状態なのに追い打ちをかけるような暗示。何でしょう?

カラッとした夢だったのですが、砂漠のような乾燥した空気を感じ、悪夢のようなドロドロ感はなかったですね。

地下? 地下が異常事態になっているのでしょうか?

日本では、戦後復興と共に地下の整備が進み、今その地下のパイプラインに頼っていますね。あれから何十年経ったのでしょうか?

地下陥没。張り巡らされた地下の「穴」は、時間と共に劣化が進んでいるところ。これも心配ですね。



それはそうと、昨夜は映画「トキワ荘の青春」を見ていました。(その前は「サイレン」を晩ごあんが済んで途中から見ていました。実に気味悪い映画のようでしたね。)

tokiwa.jpg


昭和30年代初頭?この頃私はどこに居たのだろう?

あの世から日本を見ていたのかも知れないと、別な視点でこの映画を見ていました。考えてみると、巨匠達は私が生まれるずっと前から絵を描き続けていたんだな~と感慨深いものがありましたね。

あの時代はまだ豊かでしたね。心が。


  • ジャンル:

空海様の足跡

  • 2008/06/25(水) 00:53:36


「その地の「気」2008/06/24(火) 18:24:10」で書いた龍脈。ここで気になっていた箇所を書いておきます。明日になれば忘れるかも知れないから(笑)私の夢や不思議現象、思考の記録ノートにもなってるんですね、ここは。(爆)時々逃避行したくもなりますけど(苦笑)

四国八十八箇所の1番から9、10番あたりまでは中央構造線に沿ってお寺が並んでいます。ところが、ふいに阿波神山へと足を向け険しい山道を登り、山間の焼山寺のある地方へ向かい、そこから再び阿波中心部へとUターンし、とって返したように四国の地形に沿って南下するのです。
ここが腑に落ちない箇所でした。

龍脈の爆発を抑えて護るためなら龍脈に沿って歩けばいいものを、空海様は迂回しました。

何故か?

人の流れです。人、つまり大きな心、変幻自在の「心」を持った人間の行動する集団の大きなパワーを知っていたからだろうと思うのです。
そのまま伊勢あたりから阿蘇へ向かって龍脈に沿って流れを作ってしまえば、ヘタをすると暴れようとする地龍、水龍などのパワーの無意識下における助けにもなりかねません。伊勢神宮あたりから阿蘇へと抜ける脈、ここを上手く断ち切らなければ大災害が起こると感じたのかも知れません。断ち切ると言うより、緩和させると言えばいいのでしょうか。中和剤ですね。
お伊勢さんは元より、強いパワーを内在しているのは阿蘇の神々様なのでしょう。火の神様であらせられ、龍脈である構造線さえそこを避けて通るほどの凄まじいパワー。一直線に繋げてはならぬと感じておられたのでしょう・・・(と思うのですよ)それほど強大な力を持っているのが地球、です。

伊勢と阿蘇のど真ん中にある四国。ここでパワーを緩める手段が必要だったのではないか、と思うのですよ。だから龍脈の四国の始発点、鳴門に1番札所を置き、途中から思い直したようにその流れを一旦南下させ迂回させた・・・そのまま一直線に構造線沿いに歩けば、伊勢方面から阿蘇方面への流れをいっそう強めてしまうから。

そして四国を取り囲むように寺が建つ。

無限大∞のパワー、拡大しながら外に弾くパワー。

寺は由緒ある神社のすぐ側にあります。おそらく神道にも神髄を見出していた空海様は、日本古来の神々様の助けを得ていたのではないかと思うのです。
これが、「空海様の結界」なのでしょう。と、思うのですよ。
四国の結界は、四国を護るだけではなく、大切な国を大災害から護るために作られたのでしょう。

日本で次々に仏教の寺を興し、そして神仏習合と相成る。これが空海様の両部神道。なんと偉大だったことかと想いを馳せます。


さて、一応お断りしておきますが、これは私の独断と偏見にも似た思惑で書いております。ただ思いついただけってのもあります(笑)

楽しい漫画でも読んでいる気分でサラッと読み流して下さいね。真っ赤な嘘、大袈裟、紛らわしい、派手な思い過ごしかも知れませんので、ジャロにはご内密に。ごめんなさいね。


  • ジャンル:

その地の「気」

  • 2008/06/24(火) 18:24:10


空海様が一番札所を何故鳴門に置いたのか考えてみました。(自分勝手な解釈ですけども)


龍脈。

そして中央構造線。

中央構造線は、日本列島は北は静岡県から長野、群馬県を上に昇り、くるりと廻り、茨城県へと抜ける。南は伊勢湾をまたいで三重県、和歌山県の近畿を一直線に渡り、四国徳島県と愛媛県を網羅し、九州へ。大分県で二手に分かれ、熊本県を抜け、鹿児島県の海へと向かう。・・・・・

mapで見ると、成る程中央構造線が走る地には深い谷があります。過去の人々の言い伝えを真似するなら、「龍が這った後」でしょう。

三重県にはちょうど伊勢神宮がその場所にありますね。
九州には阿蘇山、阿蘇神社がありますね。(ここは避けたのかな?)
埼玉県。奥秩父。ここも通ってないですか?

ほどよく高名な神社もこの道を通って建てられていますね。・・・・・
その昔、地震は神の怒りだと考えられていましたものね。

違うのかな?


・・・・・・中央構造線がヨコだとするなら、タテはフォッサマグナ。

タテとヨコが交差するところ、、、、、ここにも重要な神社がありますね。

書くのが怖いので、皆様で考えてみて下さい。^^;;


  • ジャンル:

雑夢の中のひとつの暗示

  • 2008/06/24(火) 09:07:27


ここ数日、これといって気になる夢は見ませんでした。
唯一の夢は沖縄の海。

**********************************************************************

2008/6/22

※沖縄(?)の青い海で遊んでいる。けっこう深い海。宮崎あおいによく似た少女と一緒だった。彼女はスクール水着(?)のような水着を着ている。
一緒に海に潜る。深い深い海、青い海。
マンタの子供が悠々と泳いでいるのが見えた。

**********************************************************************

現象としては、PCでニュースを読んでいた時に真っ白の光の筋が視界に入ったこと。
真夜中に目が覚めて、暗がりの中で真っ白の粒がたくさん飛んでいたこと。
その暗闇の視界の中にぼや~とした真っ赤な光の球体が見えたこと。


あとは雑多な夢だったので、ごく個人的な心の整理だと思っています。

やっぱり沖縄・・・・・? 何かあるのかな?

気になるのは、魚が見えなかったこと。

追記

「マンタ」でニュースを検索してみれば、沖縄美(ちゅ)ら海水族館で二度目の赤ちゃん誕生!

「飼育下のマンタに2度目の赤ちゃん誕生 - 沖縄美ら海水族館」

・・・だそうです。元気に育って欲しいものですね^^

何故「魚」が見えなかったのか理解しました。水族館の保育器の中だったんだな~と。

で、なんでマンタなの?と・・・ 命を大切にしろよ、子供はちゃんと育てろよ、ってメッセージ?


  • ジャンル:

無限大ウロボロスと空海様

  • 2008/06/22(日) 03:56:58


無限大∞を図として見ると、四国八十八箇所巡り、四国の地形そのものに似ていますね。

順序通りに廻るのは順打ち、逆に廻るのは逆打ち(さかうち)
中心から左右どちらから描こうと、結局堂々巡りとなり、だから無限大。
無限大は左回転右回転から成る。そして「拡大」する。「集中」ではない・・・

拡大する世界というものは、まわりのモノをはねつける力があるね。
あるいは飲み込みながら成長する力。ビッグバン。宇宙。
また宇宙へと意識が飛びます。

自転 公転 銀河 渦巻き 太陽系 ・・・ 

ウロボロスは古代からありました。世界中にウロボロスの原型のようなモノがあったようです。
先に書いた数字の「8」は、空海様の時代には知っていたのか?という謎。
アラビア数字は現代の日本人の数学等の基本に組み込まれていますが、空海様が修行されていた時代には無かったはず。
偶然の産物とは言えない必然の不思議。

だから四国だったのかと思う。

意図していた、していなかった、どちらでも良いが、今も巡礼者が四国を巡っています。
無限大を描くように歩いていらっしゃる。・・・これがひとつの強い流れとなっていて、今では大きなパワーとなっている。そして無意識のうちに見る宇宙。

これは仏教、神道、キリスト教、イスラム、ヒンドゥ、、、宗教の壁を越えて行く力。

昔から葬り去られている四国。海に囲まれ、他者を寄せ付けない国。だからここに無限大の印を押されたのか・・・と思う。マクロ、ミクロ、宇宙の摂理、精神世界、無限ループ。

何も隠していないのだろうと思います。むしろ、見せつけているような気さえします。

ああ、そうか。だから夢の中の空海様は晴れ晴れとした笑顔だったのかと。・・・・・



と、こんな事を半覚醒状態でブツブツと考えていたのですよ。誰かとお話していたかも知れません。お陰で目が覚めてしまい、こんな時間に書き込んでいます。なかなか書き足らない(苦笑)

そして、何故か聞こえた「真ん中」を意図する声。深くて広い意味ですね。


  • ジャンル:

「8」と空海様の意図

  • 2008/06/21(土) 19:53:14


ちょっと思い出したので一言。

私の住む四国は四つの「国」があるから四国となっています。
同じように九州は九つの「国」があるから九州。

阿波、讃岐、伊予、土佐。

この地名の頭文字を並べると「あ」「さ」「い」「と」となります。

麻糸。ここでピン!ときた方もいいらっしゃるでしょう。


四国八十八箇所。1番から八十八番まで順番に回ると逆になるんだよね。
通常の八十八箇所巡りを逆に回ると「死国」という映画になるんだけどね。

・・・・・・・・・・・

ここでまた弘法大師空海様の意図が引っ掛かって来ました。

1番から88番まで辿ると、いつも横に神社があるんです。

そして剣山がどこからも見えないようになっています。これ、ホントです。


無限。∞


∞が二つ。だから88箇所なのだろうか?

「8」は末広がりの吉数。これが並んでいます。「末広がり」を昔の人はよく扇子に例えます。

扇子を広げて上下に中心点を合わせて並べると




中心がこの世。



何故隠したのか?何故1番を空海様の故郷、讃岐に置かなかったのか?普通の人間ならば、故郷を想う気持ちから1番を讃岐にしたであろうに。・・・


因みに、1番札所の霊山寺の裏が「大麻比古神社」です。


  • ジャンル:

証~君がくれたものは白い花~

  • 2008/06/20(金) 23:57:49



ZONE 「証」


ZONE 「君がくれたもの}


ZONE 「白い花」

いやなに、今、愛車の中で聞いている懐かしい歌です。
息子が中学生の時に大好きだった歌。^^


  • ジャンル:

コメント欄削除しました。

  • 2008/06/20(金) 03:12:27

あまりにも内容が・・・でしたので、しばらくコメントを受け付けないことにしました。
承認制にして、消されるのが分かっているだろうのに、そんなに何度も何度も書き込みたいのですか?とお伺いしたくなるほど酷い・・・でしたし、しつこいから面倒くさくなっちゃった^^;

まあ、そういう人もネット世界にはいらっしゃるということで・・・荒らしですね。
お陰様で本日書こうと思っていた出来事も書く暇がなくなっちゃいました。
ついでにテンプレも変えてみたりして(笑)


あ、皆様の過去コメントは大切に保存してあるからね!今まで本当にどうも有難うね!
私の宝箱に入れてありますから!^^
ここに書いてくれていた方々、お暇なときにはまたメッセでもちょうだいね。
みんな大好きっす!

まあ、私の日記場のようなブログですから、ぼそぼそとやっていこうと思っています。

このテンプレのブルーの蝶々・・・天日鷲命様の境内で見かけた青い蝶々に似てますのん。
だから、このテンプレを使わせて頂くことにしました。ありがたや、ありがたや(^人^)

そゆことで。(笑)

  • ジャンル:

ブレードランナー

  • 2008/06/17(火) 08:47:33


前に見た長い長~い神様の御名前・・・

天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命(あまつひこひこなぎさたけうがやふきあえず):⇒ウガヤフキアエズ

天津日高日子穂穂手見命(あまつひこひこほほでみ):⇒ホオリ

天照国照彦天火明櫛玉饒速日命 (あまてる くにてる ひこ あめのほあかり くしたま にぎはやひ の みこと):⇒ニギハヤヒ

天津日高日子番能迩迩芸命(あまつひこひこほのににぎ):⇒ニニギ


こんな御名でした。あまりにも難しいので考えるのはやめましょう。囚われすぎるのは良くない(笑)


あのウエハースを差し出してくれた手は、おそらくキリスト系の方。十字。


昨夜はまた変な夢を見ていました。

2008/6/17 朝方

**********************************************************************

※刑事が少年に「犯人を追っているので、それらしい人を見かけたら知らせてくれないか」と言う。自分は刑事であると堂々と少年にそれらしい仕草をするのだが、実は偽物刑事で、事の流れを起こしているのはこの刑事本人。
少年にオレンジ色のノート2冊を渡し、事の詳細を書いて欲しいと頼む。
実は、この流れ、事の成り行きを決定しているふうに見える偽刑事もまた偽物で、その裏にいる者が操作しているのだというのが本当のストーリー。
裏の裏。その裏に隠れていた者が偽刑事を刃物で狙っていることに気付かない。
偽刑事が少年の目前で惨殺される・・・・・・

ブレードランナー。少年はこの正体を知った。
「ブレードランナー。ブレードランナーはいる。探せば必ずわかる。」こんな男性の声の説明を聞きながら、頷く。ここで夢は終わった。

**********************************************************************


一見、悪夢のようにも感じられますが、私は悪夢だとは思わなかったのです。

bladerunner.jpg


「ブレードランナー」という映画は観ていますが、もう随分時間が経っていますし、今更何故「ブレードランナー」という言葉が繰り返し出てきたのかと。

調べてすぐに出てきたのが「ブレードランナー症候群」擦り込み、思い込みにより引き起こされる行動。

この世界は実は偽物、虚構世界で、裏にある世界もまた虚構であった。本当の世界はそのまた裏にあるのだということかな?
そしてそれらの事実に気付いていく。こんなところかな?

真実の世界とは?

ブレードランナーとレプリカントの戦い。もし、レプリカントが実は正しかったとしたら?本物だったとしたら?

ユダヤ、非ユダヤ。本物は非ユダヤの中にいる?

現代の神と呼ばれる存在の裏には別の世界もあって、そこが真実の世界?

レプタリアン。


そう言えば一昨日(2008/6/16)は獰猛な爬虫類を追う蛇3匹の夢を見たな・・・あの白蛇は私の守り神のような気がして愛おしくて頭を撫でたっけ。白蛇は白龍なのかも知れないね。
猫だと思って撫でたらライオンに変化した。ライオンは獅子。獅子が唸り声を上げ、彼等もまた爬虫類を追っていった。獅子はシーサーや狛犬でもあるわけで・・・

何だか一見ややこしい2日がかりの夢ですが、紐解けば偽物を追い墜とす本物・・・という構図が浮かび上がってきた。これからの来る世界なのかも知れないね。

追記

私自身が「ブレードランナー症候群」だったというオチかも知れませんね(爆笑)


  • ジャンル:

ウエハースを食べた夢

  • 2008/06/15(日) 11:17:01


夢の中で食べたことが1度もない私でしたが、5月21日の「霊界うどん?」で書いたうどんスープを一口すすったのが生まれて初めて「食べる」夢でした。

その後、またしても「食べる」夢を見ました。ここに書きませんでしたが。

**********************************************************************

208/6/7

※阿波踊りで踊るため、法被や帯、足袋などを準備して着ていた。その時、白い着物を着ていると思われる「男性の手」が視界に入った。手にはウエハースを1枚持っているのが見える。私に差し出し、「食べなさい」と言う。
私は感謝をし、有り難く頂いた。ウエハースだが、味は海草と黒胡麻の味で、とても軽い食べ物だった。パリパリと噛むと、口の中でスッと溶けて消える。健康的で栄養満点な感じだった。空気のようなウエハースだった。香りだけが鼻にツンとくる。非常に美味しかった。
あら?今のはどなた?とその男性を捜すと、すでに消えていた。

さあ、法被を着た。もうすぐ本番だ。

**********************************************************************

2008/6/15

※美しいガラス張りのレストランのような広々とした白い部屋。中には美しい緑がたくさんあり、小鳥のさえずりなんかも聞こえる。床も芝生になっている。とても気持ちが良い。
「この家は貴女の家です」と聞こえたような気がした。
真ん中に長方形の白いテーブルクロスをかけた大きなテーブルがあり、真っ白の食器や銀のスプーン、フォークなどが並んでいる。数人の男女が椅子に座って食事をしている。給仕をする男性や女性もいるようだ。
「coomiさん、貴女も食べない?」と女性が聞くが、欲しくないので断った。ローストビーフを口に運ぶ人が見えた。

あら?あの女性は先輩のN女史ではないか?・・・

私は窓側で画材を広げて、そのガラス張りの美しい部屋で絵を描いた。何枚も何枚も描き続けた。側に立ってみている男性が「これ、ここも描かなきゃ!」と言う。

(ビジョンへ移行)

真っ白の深い雪を踏む靴。

ビジョンを絵にした。

画材とキャンパスを持って外に出る。外は美しい森。その先には海岸がある。そこで絵を描こうと歩いていった。

**********************************************************************


ローストビーフは食べなかった。食べたのはウエハース。

マナの壺を思い出した。


  • ジャンル:

平成20年岩手・宮城内陸地震

  • 2008/06/15(日) 10:31:32


「平成20年岩手・宮城内陸地震」

死者6名 行方不明11名 怪我220名・・・

早く探してあげて欲しい。安否を気遣い必死で待ち続ける親御さん、子供さん達の気持ちを思うといたたまれない。そして、亡くなられた方々のご家族の思いを考えると、私自身の経験も重なり、それもいたたまれない。
情報はまだ錯綜中で、行方不明者も増えそうな勢い。孤立した村の人々も助けてあげて欲しい。さぞかし不安な夜を過ごされたことでしょう。救出された村の小さな男の子がヘリから降りたとたんに泣きだした。幼いお顔に土がついていた。救出されるまで激しく続く余震の中、気丈に頑張っていたのだろう。涙腺がゆるむ。

神様、お願い致します(土下座)


もしかして、あの夢は・・・と考えて調べていましたが、あまりにも不謹慎なので落ち着くまで書くのはやめておきますね。まずは人命の救出が一番です。ただ祈るだけでは駄目だと思うのですが、今は祈るしか出来ません。


「四川大地震」では、マスコミなども閉め出し、すでに瓦礫の撤去などが行われ出したとの情報もありますね。
待って下さいよ。その瓦礫の中には亡くなられた方々のご遺体が・・・

・・・・・中国には何を言っても無駄なのかな?
明らかに日本人には考えられない、日本人とは全く違う感性の国民だと思わざるを得ません。信じられない。


  • ジャンル:

まどろみの中で

  • 2008/06/13(金) 10:03:59

今朝のビジョン。

6月13日 朝 まどろみの中で。


どこかの高い山。連山と呼ばれるところ。一番高い山のてっぺんに巨大な光出現。凄く輝いていて

まぶしい、まぶしい、まぶしい・・・

  • ジャンル:

オーブ

  • 2008/06/13(金) 09:35:47


写真追加。
左の太い木の根元近くにオーブ?右の上のほうにも光が写ってるのを発見。
大麻比古神社(徳島市)の鳥居にも光発見。面白いですね。

oomahiro_29.jpg
oomahiro_torii_2.jpg


位置確認したら、同じ場所ではないようなので、ゴミではなさそう。
太陽の光ハレーション?分厚い雲の空模様だったけど、あるのかな?

皆様も知らない間にこんな光の写真が撮れてるかも知れませんね^^

追記

6月10日の「7」の日にお参りしたのだけれど、その日に地図で「西」へほぼ一直線上に猿田彦様と天照大神様と天日鷲命様、我が家が並んでいるのを発見したと書きました。
面白いので距離を計算すると、直線で「7.7㎞」と出ました。実に面白い結果でした。

キョリ測β



  • ジャンル:

産土様へお参りしてきました。

  • 2008/06/11(水) 11:29:27


昨日6月10日は大安でしたね。6+1で7。7は大切な数字ですから、昼から産土神様の神社へ初詣に行って参りました。「大麻比古神社(徳島市)」「忌部神社(徳島市)」です。


大麻比古神社(徳島市)oomahiro_s.jpg
大麻比古神社鳥居oomahiro_torii_s.jpg


ここが私の産土神様だったのだと思うと、感慨深いものがありましたね。猿田彦様です。ご神紋は三つ巴。
拝殿でお賽銭を入れ、ぺこり!ぺこり!と二礼二拍手、手を合わせてご挨拶。鳴門の大麻比古神社での出来事、オオゲツヒメ様や天照大神様のお膝元へご挨拶に伺った経緯などをご報告させて頂き、感謝の意を畏れ多くも伝えさせて頂きました。その間、風がゴーッと身体の周りを渦巻いていました。
境内は案外広く、楠大明神(おたぬきさん)の祠なんかもあったりして・・・弁財天様の社もありましたね。「厳島神社」と書いたお札を掛けていました。しばらく境内を散策し、第29号の巨木を見上げ、赤ちゃんの時にはここに来たんだろうな、この木はずっと見ていたのだろうなと思いを馳せました。

さて、次に行ったのが「忌部神社」(徳島市)

inbe_s.jpg
inbe_kikkamon_s.jpg
inbe_torii_s.jpg
inbe_kikkamon2_s.jpg
hikari_s.jpg


ここは天日鷲命様の神社で、天皇陛下や以下皇族の方々もお見えになる所らしく、十六八重菊の紋がやたら多いです。ご神紋は立梶の葉。境内は簡素にして静寂であり、新鮮な空気が漂います。凛とした空気が素晴らしいですね。
猿田彦様の神社では失礼ながらも「庶民的」な雰囲気でしたが、ここは違いますね。皇室関係だからでしょうか?
それはそうと、かなり光が飛んでいましたね。曇り空でもわかる光の粒が見えます。

西。

「大麻比古神社(徳島市)」→「忌部神社(徳島市)」→「我が家」→「天石門別八倉比賣神社 」
ほぼ一直線に並んでいるのを発見しました。意義深い1日でした。^^

  • ジャンル:

阿蘇の土はどこへ行ったか?

  • 2008/06/10(火) 10:33:16


「阿蘇は大切な神々の山 2008-06-03 Tue 11:35」で書いた夢の検証。
遡ってみると、昨年の12月3日に稲の夢を見ていました。

「数霊と言葉遊び 2007-12-03 Mon 08:15」で書いた田圃の夢です。

**********************************************************************

※田圃。よく実った米、中ほどしか実っていない米、成長途中で止まってしまった米、完全に枯れてしまった米。田圃をぐるりと見回して今年は厳しいな~と考えていた。

**********************************************************************

実に青々としたしっかり成長した稲、まだ成長途中の稲、成長が覚束ない稲、完全に枯れてしまった稲・・・思い出せば今見ているかのように頭の中に映像として出てきます。

で、二つのスコップで取った阿蘇の米岳のあの土はどこへ持って行ったのか?

日本は北東・南西へ伸びる国土ですから北・南というのは正しくないと思いますが、もしかすると今年の夏は南は酷暑になるかも知れませんね。水不足による田圃の被害。干害対策を徹底して欲しいものですね。もしかすると北は水害に近い状態かも知れません。ただの私の勧ですけど・・・逆かも知れませんしね。

あの建磐龍命様が人民に米を分け与えた時のように、そんな状態になる時がコクコクと近付いているのかも知れません。世界では水害・干害で大変な状況になっています。日本だけ免れるとは限りません。

そう言えば、田圃の夢を見た同日にスーパーでの物価高の様子も見ていますね。
私はこの夢が気がかりだったので、レジ係の仕事を選んで今働いているのです。スーパーでお買い物をする老人の切なそうなお顔が見えていたのですが・・・これも刻一刻と近付いていると思うのです。

ガツガツご飯をお腹一杯に食べてる時期ではないように思うのですよ。少食に慣れておきましょう。いよいよ(一四一四)の時に備えましょう(私もです)


  • ジャンル:

亀岡

  • 2008/06/09(月) 11:00:14


亀岡。

昨夜、帰ってきた主人が言うことには、保津川下りは増水で危険なため、急遽トロッコ列車に切り替えられたとのこと。

引っ掛かっていたのは「亀岡」 出口王仁三郎様の生まれ故郷であり、北には綾部、東には「元出雲」であらせられる「出雲大神宮」・・・・

ははあ~、そういうことかと。

もう少し考えてみますわね。


  • ジャンル:

アラハバキとアキハバラ・・・???

  • 2008/06/09(月) 10:31:32


6月6日でしたか、アイヌの先住民族として認定するとのニュース。何か安堵した感がありましたが、琉球民族はどうなってる?と思ったので、後で調べてみようと思います。

アラハバキ

ヤマト政権が追いやった民族。

塞の神


何か感じるな~・・・・・後で調べてみよう。難しすぎるけど。


  • ジャンル:

アキハバラ

  • 2008/06/09(月) 10:07:44


だらだらと雑夢を見続けています。心の整理でもしているのでしょう。

昨日、6月8日に秋葉原で大変残酷でショッキングな事件がありました。皆様におかれましては、おそらく池田小事件を思い浮かべられた方々がいらっしゃるでしょう。符号するものが多すぎると恐怖を覚えられる方々もいらっしゃるでしょう。

亡くなられた方々には、私の息子と同年齢の子供(青年)もいます。
まだまだこれからという矢先で亡くなられた方々には、悲しみを通り越してただその先にある光へ向かって行って欲しいと願わずにはいられません。どうか、眩しい世界へと歩を進めて欲しいと心から願います。
○○ちゃん、彼等を助けてあげてね。お願いね。そして彼等の守護神様、守護霊様、女神様、男神様、大神様、彼等に手を差し伸べてあげて下さいと、まだまだ半人前の私という人間からも烏滸がましいですがお願いしたいと存じます。どうぞお願い致します。(土下座)

皆様のご冥福を心からお祈り致します。


Le Lament s'est ?tendu dans la ville asiatique ?norme
6 et 8, les feuilles d'automn se tournent vers le rouge
L'?p?e de l'homme fol, l'attaque de l'autocar de fere
Le sabbat paisible tournera pour ?tre sanglante

アジアの大都市に嘆きが広まるだろう
6と8で秋の葉は赤く変わり
狂人の刃 鉄の馬車による襲撃
平和な安息日は血塗られたものとなるであろう
         (ノストラダムス予言詩)


「宅間の霊が憑依している」と語る方もいらっしゃる。・・・・・・

もしこの世に彼の霊が相手を探して彷徨っているのなら、死刑制度における罪人死刑執行はとんでもない霊をこの世に出してしまったということになりますね。霊能者ではないので、しかと感じることは出来ませんが、人間というものは魂の純度に応じてあの世の段階が決まります。言葉は悪いですが、「箸にも棒にも引っ掛からない輩」がたくさんいるのも事実です。

「魔は隙間をついて来たれり」

「自分が自分が」「金がすべてだ」「他人が転ぼうが怪我しようが死のうが知ったこっちゃないね」「私が一番。あんた達は私の言うことを聞いてりゃいいのよ」・・・・・黒いなあ、黒い、黒い。・・・重いなあ、重い、重い・・・

ため息ばかり出る今日この頃。・・・・・こんなブログでは語り尽くせないですね。

追記

ところで、この予言。ノストラさん、マジですかね?あまりにもドンピシャでかえって訝ってます。

あ、皆様の反応が凄くてビックラこきました。なにげに拾って書いたんですけどね。^^

  • ジャンル:

京都日帰り旅行だって?

  • 2008/06/08(日) 10:12:30


今日は華の日曜日。世間ではゆったりとくつろぎ、明日からのお仕事の鋭気を養う日なんですよね~
私は仕事ですけども。それも一番忙しい日やし・・・

それは仕方がないとして、主人がまたまた社内旅行へ行きました。日帰りで京都へ。

なんでやねん?なんで私はいつも動かれへんのん?(TVT)・・・

愚痴はやめときましょう。

京都太秦と保津川下りのメニューらしいです。

京都と言えば神社仏閣が多すぎて目移りしそうだけど、ほら、太秦から南へちょっと行くと「伏見稲荷」があるんですよ、伏見のお稲荷さん!
なんでそこ行かん?(TVT)・・・

そこ行くと、私を待ってる巫女様がいらっしゃるんですよ~
夢の中で伏見稲荷の千本鳥居の前でくるりと背中を向け、「ここへ来なさい」「ついて来なさい」とテレパシーを送ってきた巫女様です~
父さん、父さん、川下りしとる場合じゃ・・・



・・・と思ったけど、亀岡から嵐山までの川下りと聞いて、ちょっと引っ掛かったものがあります。後で調べてみます。



  • ジャンル:

無言会話 その2

  • 2008/06/06(金) 09:55:44


一昨日も義父の御世話で病院へ連れて行く予定だったのですが、人間はど忘れする時もありますよね。
義父のホームからTELがあり、朝ご飯を有り難く頂いていた途中だった私は「あっ!しまった!忘れてました、スミマセン!」と思わず素直にホームの担当者に御礼と詫びの返事。うっかり忘れるトコだった自分をバカと叱り、食べかけの朝食を横目にお箸をカチャン!と置き、急いで車に飛び乗り義父のお迎えに飛び出しました。いつもの病院行きの時間より遅れること15分。いやナニ、義父のホームは歩いて1分弱、車で15秒のところにありますからすぐに到着できるんです(笑)

行ってみると、義父のお顔が般若になっていました。(\w/〃)こんなお顔。

私は脊髄反射的に(`ー´;)こんなお顔。

「遅いぞコラ!忘れとったやろ、このアホンダラ!ドアホ!」(義父の心の呟き)

「なんやねん、その顔は!?たった15分遅れただけやぞ?病院は逃げへんわい!」(私の心の呟き)


はあ~・・・しかと確認しました。怒りも喜びもストレートに相手に伝わりますね。
無言の会話。当然ですけどもね。この場合、(・△・)イクナイ!!心の会話でしけども(笑)

私も人間がまったく出来ていませんね。般若顔を見てピキッ!と怒りマークがおでこに出てしまいましたよ。このマークが出たら負け(苦笑)

とても神様系の夢見る人とは思えませんね。ええ、自分でもそう思います。脊髄反射が物語っていますね。
こんな性格で語る資格があるのかと。実際、生活面ではこんなものですってば。


カレンダー記録を忘れずに。今回はカレンダー記載をすっかり忘れていたためのミスでした。皆様も予定・約束事はしっかり書き込んで、忘れないようにね^^

精進、精進!しっかり生きよう!!


  • ジャンル:

四大エレメント

  • 2008/06/05(木) 12:33:56


四大エレメント。

これについて誰かと夢の中でお話ししたような形跡があるので、調べていました。

あまりにも常識的で有名な「地・水・火・風」ではありますが、天使階級ではウリエル、ガブリエル、ミカエル、ラファエルが代表であり、仏教においては地天、水天、火天、風天と言われていますね。天部十二天における十二尊のうちの重要な神々様だそうで。古代ギリシャでは万物の根源「アルケーと呼ばれるそうで。・・・・・中国にもインドにもこの説は基本となって定着しているようで。・・・・・・まあ、当たり前だのクラッカー。

もうひとつ加えると密教で言う五大であり、単純にもうひとつ加えて考えるとすれば「気」かな?と私が勝手に考えていた「空(くう)あるいは気」と繋がったわけで、「空」と「気」を繋げて読めば「空気」・・・・・ん?・・・まあいいです。(だから弘法大師空海様だったんだと納得)

昔、何故こうも色々な神界からのメッセンジャーが無知で軽薄な私の所に押し寄せてくるのかと疑問だったわけですが、少ない脳味噌で考えて出した結論が「全ては繋がっている」「神々様はみんなツーカーのお友達」「誰か一人の神様が知れば、みんな同じように知ってる」ということだったのです。両部神道も調べてみまして、だから弘法大師空海様だったんだと納得しましたが、まだどこか足りないような気がしていたのですが、結局突き詰めて考えていくとそこに「宇宙」という答えが転がっていたというわけでしてね。

宇宙に関して見せられたフラッシュやビジョンも、そういうことだったのかと妙に納得したものでした。ガンマ線ですよ。ですよ。でもある。再生と破壊

ポッカリと宇宙空間に浮いて、「嘆き」を聞いたこともありましたね。トプン!と水の音(?)鈴の音(?)がかすかにしました・・・

だからどうしたとかこうしたとかは無いのですが、こんな小さな地球さえも愛せない人間は愚かな存在だと感じるだけでして、時系列も関係なく時間のない世界で考えてみれば、世界を知るということは一歩進化するのだと思うのです。

話がややっこしくなりましたね。私もどう書いて良いのか思案します。

元々、こういう世界には無知だったせいか、ハートでは感じることが出来ても文章に起こすということが苦手で出来ません。また再考してみたいなと思います。

昼寝でもします。何だか眠いし。雨やし。  であ!


  • ジャンル:

阿蘇は大切な神々の山

  • 2008/06/03(火) 11:35:28


二つの夢

H20/6/3

**********************************************************************

※突然「阿蘇へ行け」と声がした。いつもの男性の声だ。そこへ行って「」を取ってくるようにとのご指示らしい。すぐさま岩だらけ、地肌剥き出しのポッカリ穴の開いた山へ降り立つ。阿蘇だ。いつもの真っ白の袴姿だった。
また声がする。「貴女が土を取るとき、火を噴くかも知れないから注意を」とのこと。スコップをふたつ手に持って火口中心付近へスーッと降りる。火口中心を避けながらソッと土をすくう。すると、中心部がメラメラと赤くなり、震動し、小さな火の柱を立てる。ちょっと怖い。今噴火したらどうしようと思った。
そこを掘れ」との声。静かに掘る。その度に震動し、真っ赤になる火口中心部。確かに私に反応している。怖いながらもなんとかスコップ二杯分の土を取った。
二人の男性が側に立って私を見ている。ニコニコ笑っている。私は彼等を見上げて聞いた。
「この土をどこへ持っていけばいいの?」
二人の男性のうち、よく見ると一人は主人だったようだ。

**********************************************************************

※集金に行かなければならないと思っている。沢山の集金場所を書いた紙を束ねながら、一番遠いところへ行くのが厄介で仕方がない。しかし行かなければならない。これが仕事だと思っている。

(ビジョンへ移行・・・)

地図が見える。青森より下、日本海側。新潟ではない、秋田県山形県ここに行かなければならない一件がある。
仲間が自分も遠いところの集金があると不平を言っている声を聞いている。

(ビジョンへ移行・・・)

多分名古屋近辺。

**********************************************************************


阿蘇を探しました。富士山型の上部にぽっかり窪みがある山。湯だまりが無かったので、その近辺の休火山、あるいは死火山だと思った。探してみればそっくりの山がありましたよ。

 阿蘇 「米塚」 

おそらく時代が違う。現代は緑豊かな大自然になっていますが、太古は荒々しい山肌の活火山だったはず。

「昔、阿蘇の神々様が米を積み上げ作った山」が米塚。・・・・・・・・・民が食糧不足で困っているときに、建磐龍命様がこの山の米を切り分け、与えていたそうです。

第二の夢。

秋田県、山形県と言えば米所。美味しいお米が有名ですね。 「庄内米」「秋田こまち」

米。とても私らしい夢だと思いました。
天照大神様はことのほか保食神様豊受大神大気都比売神)を大切にされていたとか。こんなところでも繋がってしまいましたね。まさか阿蘇まで飛んでいくとは思いもしませんでしたけど^^;

米。これからの大切なキーワードでしょう。

そういえば、本日「世界食料サミット」開催ではなかったでしょうか?

「3日開幕の食糧サミット、国連事務総長「世界は憂慮すべき岐路にある」と警告」

だから土を取ってこいと仰られたのかな?


  • ジャンル:

テレポート

  • 2008/06/02(月) 10:34:19


ここ数日、何かの暗示的夢、ビジョンを見ていたのですが・・・・・自分自身についての内容だったようにも思うし、さほど重要なものでは無さそうなので忘れてしまいました。「火水土風」四大エレメント、これについての誰かとの会話だったように思います。或いは自分自身が探っていたのかも知れません。

H20/6/1の不思議な出来事以外は、ココに書くような特別なことは何もありませんでした。


貴方は物体移動、テレポーテーションを信じますか?

私の洋服ダンスの中での出来事だったのですが、そのモノを見たときは腰を抜かしそうになりました。ビックリ仰天してしまい、主人に向けて奇声を発し、あまりにも不思議だったので、これを見てと手を広げてその物体を主人に見せていました。

「勾玉」です。

おそらく、昔頂いたネックレスだったのでしょう。私の記憶には全く「勾玉を頂いたことがある」という一欠片の記憶の痕跡もなかったものですから、どうしてこんなものがココに?と仰天したと同時に不思議で不思議で仕方がなかったのです。

少し前に、我が家の家計の総点検をし色々と変更したがため、洋服ダンスに仕舞っておいた証券などを整理し、念のため必要なもの不必要なものを選り分け、不必要なものを処分し、そして中に入れてあった洋服なども再度クリーニングに出したりして片づけたのですが・・・ええ、洋服ダンスの中の掃除をしたその時はまったく勾玉を見かけなかったのです。その中に「ある」とも知らなかった。

ところが昨夜、ちょっとアレを出しておかなければと思い立ち、ソレを仕舞ってある洋服ダンスの扉を開けたとたん・・・・・目の前に「勾玉」

驚くのも当然です。持ち主の私が長いこと見ていなかった(完全に忘れていた?)のに、そこに突然コロンと転がっていた。いかにも「私はここよ」と意思表示しているみたいに・・・・・どこからかテレポーテーションでやって来たような気がしてならないのです。あるいはタンスの中を目に付きやすい場所に移動したのか・・・

皆様にはこんな経験がありましたら、またお話して下さいね。

因みに、昨夜の主人の反応。

あり得ん、あり得ん。お前のど忘れ、お前のど忘れ。健忘症、健忘症。寝言は寝てから言え」でした。


  • ジャンル: