fc2ブログ

ひっくり返りました。

  • 2022/07/18(月) 16:02:38



皆様こんばんわ。


ちょっと気付いたことがありますので、書き記しておきます。




2022年7月7日。

天地がひっくり返ったかも知れません。

これからは上が下になり、下が上になります。




私事で恐縮ですが、7月7日に、私は初めて天から大入り袋みたいなものを受け取りました。会社がその日に千客万来・満員御礼・売り上げ爆上げのため、従業員に感謝を込めて大入り袋で一人頭500円くらいのふるまい御礼したようなものです。それをささやかに受け取った日なのです。

心ウキウキ、本当に私などが頂いていいのですか?神様?? こんな気持ちでした…



私は現世では底辺のようなもので、有名人でもなく金持ちでもなく、家柄が誰でも知るところの武家でもなく、美女でもなく勉強ができるわけがなく、スポーツ万能でもなく目立ったところがちっともない人で、だいたいが表に立てない人で(立てば怒られる)ひっそりと分相応に生きて来た人です。

その日、この歳になって初めて頂いたのです大入り袋。



7月7日の出来事はささやかな喜びでしたが、今ではそれが号令に思えて来ました。






話は安倍さんに戻ります。

安倍さんは表に立って国を引っ張る人でした。

日本を立て壊し、新しく作り変えるお役目があった方です。


日本国政府のトップに立ち、8年もの間にひとつひとつ壊し、築き上げていかれました。お蔭様で日本国の地位は安倍さんの力によって復活しました。そして世界中から慕われ、今や日本ブームが起こっています。日本を取り戻したのですよ。

G5の立ち上げメンバーだった頃や第二次大戦前までは日本は大国として信頼されていましたが、あの第二次大戦での敗戦や自民党与党の派閥争いなどで政権は安定せず、首相はコロコロ変わり、とどめは民主党政権で日本に対する信頼は地に落ちてしまいました。金だけ持っているだけの行動しない日本、「Show the flag!japan!」と叱咤揶揄され、国民も「これはまずい」とさぞや思ったことでしょう。何を隠そう、私もそのうちの一人でした。



そして安倍さんの登場です。


神仕組みです。




次々と古いシステムをひっくり返し、日本が中心に中国包囲網を築き上げ、現在では安倍さんの自由と繁栄の弧構想を先進国が追従し、クアッドを立ち上げ、今や日本は憲法改正・自衛隊明記・地球規模安全保障協力の推進へと舵を切っています。これも安倍さんのお陰です。



そして2020年8月28日、持病の病からくる様々な問題から総理大臣を辞任されました。

その後治療に専念され、回復後は「野生の安倍さん」と異名をとり、自由に動かれました。しがらみから解放され野風憎のように駆け巡り、楽しそうに各国の要人と会い、大切な事を内々で話し合われました。各国の要人は安倍さんの想いをよくご存知だと思います。




安倍さんは上から下(我々と近い場所)へ降りられ、日本国民の誰彼と言わず接し影響を与え、そして国民の目の前で7月8日銃に撃たれたのです。

回復後、総理大臣に復帰されていればこんなこともなかったとは思いますが(そう思うととても辛いですが)安倍さん自身が下にいることを選ばれたのです。上にいれば命は今も守られていたでしょうが、相変わらず皆が安倍さんにおんぶに抱っこで政治家も経済界も国民も目覚めなかったと思います。時代も変わらなかった。



これも神仕組みです。時代は変わりました。






これからは一生懸命努力しても浮き上がることもできなかった才能ある人々が表に出て来ます。下から上を仰ぎ見て溜息ついていた人々です。(私ではありませんよ、私はあちらに逝ってから仕事が山積みですので現世ではゆっくりしときます。もう歳ですしね。)

上下の垣根は取り払われ、実力ある本物の人が上に上ってきます。

そして上に居た見せかけだけの人々が降りてきます。今度は下の役目を負います。

7月7日の嬉しいささやかな出来事は、上下ひっくり返る号令号砲です。


人類だけのポールシフトは日本からです。そのため翌日に安倍さんの死がきっかけ・象徴として起こったのです。






「新しい道ができる 2022/01/06(木) 03:12:47」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1696.html


~抜粋始め~

壊すお役目、立て直すお役目の方々も頑張って下さいまし。壁を突き破ってあげて下さい。



今までは、真っ当な道を歩んできた才能のある人でさえあの電車に乗れなければ不当に淘汰されてきましたが、これからは愈々道が分かれてくると思うんですよね。いわゆるエスカレーターや直通電車は消え去り、己の力で自由に上って行くことが出来るようになるのでしょう。(ただし真っ当な思考で真っ当な世界観のある方です。そういう方々に皆がやっと気づき、光に照らされる時代となるのでしょう。)

こんなはずではなかったと塞ぎ込み、人を恨む人間になる方々、やっと自由になったと大喜びして他人にも優しくなる方々と、二手に分かれるかも知れませんね。


(中略)



自分の魂以外のお金や物品などを信じる人や自慢する人、悪い性根を持つ人、知らん顔ばかりする人、他人を馬鹿にする人、見捨てる人などなどは今後は進化できませんので。


清く心地良いなめらかなきめ細かい波動でないと今後は対応できなくなるでしょうね。




新しい地球号に乗れるのは、後者のそういう人々なんです。荒い波動はバリバリと激しく破壊されますから今からでも浄化するがよろし。(三種の神器の発動は恐ろしいですぞ)


~抜粋終了~




あの時はまさか安倍さんとは思わなかった…







ひふみ神示 第01巻  上つ巻 / (うへつまき)
http://hifumi.uresi.org/01.html

第三十五帖 (三五)
 死んで生きる人と、生きながら死んだ人と出来るぞ。神のまにまに神の御用して呉れよ、殺さなならん臣民、どこまで逃げても殺さなならんし、生かす臣民、どこにゐても生かさなならんぞ。まだまだ悪魔はえらい仕組してゐるぞ、神の国千切りと申してあるが、喩(たと)へではないぞ、いよいよとなりたら神が神力出して上下引っくり返して神代に致すぞ、とはの神代に致すぞ。細かく説いてやりたいなれど、細かく説かねば分らん様では神国(しんこく)の民とは云はれんぞ。外国人には細かく説かねば分らんが、神の臣民には説かいでも分る身魂授けてあるぞ、それで身魂みがいて呉れと申してあるのぞ。それとも外国人並にして欲しいのか、曇りたと申してもあまりぞ。何も心配いらんから、お山開いて呉れよ、江戸が火となるぞ、神急けるぞ。七月の七日、ひつくのか三。




ひふみ神示 第02巻  下つ巻(四百つまき)
http://hifumi.uresi.org/02.html

第十三帖 (五五)
逆立ちして歩くこと、なかなか上手になりたれど、そんなこと長う続かんぞ。あたま下で手で歩くのは苦しかろうがな、上にゐては足も苦しからうがな、上下逆様と申してあるが、これでよく分るであろう、足はやはり下の方が気楽ぞ、あたま上でないと逆さに見えて苦しくて逆様ばかりうつるぞ、この道理分りたか。岩戸開くとは元の姿に返すことぞ、神の姿に返すことぞ。三(みち)の役員は別として、あとの役員のおん役は手、足、目、鼻、口、耳などぞ。人の姿見て役員よく神の心悟れよ、もの動かすのは人のやうな組織でないと出来ぬぞ。この道の役員はおのれが自分でおのづからなるのぞ、それが神の心ぞ。人の心と行ひと「○・」の心に融けたら、それが神の国のまことの御用の役員ぞ、この道理分りたか。この道は神の道ざから、神心になると直ぐ分るぞ、金銀要らぬ世となるぞ。御用うれしくなりたら神の心に近づいたぞ、手は手の役、うれしかろうがな、足は足の役、うれしかろうがな、足はいつまでも足ぞ、手はいつまでも手ぞ、それがまことの姿ぞ、逆立して手が足の代りしてゐたから よく分りたであろうがな。いよいよ世の終りが来たから役員気つけて呉れよ。神代近づいてうれしいぞよ。日本は別として世界七つに分けるぞ、今に分りて来るから、静かに神の申すこと聞いて置いて下されよ。この道は初め苦しいが、だんだんよくなる仕組ぞ、わかりた臣民から御用つくりて呉れよ、御用はいくらでも、どんな臣民にでも、それぞれの御用あるから、心配なくつとめて呉れよ。七月の十八日の夜、ひつくのか三。


ひふみ神示 第03巻  富士の巻 (二二のまき)
http://hifumi.uresi.org/03.html


日月(ひふみ)神示をまた一通り目を通しておいて欲しいのです。…








  • ジャンル:

1秒の訪問?

  • 2022/07/13(水) 15:29:37


皆様こんにちは。

もう落ち着かれましたか?

通夜も葬儀も終わり、普通ならホッとするところですけど、まだ喪失感は拭えませんし、大切な人を亡くした哀しみも拭えませんが、皆様の怒りと哀しみは国民の力となり、お花畑から脱出しそうです。これが日本人だと思います。

静かな怒り。……

黙って鯉口を切る勇気。……

黙って剣を引き抜く勇気。……




日本人はちょっとしたことでアホみたいにデモなんかしません。大騒ぎして癇癪を起し、突っ伏して泣きじゃくって優位に立とうとしません。それは情けなく、みっともなく、意地汚く、自らを貶めている行為だからです。



守り抜くという怒りの混ざった真剣な思いを中でたぎらせるだけです。

それは血統でいう日本人の特性です。動くときは一気呵成にやります。

そして自分が迷惑をかけたと思えば潔く腹を切る民族なんですよ。







どうしようかと思いましたが、ちょこっとお知らせしときましょうね。






2022年7月12日午前。

目覚めの一歩手前。


**********************************************************************



(安倍さんどうしてるかな?…)


3人のお供と一緒にスタスタ歩いて通り過ぎる

安倍さんを先頭にスタスタ通り過ぎる

全員 スーツ姿で 黙っている


(この間 わずか1秒)



**********************************************************************




7月12日は通夜も終了し、葬儀の準備中の時間だと思います。


あの安倍さんのお顔は自分の死を知り、せねばならないことするために早々に動かれている感じでした。

察するに、遠くの支援者や世話になった方々へ御礼を申し上げるつもりで足早に動かれていたのだと思います。

真っ白の中をスタスタと速足で歩いていました。3人のお供は守護なさっておられた方々でしょう。



たった1秒でしたが、5~6mは過ぎてましたね。あちらでは一歩で行きたい場所へ移動できるのですが、まだ逝かれたばかりなので日頃の癖が残りますし、霊的にはまだ肉体を持っている時のように重い世界なので仕方がないのかも知れません。

霊的世界に完全に入れば、会いたいとお互いに思っただけで瞬時に会えます。

あのご様子を見て、誠実だった安倍さんの想いは本物だったのだと思います。

安倍さん、今回も来て下さって有難うございました!ただの妄想かも知れんけど!





以上です。

皆様、日本を守るために安倍さんの意思を継いでみんなで頑張りましょう。
私は初めてゼロ戦で安倍さんと一緒に乗ったとき、あの楽しそうな嬉しそうな笑顔にこの方は安心して国を任せられる方だとわかって、ずっと信じていましたから。


Abe_Shinzo_20200101_202207131528544e5.jpg













  • ジャンル:

日本人にしかないもの

  • 2022/07/09(土) 16:26:56


皆様こんにちは。いかがお過ごしでしょうか?

7月8日11:30頃、安倍元首相が凶弾に倒れました。すぐ心臓マッサージをしていたのがわかりましたから、即死に近い状態だったのではないかと思います。

まずは安倍元総理のご冥福をお祈りしますと共に、今も政権を握っている自民党には今こそしっかりと踏ん張って頂きたいと切に願います。

昭恵さんが心配ですが、支える人々がたくさんいらっしゃると信じていますので、まずは静かに心の整理をさせてあげて欲しいと願います。

合掌。…



安倍さんは世界の流れを変えました。特亜の勝手を止め、各国の手を繋がせ、覇権主義・一国統治主義・拝金主義の中国包囲網を築き、唯一の同盟国である米国としっかり手を繋ぎ、あのキャラクターで世界のトップ達をなごませ、ロシアには何十回と足を運びプーチンさんさえもなごませました。プーチンさんの少し長めの哀悼の言葉は本物だったと思います。

ただただ残念です。…


安倍さんにはよく夢見にご登場いただきまして、私自身では深く感謝しております。いつも楽しそうなお顔だったのがせめてもの救いです。ゼロ戦に乗ってにこにこ笑顔だったり、一緒にご飯食べたり、お茶飲んだり、政治家の仲良いお仲間数人と雑談したりと、とても楽しかったです。
安倍さん、本当に有難うございました。… いつでもいいのでまた楽しく語らいましょうね。

最近は5段階の世界まで見て経験してしまい、夢見もずいぶん減ってしまいましたけど、安倍さんならいつでもOKです。オープンハートです。

でも、今しばらくはゆっくりお休みくださいね。(o^―^o)



皆様は7月辺りから空気が変わって来たのを感じましたか?たぶん7月7日の七夕からだと思います。
現実世界の私自身にもめずらしくちょっと嬉しい驚きがあって、心晴れ晴れとしておりました。
そして翌8日の奈良での惨劇…




あのね、みんな安倍さんに頼りすぎていたんですよ。政治家も経済界も世界も日本国民も。





「仕組みは作っておいたから、後は頼むぞ!しっかりせえよ!目覚めろよ!」ということでしょう。


「安倍は連れて行くぞ 後の日本が何を選択するか 見ておるぞ… ここが起点だぞ… 踏ん張りどころだぞ…」




神様は無慈悲にいきなり連れて行かれることがあります。でも連れて行かれた本人は、すぐにそこは大満足な世界であることに気付きます。現世に生き残った私達も、徐々に「ああ、幸せそうなところにいるんだな…」と、そのうち癒されます。

侮蔑の言葉を投げかけられても自分自身を押し殺し、日本のため世界のため他人のため身を粉にして働き、我欲を捨て、音楽や芸術を愛し、人や動物や植物などを愛し、家族を愛し、心はいつも穏やかで優しく清潔であれば… 最高の世界に逝くことが出来ます。


安倍さんは日本国民に「気付けよ」と大きな課題を残しあっと言う間にこの世から去りました。

あの霊界のあの素晴らしい世界をこの世に映さなければならないのです。それが国として出来るのは日本だけ。

泣いてばかりいてはいけません。精神力・胆力を奮い立たせて下さい。感謝を忘れず前に進んで下さい。

そう仰っておられます。

ここのブログの初めに書いてある「神様だって剣を持っている」ことを忘れずに…

まずは明日は選挙に行って下さい。お願いします。















  • ジャンル:

お茶碗洗っておりました

  • 2022/06/17(金) 16:16:11



皆様こんにちは。


「追記有り「まつりが近いのかな?」でも過去に自分が救えたのは一人だけ 2022/06/07(火)03:46:40」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1708.html

で書いた白地図



白地図が見えたと書いて、自分なりに「ガイアの法則」と判断しました。

白い県境があって真ん中にまっ黒の線があって、四国を貫き淡路を貫き近畿へ達し、中国道へ至る。

新しい道路?と思ったのですが… 特に徳島は現在の国道に重なります。




地震情報 https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2022/06/17/2022-06-17-00-51-33.html
「tenki.jp」https://tenki.jp/より)

発生時刻/22年06月17日 00時51分頃
震源地/徳島県南部
最大震度/震度4
位置/緯度 北緯 33.9度
経度/東経 134.6度
震源/マグニチュード M4.8
深さ/約50km



この地図を見て下さい。↓

sikoku-jisin-tokusima2022-06-17-00-51-33-large.jpg




これです。夢見の黒い線と同じです。やっぱり道路もそうだったのでしょう。(私の夢見にはいくつか意味が絡んでいますからガイアと地震を示唆していたのでしょう)

四国縦貫道を抜け、淡路鳴門道を抜け、大阪北辺りから明石に戻り、山陽道を突っ切り、山口ジャンクション辺りまで伸びていました。

白地図には山陰道は見えませんでしたが、震度1くらいはあったみたいですね。



6月17日深夜、夕飯のお茶碗を洗うのを忘れていたのでよいしょ!と立って洗っておりました。(すぐに洗いましょう!)

ズズズときたので「来るな」と思いながらせっせと洗っておりました。

(私、地震の最中には結構よく動くのです。キャーキャーと叫んで逃げたり隠れたりしないのです。実際さほど大きな地震は来たことがないので慌てないのもあります。昔から子供を落下物やら転倒家具から守らなければならないから、すぐに動き出す癖が身についているみたいです。ですから地震の最中にもずっとお茶碗洗ってました。)


「あ、白地図…」

「そうか、これも通知されてたんだなぁ…」


呑気に茶碗をゆすぎながら思い出していました。




あの黒い線は四国の中央構造線でしょう。新しい道路?と思えたのは、構造線は現在の道路と重なるように近くに位置しているから。

震源地は阿南ですから、ちょっと離れていますが、最近ちょいちょい揺れます。



これから中央構造線にも注意したほうが良さそうです。








  • ジャンル:

追記有り「まつりが近いのかな?」でも過去に自分が救えたのは一人だけ

  • 2022/06/07(火) 03:46:40


皆様、お久し振りです。こんにちは。


いや、今は真夜中なんだが…





白地図見ました。私の住まう地方都市の地図です。四国ね。

真ん中に太く黒い道があって、それは近畿地方~中国地方と繋がっています。




??? 新しい道かしら?





いやいやいや、フラッシュ現象を見た瞬間に目覚め、考えてみたらたぶんコレだと思います。

「ガイアの法則」https://movie-enta.site/gaia-theory/


(コヤッキーさんやん!ヽ(^o^)丿)
(一応貼り付けておきますね)






日本の時代になるんかな??




東廻りは物質面の発展、西廻りは精神面の発展らしいのですが、思うに日本以外の国々にはもちっと精神面をどうにかしたら?と思っていましたから、日本精神がポピュラーになるなら喜ばしいことではないですか。素晴らしい世界になると思いますよ。ヽ(^o^)丿バンジャイ!

もうそろそろ移行してくるかもですね。もうそろそろその芽は出てきつつあります。


その時代が住めば後は… 知らんがな。



何せいつも日本は狙われていますからね。何か開発したら米国に頭をどつかれ、ようやく作ったと思えば中国やら韓国やらに盗まれ、可哀想な民族だったんですから。特に特亜や欧米は精神入れ替えたほうがいいですよ、天国いけませんから(一部の人だけは行けますが、ほんのごく少数です)お気の毒になります。日本人もそうですよ。気を抜くと真っ逆さまですよ。



勘違いしていたことがひとつ。


また夕方の街に来たなぁ、薄暗い街だなぁ、夕焼け?赤っぽい、街灯があるけど暗いなぁ…


これね、下のレベルの霊界なんですよ。薄暗い中で働いている人がいましたけど、あの人々には普通に明るい昼間の世界に見えているんだなぁと気が付いたのです(気付くのが遅い!)
だから空を飛ばなかったのだろうと思ったのです(まったく鈍い!)


もうそろそろ彼等も気付いてくれただろうか?… 一生懸命説得しても聞く耳を持たないからね。当時、私が救えたのは一人だけでした。若いお姉ちゃん。






今日、ふと思い出した過去の熾烈な戦い。



いつも思い出しては泣いてたなぁ… 地球さんを見ては涙ポロポロだったなぁ… 神名を見てはさめざめ泣いてたなぁ…

今思い出しても目頭が熱くなって… あの曲はまだあるだろうか?… この曲で泣きながら地球さんを想った… 人を想った…







ありました。






まつりうた

作詞:MEGUMI
作曲:川井憲次
歌:林原めぐみ

風さらう みなもへと
たゆとうて 導かれる
まにまに 浮かぶしらべ
響きわたれ 永遠に

ゆらぎゆらぎ ふるえて
果てない天(そら)へ
時をこえ 行き交いて
かそけき 浮き世へ

今つどへ人間(とも)よ 大地へ

忘れし 唄を歌い
失いし 思いをもて

再びまみえるまで

深く深く眠れ
時は流れゆく

※開始 10秒後くらい?



この唄を聞きながら、まだ人間は捨てたもんじゃないと心を癒し奮い立てていましたっけ。懐かしいね。

いやいやいや、アニメソングなんですけどね((笑)

ではまた。





追記  2022/06/11 am:02:50

>もうそろそろ彼等も気付いてくれただろうか?… 一生懸命説得しても聞く耳を持たないからね。当時、私が救えたのは一人だけでした。若いお姉ちゃん。

あ、これね、自分の力で救えたのが彼女一人だったわけです。当時はまだまだ初期段階でしたからね~(^_^;) まったく見ず知らずのおねいちゃんでした。必死で説得したら聞く耳を持ったってところですか。目の前で飛んであげたんだったと思う。それにのっそりと気が付いた…って感じかな?目線が私に向いていましたから。「貴女も飛べるんだよ!ここを抜けたら!」

当然、不動明王様や阿弥陀如来様は全員救えます。当たり前です。








  • ジャンル:

きのこ雲

  • 2022/03/24(木) 16:54:45







ミサイル?


いや原爆。


きのこ雲。






  • ジャンル:

追記有り「コメント欄から」三千世界まで

  • 2022/03/24(木) 16:47:13


皆様こんにちは。


唐突にコメント欄よりコピペです。

**********************************************************************


22/03/24
タイトルなし
こんにちは。

随分前の一節なのですが、

神は命を与えそして奪う。

ドラマだったと思いますが、今でも印象深く残っています。




こんにちは。^^

そうですよ。前に書いてある階層の第五段階は神の領域で人間の魂が入り込めるような場所(位置)じゃないですし、ましてや行くべき場所ではないと思いました。そこで感じたのは神はブラックホールで、何も感じていないということでした。
拒否することもなく、歓迎するのでもなく、ありとあらゆるものをただ吸い込んでいるだけなんだと思います。

人の感情など微塵もなく、巨大すぎて遙かすぎて人類が築き上げて来た歴史もそれに付随するすべての人間の心の動きなど、吸い込んでも吸い込んでも感じ取れないのです。それほど巨大なんです。

地球人類が生まれて死んでもミジンコの一匹が生まれ死んだようなもの。それほど深く広いのです。

須弥山の図。その頂上が神の世界と言いますが、そんなものかしら?と思うほど凄い世界だと思います。有と無が一体となってあるのかないのかわからない状態でどんどん吸い上げて消化しているようなものです。それを「神は命を与えそして奪う」と勝手に人間が感じているだけです。







22/03/24
タイトルなし
ただ、限界なんじゃないのかな?とは
思っています。




必死で動いておられるのは第四段階で見える神々です。天使とか御使いとか神と言いますけど。
彼等はまだまだ人に近いのです。だから人間界の限界を感じて救助に動いているのです。
そしていずれあの第五段階の神の世界が近付けば消滅するか耐え抜くかのどちらかです。
私は消えそうな・・・(^_^;)まあいいけど。

来年は四緑木星だそうで、木の性質なんで世界が優しくなれるようにと祈りたいですね。
現世界のリーダー達はみんな馬鹿ですよ。





**********************************************************************







須弥山(須弥山図)しゅみせん

world3.gif




ああ、そう。梵天様。思い出しました、ということは忘れていました。(笑)


三千大千世界とは
https://yasurakaan.com/shingonshyu/sanzendaisen/
「高野山真言宗 やすらか庵」さまより拝借 https://yasurakaan.com/

勝手に貼り付けてすみません。いつものことなのでお許しを… ←おい!





須弥山 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A0%88%E5%BC%A5%E5%B1%B1



夢見の中頃、先に私から離れて行かれたのは仏様方でした。

何故ですか?とお伺いしたいのですが!(# ゚Д゚)

狐さんは初期に離れて行かれたのですが!(# ゚Д゚)



仏様方「よくここまで付いて来てくれた 礼を申す」と仰っておられたので、そこまで引っ張るのは可哀想だと思われたのかも知れません。仏様はお優しいのです。

狐さんは悪霊に化けたのか教師だったのかわからないけど「ありがとう」と笑顔だったのでたぶん教師だったのでしょう。
因みに私に置き土産はありませんでしたよ。ただ怖い目に遭わされただけです!骨折り損と草臥れを儲けただけです!(# ゚Д゚)



こういう風に上って行ったみたいですが、人間はまだまだ第五段階には入らないほうがいいですよ、マジで。











追記 (2022/03/24 pm17:00)


日月神示では「三千世界の大洗濯」「三千世界の大掃除」「三千世界の大道」等の記述あります。

須弥山図をご覧になっておわかりいただけただろうか?


  • ジャンル:

生命の樹と善悪の知識の樹

  • 2022/03/21(月) 17:08:53





皆様こんばんわ。


かなり怒ってました私。




**********************************************************************

2022/03/18


~ビジョン?~



二枚の図 目の前に浮かんでいる


生命の樹・・・ 二枚あったっけ?(不完全でよく見えないが)


その奥に誰かがいる 白い服のおじいさんが立ってこちらを見ている?




え?どうか?だって??






「そんなものありませんよあの民族には!!!!(# ゚Д゚)」




奥に立っておられた方が 静かに溜息ついた?


「そうか・・・」(お顔は見えない)




白い服が少し汚れてる?


(大変なんだな・・・)



     (意識覚醒)




**********************************************************************






どなたなのか存じませんが(たぶん守護神様あたりの白い方)(前に覗き込んだ御方)生命の樹と善悪の知識の樹でしょう?

何だったか忘れていたので調べたのですが、旧約聖書の記述には生命の樹と知識の樹があったので、これですよね?だから二枚あったんですよね?




生命の樹 (旧約聖書) 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E5%91%BD%E3%81%AE%E6%A8%B9_(%E6%97%A7%E7%B4%84%E8%81%96%E6%9B%B8)


そうそう、この図・・・

Tree_of_Life,_Medieval

カバラ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%90%E3%83%A9






私が怒り心頭だったのは極東に対してであり、現在の人類に対してです。心の中で怒鳴り上げたいほどでした。



「人類という生き物をはなからやり直して頂きたい!」
「魂の綺麗なものだけ救助して他は消していい!」


(自分も消えそうだけども・・・)






こういう夢見でしたね。憤慨してました。

助けろと? 無理無理・・・避難民は助けたいのですが・・・元々心の優しい穏やかな人たちなら大丈夫でしょう。しかし、本当に臭い魂の持ち主がいます(糞尿や下水の腐ったような鼻がひん曲がるほどの臭気を発する魂の主)から、全員助けるのは無理だと思います。腐った部分を斬り飛ばすか焼き尽くすしかない。

ま、考えは全部見える化してますから、前に立っておられたあの御方は何も口に出さなくとも全部ご存知ですけども。

守護神様?はその少し汚れた服から必死で救助活動なさっておられるのはわかっています・・・少し前から御使い様たちは大勢で救助しておられるのですよ。御使い様も守護神様も真っ白の輝くドレスが人類のどす黒い思念で汚れてしまってます。お気の毒です。



しかし、よくもまあいけしゃあしゃあと言ったもんだと・・・自分、霊的世界でどんだけやったのよって言われそうですね。申し訳ないです。






ついでにこれを。


ヨハネの黙示録 21章
https://www.churchofjesuschrist.org/study/scriptures/nt/rev/21?lang=jpn

”27 しかし、汚れた者や、忌むべきこと及び偽を行う者は、その中なかに決けっしてはいれない。はいれる者は、小羊のいのちの書に名なをしるされている者ものだけである”





私は聖書(特に旧約聖書や黙示録)もよく持ち出しますが、事情があるのですよ。


「内緒にしていた1月23日の夢」2008/03/07(金) 22:11:12
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-217.html


~抜粋~


**********************************************************************

1月23日の夢の内容。唐突に両の手の平から血がポタポタと流れだしました。床に血が落ちて、慌ててタオルで拭くのだけれど、それも間に合わなくなるくらい血が溢れ出しました。気付くと足の甲、身体(上半身)からも鮮血がどんどん溢れ出てきているではありませんか。血を拭いていたタオルもみるみる鮮血で真っ赤に染まりました。ビックリしてもんどり打って、これはどうしたことかと仰天してしまいました。痛みは無いのですが、鮮血が止まらず、床の血の海にキャーキャーと喚きながら転がって大変な思いで藻掻いていたのです。誰かが側に立ってじっと私の様子を見ていたようですが(男性です。足が見えました)気にも留められないほど藻掻いていたのでした。それどころじゃないと。そして散々転げた後、何故か怒りがふつふつと込み上げて来ました。髪の毛も顔も血で濡れています。血で濡れた髪の毛が顔にはりついています。疲れてしまいました。血だらけの床で鮮血で染め上がった服のまま、手の拳をギュッ!と握りしめ、大声で喚きました。

「私を殺しても、私の血は跡を残す。必ずや私を知ることになろうぞ!」と。

吐き所の無い怒りを、天を仰ぎ見てぶつけてしまいました。怖いやら辛いやら悲しいやら腹立たしいやらで、何とも言えない気分で拳を天に向けて突き上げていました。

その直後目覚め、フラッシュ画像が出現。十字架でした。古い汚い木で出来た等身大の十字架。釘の跡までハッキリ見えました。その間、3秒ほど。

**********************************************************************


~抜粋終了~



「聖痕」です。頂いてます。これも本人はかなり怒ってましたけども・・・なぜか怒り狂ってた?みたいです。

夢見の中で聖痕によって悪の部分が血となって抜けたのかも知れませんね。そうだといいんですけどね。

普段は普通のババアですし、この場合は新約聖書イエスの焼印と申しますが、とにかくショッキングで怖い夢見でしたね。

wikiによりますと、脳の思い込みによって人体に聖痕のようなものが出るそうです。私の場合はすべて夢見。



聖痕 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E7%97%95








  • ジャンル:

コラボは困るね

  • 2022/03/16(水) 14:46:18





皆様こんにちは。


先の記事で、もう夢見の段階は終わったと書いたところ、2021/03/16の朝にありました。どうしても辞めさせてくれない企業の課長みたいですね。




**********************************************************************

2022/03/16


~夢?ビジョン?~




11日


何か事件があった 大きな事件

刑事たちが走り回る

どこか そう大きくない(東京大阪並みではない)街


広島??

名古屋??


春?秋?


刑事たちは薄目のジャケットでノーネクタイ




(あ! 水が!)


ビルの合間を縫って 水が押し寄せる



刑事たちは流される



一人の刑事が水から逃げ出し 立ち上がって こう言う





「11日… あの事件があった日だ…」

「重なった…」




     (意識覚醒)




**********************************************************************




広島、名古屋、、、 (雰囲気が)そんな街のようでした。この規模だと博多もかな?


刑事さん役が「しもべえ」安田顕さん。「銀魂」村田鉄也役でしたね。

ギャラは払えないけど、なんか、すいません。しんどい役を有難う。(^_^;)




まあ何ですね、もう夢見は無いよと書けば「そんなことはない」と答えが出て来る不思議。いつものことながら、たまにはPC消して下さいよ上の方々…と思いますが…

ずっとここ覗き込んでいるのは知っていますよ。ヽ(^。^)




ここに書けば不運が遠ざかるならそれでいいことにしときましょう(笑)


春から秋にかけて、洪水にご注意を。特に広島(ふみきゅんの故郷)











  • ジャンル:

破壊と再生 人類抹殺と救済 立て替え(打ち壊し)立て直し(再興)

  • 2022/03/12(土) 17:02:10



皆様こんにちは。

ロシアとウクライナ、岸田政権のグダグダとリンホウセイ。

世界は乱れに乱れ切っておりますね。真っ黒オーラで充満するほどに。

こんな時は「引き籠りで良かった、オーラを被らずに済む」と思います。←おいおい




最近、自ブログでを調べていました。シンクホールの夢見はいくつもあったのですが、その中でフラッシュ現象?ビジョン?の日本の砂浜に大きな穴がぽっかり・・・というのを探していたのですよ。

どこにあるのかわかりませんでした。もしかしてコメント欄?いやいやどうやろ?

ええ、ええ、穴があちこちに空くのはわかっていますので、もうどうしようもないのですが。




で、その間にちょっくらびっくりした記事を見つけてしまったので記しておきますね。

いやいやいやいや・・・当時の自分は焦っただろうなと。




「抹殺と救済」2011/04/01(金) 01:49:50
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-968.html

~抜粋~

**********************************************************************


2011/3/31


~声?夢?~


日本地図? 

「次は○と○」


※ 「何をするために(生まれてきた)のですか?」

「人類の抹殺と救済・・・」

     (意識消滅)



**********************************************************************


~間抜き~


微妙ですね・・・日本を見ていたはずなのですが、・・・
見たはずなのに思い出せない。焦る。どこだったか?

次の男だか女だかわからない正体不明のいつもの声の主の問いかけに対して答えたのは私自身です・・・


「人類の抹殺と救済」


目覚めてから少し自分自身にゾッとしました。
私自身からこんな言葉が出てくるとは・・・
真っ白のいつもの袴姿で正座して誰かに答えていた・・・

救済ならわかるが・・・抹殺ですと?


「人類の抹殺と救済」身動きひとつせず言った。


この世は人類の意識が作り出している鏡なのでしょう。
それを正すために抹殺することやむを得ないと思っているのでしょうか?
何と恐ろしい自分なのだと感じます。ある意味、解る気もしますが・・・
いや、しかし、言葉を入れ替えてみるとどうだ?と思うのですが。



これは 「破壊と創造」
そして 「立て替え立て直し」

言い得て妙だ・・・


恐ろしい言葉ではありましたが、あながち間違いではないと思います。
何故「人類」と冒頭に付けたか。それは、神の子だからこそなのだと思う。
神の子でありながら、この惑星・地球を穢れに穢しまくってしまったのは他ならぬ人類だからでしょう。地球という惑星と共に共存し、神と共に在る存在にならなければならないというのに・・・救いは人類の魂にかかっているというのに、それを大概の方々は忘れ去ってしまっている。


このこと、私は嫌気がさしているのかも知れません。
奥底に燻っている何か、そこを突いてこられたのでしょう。

皆様には信じられないかも知れませんが、私も信じられません。
軽く目眩を起こしそうです・・・


~抜粋終了~








あ~、やれやれだ・・・



今現在も同じことを感じ取っているのです。

本当にやっちまったほうがいいんじゃないの?ってなりそうです。←誰か止めて(泣



もしかして報告を上に上げているやも知れません。恐ろしいことに「抹殺すべきものは〇〇、〇〇、●●、●●・・・(延々」「救済すべきは◎◎と◎◎・・・(少ない」

夢見はありませんが、この状態は第四段階あたりだと思います。現在進行形の事象を第五段階のお方にきちんと正座してお知らせしている気がします。(第五段階は神の世界のほんの小指の爪のさきくらい

これは夢見になくてもいいのです、そうでありさえすれば。もうすでに夢で見る自分の段階は終わっているのです。


何年も前から名前を書いた紙に白・薄黄色・黄色・グレー・黒の付箋をずっと付けていましたから(人類の選別?)こうなることは予想していましたので(ていうか、それ、真っ白の方の上からの命令でしたから素直に従ったまで)それはいつになるかは存じませんが、黒の多いことと言ったらまったく・・・(泣




真っ黒や濃いグレーは捨てて白から順に救済するしかないだろうなと思っています。人間臭すぎるが黄色付箋までの救済かも。いや、白だけかも知れない。・・・だとしたら予定よりかなり少ないですよ。半分以下かも知れません。

風雲急の場合は第二中継地点で集合かな。もう入ってるけども。




奇しくも今年は五黄土星の星回り。破壊と再生の年です。


あの方々の謀の流れにまんまと乗せられてるみたい。参りますね。水も漏らさぬ微粒子も漏らさぬ謀。




本日も妄想にお付き合い下さり、有難うございました。こうならないことを祈るばかりです。m(__)m







追伸

ある住所をメモ書きして机に置いてあるのを主人に聞かれました。

主「何?どこ?何すんの?」

私「あ、それ今年の恵方。久しぶりに神社で恵方参りしてくる。日本が守られますようにってお願いすうの。キャピ!」

主「(*´Д`)・・・アッソ・・・マタハジマッタヨ」←私のせいで霊的世界に泣かされたひと第一号。











  • ジャンル:

全開の方法はわからないけど

  • 2022/03/01(火) 18:04:29



皆様こんにちは。


ロシアプーチンさん、かなり焦っていますね。

ロシア関係のジャーナリストから聞くところによると、どうやらしばらく前から変だったとか。病気らしいのです。外国との会談でも椅子の腕をがっつり掴んでいるという。震えが止まらないのかも知れません。パーキンソン病とか仰ってましたね。

以前、ロシアの北極航路の夢見を記事にしましたけど、現在は航空機侵入禁止状態なので北回り南回りで航空機が飛んでいるそうで、たぶん南回り選択がほとんどかも。運賃も値上がり決定ですね。だんだんと夢見に近付いているなと感じます。

ロシアもこれ以上無茶ぶりを発揮しますと、真っ白のバンビーが向かいます。米軍ね。

気化爆弾?か何か使ってしまったみたいですし。



次は中国でしょうか米軍の狙い…





えっと、前の記事。


「窓を全開?」
2022/02/04(金) 23:38:05

http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1701.html




これね、ふざけて書いてますが、本当は私はわかってるんです。



以前、どこやらの船?が転覆したか何かで死者が大勢出たとき、夢見で「ナマステ~」と何人もいらっしゃったことがありました。



「ナマステ!」
2012/05/06(日) 23:12:58

http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1127.html



たぶん私が何か(あの世へ救助?)したのだと思っています。だからご挨拶(お別れ)に来られたのです。

そうそう、ネパール人でした。




窓全開ってことは、そういうことだと思っているのです。アンテナを全部立てろってことだと思います。

ちっぽけな身体でヒッキーですが、霊的に動ける人なんで救助を手伝えと。…



皆様、何があっても驚かないで下さいね。

天の御使いが大勢で救助しますから大丈夫ですよ。

心穏やかで優しい元気な魂は、俗にいう天国直行です。








  • ジャンル:

窓を全開?

  • 2022/02/04(金) 23:38:05

皆様こんばんわ。


書くのやめようかと思いましたが、やっぱり書いておきますね。






(声)「窓を全開しろ」






・・・・・・???



(寒いやないですか!真冬ですよ!?)( ノД`)シクシク…


耳元で仰った方は男性?です。


やれやれ・・・マタカヨ( ノД`)シクシク…




2022/02/04 目覚めの一歩手前の半覚醒状態時。

いや、私けっこうオープンしてますよ?第五段階まで話しましたよ??

どういう意味なんだろう・・・









  • ジャンル:

五黄土星 新年 節分によせて

  • 2022/02/03(木) 22:45:08


皆様こんばんは。


ちょっとずつ自分の「血」のルーツのようなものが見えまして、ようやく関係してこられた方々の振り分け?ができるようになりました。

最大の疑問だったのが現実世界にまで現れた甲冑姿の武士。

(これは見えたのではなく、気配と音で甲冑、野太い男の手だとわかっていたのですが)(私、霊的世界に攻められ続け、眠るのが怖くて1階で真昼間に眠る癖がついていたのです。めそめそ泣いていた頃です。その頃1階に現れました。)

その甲冑姿の男性霊に髪の毛をひっつかんで部屋中を引きずり回され、振り回され、窓の外に放り出されそうになりました。ここのブログで記事にしてあると思うのですが、急に怒りが沸いて来て「そこまでだ。それ以上はやめとけ」?「それ以上は許さんぞ」?とガラス前の頭1cm?手前でようやく自分で止めることが出来ました。

後になってよくあんな状態で止められたなと自分でも驚いたのですが、あれがきっかけでようやく目が覚めたと感じました。私の対応に変化が生じたのです。



彼は血統ご先祖様だったのだと思います。あるいは味方・仲間である霊統の方かも知れません。




なぜそう思ったか?




実は引きずり回す前に分厚い手で頭を優しくなでてくれたからです。(あれ?このこと書いたっけ?)(探すのも面倒くさい・・・)




「いくぞ 良いな?」(ささやき)(頭なでなで)

「え??」

「そりゃああ!」(部屋中をグルグルと髪の毛掴んで激しく引き摺り振り回される、タンスに足ぶつける、ストーブ倒しそうになる、クッションも机も吹っ飛びそうになる)



そして私の淡々とした怒り。「もうよせ、それ以上は許さんぞ」?(ずいぶん前なので忘れた)(男言葉)

頭から放り出されそうになってガラス前に頭わずか1cm手前で自分で止めた。






戦い方がわかった瞬間だったように思います。

今思えば、たとえご先祖様でも同じ霊統の方でもあの甲冑姿の武士は上に上る条件で私を引きずり回したのではないかと思います。あれがあったからこそ私は戦い方を一瞬で理解できたのです。(初めての目覚め)あれを行うことによって無事に上に行かれたのか、あれから武士は僅かにも出現しませんでした。

頭なでこなでこしたのは「許せよ 可愛い子孫(仲間?)よ」「今からやるぞ 覚悟は良いか」という意味。


この方だけは御先祖様だと思いましたし、双龍(私が山のてっぺんで見つけたぐるぐる回っていた真っ白の双龍)も御先祖様系。(ルーツを辿って双龍を発見しました。)(赤い甲冑の金髪碧眼の方が連れて来られた双龍別ルーツ。白の双龍は和魂、赤の双龍は荒魂)


それ以降も延々と戦いが続きました。ただ戦い方を知った後は強くなりました。これが第一段階。





その後、戦い続けて相手を倒して不動明王真言マントラを唱え、不動明王様におすがり(お預け)していました。「お不動様、ここです!ここにいます!」「あい わかった」(お不動様に居場所を伝達すると、お不動様に風圧で強烈に突き返されて目覚める)


そしていつの間にか相手の顔に哀しみをかすかに読み取るようになり、それをしっかり感じて確認し、阿弥陀如来様におすがりするようになりました。阿弥陀如来真言マントラを唱え「阿弥陀如来様!お願いします!」と預けました。「(はい)・・・・・」



お不動様は力が強く、吹き飛ばされます。悪霊は一瞬で連れて行かれます。
阿弥陀様は真っ白の柔らかく優しい光が静かに降ってきます。悪霊に染み入るように真っ白に染め上げられます。



この頃はあちらで唱えるのは不動明王様阿弥陀如来様光明真言般若心経で、この4つが身に付いていたと言えます。ただし光明真言、般若心経は悪霊には効きません。深く暗い世界では強力なマントラでないと役に立たないということを知りました。
不動明王様の御真言は私が唱えても半島の巨大な化け物でさえ押し返します。



これが第二段階。






その後もあれやこれやと神社に呼ばれ続けたり、フラッシュ現象やビジョンが続いたりと忙しくしておりました。

夢の中以外でも「久し振りだな」「よく来ましたね」と神社の主様に耳元で声をかけらりたりと、現実世界(三次元)にも浸透してきました。



これが第三段階。








そして第四段階。



地球外にも目があることに気付きます。新しい地球があるのを知ります。

同じ星がいくつもあると知ります。

徐々に自分自身にも浸透してきます。

それはかすかです。







第五段階。


断じて動じません。微動だにしません。何事もありません。

たいへん多くのもの、数えきれないほどのものがあって、そして何もありません。

すべてわかっていてすべて知らない。


さらに奥が深く深く続きあるのを感じます。・・・







第五段階でもまだまだ初段階です。私が触れて来た世界はここまでです。

たった一回、垣間見た五段階の世界は虚無でした。そして恐ろしいものでした。それが私の中にありました。一体となっていました。



何の気も無しに私は呟きます。「当然だ」(無表情)



第五段階で触れたのは涅槃静寂(ヨクト)ではなく清浄(ゼプト)刹那(アト)かも知れませんが、そんなことも関係ないのです。






それでもそれは人類の霊的世界を破壊せしものです。







日月神示では神は何倍も辛いのぞという節がありますが、それでも微動だにしません。それも関係ないのです。そう語るのは神を推し量って我々にもの申しておられるのでしょう。日月の神でさえ想像がつかないのかも知れません。


初めてこの世界に引っ張り込まれたときにご指導頂いたハゲのでっぷり肥えた社長さんの言葉を思い出します。

(人類の)博物館のようなところでたくさんの説明を受け、数々の遺跡や遺産を見せ、最後に示して下さった言葉、あれが最初で最後だと思うのです。



「人類の歴史は(人間から見れば)大きく波打っているように見えるが 上から見ると ただ平坦で一直線で ただの一本の線にしか見えないのだよ」

「遠く離れると その線さえも見えなくなる」







「我は最初(アルファ)であり 最後(オメガ)である」






しかし今もその線の中で生きるものがいる、上から見るものがいる 下から見るものがいる。蠢いている。


人類は今のコロナウイルスのようなものです。

肌に溜まる目に見えない無数の雑菌のようなものです。善玉もあれば悪玉もある。

上からのお知らせです。そういう世界があることを。






ここまで来て、私は決めました。

「(この次元では)人として普通に生きます。」

「それでよござんしょ?それしかできませんから。」











2022年2月明けましておめでとうございます。


2月3日節分 「鬼は内ー!福も内ー!」




私の検証が間違っていたならごめんなさい。m(__)m











  • ジャンル:

不明案件

  • 2022/01/27(木) 17:00:59


皆様こんにちはん。



間違いかも知れませんが、本日二度目の記事でご報告しておきます。






2022年1月27日 午前12時過ぎ頃?


ラッパ音 (もしかして車のクラクション?でもタイヤ音が聞こえなかったように思う)





2022年1月27日 午前1時半過ぎ頃?


私の寝ている部屋だけが揺れた 強烈なラップ音でもなかった


(念のため地震波形も調べてみましたが、形跡もなかった・・・)




????? まだ寝てなくて布団の中で本読んでいたときのことです。

ご注意を。





  • ジャンル:

追記の追記有り「花菱」で〇の大切さを思い知らされて「双龍」も繋がった

  • 2022/01/27(木) 16:34:16





花菱・・・っていうんですね。

四枚葉?四つ??の花菱が黄色地の布に描かれていまして、ビジョンが見えた途端に「あ、平安時代」と思いました。


600px-花菱_Hanabishi



これね。



話を突然替えますが、一時我が家のルーツを調べていたんですよね。親戚の法事に行った時、家紋やら菩提寺の総本山の話(そういう話が大好きなおじさまがいるのです。)になりまして、「あんたんとこ、家紋は?」とか「お寺さんはどこ?」とか聞かれまして、「え、京都?」「なんで京都?」(そんなに不思議なことなん??)という話になり、そう言えばうちのルーツってどこなんやろ?なんなんやろ??って思ったんですよね。なぜ京都総本山なんやろ?と不思議だったんですよ。武士だったのは知っているのですが、それでもなぜに京都?と私も不思議だったんですよ。





筋ははっきりとは明かせませんが、何やら京都とご縁が深そうだとわかったんです。


河内源氏摂津源氏、あるいは京の都辺りの清和天皇の御代の清和源氏?あたり。天皇家や公家や将軍を御守りする武家のようです(まあ、武士の成り立ちがそれだったんで当たり前っちゃ当たり前)寺が天皇家に近しい総本山ですから、あの周辺にいたのかも知れません。
それとも元々ここにいた武士が都に出張していて、また帰って来たのかも知れない。よくわかりませんが、菩提寺の家系図を見ると江戸時代の途中から突然降ってわいたように家が始まっているらしいので(それ以前は不明)(調査済み)・・・面白いです。今でもどこから来たのかわからんのです。

そして今でも謎とされる家紋。旧姓の謂われ。めずらしい家系やな~と思い、なるほどあれやこれや霊的世界で経験して(泣)怒られて渋々このブログを立ち上げているワケだなどと思っております。

旧姓では物部にも関係ありそうだし、神道とも関係してそう。・・・いや、やっぱり忌部かな?


そう考えると、巫女装束の偉い方?に手を引っ張られて上に上げられようとしたときに、「お待ちください、この者はまだです!」と助けて下さったのが衣冠束帯(黒?紺??)姿の方だったわけです。この時、夢の中で初めて祝詞というものを聞きました。衣冠束帯姿の方が巫女様に祝りあげておられました。


「安倍晴明」様もいらっしゃいましたっけ。311のときに行こうとした私の代わりに清明様が行って下さいました。

「そなたは行かなくてよい。私が行くから」・・・でしたっけ。背後にこれまた衣冠束帯(黒?)姿の方々が数人。





うん、謎が少しずつ解けてきたような気がします。「血」「血統」なんでしょうかねぇ・・・




「こやつは目が覚めてるときはアレだが 眠りに入ると役に立つやも知れん」(失礼な!)






どなた様でもルーツを調べてみたら大発見があるかも知れませんよ。



そして、やっとわかった、了解しましたと思わせる1月17日花菱が答えだったのです。

個人的な夢見はお知らせしないのが基本ですが、ツイしちゃったからな~・・・(;´Д`)←もっと内容的にデカいことかと思ってましたん。まさか自分のこととは知らなかった・・・

まあ良いわさ ってことでここに記事にしました。ごめんよ~





唐花菱 https://irohakamon.com/kamon/hishi/karahanabishi.html


上記の花菱にうちの地域入ってます。ビジョンの花菱はこんなんじゃなかったけど。



立涌(たてわく)の中に花菱。黄色地に立涌とその中に花菱(3~4個くらい?)


立沸 https://www.kimono-gara.com/season/whole-year/tatewaku/
「着物の柄」さんより https://www.kimono-gara.com/ )

これね。これの黄色地。

tatewaku-300x300.jpg





雲立涌 https://costume.iz2.or.jp/color/484.html
「日本服飾史」さんより https://costume.iz2.or.jp/
”格式ある有職文様で、天皇をはじめ高位者が用いた。平安時代では摂政せっしょうや関白かんぱく位の五十歳以上の人が袍ほうに用いた。立涌は陽性の大気が立ち上ぼる様子で、それが形になったのが雲である。近衛このえ家では中納言で雲立涌を用い、関白で大雲立涌を用いるとする。近世では、一条家も雲立涌文様を用いた。””有職紋様”




つまり、どなたかが来られたんやな。・・・

直衣?・・・のズボン??指貫(さしぬき)奴袴(ぬばかま)

「ほれほれ これぞ! これこれ!」
「わかったか?」
「ワシじゃ」
「・・・護らんかい!」




うわ~・・・ うわわ~・・・ 誰やねん?・・・ (◎_◎;)







追記(2022/01/27 pm16:43記)


一番大事なものを忘れてました。

一番最初に頂いたのが剣(直剣だけど)だったのも納得です。

その後、も頂きました。経験を重ねに重ねてやっと鏡。


残るは勾玉が最後ですが、まだまだです。





追記の追記(2022/01/27 pm22:55記)

また思い出しました。

連れていた真っ白の「双龍」もルーツに関係してます。

調べれば調べるほどなるほどな~と発見が続きますね。

本当に神様(守護神様)の仕込みは凄いです。・・・



  • ジャンル: